FC2ブログ

球団別に甲子園のスターを勝手にランキング【中日編】

来月からプロ野球も開幕する可能性があるということで…
今日から各球団に属する甲子園のスター達を勝手にランキング形式で紹介してきます。

ランキングは、その他の実績などは関係なく、甲子園での活躍のみを基準として独断と偏見でつけているだけなので悪しからず…。

3回目は中日編です。

5位 藤嶋健人(東邦)
1年夏から甲子園に出場し、2試合に先発登板を果たすと、日南学園戦では8回3失点で勝利投手となり、世間からは坂本佳一2世として注目を集める。3年春のセンバツには4番エース主将として臨むと、初戦で関東一から完封勝利をあげるも、2回戦では吉高(明石商→日体大)との投手戦に敗れ敗退。3年夏は4番打者としては北陸戦でホームランを含む4安打6打点をあげるなど打でチームを牽引し、打率.571に9打点という活躍。ただ投手としては調子が上がらず、2回戦では先発するも3回途中に4失点で降板し、チームも最大7点差のビハインドを背負うも、最終回に5点をあげて大逆転サヨナラ勝ちを収めた。打者としての評価も高かったものの中日からは投手としてドラフト5位で指名を受けて入団すると、1年目からリリーフとして19試合に登板。2年目となった昨年は、血行障害の影響で1軍合流は7月となるも、そこから上原を彷彿とさせる投球スタイルで、リリーフとして32試合に登板して、21試合連続無失点も記録している。
20180513中日 藤嶋


4位 小笠原慎之介(東海大相模)
2年夏に初めて甲子園に出場した際には、リリーフで1回1/3を無失点に抑えるも、チームは松本(ソフトバンク)に完投を許して初戦敗退。エースとなった3年夏の甲子園では、初戦の聖光学院戦でリリーフとして登板すると左腕としては菊地に次ぐ甲子園歴代2位の151㌔をマーク。続く遊学館戦では8回2失点の好投を見せると、花咲徳栄戦では4回途中からリリーフ登板して無失点の好投でチームの逆転勝利を呼び込む。決勝の仙台育英戦では、9回表に自ら決勝点となるホームランを放ち、投げても完投勝利で甲子園を制した。ドラフト会議では外れ1位ながら強豪の末に中日に入団すると、1年目から1軍で勝利をあげ、3年目には開幕投手を務めた。ただその後はケガもあり、またシーズン通して勝ち越したことが1度もないなど、まだまだ本来の実力は発揮できずにいる。

3位 石川昂弥(東邦)
2年春には4番サードとしてセンバツに出場するも、花巻東戦ではノーヒットに終わり初戦敗退。3年春には今度は3番主将エースとしてセンバツに出場すると、投げては5試合全てに先発して、全試合で相手を2失点以内に抑える安定した投球を披露。打撃でも2回戦では河野(広陵)からホームランを放つ。圧巻だったのが決勝の習志野戦で初回に先制2ランを放つと、5回にも2本目となる2ラン、さらに投げては完封勝利をあげて、センバツ制覇の立役者となった。U18日本代表でも4番(サード)を務めた打撃の方がプロからの評価は高く、右の主砲として昨秋のドラフトでは3球団競合の末に、地元の中日にドラフト1位で入団。背番号2を背負い、将来の主軸として大いに期待されている。
20190331東邦 石川


2位 平田良介(大阪桐蔭)
初の甲子園となった2年春のセンバツでは4番打者として、初戦の二松学舎大付戦では2ランを放つデビューを果たすも、2回戦ではダルビッシュ→真壁のリレーの前にノーヒットと沈黙し敗退。3年夏にはエース辻内、5番の1年生中田翔とともにチームの中心として甲子園に帰ってくると、2回戦の藤代戦では3ランホームラン。そしての東北戦では、平田は第1打席でレフトスランドに先制ソロを放つと、第2打席では左中間にライナー性の1発、3打席目のライトフェンス直撃を挟んで、第4打席にはバックスクリーン右に逆転2ランホームランで、清原以来の夏の甲子園では2人目(ラッキーゾーンがなくなってからは初めて)の1試合3ホーマーを記録。続く準決勝では、駒大苫小牧の田中の前に3打数ノーヒット2三振と完璧に抑え込まれ敗れるも、その名を甲子園の歴史に刻んだ。この打撃が落合監督の目に止まり、中日にドラフト1位で入団すると、2015年にはベストナイン。2018年にはゴールデングラブ賞を受賞し、近年では打率を残すバッティングも身に着け主力として活躍している。
20190405中日 平田


1位 根尾昂(大阪桐蔭)
近年の甲子園の二刀流といえば間違いなく、この選手であろう。2年春に初めて甲子園に出場した際には、投手・ショート・センターと重要なポジションばかりオールラウンドにこなし、センバツ制覇に貢献。2年夏にはライトのレギュラーとして4番を務めるなどして、3回戦まで進出した。そして圧巻だったのが5番投手兼ショートとして活躍した最終学年で、3年春のセンバツでは打っては打率.500の8打点、投げては明秀日立戦で1失点完投勝利、準決勝の三重戦では8回無失点、決勝の智弁和歌山戦では2失点完投勝利をあげて優勝。3年夏の甲子園では、打っては打率.429、渡邊(浦和学院→西武)・吉田(金足農→日本ハム)からの1発を含む3ホーマー、投げては沖学園戦と浦和学院戦で先発を務め、それぞれ勝利投手となっている。プロの世界でも二刀流として期待されたが、4球団強豪の上に指名した中日では野手一本で勝負することを決意。今年はメインのショートに加えて、オープン戦ではセカンドや外野などマルチにこなしレギュラー獲得を狙う。
20190824中日 根尾


惜しくも5位に以内に入れなかったものの、他にも甲子園で活躍した中日の選手は以下の通り
・岡田俊哉(智弁和歌山)
・岡野祐一郎(聖光学院)
・清水達也(花咲徳栄)
・郡司裕也(仙台育英)
・溝脇隼人(九州学院)
・福田永将(横浜)
・堂上直倫(愛工大名電)
・渡辺勝(東海大相模)
etc



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

球団別に甲子園のスターを勝手にランキング【オリックス編】

来月からプロ野球も開幕する可能性があるということで…
今日から各球団に属する甲子園のスター達を勝手にランキング形式で紹介してきます。

ランキングは、その他の実績などは関係なく、甲子園での活躍のみを基準として独断と偏見でつけているだけなので悪しからず…。

2回目はオリックス編です。

5位 田嶋大樹(佐野日大)
2014年春(3年春)のセンバツでは、Max145㌔を誇る注目の左腕として出場。初戦でいきなり鎮西相手に無四球12奪三振の完封勝利という最高の滑り出しをみせると、続く智弁学園戦では岡本から2三振を奪うなど10回まで力投しチームのサヨナラ勝ちを呼び込み、準々決勝では明徳義塾の岸と11回まで投げ合い7-5で勝利。疲労の蓄積もあったか、準決勝ではこの大会を制する龍谷大平安に敗れてベスト4で敗退となるが、前評判通りの素晴らしいピッチングをみせた。ここでプロの評価をあげドラフトでも十分に指名される力もあったものの、卒業後はJR東日本に入社するとそこでも順調に成長し、目玉として注目された2017年のドラフトではオリックスから1位指名を受ける。1年目には6勝をあげるも肘痛で離脱し、2年目の終盤には復帰。今年はシーズン通して先発投手としての活躍が期待される。
20180218オリックス 田嶋


4位 西浦颯大(明徳義塾)
1年夏こそ高知大会の不振が響いて甲子園ではベンチ外となったものの、そこから4季連続で甲子園に出場。特に4番ファーストとして出場した2年夏には、初戦の嘉手納戦で満塁ホームラン、準決勝でも優勝した作新学院から2安打を放つなど大会通じて打率.429の活躍でチームのベスト4入りに貢献した。その他は主に3番ライトとして出場していて、強肩を生かしたレーザービームでも観衆を沸かした。2017年のドラフト会議ではオリックスから6位指名を受けて入団。2年目となった昨年は1軍で77試合に出場しており、強肩・俊足はすでに高レベルにあるだけに、あとは打力をアップさせて、今年はレギュラー定着を目指したい。
20200224オリックス 西浦


3位 吉田凌(東海大相模)
2年夏に甲子園デビューとして、盛岡大付戦で2回を投げて3奪三振無失点。3年夏には小笠原(中日)との2枚看板として甲子園に返ってくると、Max151㌔のストレートと縦に大きく曲がるスライダーを武器に3試合に先発。初戦となった聖光学院戦では9回途中まで1失点の好投をみせ、準々決勝の花咲徳栄戦こそ4回途中で降板するも、続く準決勝では2三振を奪うなど核弾頭のオコエを封じて7回1失点の好投で、決勝戦の小笠原にバトンをつなぎ、チームの全国制覇に貢献した。ドラフト会議ではオリックスから5位指名を受けて入団し、昨年は中継ぎとして1軍で4試合に登板を果たしており、今年は1軍定着を目指したい。
20190215オリックス 吉田凌


2位 大城滉二(興南)
興南では1個上のエース島袋を擁して2年春夏と甲子園に出場。2年春は守備力を買われて、背番号は15ながらこの大会からショートのレギュラーをつかんだばかりで打順は9番であったが、好守で島袋を盛り立てるだけでなく、打撃でも決勝の日大三戦では現在はチームメイトとなっている山崎(日大三)から3安打を放つなど打率.318の活躍で優勝に貢献。夏も決勝の東海大相模戦ではタイムリーヒットを2本放つなど、春を上回る打率.421、さらに俊足を生かして4盗塁をマークする活躍をみせて春夏連覇に貢献した。その後は立教大に進学すると、1年春からレギュラーとなりリーグ戦通算112安打をマークし、ベストナイン2度、大学日本代表も経験するなど輝かしい実績を残して2015年のドラフト会議で3位指名を受ける。内野ならどこでもこなせる器用さで1年目から1軍に定着して活躍しているが、今年はレギュラーの座を確固たるものとしたい。
20190302オリックス 大城


1位 山崎福也(日大三)
2年夏の甲子園には5番ファーストとして出場すると、3年春のセンバツには今度はエースとして出場。このときのチームには1個下に高山(阪神)・横尾(日本ハム)・畔上(Honda鈴鹿)といった、翌年に夏の甲子園を制する強力メンバーがいた。山崎は187㎝からの角度と威力があるストレートに持ち味の安定した投球で、初戦の山形中央戦では4失点完投勝利、続く向陽戦では1失点完投勝利をあげると、準々決勝では現在のチームメイトでもある敦賀気比の4番吉田を併殺を含む3打数ノーヒットと完璧に抑えて完封勝利。有原(日本ハム)との投げ合いとなった準決勝では4回で降板するもチームは延長戦を制して決勝にコマを進めると、興南との決勝では島袋との投げ合いを繰り広げるも、延長12回に力尽きて準優勝に終わった。また打っても5番打者として5試合全てでヒットを放ち、大会を通じてはなったヒット13本はセンバツの最多タイ記録となっている。その後は明治大に進学すると、3年春秋はともにベストナイン(投手)に輝くなど、東京六大学通算20勝をあげて、2014年のドラフト会議でオリックスから1位指名。昨年は36試合に登板するなど先発にリリーフにとあれこれこなしているが、本来の力はまだ発揮できていない。



オリックスから来年から3軍制を設けることになっていて、昨年のドラフトこそ高校生を多く指名したが、それまでは社会人選手の指名が多い球団であったので、甲子園で実績を残してすぐに入団という選手はそれほど多くはない。

惜しくも5位に以内に入れなかった甲子園で活躍した選手は以下の通り
・宮城大弥(興南)
・山岡泰輔(瀬戸内)
・澤田圭祐(大阪桐蔭)
・福田周平(広陵)
etc



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

球団別に甲子園のスターを勝手にランキング【ヤクルト編】

来月からプロ野球も開幕する可能性があるということで…
今日から各球団に属する甲子園のスター達を勝手にランキング形式で紹介してきます。

ランキングは、その他の実績などは関係なく、甲子園での活躍のみを基準として独断と偏見でつけているだけなので悪しからず…。

初回はヤクルト編です。

5位 奥村展征(日大山形)
2013年夏の甲子園では4番ショート主将としてチームを牽引し、日大三・作新学院・明徳義塾という名立たる強豪校を破り、山形勢初のベスト4進出を果たした。3試合で11打数3安打ながら、放ったヒット3本は全て長打であり、日大三戦では先制2ラン、明徳義塾戦では岸(西武)からタイムリー3ベースを放っており、さらに四死球も6個選ぶなど打撃での貢献度は高かった。ショートの守備でもグラブ捌きや三遊間の深い位置からの送球などで観客を魅了した。ここで名をあげると、ドラフト会議では巨人にドラフト4位で指名され、翌年には相川のFA移籍に伴う補償としてヤクルトに移籍し、今季は内野のレギュラー獲得を目指す。
20190803ヤクルト 奥村


4位 古賀優大(明徳義塾)
明徳義塾の正捕手として、2年夏・3年春・3年夏と3度も甲子園に出場。2年夏と3年春はともに初戦敗退であったが、4番捕手として迎えた最後の甲子園(2016年夏)では躍動し4強入り。エース中野を好リードし、セカンド送球1.78秒の強肩で3度も盗塁を刺し、打っても4試合全てマルチ安打を達成して、打率は.625をマーク。特に準々決勝の鳴門戦では河野(日本ハム)、準決勝の作新学院戦では今井と好投手と当たってのマルチ安打は評価できるものであった。ドラフト会議では5位指名を受け入団し、今季はオープン戦で9打数6安打と結果を残し、中村VS嶋の正捕手争いに若手の有望株が参戦する形となっている。
20160321明徳義塾 古賀

20180506ヤクルト 古賀



3位 高橋 奎二(龍谷大平安)
足を高くあげるフォームから左のライアンの異名ととった左腕は、2014年(2年春)のセンバツでは、元氏・中田とともに平安の3本柱として活躍。2回戦の八戸学院光星戦では9回途中まで2失点の好投、準々決勝の桐生第一戦ではリリーフで4回無失点、準決勝では佐野日大の田嶋(オリックス)との投げ合いを制して1失点完投勝利をあげるなど、3勝をあげてチームのセンバツ制覇に貢献。2年夏の甲子園では初戦の春日部共栄戦で無失点の好リリーフをみせ、完全にエースとなった3年春のセンバツでも浦和学院戦で10回まで無失点の好投をみせるも、11回に2点を失った敗れた。3年夏はケガもあり思うように投球ができなかったものの、秋のドラフトでは3位指名を受ける。昨年は19試合に先発しており、今年はローテの中心として期待される。
20190710ヤクルト 高橋


2位 近藤一樹(日大三)
2001年の春夏ともに日大三のエースとして甲子園に出場。チームは都築・内田・原島といった強力打線が準決勝まで全て7点以上をあげる猛打ぶりを発揮し、近藤も大会の序盤は失点を重ねることもあったが、徐々に調子をあげていくと、準決勝では横浜から完投勝利をあげ、決勝も「3本の矢」の近江とは対照的に1人で投げぬいて2失点完投勝利をおさめ優勝を決めた。ドラフト会議では近鉄にドラフト7位で指名されて入団。都築・内田・千葉も指名され、高校1チームから4人が指名されたのは史上最多である。その後近鉄の消滅によりオリックスに在籍し、トレードでヤクルトに移籍すると2017年から3年連続で50試合以上に登板するリリーフとして活躍。ちなみに近鉄に在籍していたプロ野球選手で現役なのは、岩隈・坂口とこの近藤だけである。
20190710ヤクルト 近藤


1位 奥川恭伸(星稜)
昨年の甲子園を沸かせた右腕は、2年春から4季連続でエースとして甲子園に出場。2年夏には開幕戦で勝利投手となると、2回戦の済美戦では4回まで1失点の好投をみせるも、その後足をつって降板するとチームは8点差を追いつかれ大逆転負け。3年春のセンバツでは初戦で履正社相手に3安打17奪三振完封う勝利をあげるも、サイン盗み騒動もあった続く習志野戦では2-3で敗れる。最後の甲子園となった3年夏には、初戦で旭川大を完封すると、リリーフとして登板した2回戦では154㌔をマーク。智弁和歌山戦ではタイブレークを含む14回1失点の熱投をみせ、準決勝の中京学院大中京戦では7回無失点の好投で決勝にコマを進めた。全試合で53㌔以上をマークし、変化球・コントロールの精度の高さも光って大会はおろか甲子園歴代でもトップクラスの投球をみせていたが、決勝では履正社にリベンジを許してしまい準優勝に終わった。ドラフト会議では3球団強豪の末にヤクルトが交渉権を獲得して1位で入団し、1年目ながら即戦力としての期待も高い。
20190813星稜 奥川


ヤクルトは王道ルートというよりは、他球団がマークしていないような意外な選手を指名することが多い。その影響もあってか他球団よりは甲子園の実績が多いという選手は少ない。ただ昨年に関しては甲子園の目玉であった奥川の交渉権をくじ引きの末に獲得し、奥川をランクでも1位とさせてもらった。

惜しくも5位に以内に入れなかった甲子園で活躍した選手は以下の通り
・寺島(履正社)
・原(東洋大姫路)
・山田(履正社)
・西浦(天理)
・武岡(八戸学院光星)
etc



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

これを機に甲子園至上主義からの転換を…

夏の甲子園は中止になりましたね。
個人的にこの中止に関しても言いたいことは山ほどありますが、まぁ何を言ってもサジを投げた高野連が再検討するということはないでしょう…。8月に甲子園球場で高校野球の全国大会が開かれることはもうない。

甲子園中止の反響の大きさは、分かっていた話ではあったけど、とてつもないものだと改めて実感している。
スポーツの中のたかが1競技の全国大会の話なのに、約30競技にも及ぶインターハイが中止になったときをはるかに凌ぐ話題性というのは、他のスポーツ好きからすると、違和感を通り越すものがあるのではないか?

それだけに甲子園という存在は大きいものになっているが、個人的には存在が大きくなりすぎていると感じている。甲子園は高校野球のうちの一部にすぎず、夏でいえば3800試合ほど行われる中の、ほんの48試合ほどである。それでもこの春のセンバツに限って投球制限が導入されたように、高校野球のルールは甲子園を中心に決められていく。

さらにに全国大会という意味合いでなく、甲子園という場所が過剰に神格化されすぎているのでは?と思っている。確かに甲子園球場という場所は素晴らしい野球場だ。プロでも人工芝が主流となる時代において、内野の黒土・外野の天然芝を阪神園芸の徹底した管理でキープした球場の美しさは芸術に近いものがあり、自分も初めて甲子園を自分の目で見たときには心の中で沸き立つものがあった。その反面甲子園が野球場という観点から見ると、収容人数がトップということはあるものの、他のプロ野球で使われている球場と比べて格別な機能をもっているかというとそうではない。最近では猛暑を避けるために、大阪ドームでやれというような意見もあるが、個人的にはそれはそれで大いに結構と自分は高校球児時代から思っていた。

ある程度の規模の球場は必須となるが、甲子園でなくても、高校野球の全国大会は開催可能であると思う。それでもそんな案を普段出そうものなら、高校球児を含む多くの人たちは反対するだろう。それはよく言えば文化の踏襲であるが、悪くいけばある種の先入観に基づく偶像的なものなのかもしれない。今年も甲子園は中止になった一方、県ごとの代替大会に関しては(状況次第ではあるが)許可されている。ただ県で優勝した先に甲子園がないとなると、その大会のモチベーションも気になるところである。

ではその県ごとの優勝チームを集めて、試合を行うのはどうなのだろうか?少なくともコロナの状況が許せば、練習試合と銘を打って、チームを集めること自体は禁止ではないはずだ。1ヶ所には…というのであれば、地方ごとに集まり春秋にやっているような地方大会を実施する。そしてこの優勝チームのみをどこかに集めて、1位のチームを決める大会を行う。これだけ甲子園で実施するくらいなら、甲子園側の調整もできなくはない。これが実現できれば、=全国大会の実施ということなり、このようなことをリーダーシップをとってやる人or団体がいれば、それは大歓迎されるだろう。

つまり例年では大反対される甲子園以外での全国大会実施が今年は大歓迎されるという状況だ。甲子園以外で全国大会が実施できれば、以下のようなメリットがある。

①暑さ対策
ドームで試合ができれば選手も、またそれを見ている観客も熱中症で倒れることはない。

②大会日程の短縮、混雑緩和
例えばメインの試合は甲子園でやるにしても、1・2回戦を舞洲やほっともっとフィールドとかで同時並行的にやれば、1・2回戦が早く終わり、大会全体としての日程短縮が見込める。また観客も分散することで、今の甲子園の大混雑の緩和にもつながる。さらには昼時に試合をしないなどとすることで上述の暑さ対策にもなる(実際にサッカーとは複数スタジアムでやってるよね)。

③大会運営の健全化
現在高野連は甲子園に対して球場使用料を払っていない。テレビの放映料を貰っていないことと同じで、これは旗から見れば、明らかに異様なことである。ただこの体制は甲子園オンリーで全国大会を行っている以上は続くと思われる一方、他の球場も使うとなるとそこはタダとはいかなくなるだろう。このほかにも高野連という古く腐った組織の根底を変えるには、=となりつつある甲子園球場の在り方を変えることが必要である。

1度やってしまえば、甲子園に対する思いが偶像的なものであることに気づくかもしれない。そして来年以降も「これでいけるじゃん」となれば、上記のような問題を解決した全国大会の運営が今後も可能となる。

世間ではコロナにより、これまでの先入観を転換させる新しい生活様式が求められている。リモートワークも実際にやってみたところ、「会社行かなくても仕事できるじゃん」という部分もそれなりにあったであろう。これを高校野球にも当てはめることはできないだろうか?今年甲子園が開催されないのは残念極まりないことだが、それはもう決定事項である。球児たちには代替大会の開催+αの提供を考えるべきであり、また甲子園に出場できなくても彼らが納得できる形を目指して欲しい。それに加えて今回の中止を今後の甲子園の在り方を変える上でのチャンスというような捉え方もして欲しい。



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

明治安田生命 新加入選手(2020年)

試合経過

社会人野球の新加入選手紹介の11回目は明治安田生命です。

【投手】
竹田和真(早稲田大)
小玉和樹(国学院大)
新井悠太朗(法政大)

【内野手】
笠井晧介(立教大)
福岡高輝(早稲田大)

小玉は167㎝と小柄ながら、ストレートはMax151㌔に達し、2シームやスライダーなど多彩な変化球も操る総合力の高い右腕である。佼成学園では3年春に帝京や東海大菅生を破りチームを関東大会に導くと、国学院大では1年春から主にリリーフとして活躍。4年秋には先発として2勝、防御率2.37の成績を収めていて、大久保に次ぐ先発であった古田がコーチとなり、その背番号18を受け継いでいるので、先発としても期待したい。新井は法政大ではサイドスローに転向して一躍名を挙げた左腕であり、強気なピッチングを武器に4年春秋ともに6試合にリリーフ登板を果たし、大学日本代表候補合宿にも参加。明治安田生命でも1年目から左キラーとして存在感を発揮しそうである。サプライズで入社となったのは竹田。金沢高では146㌔右腕として活躍し、早稲田大には狭き門のスポーツ推薦で入学した逸材であったが、ケガもあって4年間でリーグ戦登板はなし。ただ今回入社が決まったということは、そのポテンシャルが認められたということであろう。
20190522国学院大 小玉
↑小玉(国学院大)
20190525法政大 新井
↑新井(法政大)


早稲田大で3番打者を務めた福岡は、2年秋からレギュラーの座を獲得すると、以降5季に渡って最低打率.278、リーグ戦通算打率が.304という安定した成績を残したアベレージヒッターで昨夏には大学日本代表候補合宿にも参加。秋のドラフト会議では惜しくも指名漏れとなってしまったが、1年目からレギュラーとして期待される選手であり、同じく社会人に進んだ高校(川越東)の同級生である高橋(慶応大→東京ガス)や藤野(立教大→Honda)との対戦にも引き続き注目したい。立教大の笠井は本職はショートであるが、外野も含めてどこでもハイレベルでこなすことのできるプレイヤーで走力もあるため、1年目からも守備固めや代走で起用されそうだが、課題の打力を向上させてレギュラーを狙いたいところである。
20191019早稲田大 福岡
↑福岡(早稲田大)
20180513立教大 笠井
↑笠井(立教大)


今年も5人中4人がお得意様である東京六大学野球連盟からの選手となった明治安田生命。さらにこれまでは堅実な印象であったが、今年はドラフト待ちであった福岡が加入しているなど、戦力強化に力をいれてきている。昨年は4年ぶりに都市対抗に出場し、久しぶりの勝利、さらには優勝したJFE東日本にサヨナラ負けという好ゲームを繰り広げるなど力をつけてきているだけあって、今年も楽しみなチームである。




ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村


テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ