FC2ブログ

明治安田生命 2021年度新加入選手

社会人野球の新加入選手紹介。
今回は明治安田生命編です。

【投手】
中﨑響介(立教大)
森井徹平(日本大)
石毛力斗(明治大)

【捕手】
清水風馬(明治大)

【内野手】
金子銀佑(早稲田大)
伊藤智也(立教大)
羽根龍二(法政大)

【外野手】
永廣知紀(法政大)


まず投手陣で1番即戦力としての期待がかかるのが中﨑。立教大では3年には中継ぎとしてストレート主体の投球で春・秋でそれぞれ防御率0.96/1.38と活躍。4年時には先発も務めると今度はスライダー・フォークなどの変化球も有効に使ってゲームメイク能力の高さを見せつけ、中川(オリックス)とともに立教大投手陣を支えた。先発でもリリーフでも、また状況に合わせたピッチングスタイルも兼ねそろえており、使い勝手のいい投手といえる。明治大の石毛は1年春から背番号1を背負って神宮のマウンドに立ち、リリーフとして防御率1.93をマークした。その後は思うような成績は上げられなかったが、キレのあるボールを強気に投げこむ投球は左のリリーフとして適正があることだろう。日本大の森井は、しなやかな腕の振りから140㌔中盤のストレートをコントロールよく投げこむ右腕である。

20201004立教大 中﨑
中﨑(立教大)


強打の捕手として注目される清水は、常総学院では鈴木(ロッテ)とのバッテリーで、3年夏には履正社打線を攻略して甲子園8強入り。明治大では1年春から捕手としても出場していたが、4年春には打力を生かして5番ファーストとして打率.353の活躍でベストナインを受賞。社会人では捕手として勝負するのか、打力を生かして内野手となるのかも注目である。早稲田大のリードオフマンを務めていた金子も実績十分の内野手。早稲田実業では2年夏に清宮(日本ハム)・加藤(東京ガス)とクリーンアップを組んで甲子園で4強入りを果たすと、早稲田大では2年秋からレギュラーを掴み、4年春には打率.409をマークしてベストナイン(二塁手)を獲得。セカンド・ショート・サードとこなせる守備は一級品であり、1年目からのレギュラー獲得が濃厚である。法政大の羽根は185㎝96㎏でまるで先輩の中山(ヤクルト)を彷彿とさせるような右の強打者。ただ副主将も務めた4年春秋は打率が上がらずに、ドラフト会議では指名漏れとなり、明治安田生命に入社する。立教大の伊藤も同じく打力が自慢の内野手であり、内野ならどこでもこなせるのも魅力だ。

20200810明治大 清水
清水(明治大)

20201011早稲田大 金子
金子(早稲田大)


大阪桐蔭では1年秋からセカンドのレギュラーとして活躍し、法政大でも1年目から期待されていた永廣だが、なかなか期待に応えることはできていなかった。ただ4年春になってセンターにコンバートとされてレギュラーを獲得すると、2番打者として打率.500の活躍で首位打者を獲得して優勝に貢献と輝きを取り戻しており、ちょうど大阪桐蔭の先輩の峯本(JFE東日本)のように1年目からの活躍に期待したい。

20200816法政大 永廣
永廣(法政大)


今年も入社する8人全員が関東の大学出身の選手であり、そのうち7人は東京六大学野球連盟の出身。関東圏の大学、さらには東京六大学出身者が多いのは、明治安田生命のお決まりパターンであり、これが今年もぶれないな~という印象だ。ただ9人が加入というのは、ここ最近では多く、昨年は逃した都市対抗出場に向けていい補強ができたといえるだろう。



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

センバツの組み合わせとベスト8予想

センバツの組み合わせが決まりました。

センバツ組み合わせ2021
(↑朝日新聞より)

1回戦の注目カードは?
まずは初日の第2試合の、明徳義塾×仙台育英。それぞれ2年連続で、四国・東北大会を制している名門どうしの対決となる。ただその両チームは対照的で、明徳義塾がエース代木が1人で投げ抜いて四国大会を制したのに対し、仙台育英はエース伊藤は準決勝のリリーフのみで複数投手の力で東北大会を勝ち上がった。同じ競合でもまさに高校野球の新旧スタイル対決となるだろう。

続いて注目なのが、4日目の第1試合に組まれている市和歌山✕県岐阜商の対戦。雑誌(ホームラン)では表紙に選ばれるなど今大会屈指の投手として注目される152㌔右腕の小園擁する市和歌山に対して、県岐阜商はOBの鍛治舎監督就任で逸材が集まってきており野崎・松野の2枚看板とプロ注目の強肩強打の捕手高木をバッテリーを中心に選手層が厚い。

共にセンバツ優勝経験のある常総学院×敦賀気比の試合は5日目の第3試合。元DeNAの島田監督が就任して、秋本・大川の2枚看板を育て、ここ数年の実力はあっても土壇場で敗れてしまうチームから関東大会準Vに成長を遂げた常総学院に対して、敦賀気比は竹松と加世田の左右2枚看板に加えて、大島・前川ら前チームからの中心選手が残っており、北信越大会を制した実力者である。

同地区対決の行方は?
今年の組み合わせ抽選でこれまでと異なったところは、これまで同地区のチームは準々決勝までは当たらないように予備抽選を行っていたのがなくなったことだ。正直リモート抽選会だからといって、これがなくなる理由は理解ができないが、これにより今年は初戦から思いもよらぬ対戦が実現した。

まず地区大会の決勝の再現となったが、九州の福岡大大濠✕大崎、そして近畿の智弁学園×大阪桐蔭である。特に智弁学園×大阪桐蔭はどちらも今大会の優勝候補筆頭にあがられるので、これは1回戦屈指の好カードなおる。この4チームにしてみれば、神宮大会がなくなったので、昨年最後の公式戦と今年最初の公式戦の相手が同じということになる。

さらに運命的であったのは、東海大相模×東海大甲府の対戦だ。同じ東海大系列の対決であり、東海大甲府の村中監督はかつては東海大相模で選手・監督として一世を風靡したという間柄だけでなく、この2チームは秋の関東大会の準々決勝で対戦している。このときは東海大相模がエース石田の好投で9回まで1-0とリードしていたにも関わらず、9回裏に東海大甲府が逆転サヨナラ勝ちで、優勝候補筆頭の東海大相模を破るという番狂わせを起こしている。

これはこれでドラマがあるのかもしれないが、わざわざ甲子園まで来て同地区のチームとやるというのは見る側もプレーする側も微妙な気分になるところもあると思うので、来年からは止めて欲しいところだ。

ベスト8&優勝予想
・仙台育英
・健大高崎
・東海大相模
・福岡大大濠
・市和歌山
・大阪桐蔭
・東海大菅生
・中京大中京
の8チームです。

優勝予想は…何だかんだいって大阪桐蔭とさせていただきます。

以上です。


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

センバツ出場校を勝手にランク付け(2021)

金曜日にセンバツ出場校が発表になったので、今年も独断と偏見で出場校のランク付けをさせてもらいます。

A:優勝候補筆頭
B:上位進出レベル
C1・2回戦レベル
D:1回戦突破できたら嬉しい
E:1回戦突破できたら奇跡

センバツ出場校ランク付け(2021)

優勝候補のAランクとなると、甲子園で名の知れた名門校が並ぶ。仙台育英は多彩な投手陣を擁し、東北大会ではエース伊藤は決勝でリリーフ登板のみという余裕っぷりで優勝を果たした。健大高崎は完全に打撃のチームへと変貌を遂げており、コロナがあったにもかかわらず高校通算200発越えという強力打線で、激戦の関東大会を連覇してみせた。東海大相模は関東大会ではベスト8でギリギリの出場となったものの、選出理由となったエース石田をはじめ、選手層の厚さは全国屈指である。中京大中京はエース畔柳はMax151㌔を誇り、昨年の高橋(中日ドラ1)に引けを取らない投手であり、東海大会を連覇。智弁学園は、西村・小畠の左右のエースに、主砲の前川と1年春から活躍する黄金世代が最終学年を迎え、近畿大会を制した。その近畿大会の決勝では敗れたものの、大阪桐蔭は相変わらず選手個々のレベルは高く、ともに150㌔を超える松浦・関戸の左右2枚看板に、打線も4番池田らを中心にレベルが高い。

Bランクにも、チームとしての総合力の高さはもちろんのこと、プロも注目するようなエースのいるチームが目立つ。常総学院の秋本・大河、東海大菅生の本田、県立岐阜商の野崎と松野、市和歌山の小園、天理の達、明徳義塾の代木、福岡大大濠の毛利らがそれにあたる。球数制限や昨今の傾向などから1人の投手で勝ち抜くのは難しいが、序盤であればAランクのチームを倒すポテンシャルも十分にもっているチームだ。

昨年は春・夏とともに甲子園が中止になっただけに、今年のセンバツ(もまだできると決まったわけではないですが)は早くも楽しみな限りです。


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

センバツ出場校予想2021

センバツ出場校が29日(金)に発表されるとのことで…
今年もセンバツ出場を予想してみます。

◆北海道(1枠):北海
ここは1枠なので順当に、秋の北海道大会を制した北海で決まり

◆東北(2枠):仙台育英、柴田
東北大会を圧倒的な成績で制した仙台育英は確定。残りの1枠は順当にいけば東北準Vの柴田だが、決勝戦で仙台育英に大敗しており、準決勝で仙台育英に0-1と善戦した花巻東とどちらが選ばれるかは際どいところ。ただ高野連は公立校でもある柴田がすきそうなので、そのまま順当に選ぶと予想→詳しい考察はコチラ

◆関東(6枠):健大高崎、常総学院、専大松戸、東海大甲府、東海大相模、東海大菅生
関東4強の健大高崎、常総学院、専大松戸、東海大甲府と東京優勝の東海大菅生は確定。残り1枠を関東8強の中で準々決勝で唯一接戦を演じた東海大相模と、東京準Vの日大三が争う形となるが、東京大会の決勝で1-5と差がついたこともあり、東海大相模が選出されると予想→詳しい考察はコチラ

◆北信越(2枠):敦賀気比、上田西
北信越大会で優勝を果たした敦賀気比と、準決勝では北信越では圧倒的な強さを誇っていた星稜を破り、準優勝を果たした上田西が順当に選ばれると予想

◆東海(2枠):中京大中京、県立岐阜商業
東海大会で優勝の中京大中京と、準優勝の県立岐阜商業が順当に選ばれると予想。この2チームとなると、昨年のセンバツ選考と全く同じ結果となる。

◆近畿(6枠):智弁学園、大阪桐蔭、市和歌山、京都国際、智弁和歌山、神戸国際大付
近畿大会ベスト4の智弁学園、大阪桐蔭、市和歌山、京都国際はまず決定。残りの2枠をベスト8の4チームが争うこととなるが、準々決勝のスコアが0-2と接戦であった智弁和歌山と、同じく5-6と接戦であった神戸国際大付が順当に選ばれると予想。

◆中国・四国(5枠):広島新庄、下関国際、鳥取城北、明徳義塾、聖カタリナ
中国大会優勝・準優勝の広島新庄と下関国際、四国大会優勝・準優勝の明徳義塾と聖カタリナの4校は確定。中国3番目は準決勝で広島新庄相手に3-4と全然した鳥取城北であり、四国の3番目は準決勝で聖カタリナに2-3と善戦した小松となり、この2チームが最後の枠を争う形となる。小松は愛媛3位であったのに対し、鳥取城北は鳥取2位と件大会での順位がいいこと、準決勝で敗れた相手が優勝校であったこと、また地域性も加味すると鳥取城北が有利なように思われる。

◆九州(6枠):大崎、福岡大大濠、明豊、宮崎商
九州大会の準決勝のスコアがコールドなどで荒れることもなかったので、順当にベスト4以上の4チームが選出されると予想。

◆21世紀枠(4枠);八戸西、富山北部・水橋、東播磨、具志川商
これに関しては、もはや何となくです


以上です。
明日のセンバツ選考が楽しみですね。


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

センバツ関東6枠目の行方は?

今日はセンバツの関東6枠目について考察していきたいと思います。

センバツの関東出場枠は6。まず関東大会の結果をもとに4校が選ばれ、東京大会からも1校が選ばれる。残りの1枠が関東5校目と東京2校目の比較により選出される。当たり前の話だが、この2チームは同じ大会に出ていないし、直接対決もしていないので、選考が難しいところであり、センバツ選考でも毎年焦点となる。


関東5校目は?
ではまず関東5校目から見ていく。まず上位4校はベスト4(健大高崎・常総学院・専大松戸・東海大甲府)がそのまま確定であり、ベスト8の4校から準々決勝の結果などをもとに上位1校を選んで5校目とする。ただ今年はこれが分かりやすいことに、準々決勝の4試合のうち3試合が6点差以上がつく、一方的な試合となっている。準々決勝で唯一接戦を演じたが東海大相模であり、東海大甲府に最終回逆転サヨナラ敗けをしている。

そもそも東海大相模は、今回の関東大会の本命とみられていた。激戦区の神奈川高いを危なげなく制したチームは、エース石田はMax142㌔の縦に角度のあるボールと超高速テンポが武器の左腕で、1年夏から甲子園を経験し、2年夏には大阪桐蔭相手に7回2失点の好投、敗れた東海大甲府戦でも8回まで3安打無失点の好投をみせていた。攻撃陣も守備でいえば今世代No1との呼び声もあるショート大塚が主将をつとめ、小島との二遊間は経験十分。投手から本格的に野手に転向したばかりの柴田が神奈川大会決勝では2ホームランを放つなど4番に成長し、5番を打つ門馬(門馬監督の次男)にも注目で、選手層の厚さも魅力だ。準々決勝では、現役時代にはエースとして3度の甲子園出場、のちには東海大相模の監督も務めた村中秀人監督率いる東海大甲府に足元をすくわれた形となったが、その成績・実力ともにセンバツ出場には十分である。
20191021東海大相模 大塚


東京2枠目は?
東京は優勝の東海大菅生が確定であり、2枠目の筆頭は準優勝の日大三。準決勝で東海大菅生相手に5-7と善戦した関東一もエース市川を中心に力のあるチームではあるが、やはり4強と準優勝の壁は大きく、決勝で日大三が大敗したわけではないので、ここは覆ることがなく、順当に日大三が東京2枠目となるだろう。

日大三といえば強打のイメージであるが、今年の日大三は守りのチームである。背番号10の左腕宇山は投げっぷりの良さと一級品のチェンジアップが武器の左腕であり、東京大会では6試合中4試合で先発するなど投手陣の中心として活躍。ケガで送れていた背番号1の左腕岡村も準決勝では最後に見事な火消しをみせて、春には左腕2枚看板となっていることだろう。セカンド齋藤・ショート鎌田を中心に守備力も高く、守りは充実していた。その反面打線に関していえば、4番打者が固定できないなど課題を抱え、準決勝では二松学舎大付の秋山の前に8回途中までノーヒット、決勝でも東海大菅生の本田の前に2安打に抑えられるなど元気がなかった。そして決勝では終盤には持ち前の守備にほころびが生じて点差をつけられてしまい、東海大菅生に1-6と完敗してしまったのも、東海大相模との比較では大きなマイナスとなる。
20201115日大三 宇山


東海大VS日大
よってセンバツ関東6枠目は、東海大相模と日大三の争いとなりそうだ。実力+秋の成績でいえば東海大相模に分があるように思われるが、ここ数年の選考の経緯からは日大三にもチャンスがあるように思われる。関東6枠目は、東京2枠目と関東5枠目からほぼ同じくらいの確率でチームが選ばれてきたが、ここ3年連続で関東5枠目のチームが選出されており、今年こそは東京からという機運もあるのだ。この6枠目には関しては明確に決めるのが難しく、このような要素が加わってくることがある。ただそうなると前回東京2位からセンバツに選ばれたのは、当時エース櫻井(現:DeNA)率いる日大三だから今回もってどうなの?という話もある。

別の話としてこの2チームは、それぞれ全国に野球強豪校を多くもつ東海大系列・日大系列の学校のトップ2校ともいえる。そしてそうなると気になるのが、関東では東海大菅生・東海大相模ともう東海大系列が2校もセンバツ出場を確実にしているところだ。まぁこんなのは関係ないとは思いたいが、関東から東海大系列3校はどうなの?という声もなくはないかもしれない。

個人的な予想としては、やはり実力+成績という観点から東海大相模が選出されると予想する。ただ日大三が選出される可能性も上述の通りに十分にあり得ると思う。ただどちらのチームでも、センバツで十分に優勝の可能性があるチームなので、そこは非常に楽しみである。



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ