FC2ブログ

近大附属×大阪桐蔭 【秋季近畿大会準々決勝】

11/3 秋季近畿大会準々決勝
近大附属×大阪桐蔭@大阪信用シティ信用金庫スタジアム

勝った方が近畿ベスト4となりセンバツ出場が確定する近畿大会の準々決勝大阪大会では準決勝で対戦(大阪桐蔭が勝利)した2チームが、同じ大阪信用シティ信用金庫スタジアムで再び相まみれます。


試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20171103近大附属×大阪桐蔭

大阪桐蔭は1回裏、先頭の藤原がライト線への2ベースで出塁すると、連続四球で無死満塁。根尾は三振に倒れるも、5番山田健が右中間にタイムリー2ベースを放ち2点を先制する。

3回裏には先頭の宮崎が四球で出塁すると、2盗→3盗を決めて、さらにこのときの3塁送球が暴投となり宮崎が1人でホームイン。さらに根尾が四球で出塁すると、サードゴロの2塁悪送球で3塁まで進む、6番井阪の犠牲フライで生還。この回大阪桐蔭がノーヒットで2点を追加する。

反撃に出たい近大附は5回表、先頭の大澤がエラーで出塁すると、3番山中がレフト線にタイムリー2ベースを放ち1点を返す。しかしその裏、ここまで2安打に抑えられていた大阪桐蔭が火を噴き、藤原の内野安打から宮崎のレフトフェンス直撃のタイムリー2ベース、中川の犠牲フライ、ワイルドピッチ、井阪のタイムリーと一挙4点をあげて突き放す。6回裏にも1死2・3塁から3番中川が2点タイムリーを放ち9点差。

投げては横川がランナーは出すものの要所を締めて、7回1失点の好投。大阪桐蔭が7回コールド勝ちで近大附属を破り、連覇を目指すセンバツの出場を確定させた。

20171103大阪桐蔭 山田健
先制の2点タイムリー2ベースを放った大阪桐蔭の山田健

20171103大阪桐蔭 中川
3打点をあげる活躍をみせた大阪桐蔭の新主将中川

20171103近大附属 山中
タイムリーを含む2安打を放った近大附の3番山中


Topic
◆調子はイマイチでも起用に応えた横川
大阪桐蔭の先発はエース柿木でなくて、背番号10の190㎝左腕の横川。おそらく決め手となったのは、大阪大会の準決勝では横川が近大附打線を抑えたこと、そして近大附の主力に左バッターが多いことであろう。

しかしこの日の横川はコントロールにバラつきがあり、球威もあるとは言えず、決して調子がいいとは言えない状態。初回に満塁のピンチを招くと、2回・3回も得点圏にランナーを背負う苦しいピッチングとなるも、要所を締めて4回まで無失点。5回には根尾のエラーからタイムリー2ベースを浴びて1点を失ってしまうも、その後は打線が大量リードを奪ってくれたこともあり、6回・7回は近大附打線を3人ずつで抑えた。

結局7回1失点(自責点0)の好投で三振も8個奪った。調子がよくない中でもこれだけの結果を残せたというのは非常に評価できる点であり、柿木・根尾との大阪桐蔭エース争いはさらにハイレベルなものとなりそうだ。

20171103大阪桐蔭 横川
調子は良くなかったが7回1失点とまとめあげた大阪桐蔭の先発横川


◆慎重すぎた大石
近大附属の注目は何といってもエース左腕の大石。U15日本代表にも選ばれ、近大附属では1年夏からエースとして活躍してきた左腕もついに最終学年を迎える。

1回戦では高田商から1失点完投勝利をあげたエースは、もちろんこの試合も先発のマウンドに上がる。しかしこの日の大石はいかんせん四球が多かった。大石は決してコントロールの悪い投手ではなく、またボール球も抜けているのではなく低めにはずれているものが多かった。よって調子が悪いのではなく、大阪桐蔭に対して慎重に厳しいところに投げていった結果が四球が多くなってしまった形だ。それでも1回・3回とヒットは2本のみであるが計4点をとられてしまったのはこの四球が影響していて、また低めのワンバン付近のボールも多かったので盗塁もされやすく、5回には2個のワイルドピッチも記録してしまった。

このピッチングは大阪大会で大阪桐蔭に打ち込まれてコールド負けしてしまった際の反省を踏まえたものであろうが、やや慎重になりすぎてしまった感はあり、リベンジに燃えていただろうが大阪桐蔭に返り討ちに遭ってしまった。とはいえ力を抜いたフォームからキレのある球を投げ込むピッチングは一級品であり、春以降の大阪桐蔭へのリベンジに期待したい。

20171103近大附属 大石
大阪桐蔭にリベンジを果たせなかった近大附属のエース大石


◆近大附属にもセンバツに出て欲しいが…
この試合で近畿大会もベスト4が出そろい、智弁学園・乙訓・近江・大阪桐蔭の4校がセンバツ確定。残りの2枠を準々決勝で敗れた法隆寺国際・智弁学園・彦根東・近大附属で争うこととなる。となる結果だけ見ると準々決勝でコールド負けしてしまった法隆寺国際と近大附属の敗退は濃厚になってしまう。

とはいえ近大附属が敗れたのは大阪大会・近畿大会いずれも大阪桐蔭。センバツを制した前チームのレギュラーが多く残り、ドラフト1位候補目白押しと言われている今年の大阪桐蔭は全国No1との呼び声も高く、このチームと当たってしまったのは不運の一言に尽きた。近大附属はエース大石を中心として非常にレベルの高いチームであり、大阪桐蔭と決勝まで当たらない組合であれば…というところであった。

ただ上記のような「相手が大阪桐蔭であったから」というのはセンバツ選考では考慮してもらえる可能性は低く、最初にも書いたが今のままでは選出はかなり厳しい状態だ。現実のところ1番期待すべきところは、2回敗れた大阪桐蔭が神宮大会で優勝して「神宮枠」で近畿に持ち帰ることであろう。


Pickup Player
宮崎仁斗 大阪桐蔭2年 外野手
~打たなくても点の取れた最大の立役者~
大阪桐蔭は4回までは2安打ながら4得点と機動力を使った攻めを見せたが、その象徴といえる存在が2番の宮崎であった。

宮崎は中学時代はボーイズ日本代表の主将も務めたキャッチャーであったが、大阪桐蔭では外野手に転向。野球センス抜群で身長170㎝ながら俊足・強肩に加えてスタンドに放り込むパワーもあり1年秋には背番号12ながらレフトのレギュラーに定着。ただ陽春のセンバツでは4試合にスタメン出場するも結果を残せなかった。すると2年夏は根尾や岩本の復帰に伴いレギュラーの座を失い、夏の甲子園では出場無しに終わる。

新チームになってレギュラー復帰を果たすと、この日も2番レフトでスタメン出場した。そしてこの日宮崎が魅せたのは第2打席、3回裏の先頭打者として2球で追い込まれるもそこから粘りを見せて四球で出塁すると、3番中川の打席で2盗を決め、4番根尾の打席では3盗、さらにこのときにキャッチャーの3塁送球暴投を誘い、四球から1人でホームまで返ってきた形だ。打順が3・4番というところでアウトになるたダメージが大きい場面であるが、いずれも素晴らしいスタートを切って、余裕でセーフのタイミングであった。

続く無死1塁で迎えた第3打席では大石のストレートを捉えると打球はレフトフェンス直撃のタイムリー2ベース。この試合の大阪桐蔭打線の中で1番ともいえるあたりで、足の次はパワーを見せつけて、あっという間に1塁ランナーの藤原をホームに迎い入れた。無死1・2塁で迎えた第4打席では今後は2番らしくきっちりとバントを決めて、次の中川の2点タイムリーに繋げた。

結果成績だけ見ると1打数1安打1打点であるが、四球→四球→左越二①→送りバントとすべての打席でしっかり得点に絡む仕事を果たしていた。バントもできるし強打でもいけるという2番で、塁に出れば俊足で盗塁もできるというまさに最高の2番打者であった。藤原・根尾・中川・柿木・横川という大型のドラフト候補ばかりが目立つが、この宮崎の活躍からも決して目は離せない。

20171103大阪桐蔭 宮崎
全ての打席で得点に絡む仕事を果たした大阪桐蔭の2番宮崎


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ