FC2ブログ

国士舘×八王子【秋季東京大会】

秋季東京大会2回戦
国士舘×八王子 @ダイワハウススタジアム八王子

試合経過

秋季東京大会は2回戦で早くも秋の東京3連覇を狙う国士館と、注目の190㎝左腕の羽田を擁する八王子が激突した。

まずマウンドにあがったのは八王子のエース190㎝左腕の羽田。長い腕をスリークウォーター気味に振りぬく左腕のボールは角度があり、右バッターのインコースにクロスファイアに入ってくるとなかなか打てる球ではない。正直羽田はもっと素材型だと思っていたが、バッターのアウトコースで出し入れもするなどスライダーも巧みに操り、チェンジアップも投げていた。また1回審判に注意さたほどテンポ早くボールを投げこんでいくのも特徴的であった。
20200925八王子 羽田
八王子のエース190㎝左腕の羽田

国士館のエース左腕の常盤は、スピードはそれほどないものの、ストレートはシュート気味に来るボールもあるなどクセがあり、こちらもスライダーを巧みに操る左腕。1回戦の立教池袋戦では四球が多かったが、この試合ではいきなり八王子の1・2番を連続三振に仕留める快調なスタートを切ると、安定感のあるピッチングを披露していた。試合は両左腕エースの好投で3回まで0-0のまま進んでいった。
20201025国士舘 常盤
国士舘のエース左腕常盤

試合が動いたのは4回表、国士舘はこの回先頭の2番折田がレフト前ヒットを放つと、1死から4番梨本がセンター前ヒットを放って、1死1・3塁のチャンスを作る。ここで迎えた5番林は初球からバントの構えをみせ、3球目をうまく1塁側に転がしてセーフティスクイズを決めて、国士舘が先制する(林も1塁セーフになったので記録はタイムリーヒット)。
20201025国士舘 林
先制点となるスクイズを決めた国士舘の林

国士舘は5回表にも、1死から9番田中がうまくライト前に運んで出塁すると、続く1番市川のバントを羽田が処理して1塁へ投げるもこれをファーストが取れずに、1死1・3塁というチャンスを作る。このチャンスに2番折田はすかさず初球を叩くと、打球は二遊間を抜けていこうという当たりであったが、これをセカンド安藤が何とかキャッチすると、そのままグラブトスで2塁フォースアウト、さらに1塁へ転送してゲッツー。八王子が超高校級ともいえる二遊間のプレーでピンチを脱した。
20200925八王子 安藤1
スーパープレーでチームのピンチを救った八王子のセカンド安藤

八王子打線は3回~5回まで毎回先頭打者がヒットで出塁するも、あと1本が出ずに無得点。6回にも1死から1番安藤が1塁線を破る2ベースを放ち、2番新田は四球を選んで、1死1・2塁というチャンスでクリーンアップを迎えるものの、3番落合はセカンドゴロ、4番羽田はスライダーに三振と得点が奪えない。常盤はこの中盤以降からチェンジアップを多めに使うようにもなり、このようにランナーを背負いながらも、粘りの投球でスコアボードに0を重ねていく。

一方の羽田も4回に失点を喫した以外は、安定した投球で国士舘打線を0に抑えていく。ただ4番に昇格した打撃の方は散々であり、上述の6回のチャンスに加えて、8回にも2死1・3塁という場面で打席に立つもののショートゴロ。この試合は3回もチャンスの場面で打席が回ってきたものの、4打数ノーヒット2三振と結果を出すことができなかった。そしてそんな打撃が尾を引いたか、8回の凡退直後に上がった9回のマウンドでは先頭の林にストレートの四球を出してしまい、ここで安藤監督は羽田を下げて、1年生右腕の星野をマウンドに送り、このピンチを凌いだ。

国士舘が1-0とリードしたまま、試合は9回裏に入るものの、八王子はこの回先頭の小高がサードエラーで出塁。ただ常盤にも疲れが見えたのか、あるいは1回戦のような傾向が出てしまったのか、6番渡邉は三振に仕留めるものの、7番奥にはストレートの四球。8番代打蓑原は三振に仕留めて、あと1死とするものの、9番仲村渠にも1球しかストライクが入らずに四球と、常盤が四球連発で満塁のピンチを招いてしまう。八王子はここでこの試合2安打と常盤にあってきた1番安藤に打席が回り、盛り上がるものの、常盤は安藤に対しても1球もストライクが入らずに押し出しとなり、八王子が土壇場で同点に追いつく。永田監督はここでもうさすがにとエース常盤を下げて、酷な場面ではあるものの1年生左腕の齋藤をマウンドに送る。八王子は2番主将新田が2球目を叩くと、打球は1・2塁間へ…セカンドはこの回途中から守備固めとして渡井が入っていて、渡井は何とか打球に追いつくも、1塁への送球は逸れてしまい(記録は内野安打)、八王子が2-1でサヨナラ勝ちを収めた。
20200925八王子 新田
サヨナラタイムリーを放った八王子の新田


20201025国士舘×八王子
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

八王子といえば、個の力というよりは、チームとしての戦術で勝つことがモットーの「ありんこ軍団」として有名だ。だが八王子の新チームにおいては、Max144㌔を誇る190㎝左腕であり、打っても4番打者という強烈な個をもつ羽田という、強烈すぎる個をもつ中心選手がいる。実際にこの試合でも羽田のピッチングは素晴らしいものがあり、国士舘打線を8回1失点に抑えた。ただ結果から見れば、八王子が逆転をしたのは、羽田がベンチに下がった後の9回であった。ランナーが1塁へ出ると盗塁はしなくても、相手左腕の常盤の視界に入る大きなリードを取るなどして揺さぶり、最終回には常盤の制球が乱れると三振も覚悟で四球を取りに行き、最終的には押し出しで同点とした。羽田がいても、八王子の「ありんこ軍団」ぶりは健在であり、それがこの試合では逆転勝利につながったといえる。

惜しくも秋3連覇を逃した国士舘…最終回にエース常盤が乱れてしまったのも直接的には痛かったが、やはり1得点しかあげられなかった打線に敗因があると思う。常盤の四球に関しては、前の試合でも課題となっていて、またこの試合でも5回までは無四球だったのに対して、6回以降はちらほら四球が出るなど、9回に崩れる前の兆候はあった。ただ1-0というのは、非常に投手を代えにくいスコアであり、永田監督にしても難しいところであったと思う。国士舘打線は昨年の秋制覇を経験したときの3番清水、5番林と、この試合でも2安打を放った4番梨本のクリーンアップを中心に選手はそろっていると思われる。もちろん羽田の投球は素晴らしかったが、この打線で追加点を奪うことができれば、常盤ももっと楽に投げられたかもしれないし、常盤を早めに代えることもできただろう。


Pickup Player
安藤健 八王子2年 セカンド
~弟に託された親子鷹での甲子園に出場~
打っては2安打に同点の押し出し四球を選び、守備でもピンチを救う素晴らしい併殺を完成させたのは、八王子の主将で、安藤徳明監督の息子でもある安藤健であった。

安藤は八王子では1年秋よりベンチ入りしていたが、春の大会は中止となり、夏も3年生中心であったために出番はなかった。2年秋の新チームでは主将1番セカンドを務めている。2018年のチームの主将を務めた安藤大斗は兄にあたり、同じく八王子のセカンドとしてプレーしたものの、甲子園に出場はならず。安藤健は兄と全く同じポジションを手にて、今度こそ父である安藤徳明監督を甲子園に連れていくことを目指している。
参考記事→八王子・安藤「父を甲子園」弟に託す

この試合に1番セカンドでスタメン出場した安藤であったが、1打席目は常盤のスライダーの前に三振、2打席目もスライダーを打たされてセカンドゴロと、序盤は完全に常盤にあっていなかった。ただ守っては5回1死1・3塁というピンチで、センター前に抜けようかという打球に、なんとか追いつくと、そのままバックハンドのグラブトスで2塁へ送球し、併殺を完成させるというビックプレーをみせる。すると打撃でも巧みなバットコントロールをみせ、第3打席では1塁線を抜く2ベースを放ち、第4打席でも1・2塁間を破るヒットを放ち、塁に出れば大きなリードをとり、常盤にプレッシャーをかけていた。そして最大の見せ場は、1点ビハインドの9回裏2死満塁で回ってきた第5打席であったが、常盤は安藤に対して1球もストライクが入らずに、押し出し四球で同点となった。結果的にこの試合では4打数2安打1打点という活躍であった。

安藤は本当に巧打好守という言葉が似合うセカンドであり、安藤監督の息子だけあって八王子らしい選手である。エース羽田もそうであれば、こういう選手が八王子を牽引していくのだと感じさせるものがあった。

20200925八王子 安藤2
4打数2安打活躍をみせた八王子リードオフマン安藤


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

主なドラフト指名漏れ選手(大学生編)

プロ志望届を出しながらも、惜しくもドラフト会議で名前が呼ばれなかった有力選手の紹介。今回は大学編です。

ただ大学ともなると、上位縛りがある選手も多いので、一概に力がなかったといえるわけではないので、そこらへんはご注意いただきたい。以下にあげる選手の中でも、今西や平良あたりはそれと言われている。実際に今年広島から1位指名を受けた栗林も、大学時にも1・2位でなければトヨタ入社という条件があったようで、ドラフトではその影響もあって指名はなかったものの、そこから2年間の活躍で見事にドラフト1位の座を勝ち取った選手だ。そんな選手がいることもあり、今回惜しくも指名がなかった選手も、どこの社会人チームに行くかは非常に見物である。


◆投手
遠藤暉世己(青森大)
佐々木大輔(東日本国際大)
中﨑響介(立教大)
今西拓弥(早稲田大)
中山晶量(明治大)
竹本祐瑛(駒澤大)
上出拓真(国学院大)
倉田希(立正大)
谷村拓哉(専修大)
近久輝(東京農業大)
小郷賢人(東海大)
加藤三範(筑波大)
松葉行人(桜美林大)
根岸涼(桜美林大)
二宮衣沙貴(名城大)
有村大誠(立命大)
高野脩汰(関西大)
打田雷樹(大阪学院大)
益田武尚(北九州市立大)
藤野幹大(日本文理大)

20201004早稲田大 今西
今西(早稲田大)

20190611東海大 小郷
小郷(東海大)


◆捕手
白石翔樹(東京農業大)
深尾哲平(関西国際大)
揚村彰斗(九州産業大)

20181111関西国際大 深尾
深尾(関西国際大)


◆内野手
瀬戸西純(慶応大)
中山遥斗(国学院大)
串畑勇誠(東海大)
冨田慎太郎(関東学院大)
吉位翔伍(中京学院大)
平良竜哉(九州共立大)

20181110九州共立大 平良
平良(九州共立大)


◆外野手
武岡大聖(八戸学院大)
佐藤悠輝(東北福祉大)
齋田海斗(東日本国際大)
村田雄大(法政大)
関龍摩(関東学院大)
大石航輝(天理大)

20200718法政大 村田
村田(法政大)



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

駒大高✕関東一【秋季東京大会】

10/19 秋季東京大会1回戦
駒大高✕関東一 @江戸川球場

試合経過

関東一のエース市川は、3回まで駒大打線をパーフェクトに抑える素晴らしい立ち上がりを見せる。駒大は4回表に1番山村が四球を選んでチーム初出塁も、2番増森はバント失敗の併殺でチャンスが途切れたに見えたが、市川はここで3番程原にまたもや四球を与えてしまうと、4番梅澤はうまくライト前に運んで2死1・3塁とチャンスを作る。5番近藤の打球はレフト前方に飛ぶも、これをレフト井坪がダイビングキャッチし、関東一がピンチを凌ぐ。ただ駒大は5回表に、1死から7番矢崎が初球を振り抜くと、打球はレフトスタンドに飛び込むホームラン。駒大が背番号14の1年生の一振りで先制する。
20201019駒大高 矢崎
先制弾を放つ駒大高の矢崎

駒大の先発の林は、オーソドックスな右腕であるが、カーブとスライダーを低めに集めて、コントロールよくピッチングを展開。毎回のようにランナーを背負うものの、粘り強く関東一打線を5回まで無得点に抑える。逆にいえば関東一打線は、併殺2個に、走塁死などもあり、ランナーは出すものの、なかなか流れを掴めずに0ー1と1点ビハインドで前半戦を終える。
20201019駒大高 林
5回まで関東一打線を無得点に抑えた駒大高のエース林

勢いに乗る駒大は5回表にも、2死から4番梅澤が四球で出塁。続く5番近藤は初球を捉えると、打球はもう少しでホームランという右中間フェンス直撃打。1塁ランナーの梅澤は一気にホームを狙うも、中継に入ったセカンド立花の素晴らしい送球もあってホームタッチアウトとなる。
20201019関東一 立花
ホーム封殺の素晴らし送球をみせた関東一のセカンド立花

関東一は6回裏、先頭の初谷が四球で出塁したところ、米澤監督は何と4番井坪に代打三浦を起用して、送りバントをさせる。ここから死球もあって、2死1・2塁で迎えた7番市川は初球を叩くと打球は右中間に転がり2塁ランナーの初谷がホームイン。市川の打球は右中間といってもフェンスにつくような打球でなく、打った市川もギリギリ2塁にいけるかというものであったが、何と1塁ランナーの楠原まで好走塁をみせてホームインで、関東一が2-1と逆転に成功した。ここで駒大高は2番手として安達をマウンドに送るも、安達は関東一打線の勢いを止めることができず、関東一は8番立花がレフト前にタイムリーを放ち市川が生還。さらに9番染谷、1番鎌倉も連打で続いて、さらに1点を追加し、関東一はこの6回裏に計4点をあげる。
20201019関東一 市川2
逆転タイムリー2ベースを放つなどバットでも魅せた関東一の市川

7回裏も3番初谷から始まった関東一の攻撃であったが、その初谷がこの試合3個目の四球で出塁。1年夏から名門でレギュラーを務め、新チームでは3番ショートを務めるチームNo1打者だけに、初谷に対しては駒大バッテリーが非常に慎重になっていた結果である。初谷は盗塁を決めて、さらに三浦の2打席連続となるバントで3塁に進むと、5番の主将楠原がレフト前にタイムリーを放ち。関東一がリーグを5-1と広げる。
20201019関東一 初谷
3四球を選んでチャンスを作った関東一の初谷

関東一の市川は7回・8回と駒大の攻撃を3者凡退に抑えていてたが、9回に駒大打線が意地をみせる。いきなり3番程原・4番梅澤に連打が飛び出すと、6番榎には変化球が抜けてしまい死球で1死満塁とチャンスを作る。7番矢崎のショートゴロ併殺崩れの間にまず1点をあげると、続く代打山崎の打球はライト線にポトリと落ちて3-5と2点差に迫り、なおも2死1・3塁と長打が出れば同点、ホームランが出れば逆転という場面を作る。だが9番村上の打ちあがった打球は、センター鎌倉のグラブに収まりゲームセット。関東一が5-3で勝利して、初戦突破を決めた。


20201024駒大高✕関東一
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


強豪がひしめく東京においても、トップクラスの強豪校である関東一。投手力・打力といったことはもちろんであるが、この試合では持ち前の守備力の高さも勝利につながった。まず守備では4回のピンチでレフト井坪がファインプレー、6回には見事な中継プレーでランナーをホーム封殺するなど、ここ1番で素晴らしいプレーをみせ追加点を与えず、試合を通してもノーエラーでエース市川を盛り立てた。バッティングは水物というように不確定要素があり、この試合でも関東一は5回までランナーは出しながらも無得点とそれを体現するような形となっていた。ただ守備は鍛えれば安定して力を発揮することができ、それが秋の新チームの完成度が高い関東一の源となっていることだろう。

対する駒大はいわゆるラッキーパンチ的なホームランで先制するなど序盤は流れを掴み、関東一撃破に向けて風は吹いていたものの、最終的には守備のミスでジーエンドとなってしまった。逆転された直後に、(2死の場面で)ファーストファールフライを落球してしまい、打ちなおしとなった立花から3連打を浴びて突き放されてしまった。最終回にも2点を奪って追い上げていることからも、ここで失点を食い止めておけば…というところであった。こういう面で守備力の差が、そのまま勝敗に繋がった試合ともいえる。


Pickup Player
市川祐 関東一2年 投手
~投打に渡るエースの活躍で関東一が初戦突破~

中学時代に新宿シニアでプレーし、アメリカで開催されたMCYSA全米選手権大会にも名を連ねた右腕は、投球の完成度が高く、関東一でも1年夏からベンチ入りを果たし、甲子園の準々決勝では優勝した履正社戦に登板し、1イニングを無失点に抑えている。1年秋からエースとして期待されたものの、不調に陥ってしまったが、2年夏のでは主にリリーフとして140㌔を超えるストレートを武器に活躍して、東東京大会準優勝に輝いた。この秋の新チームからはエースとなり、1次予選の都新宿戦では15奪三振ノーヒットノーランを達成し、この本大会にコマを進めていた。

この本大会の初戦でも先発のマウンドに上がった市川は、ストレートはおそらく140は出ていないというレベルであったが、アウトコースにきっちりとコントロールできていて、スライダー・カーブ・チェンジアップといった変化球を混じえて落ち着いた投球を展開。1巡目はパーフェクトという立ち上がりをみせるも、2巡目に入ると四球も絡んでピンチを招くも、味方の好守に助けられる。ただ5回には甘く入ったストレートをレフトスタンドに運ばれてしまうと、6回にもあわやホームランという一撃をあげてしまう。ただ1次予選では5番打者としてホームランも放つなど打力もある市川は、6回裏2死1・2塁で迎えた第3打席では右中間に逆転タイムリー2ベース。するとこれで勢いに乗り、7回は榎、ホームランを打たれた矢崎から2者連続三振を奪うなど投球面も復活。最終回には満塁からポテンヒットなどで2点を失うなど駒大の反撃に遭うも、最後は篠でいて、見事3失点完投勝利をあげた。

この試合の市川としては決していいという内容でなかったが、それでも安定した投球で最低限の仕事は果たしたといえる内容であった。よく言えば丁寧に投げて安定しているのはいいものの、逆に迫力にかけるという印象もある。184㎝82㎏という体格からいっても、ストレートもまだまだスピードが出そうであり、迫力が増すような投手になれば、本格的に来年のドラフト候補となってくることだろう。

20201019関東一 市川
3失点完投勝利をあげた関東一のエース市川



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

主なドラフト指名漏れ選手(高校生編)

ドラフト会議が終わり、指名を受けて新たなプロ野球選手が誕生する一方、惜しくも名前を呼ばれなかった選手もいる。ただそんな選手も、アマチュア野球界から見れば、宝であり、今度どのような進路をとるのかは注目の的。

ということで今日は惜しくも指名されなかった有望選手たちを紹介してきます。
初回は高校生編です。



◆投手
片山楽生(白樺学園)
小牟田龍宝(青森山田)
佐々木湧生(明桜)
橘高康太(明桜)
長尾光(明桜)
氏家蓮(大崎)
黒田晃大(佐和)
ジャピロマシュー一郎(国学院栃木)
橋本挙汰(健大高崎)
美又王寿(浦和学院)
内田了介(埼玉栄)
常田唯斗(飯山)
小辻鷹仁(瀬田工)
若杉晟汰(明豊)
八方悠介(鹿児島城西)

20191005浦和学院 美又
美又(浦和学院)

20191117明豊 若林
若杉(明豊)


◆捕手
藤田青空(弘前東)
古谷将也(成田)
長谷川勝紀(近江)
山下航汰(京都外大西)
関本勇輔(履正社)
末田龍祐(大分商)

20190323履正社 関本
関本(履正社)


◆内野手
蔵田亮太郎(聖望学園)
度会隆輝(横浜)
奥村真大(龍谷大平安)
西野力矢(大阪桐蔭)

20190602横浜 度会
度会(横浜)


◆外野手
石川慧亮(青藍泰斗)
平尾柊翔(春日部共栄)
渡部海夢(東海大甲府)
鵜沼魁斗(東海大相模)
漆原幻汰(豊川)
伊藤彰馬(綾羽)
寺本聖一(広島商)
奥野翔琉(明徳義塾)

20190811東海大相模 鵜沼
鵜沼(東海大相模)




ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

2020年のドラフト上位24人を予想してみる

明日がドラフト会議ってことで、今年もドラフト1位・2位の24人を勝手に予想してみます。


【競合確実】
・早川(早稲田大)
・佐藤(近畿大)


すでに早川にはロッテ・ヤクルト、佐藤にはオリックス・巨人・ソフトバンクが1位指名を公言し、競合は確実な状態。その他の球団も指名の可能性は高く、今回のドラフトの目玉となる2人である。

20201011早稲田大 早川
早川(早稲田大)

20190506近畿大 佐藤
佐藤(近畿大)


【単独1位指名】
・高橋(中京大中京)
・伊藤(苫小牧駒澤大)
・栗林(トヨタ自動車)
・牧(中央大)


高橋は中日、伊藤は日本ハムがそれぞれ1位指名を公言。他にも即戦力が必要なチームは、競合が確実な早川・佐藤を降りて、栗林・牧を指名して確実な戦力を手にすることもありそう。

20191117中京大中京 高橋
高橋(中京大中京)

20190622苫小牧駒澤大 伊藤
伊藤(苫小牧駒澤大)


【外れ1位】
・中森(明石商)
・山下(福岡大大濠)
・木澤(慶応大)
・鈴木(法政大)
・入江(明治大)
・森(日体大)


ドラフト1位の残り6人はいずれも投手のこのメンバーと予想。


【ドラフト2位】
・松本(横浜)
・小林(智弁和歌山)
・中山(中京大中京)
・小深田(履正社)
・来田(明石商)
・大道(八戸学院大)
・平内(亜細亜大)
・村上(東洋大)
・森浦(天理大)
・古川(上武大)
・元山(東北福祉大)
・五十幡(中央大)


以上です。
明日のドラフトでは実際にどんな選手が指名されるか…楽しみです。



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ