fc2ブログ

TDK×富士大【東北地区社会人・大学野球対抗戦】

東北地区社会人・大学野球対抗戦
TDK ✕ 富士大 @仙台市民球場

試合経過

大学野球のシーズン開幕前に、各地では社会人チームVS大学野球チームの対抗戦が開催されている。東北の地でも、3リーグの上位2チームと、東北を代表する社会人企業チームを招いて対抗戦が行われており、その中でも2日目に行われたTDK×富士大の試合は、TDKが高卒4年目の左腕の佐藤開、富士大が昨秋チーム最多の3勝をあげた吉山の先発で試合が始まった。

先攻のTDKは1回表、先頭の1番北畠がライト前ヒットで出塁し、牽制暴投で2塁へ、バントで3塁へ進んでいきなり1死3塁のチャンスを作る。ここで迎えた富士大を卒業してTDKに入社したばかりのルーキー山田の打球は、不規則な回転でライト前にポトリと落ちるヒットとなりTDKが先制する。さらに2回にも1死2・3塁のチャンスを作ると、9番伊藤がタイムリーを放ち2点目をあげる。
20220403RDK 山田
古巣相手に先制タイムリーを放った山田

TDKは3回表にも、三河・山形の連打から2死2・3塁のチャンスを作ると、7番の高卒ルーキー高橋がセンター前にタイムリー。続く4回にも、先頭打者の8番奥村がこの対抗戦4試合目にして初となるホームランをレフトスタンドに叩きこみ、TDKは1~4回までそれぞれ1点ずつをあがる。
20220403RDK 奥村
レフトスタンドにホームランを放つ奥村

ただ逆にいえば、富士大の先発吉山は、決していい投球ではなかったものの、スライダーやチェンジアップなどの駆使した丁寧な投球で、得点を許した後のピンチを切り抜け、それぞれ最少失点に抑える粘りの投球をみせたといえる。ただ一方の富士大打線はというと、TDKの先発の佐藤開の前に4回までノーヒットと完全に抑えられてしまう。
20220403富士大 吉山
粘りの投球で各回を最少失点で切り抜けた富士大の先発吉山

しかし5回裏、富士大は先頭の馬場がチーム初ヒットとなるピッチャー強襲安打を放つと、7番山澤もショート内野安打で続き、8番鈴木貴がレフトオーバーの2点タイムリーといきなりの3連打で初得点。なおも無死2・3塁という絶好のチャンスであったが、ここでギアをあげたのは佐藤開の前に3者凡退。富士大は6回にも無死1・2塁のチャンスを作るも、またピンチの場面でギアを入れ換えた佐藤開の前にそこから3者凡退となってしまう。
20220403富士大 鈴木貴
富士大の初得点となるタイムリー2ベースを放った鈴木貴

富士大は6回から2番手で登板した中岡が3回無失点、最終回に登板した東條が1回無失点とTDK打線に追加点を与えなかった。ただ打線は7回からTDKの2番手として登板した阿部の前に抑えられてしまい、反撃ならず…TDKが4-2で勝利し、社会人チームの面目を保った。
20220403RDK  阿部
終盤3イニングを無失点に抑えた阿部


20220403TDK×富士大
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


TDKは飯野を除けば、全員が3年目以内という若いメンバーのスタメンであったが、出場していない他のメンバーは深江・青木くらいであり、若手が多いもののかなりベストに近いという布陣であった。そんな若いチームの中でも、1番若いのが大学1年生と同じ年の高卒ルーキーの高橋である。秋田商ではエースを務め、背番号11というのが物語るように登録は投手であるが、前日の青森大戦に続いてセカンドとしてフル出場。打ってはいずれも得点に絡む2安打を放ち、守備でも軽快な動きをみせており、TDKのセカンドとしても遜色はなかった。若手が多いながらも、現在2年連続で都市対抗に出場しているチームに、さらに若い力が加わって楽しみな限りである。
20220403RDK 高橋
セカンドとして出場し2安打を放ったTDKの高卒ルーキー高橋

富士大は、エース金村・主将の山城というプロ注目の2人はいないという、飛車角落ち状態ではあったものの、社会人チーム相手に見せ場は5回裏の攻撃のみで完敗。そんな中で1人目立ったのは、TDKが企画した4回のうち3回の盗塁を刺した捕手の坂本だ。体格的には小柄な部類に入る坂本だが、その分動きは素早く、送球の動作も速い。高校時代は投手として140㌔もマークした強肩で、高橋・北畠・齋田とTDKの俊足3人を見事に刺してみせた。昨年までは佐藤(鷺宮製作所)が正捕手として君臨していたが、佐藤の卒業した現在はチームに経験のある捕手はおらず、まさに横一線のスタートとなったがいいアピールにはなったはずだ。ただ打ってはノーヒットで最終回に坂本の代打として登場したのは、博多工では佐藤の1個下で正捕手の座を受け継いだ1年生の成田景。最後は三振を喫したものの力強いスイングは魅力であり、坂本としては後輩の存在にも気を抜けないところだ。
20220403富士大 坂本
盗塁を3個刺して正捕手の座獲得に向けて大きくアピールした坂本


Pickup Player
佐藤開陸 TDK
~小木田の穴を埋める先発候補に名乗り~
TDKの先発の佐藤開は、6回1失点の好投をみせ、小木田が抜けた先発の座に名乗りをあげた。

佐藤開は身長165㎝と小柄な左腕であるが、能代松陽では2年秋にエースとして秋田大会を制すると、東北大会では初戦で八戸学院光星から1失点完投勝利をあげると、続く準々決勝では黒沢尻工から完封勝利(8回コールド)をあげる活躍をみせ一躍その名を轟かせる。ただ準決勝では聖光学院にコールド敗けしセンバツ出場とはならなかった。ちなみにこの試合の相手である富士大の4番須田は、この時の聖光学院の5番打者である。3年夏の秋田大会も準決勝で、エース曽根(白鴎大)、4番山口(ロッテ)の明桜に敗れ、甲子園出場はならなかった。高卒でTDKに入社すると、2年目にはリリーフで都市対抗のマウンドにあがり、145㌔をマーク。昨年は都市対抗での登板はなかったものの、JABA大会では先発も務めるなどして登板機会を増やし、今年は社会人4年目を迎えていた。

この試合で先発のマウンドに上がった佐藤開は、序盤から快心の投球をみせる。左腕らしく時よりシュートするようなストレートは威力があり、これとスライダー・チェンジアップを軸にした投球をみせ、3回には麦谷、4回には川村と富士大の主力から3球三振を奪うなどして、4回まで出したランナーは四球の2人のみとノーヒットピッチングをみせる。5回にはいきなり3連打を浴びてしまい1点を失うも、なおも無死2・3塁というピンチではギアをあげると、そこから3人を打ち取ってランナーを釘付けにして追加点を許さなかった。続く6回にも無死1・2塁のピンチを招くも、自らのフィールディングでバントを3塁で刺すと、最後は代打の山岡から三振を奪ってピンチを脱出。結局6回をなげて4安打6奪三振1失点という好投をみせ、マウンドを降りた。

TDKは昨年のエース小木田がオリックスに入団し、ダブルエースであった鈴木に次ぐ先発投手が空席の状態。前日の試合で好投したルーキー権田に加え、この佐藤開がそこに名乗りをあげた形となる。佐藤開がその座を射止めることができれば、まだ高卒4年目の左腕ということで、ドラフトへの道も開けてくることだろう。

20220403RDK 佐藤開
6回1失点の好投をみせたTDKの先発佐藤開


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

東芝×JR九州【JABA東京スポニチ大会】

3/9 JABA東京スポニチ大会決勝
東芝×JR九州 @神宮球場

試合経過

今年社会人野球最初の公式戦であるJABA東京スポニチ大会の決勝は、午前の準決勝第1試合でENEOSとの神奈川対決を延長戦の末に制した東芝と、直前に行われた準決勝第2試合で日立製作所に快勝したJR九州の対戦となった。東芝は準決勝で最後に少しだけリリーフしたエース吉村が引き続き、JR九州は今大会初登板となる左のサイドスローの鈴木が先発のマウンドに上がった。

東芝は1回表、準決勝では延長線では決勝タイムリーを放って勢いにのる1番長沢がレフト前ヒットで出塁すると、すかさず2番太田の初球で盗塁を決めて、太田が送って3塁へ進むと、JR九州にバッテリーミスが発生して、東芝があっという間に先制する。東芝は2回表にも、1死から諸橋・中村と下位打線の連打でチャンスを作ると、1番長沢が今度はライト線にタイムリー2ベースを放ち、早くもJR九州の鈴木をKO。JR九州は2番手として吉田をマウンドに送るも、2番太田の打球がサードのフィルダースチョイスとなり1点を追加されると、さらに東芝は3番田中・4番吉田に連続タイムリー2ベースが飛び出して、2回までに6-0とリードを奪う。
20220309東芝 長沢
初回の起点となり、2回にはタイムリー2ベースも放った東芝のリードオフマン長沢

登板したイニングには失点を重ねてしまった吉田であるが、3回・4回は東芝打線を無得点に抑えると、5回からは左腕井上が登板。前日のJFE東日本の試合では初回からリリーフ登板して8回まで1失点の好投をみせた頼りになるベテラン左腕は、ストレートはMax135㌔であったがテイクバックの小さなフォームから繰り出す球には力があり、スライダー・フォークといった変化球も含めて強気に攻める投球で東芝打線を圧倒。5回~8回までの4イニングで、東芝打線にヒットを許さない素晴らしい投球をみせた。
20200309JR九州 井上
4回ノーヒットピッチングをみせたJR九州の井上

JR九州打線は、1番に今大会初スタメンとなるルーキーの山脇を起用すると、初回にいきなり山脇がレフト前にうまく運ぶヒットを放ち、準決勝では2ホーマーを放つなど大当たりであった3番山田もヒットで続くものの、4番岩切が三振に仕留められ無得点。3回には2番牛島が2ベースを放つものの、3番山田・4番岩切が連続三振で無失点。このように東芝のエース吉村は淡々と投げるものの、勝負どころではしっかりと三振を奪うことができており、JR九州打線を寄せ付けなかった。
20200309JR九州 山脇
1番打者として大会初スタメンのJR九州の山脇

東芝は上述のように、JR九州の井上、さらに最終回に登板した足立には3者連続三振を喫するなど追加点を奪えなかったものの、エース吉村が最終回まで無失点で投げ切って完封。6-0で勝利した東芝が、JABA東京スポニチ大会を制して、日本選手権出場を1番乗りで決めた。
20220309東芝 優勝
優勝を果たした東芝ナイン


20220309東芝×JR九州
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

敗れはしたもののJR九州の躍進は見事なものだった。予選リーグの初戦でNTT東日本に逆転勝ちを収めて勢いに乗ると、そこからJFE東日本、日立製作所と関東の強豪から3連勝で、この決勝にコマを進めた。ただこの試合では序盤に大量失点してしまい、なすすべなくということで、課題は3人目の投手であろうか?昨年の日本選手権でも登板した井上、鷲崎の左腕2人がこの大会でも中心となって投げていた一方、JFE東日本戦で先発した川島、この試合で先発した鈴木は序盤で交代となってしまっている。そもそも投手が8人しかいないというチーム事情もあるだろうが、今大会はニチダイの辞退により1試合少なかったこともあり、JABA大会を勝ち抜くにはやはりもう1人先発が欲しい。川島、鈴木以外にもリリーフで好投した足立を先発させることなども含めて、先発投手の台頭に期待したい。
20200309JR九州 足立
今大会好リリーフをみせた足立も先発として期待したい

東芝は2019年に当時2枚看板であった岡野(中日)・宮川(西武)がプロ入りしてしまい、そこからしばらくはエースという存在はおらず、昨年は12年ぶりに都市対抗出場を逃した。ただ都市対抗予選でENEOSから完封勝利をあげた吉村が、補強選手として参加した都市対抗でも素晴らしい投球をみせて実績を積むと、今大会では初戦で好投をみせ、準決勝でまたもやENEOS相手に最後はリリーフ登板して、同日のこの決勝では完封勝利と完全に東芝のエースといえる投手となった。他にも藤村や善の2人も投手陣の中心となり、これまでチームを支えてきた福本・岡村の2人の負担は大幅に減った。さらに今年は金井・西村といった高卒の新人投手も加入し、西村に関しては早くも今大会でベンチ入りして、予選リーグの鷺宮製作所では5回無失点の好投をみせた。東芝の投手王国復活の日は近いといえるだろう。
20220309東芝 西村
東芝投手陣の次世代を担う高卒ルーキーの西村


Pickup Player
吉村貢司郎 東芝 投手
~今大会MVPの東芝のエース~
東芝のエース吉村が完封勝利をあげて、チームを優勝に導き、大会MVPを受賞した。

吉村は日大豊山では1年秋からエースを務め、Max144㌔をマークする本格派右腕として活躍。3年夏の東東京大会では決勝戦まで進むも、オコエ(楽天)らを擁して、甲子園で4強まで進む関東一に敗れた。国学院大では2年春からリーグ戦のマウンドに上がり、2年秋には神宮で150㌔越えをマーク。4年春には先発投手として3勝をあげ、防御率0.93という活躍をみせるものの、4年秋にはケガの影響で1試合の登板に留まり、プロ志望届を提出したものの、指名漏れを経験した。

東芝に入社すると、1年目からリリーフで都市対抗のマウンドに上がり、152㌔をマークするも、3四死球と課題を残した。ただ2年目となった昨年は、日本選手権の東海理化戦で先発を務めると、都市対抗予選の第1代表決定のトーナメントではENEOS戦では153㌔をマークし、10奪三振完封勝利。ただ再びENEOSと対戦した第2代表決定戦では9回に山崎錬にサヨナラ3ランを浴びてしまい、チームは都市対抗出場を逃した。それでもENEOSの補強選手として都市対抗に出場すると、2回戦の日本通運戦では7回1失点の好投をみせた。年が明けて初の公式戦となったこのJABA東京スポニチ大会では、予選リーグ初戦のヤマハ戦では8回途中2失点の好投。この試合の午前中に行われた準決勝のENEOS戦では、1点を勝ち越した後の10回裏1死2塁というピンチでリリーフ登板すると、見事に試合を締めてチームを決勝進出に導いていた。

準決勝の終了から約4時間後に始まったこの決勝では先発のマウンドに上がった吉村。左足を振り子のように使うフォームから繰り出すストレートはMax148㌔をマークし、140㌔台前半~中盤の球が多かった。昨年の都市対抗のほぼ140㌔後半という吉村の投球に比べれば物足りないが、春先のまだ寒い中では十分なスピードともいえる。変化球はなんといっても130㌔後半をマークするSFFは最大の武器であり、130㌔前後のスライダー、110㌔台のカーブを投じていた。この試合の吉村は淡々と打者を打ちとっていくが、ピンチの場面になるとギヤが上がり、初回1死1・2塁の場面では4番岩切を空振り三振。3回1死2塁の場面では3番山田・4番岩切を連続三振と、ピンチさらにはJR九州のキーとなる打者という場面では三振を奪えていたのは素晴らしかった。試合の中盤以降はピンチらしいピンチもなく、そのまま最後まで投げ切り、6安打10奪三振で完封勝利。チームは優勝し、吉村自身は大会のMVPに選出された。

もともと出力は素晴らしいものはあるものの、どこか荒さがあるという印象だった吉村の投球だが、昨年の秋頃から改善されてきており、今年はそれにさらに磨きがかかっていた。この試合も四死球は2個のみであり、全体をみてもボールも低めに集まっており、非常に安定した完成度の大会投球であったといえる。ドラフト解禁であった昨年は指名がなかったものの、都市対抗の投球を見て、指名しなかったことを後悔したスカウトは多いはずであり、さらに完成度の高くなった今年はドラフトの目玉選手といえるだろう。

20220309東芝 吉村
見事完封をあげ大会MVPにも選ばれた東芝のエース吉村


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村


テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

創価大✕日本通運【オープン戦】

3/1 オープン戦
創価大✕日本通運 @日通ボールパーク

試合経過

創価大✕日本通運のオープン戦。相手が大学生ということで、 日通は新人野手2人をスタメンに起用するなど比較的に若いメンバーで臨んだものの、先発には昨年はリリーフエースとして活躍するなど、主力投手といえる釘宮を送った。しかし創価大はその釘宮への先制攻撃として、1番篠田がいきなりレフトオーバーの3ベースを放つと、2番の木代のタイムリー。さらに四球と4番田中のヒットで無死満塁というチャンスを作る。ただここで釘宮がそうやくエンジンがかかったのか、その後の失点はサードゴロ併殺崩れの間の1点のみに凌ぐ。
20220301創価大 木代
先制タイムリーを放った木代

先制された日通打線は1回裏、1番稲垣がセンター前に弾き返して盗塁を決めると、この試合では2番に入った北川が三遊間を拔くヒット。一気にホームを狙った稲垣はタッチアウトになるものの、3番楠本も技ありのレフト前ヒットを放つと、4番毛利がセンターバックスクリーンに3ランを放ち、日通があっという間に逆転に成功する。さらに勢いの止まらない日通打線は、木下・木村の連打で2・3塁のチャンスを作ると、7番諸見里が1番打者から7人連続ヒットとなる2点タイムリーを放ち、初回に5得点をあげる。
20220301日本通運 毛利
4番に座り逆転3ランを放った毛利

初回から大荒れとなった試合だが、日通はエンジンのかかった釘宮が2・3回と創価大打線をノーヒットに抑える。創価大も2回から早くもリリーフ登板した菊地が、タメを作った独特のテイクバックからMax146㌔の力のあるストレートに、カットボール・スライダー・フォークといった変化球を駆使して日通打線を3イニングノーヒットに抑える。高校時代から大型右腕として期待されていたものの、昨年の秋季リーグでは悔しい思いをしていた右腕だけに、この好投は創価大にとってはこの試合1番の収穫であっただろう。試合は両チームとも2回以降無得点で、5-2と日通がリードしたまま前半戦を終える。
20220301創価大 菊地
3回無失点の好リリーフで試合を立て直した菊地

反撃に出たい創価大は6回表、日通の3番手西村(今年からサイドスローに転向)から簡単に2死を取られるも、そこから宮原がエラーで出塁してバッテリーミスで2塁へ進むと、8番石﨑のセンター前タイムリーで初回以来の得点。さらに7回表には、4番手庄司から1番篠田がヒットで出塁すると、1死2塁で迎えたプロ注目の3番門脇はスライダーを完璧に捉えて、ライトへの同点2ランホームランを放ち、創価大が5-5の同点に追いつく。
20220301創価大 門脇2
同点2ランを放った門脇

創価大は3番手の左腕内田が、5~7回はランナーを出しながらも、何とかピンチを凌ぎ無失点に抑える好投。ただ8回裏から登板した松下はやや制球が安定せず、2四死球と木村のヒットでいきなり無死満塁のピンチを迎えてしまう。ここで堀内監督がマウンドに行くと、松下は得意のフォーク中心の投球に切り替えて、4球連続フォークで8番大友を空振り三振。しかし9番高橋にはライトに犠牲フライを浴びてしまい、日通が6-5と勝ち越し。このリードを8回からリリーフしたアンダーハンドの和田が守り切り、日本通運が6-5で勝利した。
20220301日本通運 和田
8・9回と無失点リリーフをみせた和田


20220301創価大✕日本通運
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


大学生相手ということで、木南・森松・添田・浦部・大谷・手銭といったレギュラー陣がスタメンから外れる中で、北川は相手が母校ということもあってかスタメン出場。そして本来は4番を打つ北川の打順は、何と2番であった。強打の2番らしく、初回に無死1塁で回ってきた第1打席ではバントの構えすら見せずに、三遊間を破るヒット。無死1塁で迎えた第3打席、無死1・2塁で迎えた第4打席でもバントの構えを見せなかった。最近では2番に最強打者を置くチームも出てきているので、日本通運もそれに向けてのテストであったのだろうか?
20220301日本通運 北川
この試合は2番打者として出場した北川

またスタメンに起用された若い選手たちもアピールを繰り広げた。中でも6番ショートでスタメン出場を果たした木村は、1打席目に右中間に2ベースを放つと、その後もショート強襲ヒット、三遊間を強烈な打球で破るヒットと3安打をマーク。プロも注目していた強打の大型内野手が結果を残し、稲垣・添田・諸見里・浦部に、この試合で3番を打った楠本ら、日本通運の内野(ファースト以外)の争いがさらに激化してきそうだ。
20220301日本通運 木村
猛打賞の活躍をみせたルーキー木村

敗れた創価大で光ったのは、やはりプロも注目で、今年はチームの主将も務める3番ショートの門脇だ。その打撃技術の高さが光ったのが第3打席で、140㌔後半のストレート中心で攻めていた日通の清水が投じた98㌔という、約50㌔差のスピードがあるボールをほぼ片手でセンター前に持っていき、この試合初安打をマーク。続く第4打席では、左キラーである庄司のスライダーを完璧に捉えて同点2ランを放ち、もともとの巧さに加えてパワーもついてきていることを証明した。この試合で魅せ場はなかったものの、守備・走塁についてもハイレベルな選手であり、ドラフトに向けての活躍が楽しみだ。
20220301創価大 門脇
片手でセンター前ヒットを放つ門脇


Pickup Player
清水力斗 日本通運 投手
~「柴田2世」がオープン戦で早くも好投~
日通の2番手としてマウンドに上がったルーキーの清水が、2回無失点の好投をみせた。

清水は星稜高校時代から本格派右腕として注目されており、1年秋には背番号1を背負うも、2年春には肘をケガしてしまい、2年夏に出場した甲子園でも背番号11で、リリーフで1イニングのみの登板に終わってしまった(ただストレートは甲子園で146㌔をマーク)。2年秋からは再びエースナンバーを背おい、3年春には149㌔をマークするも、本来の実力は発揮できずに、3年夏も準決勝で日本航空石川に敗れ甲子園出場はならなかった。

亜細亜大に進学すると、1年春にはリリーフとして2試合に登板。その後もオープン戦などでは力のある球を投げ込む姿は見られた、ケガなどもあったのか1年秋以降は公式戦での登板はなく、公式戦通算0勝で大学野球を終えた。実績からいえば、名門の社会人企業チーム入りは難しいところであったが、そのポテンシャルを見込まれてか、今年から日本通運に入社した。

この試合では4回に2番手としてマウンドに上がると、ストレートはいきなり140㌔後半をマークし、2人目の打者の石崎の打席では
(おそらく)自己最速を更新する150㌔をマーク。コントロールにかなりのバラツキがあり、石崎には四球を与えてしまったものの、後続をライトライナーゲッツーに仕留めた。変化球はスライダーと実にストレートと球速差が50㌔もある100㌔に満たないスローカーブを投げていたが、ストレートが中心の投球で、数としてはかなり少なかった。5回には2死からその数少ないカーブを門脇に打たれるも、4番田中を最後は147㌔のストレートでショートゴロに仕留めて、2回無失点リリーフでマウンドを降りた。

この試合の清水の投球は、まさに昨年のドラフト会議でヤクルトから3位指名を受けた柴田に重なるものがあった。柴田も日体大ではトミージョン手術などを経験して公式戦での登板のない投手であったが、そのポテンシャルを見込まれて日本通運に入社すると、その実力を開花させ、2年でヤクルト3位指名を勝ち取った。この試合の清水のストレートには目を見張るものがあるものの、バラツキがあるという投球も、柴田そっくりで、まさに「柴田2世」といえる。ただ唯一異なる点は、柴田はこんなに早い時期にオープン戦でも登板できていなかったということだ。コントロールに加えて、変化球などまだまだ課題はあるものの、そのポテンシャルはピカイチであり、このままケガなく成長を続ければ、来年のドラフトで名前が呼ばれる投手になれるだろう。
20220301日本通運 清水
早くも「柴田2世」との呼び声高い清水


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村




テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

SUBARU×NTT東日本【オープン戦】

2/22 オープン戦
SUBARU×NTT東日本 @NTT東日本船橋グランド

試合経過

SUBARUとNTT東日本のそれぞれ両チームにとって、今年初となるオープン戦になります。

SUBARUは3回表に、この回先頭の8番龍がチーム初安打となるセンター前ヒットを放ち出塁すると、9番君島は1塁側に完璧に送りバントを決めてチャンス拡大。1打席目にはNTT東日本の先発の稲毛田に対して粘った末に四球を選んだ1番古川は、今度は初球を打つと左中間へのライナー性の打球となり、レフト火ノ浦のグラブに収まったように見えたボールはそこからこぼれてしまい、タイムリー2ベースでSUBARUが先制する。
20220222SUBARU 古川
先制タイムリーを放った古川

SUBARUは4回表にも、この回からマウンドに上がった飯嶋から、先頭の3番三浦が四球を選ぶと、4番鎌仲の打球はセカンドベースよりのショートゴロという完全に併殺コースの打球であったが、NTT東日本の新ショート中村はこれを弾いてしまい無死1・2塁。5番川口が送った後に、6番森下のセカンドゴロの間に三浦が生還して2点目をあげる。

SUBARUの先発の2年目の左腕八野田は、ストレートにはスピードはないものの、左腕らしくナチュラルにシュートするボールが特徴で、このボールが左バッターにはバックドア、右バッタにはフロントドアとして決まっていた。変化球もスライダー・カーブ・チェンジアップを駆使してコントロールもよく、3回までNTT東日本打線を1安打無失点に抑える好投をみせた。
20220222SUBARU 八田野
3回無失点の好投をみせたSUBARUの先発八野田

4回からは2番手として登板したのは、同じく2年目のサイドスロー右腕の倉田。倉田は4回・5回ともにピンチを招くものの。5回2死3塁という場面では、常総学院時代の同級生である3番中村を詰まらせてセカンドフライに打ちとり2回無失点。SUBARUがペースを握って、2-0とリードして前半戦を終える。

ただNTT東日本は6回裏、この回からマウンドに上がったSUBARUの3番手成田に対し、1死から火ノ浦・伊東と連続四死球でチャンスを作る。ここで成田は意表をついて2塁でなく、1塁へ牽制をするものの、これが暴投となり1死2・3塁。ここで7番の主将保坂がセンターへきっちりと犠牲フライを放ち初得点をあげる。

さらに7回裏には、1死から1番内山が四球で出塁すると、2番桝澤がレフトスタンドに逆転2ランホームラン。桝澤はどららかというとつなぎ役というタイプでないものの、強打の2番として起用されたようだが、その起用に見事に応える一振りで試合をひっくり返した。
2022022NTT東日本 桝澤
逆転2ランを放った桝澤

NTT東日本は7回から4番手として堀が登板し、いつもよりはストレート多めに、スライダー・フォークなども含めて安定した投球を披露。堀に対して7・8回と先頭打者を出しながらも無得点であったSUBARUは、9回表にも先頭の森下がヒットで出塁。8番龍も四球を選んで長打が出れば逆転というチャンスを作るが、9番の途中出場のルーキー馬場に対しては、日本航空の先輩である堀が三振を奪う。それでも2死1・2塁でこの試合でSUBARU打線で1番当たっている古川というチャンスだったものの、古川のセンター後方への打球は、向山が背走してキャッチしてゲームセット。NTT東日本が3-2で勝利し、平野監督の初陣を白星で飾った。
20220222NTT東日本 堀
3回無失点で試合を締めた堀


20220222SUBARU×NTT東日本
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


NTT東日本で1つ注目であったのは、上川畑が日本ハムに入団してたことにより空いたショートのポジションだ。失礼な話だが、上川畑が指名されることを予想していなかったのか、今年のルーキーでショートを守れる選手は0で、NTT西日本から伊東が移籍(NTT間の移籍って珍しいですよね)あたりも緊急補強といった意味合いもあるかもしれない。既存戦力でもセカンドの丸山はショートも守れるが、やはりザ・ショートという選手はいない。そんな空いてしまったショートのポジションにこの試合で着いたのは2年目の中村であった。法政大・1年目の昨年はサードが主戦場となっており、ショートには常総学院以来の復帰となる。4回には絶好の併殺という打球を弾いてしまい失点に繋がる痛いエラーは記録してしまったものの、まだ始まったばかりであり、打撃は1年目からレギュラーを掴んだ実力があるだけに、うまくはまれば大型ショートとして今年のドラフトでの指名もある選手であろう。
20220222NTT東日本 中村
NTT東日本の新ショート中村

またNTT東日本ではルーキー井上が8番ライトでスタメン出場。日大三ではU18日本代表にも選ばれ、青山学院大でも下級生の頃から主軸を務めた即戦力ルーキーは、この試合では4打席全てがチャンスの場面で回ってくるという、持っている男であったが、結果は4打数ノーヒットで見逃し三振が3個と、社会人野球の洗礼を受ける形となってしまった。
2022022NTT東m日本 井上
8番ライトでスタメン出場したNTT東日本のルーキー井上

SUBARUもスタメンは、これが公式戦といわれても不思議でないく来に経験者が名を連ねていた。ただ試合が終盤になると、期待のルーキーが続々と代打で登場した。中里(獨協大)は打っては投手ゴロ併殺でも、そのままショートに入り、小玉(東海大)は見事にセンター前ヒットを放ち、そのままサードの守備に就いた。吉安(大阪経済大)はその豪快なスイングで関東のファンを沸かせ、後藤(法政大)も最後はサードフライに倒れたものの7球もファールを打つ粘りをみせた。馬場(中京学院大)は途中からマスクを被るも、最終回のチャンスで回ってきた打席では日本航空の先輩の堀の前に三振を喫してしまった。昨年は二大大会の出場を逃しているSUBARUにあって、フレッシュな力の台頭には是非とも期待したいところだろう。
20220222SUBARU  小玉
センター前ヒットを放つSUBARUのルーキー小玉


Pickup Player
稲毛田渉 NTT東日本 投手
~2022年のNTT東日本の開幕投手~
2022年のNTT東日本の対外試合の開幕投手を務めたのは、3年目の右腕稲毛田であった。

帝京では1年夏からベンチ入りを果たした本格右腕は、清水(ヤクルト)の後を受けて、2年秋からエースとなり、3年夏の東東京大会ではリリーフエースとして活躍するも、準決勝でオコエ(楽天)らを擁する関東一に敗れ、甲子園出場はならなかった。仙台大に進学すると、1年秋に4勝をあげて優秀新人賞に輝き、その後は不調も経験するも、4年秋には4回をあげてベストナインを獲得するなど、仙台六大学野球リーグで通算16勝4敗という成績を収めた。同期で3本柱の小林(七十七銀行)や大関(ソフトバンク)とともにプロ志望届を提出するも、指名はなくNTT東日本に入社した。

NTT東日本では1年目の都市対抗では、登板は準々決勝でのリリーフで1/3イニングのみであったが、東京ドームで149㌔をマーク。JABA大会などでは先発も務めたものの、投手層の厚いNTT東日本においては主戦級となるのは容易ではなく、日本選手権・都市対抗の二大大会ではともにリリーフで1試合のみの登板であった。

この試合では先発のマウンドに上がった稲毛田は、左手を高く掲げて角度をつけたフォームから力のあるストレートを投げ込んでいった。ただボールとしてはカットボールや2シームなどの打者の手前で少し曲がるボールも多く、他にもフォークや、さらには鋭く曲がるパワーカーブなど変化球は多彩であった。初回には先頭打者に粘られて四球を与えるも後続を打ち取ると、2回には3人ともセカンドゴロに打ち取るなど、上記のカットボールや2シームも駆使した投球が光った。3回には古川にタイムリーを浴びたものの、3回1失点とまとめてマウンドを降りた。

オープン戦の初戦というのは、チームの中でも特に期待されている投手を起用する傾向がある。NTT東日本は投手陣、特に右腕は経験者が多く層が厚いものの、稲毛田のように150㌔を投げれる投手は少ない。そういう意味では稲毛田に対する期待も大きく、今年は是非とも2大大会での先発登板が見たいところ。そしてまだ大卒3年目なので、活躍次第では十分にドラフト会議での指名もあり得る投手だ。

20220222NTT東日本 稲毛田
オープン戦初戦の先発を任され3回1失点の好投をみせた稲毛田



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

日立製作所✕東邦ガス【都市対抗野球大会】

12/4 都市対抗野球大会2回戦
日立製作所(日立市)✕東邦ガス(名古屋市)

試合経過

都市対抗2回戦の、日立製作所×東邦ガスの試合。日立製作所は今大会初登板となる補強選手であるSUBARUの左腕阿部が、東邦ガスはエース辻本が1回戦に続いての先発のマウンドに上がった。

1回表、日立製作所は負傷した豊田(阪神ドラフト6位)の代わりに1番に入った野中がセカンドへの内野安打で出塁。すると2番諸積の初球に野中ぎすかさず盗塁を決めて、諸積が続く2球目でしっかりとバントを決め、あっという間に1死3塁のチャンスを作る。普段はフォークを始めとした変化球の多い辻本であるが、この立ち上がりはMAX143㌔をマークしたストレート多めで押すピッチングで、4番森下からストレート3球で三振を奪い2死。ただ5番田中には三遊間を破られてしまい、日立製作所が初回に先制点を上げる。

日立製作所の先発の阿部は初回から圧巻の投球をみせる。ストレートはMax146㌔であり、130㌔後半の2シームやスライダー、そしてなんといってもチェンジアップが素晴らしかった。いきなり1番大木を2球で追い込むと、外角に落ちるチェンジアップで空振り三振。このチェンジアップはストレートと同じように思いっきり腕を振り、130㌔前後とスピードがありながらしっかりと沈んでいき、阿部の最大の武器となっていた。虎谷・比嘉の亜細亜大コンビからも三振を奪い、最高のスタートを切った阿部は2回も3者三振の投球をみせて、3回も先頭バッターの高垣から三振を奪って、これで7者連続三振という大会記録タイをマークした。
20211204日立製作所 阿部
大会タイ記録となる7者連続三振をマークした阿部

記録更新がかかった8番木村の打席であったが、木村は初球を打ってセカンドゴロで更新ならず。さらに9番火氷見はスライダーをセンター前に弾き返して、パーフェクト投球も阻止した。それでも阿部は三振を奪い続け、6回まで結局許したランナーは氷見のみで、11奪三振を奪うという素晴らしい投球をみせた。

ただ東邦ガスのエース辻本も2回以降は素晴らしいピッチング。ストレートの多かった初回とは打って変わって、2回以降は得意のフォークを中心として、カットボールなど変化球が多めの本来の投球を披露。2回以降は許したヒットは大塚の1本のみと、阿部ほどの派手さはないものの、こといらも素晴らしい投球を披露して、試合は1-0と日立製作所がリードしたまま終盤を迎える。
20211204東邦ガス 辻本
2回以降素晴らしい投球をみせた東邦ガスのエース辻本

何としても辻本を援護したい東邦ガス打線は7回裏、先頭の虎谷がチーム2本目となるヒットで出塁し、3番比嘉が送って、この試合で初めて得点圏にランナーを進まる。4番若林に死球を与えてしまったところで、日立製作所は阿部→青野に投手を交代。青野は代打水本に四球を与えて満塁とされてしまうも、最後は7番高垣からインローのストレートで見逃し三振を奪って、このピンチを防ぐ。
20211204日立製作所 青野
ピンチを凌いだ日立製作所2番手の青野

ただ東邦ガスは8回裏にも、1死から氷見→代打小林に連打が飛び出して1・2塁のチャンスを作る。2死となったところで日立製作所はマウンドに抑えの田川(元ヤクルト)を送るものの、3番比嘉は三遊間を抜いて、2塁から氷見が生還して、東邦ガスがついに1-1の同点に追いついた。
20211204東邦ガス 比嘉

同点タイムリーを放った比嘉

同点に追いついてもらった辻本は9回表はクリーンアップから始める日立製作所の攻撃を3者三振に仕留める。あとはサヨナラ勝ちするだけという東邦ガスは、柴田・木村のヒットで1・3塁のチャンスを作るも、ここは田川が踏ん張り、試合は1-1で9回終了。10回からは1死満塁スタートのタイブレークに突入する。

東邦ガスは辻本が2試合連続で先発し、この試合も9回を投げ切ったこともあり、10回からは2番手として松本(広島ドラフト5位、Honda鈴鹿からの補強)を投入する。松本はMax146㌔のストレートを強気に投げこみ、3番大塚をアウトコースのストレートで空振り三振、4番森下はインコースのストレートで見逃し三振と、1死満塁のタイブレークにおいて最高の結果を出して見せる。

これで1点取ればサヨナラという10回裏の東邦ガスの攻撃は、4番若林からを選択。若林は田川の力のある球で追い込まれるも。そこから4球ファールで粘ると、最後は田川のスライダーがアウトコースに外れてしまい、サヨナラ押し出し。東邦ガスが逆転勝利をあげて、8強進出を決めた。
20211204東邦ガス サヨナラ
サヨナラ四球を選んだ若林のもとに集まる東邦ガスナイン


20211204日立製作所✕東邦ガス
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


いきなり試合開始から7者連続三振という大会タイ記録をマークし、6回1/3を2安打11奪三振という投球をみせた阿部の投球は圧巻であった。阿部は東洋大では同期に、甲斐野(ソフトバンク)・上茶谷(DeNA)・梅津(中日)・藤井(楽天)という投手陣がおり、リーグ戦での登板は通算1試合のみであったが、その能力の高さは評判となっており、SUBARUに入社すると、いきなりスポニチ大会で新人賞を受賞。ただ1年目の都市対抗予選で肘を痛めると、トミー・ジョン手術を受けて長期離脱。今年やっと復帰して、SUBARUのエースとして頭角を現すと、この都市対抗でも日立製作所の補強選手に選ばれてた。実績が少なかったが、この試合の投球で目をつけたスカウトも多いだろうし、来年は社会人4年目であるが、上記の4人に続く、東洋大同世代5人目の投手指名の可能性も出てきたといえる内容であった。

ただ阿部の投球が凄すぎただけに、そこで日立打線としては2回以降に追加点が奪えなかったことが、逆に試合の流れを東邦ガスに渡してしまうことになったような気もする。東邦ガスとしては7回に阿部が降板したことで、そこから3イニング連続でチャンスを作るなど、もはや同点さらに逆転は必然の流れというほど勢いづいてしまった。素晴らしすぎる投球も、試合の流れ試合では諸刃の剣にもなり得るということを感じた試合であった。


Pickup Player
松本竜也 東邦ガス(Honda鈴鹿からの補強) 投手
~タイブレークで魅せたこれ以上ない投球~
10回からマウンドに上がった松本は、1死満塁で始まるタイブレークにおいて、連続三振という最高の結果を出してみせた。

智弁学園のときから大型右腕として注目されていた松本は、1年秋からベンチ入りを果たすも、2年春のセンバツ優勝時にはエース村上(阪神)が1人で投げ切ったこともあり登板はなく、2年夏の甲子園でも同様に登板はなかった。2年秋からエースとなると、近畿大会の(翌春にセンバツを制する)大阪桐蔭戦では146㌔をマークして11奪三振を奪って完投するも惜敗。3年春のセンバツでは、初戦で熊本工の山口(広島)との投げ合いを制して3安打12奪三振完封勝利をあげている。3年夏はリリーフエースとして登板するも、ライバル天理に敗れて4季連続での甲子園出場はならなかった。

高卒でHonda鈴鹿に入社すると、1年目から日本選手権の準々決勝の三菱重工名古屋戦では先発マウンドに上がるも2回KO。その後もポテンシャルの高さは評価されつつも、なかなかチームの投手陣の中心とはなれずにいた。しかし4年目を迎える今年は投球に安定感が増してきて、リリーフとしてその力を発揮できるようになると、ドラフト会議では広島から5位指名を受け、Honda鈴鹿は都市対抗予選敗退となってしまったが、東邦ガスの補強選手として、この都市対抗に臨んでいた。

初戦の三菱重工East戦でも6回途中から3回1/3を無失点リリーフをみせていた松本は、この2回戦では1-1で向けた延長10回、1死満塁スタートのタイブレークが始めるイニングからマウンドに上がった。打順は選択できる場面とあって、日立製作所の3番大塚からという場面であったが、抜群のコントロールで外角を中心にストレートを投げ込むと、最後は146㌔の外角のストレートで空振り三振。続く4番森下に対しても、4球連続外角のストレートで追い込むと、最後はインコースのストレートで見逃し三振。本来はカットボールなどの変化球も操る右腕であるが、この試合では投じた10球全てストレートで、2者連続三振というタイブレークにおけるこの上ない結果を残してみせ、その裏のサヨナラ勝ちにつなげた。

松本は体格もよく、ストレートの質もいいので、非常に期待されていた投手であったが、試合ではどこかその力を発揮できていないところもあった。ただ今年の松本は、コントロールも抜群で、強心臓のリリーフとして見事に大成したといえる。この試合のようなピッチングができれば、広島でも十分に即戦力のリリーバーとしてやれることだろう。

20211204東邦ガス 松本
タイブレークで2者連続三振という最高の結果を残した松本


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

最新記事
ランキング
おススメ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

甲子園2021
価格:499円(税込、送料別) (2021/8/9時点)


カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ