FC2ブログ

2018年度国学院大新入部員

国学院大の来年度のスポーツ推薦合格者を発表した。

選手名 ポジション 出身校
棚原 孝太 P 滋賀学園
小川 樹 P 関東第一
満行 智洋 P 大村工
石井 友樹 P 山梨学院
池内 瞭馬 P 津商
北山 大毅 P つくば秀英
影山 尭紀 P 済美
福永 奨 C 横浜
川岸 正興 C 星稜
逢阪 倫充 SS/3B 桐光学園
山崎 晃太 SS 宇都宮工
安里 大心 2B 沖縄尚学
野村 蓮 2B 宮崎学園
菊池 佑威 O 八戸工大一
山本 ダンテ武蔵 O 大阪桐蔭
高山 匠 O/1B 修徳
川村 啓真 O/C 日本文理
瀬戸 成一郎 O 鳥取城北


まず投手陣でいうと棚原は大胆なフォームから大きく縦に曲がるスライダーなどをコントロールよく投げ込む右腕で滋賀学園で2年春に控え投手としてセンバツベスト8。その立役者である同期のエース神村が不調に陥ると、2年秋の近畿大会では報徳学園を完封するなどして2年連続での選抜出場の立役者となり、3年春のセンバツでは東海大市原望洋戦では14回2失点、続く福岡大大濠戦でもリリーフで7回2/3を無失点に抑える活躍をみせた。切れ味のいいスライダーを武器とするサイド右腕の石井は投手層の厚い山梨学院において、夏の山梨大会ではチーム最多の21イニングを投げて4失点。同じく済美の影山も体勢を低くして投げ込むサイド右腕であり、夏の愛媛大会では12回無失点、甲子園では盛岡大付戦で先発を務めた。高橋とダブルエースとして活躍した関東一の小川は重くて140㌔という球速以上に感じるストレートが武器で、個人的にはこのメンバーの中でもイチオシの選手だ。

野手では超高校級の外野手2人が目玉。山本はアメリカとのハーフで身体能力が高く走攻守揃っている。大阪桐蔭では4番を務めたが、ベンチ入りは2年秋からとあって、まだまだ伸びしろがありそうな選手である。対照的にミート力とパンチ力を兼ねそろえたバッティングで日本文理で1年春から4番を務めたのが川村。甲子園の鳴門渦潮戦では3安打5打点の活躍を見せ、高校通算は39発。最終的には外野手となったが、1年春から正捕手になるなどキャッチャーとしての能力も高い。そのキャッチャーとしての能力ならば、横浜で1年秋からマスクを被り、2年秋からは主将も務めた強肩捕手の福永。高校日本代表候補に選ばれた逸材で、今年キャッチャーが固定できなかった国学院大にとっては大きな補強となるだろう。星稜の川岸も2年時から多彩な投手陣をリードして名門の正捕手を務めたレベルの高いキャッチャーである。内野手では中学時代に3番清宮のあとを打つ4番としてリトルリーグ世界一に輝いたのが桐光学園の逢澤。高校ではレベルの高い守備を武器として1年夏からベンチ入りを果たし、1年秋より正ショートとして活躍。3年春には3番も務めたが、守備はすでに大学でも通用するレベルだけに、打力がどこまで向上するかがキーとなる。

この秋は4位と健闘したが、ここ最近は戦国東都で安定した成績を残して常に上位争いをしている国学院大。その成績が評価されてか、近年は次々に超がつくほどの名門から選手が入学している。横浜・大阪桐蔭・桐光学園といったあたりはもうお得意様状態で、それぞれの高校から主力が入学している。ただそんな有望な1年生も今年は活躍したといえる選手はおらず、来年の1年生には1年目から活躍する選手が出てきて、上位には位置するもののなかなか優勝にはたどり着けないチームの起爆剤となってほしいものだ。

20170408関東一 小川
関東一:小川

20170422横浜 福永
横浜:福永

20170811大阪桐蔭 山本
大阪桐蔭:山本

20170812日本文理 川村
日本文理:川村


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村

テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

亜大の生田監督の進路指導がスゴすぎる件について

高校野球や大学野球の監督は役割は「試合で勝つ」「選手を育成する」ということはもちろんであるが、選手の卒業後の進路というのも1つ腕の見せ所である。様々な大学や社会人チームとのつながりがあれば、卒業した選手をそれらのチームに入れやすくはなり、選手の側にとってもそのように進路の面倒を見てくる監督というのは魅力的である。

亜大野球部投手の小山が歌手デビュー、DEEN楽曲
この秋で亜細亜大の野球部を卒業する小山翔吾投手が歌手デビューするらしい。正直この投手についてはよく知らなかっただが、上記の記事で驚いたのは、DEENが生田監督の知り合いであり、そこからこの楽曲提供→デビューにつながったという点である。野球強豪の社会人チームのツテとかならまだわかるが、ここまでの顔の広さ、そしてそれを選手に還元できるというのは素晴らしいことだ。

これで思い出したのがこれ↓
甲子園準Vの亜大・森宗、角界入りへ

森宗は広陵高では2年夏に控え左腕であったが野村(広島)ー小林(巨人)のバッテリーを擁して甲子園準Vを経験。2年秋からは中田(広島)らと3本柱を形成して、3年春の中国大会では持ち前のドロップを武器に倉敷商戦で20奪三振を奪う快投を見せ、夏の甲子園でも横浜戦で先発を務めた。亜細亜大では同期に東浜(ソフトバンク)がいて、さらに自身もケガに見舞われて活躍できなかったが、森宗が格闘技好きなことを知った生田監督が大島親方(武蔵丸)に森宗を紹介したことから、角界入り。「武蔵平」という名前で活躍していましたが、今年の1月に引退したようです。【武蔵平 断髪式】

亜細亜大は退部者が出たり、今年の夏に関しては生田監督が4年生全員を退寮させるなどとてつもなく厳しいことで知られる。このような生田監督のやり方には賛同できないこともあるが、選手のことを思って、野球以外のところまで進路の面倒を見れるのは
素晴らしいことであると思う。

森宗に関していえば、いま角界という関係性やしきたりが厳しい世界に身をおいているが、亜細亜大で野球を続けられた身であれば、心配ないのでないかと思う。


このように野球界以外もさることながら、プロの世界でも亜細亜大勢の活躍はすさまじい。ソフトバンクのチームリーダーの松田を筆頭に、パリーグ最多勝の東浜(ソフトバンク)、セリーグ最多勝率の薮田(広島)、DeNAの抑えの山崎にキャッチャーの嶺井ら12人のプロ野球選手が在籍する。中でも薮田は大学通算0勝であったのに、素質を評価されてドラフト2位で入団しての大活躍。今年も高橋遥(阪神2位)・北村(巨人4位)に加えて卒業生の藤岡(ロッテ2位)と3人がドラフトで指名された。特に高橋遥は151㌔左腕でエースとしてずっと期待されていながらも、最後の東都の優勝決定戦でも1球もストライクが入らずに降板するなど結果が残せなかったが、期待されてのドラフト2位指名であった。

決して大学野球界だけで終わることのない亜細亜大勢の活躍にこれからも注目です。

20171116日本代表 薮田
亜大では通算0勝も、日本代表にまで上り詰めた薮田(広島)

20171104亜細亜大 高橋遥
阪神にドラフト2位指名された高橋遥


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村

テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

仙台育英の処分が重すぎる件について

仙台育英野球部、部員の飲酒喫煙で無期限活動停止

ということで2015年には佐藤(オリックス)・平沢(ロッテ)らを擁して夏の甲子園準V、今年の夏には大阪桐蔭を破る。この秋のドラフトでも馬場(仙台大→阪神)、熊谷(立教大→阪神)、西巻(楽天)などの3人をプロに送り出すなんど東北の高校野球界の中では現在No1ともいえる仙台育英が部品の飲酒・喫煙という不祥事により無期限活動停止となった。

活動停止ということは基本は練習すらもできないということ。よく耳にする「対外試合禁止」というものよりもはるかに重いものであるし、無期限というワードがついている限りこれがすぐに明けるものであるとは考えにくい。

ただ今回注意して欲しいのはこれらは高野連から課された処分ではないということだ。これだけの不祥事なので高野連も当然のことながら処分は課すであろうが、今回の「無期限活動停止」は学校が高野連に先んじて行った処置である。では高野連だとどのようなレベルの処分となるのか?

例えばこの夏に甲子園に出場した松商学園は部員2人の飲酒・喫煙が発覚→厳重注意で済んだ。直近で発表されたものだと、周防大島は部員の飲酒・喫煙に加えて窃盗まであるのに4月までの対外試合禁止、部内のいじめ・喫煙の大阪偕成も4月までというところだ。今回の仙台育英でいえば、アルコール中毒で緊急搬送というのが重いポイントであるが、半分はもう引退した3年生であり、現役は3人しかいないというところを見ると、処分は4月までの対外試合禁止といったところであろう

つまり学校側が課した処分は、高野連が課すと思われているものよりもかなり重いものと思われる。

仙台育英は夏の時点で部員が119人という大所帯だ。ざっと見積もって今の1・2年生で80人程度…そのうち3人が飲酒・喫煙ということだ。個人的な見解でいえば、高校生が80人いたらそりゃ3人くらいはやるだろというところだ。

もちろんだからといって許容できることではないし、処分はあって当然だが、今回の処分は過度に重すぎるのではと思う。無期限活動停止という決定で早く幕引きをしたいのが学校側で、学校が部活停止を言ってしまった以上はどうすることもできないのが現実であるが、残された野球部員たちはどうなのか?仙台育英の副校長は「多くの生徒が頑張っている中、非常に残念だ。生徒の指導と管理を徹底したい」と言っているが、その多くの生徒の頑張りが報われるようにするには、自分たちで早く幕引きをするために厳しい処分を科すのではなく、もっと軽いだろう高野連の処分を待つという方法もあるのではないだろうか?また仙台育英ともなる親元を離れてわざわざ野球留学をしている選手も多い。そんな選手から野球を取り上げるのでなく、最後まで何とかやらせてあげようと粘るのも、そういう生徒を引き受けた学校の務めだと思う。


仙台育英の新チームは東北大会の1回戦で敗れてしまったためにセンバツ出場の可能性はもともと0に等しい。だが秋季宮城大会では4試合全てで7得点以上をあげ、失点は決勝戦での1点のみという、まさに王者の戦いぶり。夏の甲子園ベスト8のレギュラーで残るのはサードの鈴木佳のみであるが、他にも主将で正捕手とまさにチームの軸となる阿部、エース不在といわれた中で威力のあるストレートと多彩な変化球でエースの座を手に入れた佐々田など有力な選手は多い。これらの選手が冬の間に満足に練習ができないとなっては野球界としての損失も大きい。また付属の秀光中からは、U15日本代表の宮本らが今年も進学予定でこれら有望株がどうなってしまうのかも気になるところである。

もう下ってしまった処分は簡単には覆らないだろうが、上記のようなことを踏まえた上で、処分が早く明けて、来年の春の大会、少なくとも夏の大会では仙台育英ナインの姿が見れるようになってほしいものだ。


20171014仙台育英 鈴木佳
夏の甲子園ベスト8を唯一レギュラーとして経験した鈴木佳

20171014仙台育英 阿部
正捕手であり、新チームの主将でもある阿部




ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

専修大×立教大 【オープン戦】

12/2 オープン戦
専修大×立教大@立教大グランド


試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20171203専修大×立教大

3回表まで両チームともに攻撃が3人ずつで終わっていた試合は3回裏に動き出す。立教は江藤・竹葉の連打とバントフィルダースチョイスで無死満塁とすると、1番寺山の押し出し死球で先制。さらに2番冨永のタイムリーで2点目をあげる。ただなおも無死満塁であったがここは専修大の先発竹田がクリーンアップを打ち取り、立教としては痛い2点止まりとなってしまう。

5回まで立教の先発手塚の前に無得点に抑えられていた専修打線であるが、6回から登板した2番手のアンダーハンド洞口に襲い掛かる。先頭の大橋が死球で出塁すると、1番火ノ浦が左中間へタイムリー2ベースを放つと、その火ノ浦もパスボールで生還し同点。2死ランナー無しとなるも、ここから福永が四球で出塁→盗塁とチャンスメイクすると、4番秦がレフト線にタイムリー2ベースを放ち逆転に成功する。専大打線は7回表にも洞口に襲い掛かり、大庭・火ノ浦のヒットとバント処理エラーで満塁のチャンスを作ると、3番福永が右中間に走者一掃のタイムリー3ベースを放ち3点を追加して、洞口をKOする。

ただ立教打線も反撃に出て、7回裏には代打伊藤のタイムリー、8回裏には佐藤大の2ランと途中出場の選手が結果を出して、2点差に詰め寄って9回裏を迎える。専修は最終回のマウンドに前田を送るも、冨永のヒット→四球→送りバント→四球と1打逆転のピンチを迎えてしまう。ただ立教は佐藤大の犠飛で1点を返すも、最後は江藤の捉えた打球はセンターライナーとなってしまいゲームセット。専修が何とか逃げ切って勝利した。

20171202立教大 手塚
5回無失点と好投した立教大の先発手塚

20171202専修大 火ノ浦
全て得点に絡む3安打を放った専修大の1番火ノ浦

20171202専修大 福永
7回に走者一掃のタイムリー3ベースを放った専修大の新主将福永


Topic
◆フルの専修VS主力はいなかった立教
まだ新チームが発足したばかりで、メンバーは固まらない状態であろうが、それでもこの試合の専修と立教のメンバー構成には大きな差があった。

専修は3番の主将福永をはじめとしてリーグ戦経験のある選手がスタメンにずらりと並んだ。野手でいえば東都2部の最終戦に出場した選手のうち、引退した4年生以外が全員出場していて、フルメンバーといえる状態であった。それに対して立教は、先発こそ今年はリーグ戦で2番手を務めていた手塚であったが、田中・中川・比屋根・橋本といったリーグ戦でベンチ入りしていた投手はベン入りしておらず、野手に関しても正捕手の藤野や峯本・島原がベンチ外。現役トップタイの六大学通算58安打を放っている飯迫や主将の松崎は途中出場という展開で主力不在の1.5軍という構成であった。ただエース田中に関しては大学野球日本代表候補合宿@愛媛に参加していて、(メンバー公表されていないので詳細は分からないが)中川・藤野あたりも参加している可能性も高い。

試合の結果としては上記のフルVS主力抜きがそのまま響いたように、序盤は立教がリードするも、手塚が降板した後は経験に勝る専修が逆転して試合を優位に進め、立教は最後に飯迫や松崎を投入するも1歩届かずとなってしまった。


◆中川に続けず誤算の洞口
立教のアンダースローといえば1年目から大学野球選手権では最優秀投手賞を獲得するなどリリーフとして大活躍をみせた桐光学園出身の中川である。だが同じく1年生には名門の日大三出身の洞口という投手もいる。洞口は日大三では2年秋よりベンチ入りし、エース小谷野(日大)が満足に投げられなかった夏は1学年下の桜井(DeNA5位)、岡部とともに3本柱を形成。今年ウエスタンで大ブレイクを果たした坂倉(広島)とのバッテリーで明星を完封するなど活躍を見せていた。ただその実績以上にアンダースローという希少性を評価されて立教大に入学するも、同期には中川という世代No1のアンダースローがいるという状況であった。

この日は2点リードの6回から2番手として登板した洞口であったが、いきなり先頭打者に死球を与えてしまうと、そこから専修打線に捕まり逆転。続く7回もマウンドに上がるも走者一掃のタイムリーを浴びてリードを広げられてしまい、1回2/3で6失点という散々な内容であった。非常にアンダースローらしい浮き上がるようなボールで、スライダーもしっかりと腕が振れていていいボール自体は悪いという印象はなかった。しかしキャッチャー村山の問題もあるかもしれないが、やや単調な部分もあり、スライダーも少なめであった。洞口自身も7回には何でもない余裕のタイミングのバントを1塁に暴投するなど、どこか地に足がついていないこともあった。ひょっとしたらエースがアンダースローの高橋礼(ソフトバンク2位)であり、谷村などもいる専修大はアンダースローに慣れていたのかもしれない…。

残念ながら結果を残すことができずにこの試合の戦犯となってしまった洞口。アンダースローは希少性のある一方、同じチームのブルペンに2人いるかと言われると微妙なところで、同期に中川というのはいばらの道であるといえる。それでもアンダースロー投手としての能力は光るものがあり、十分に六大学でも通用すると思う。数年後に立教がアンダースロー2枚看板とかなっていれば面白い。

20171202立教大 洞口
立教大の2番手として登板した洞口であったが6点を奪われてしまった


◆さらに激化する立教のセカンド争い
上記のように主力が不在であった立教では、来年のレギュラー獲得に向けてのアピール合戦となった。その中でもこの試合で1番アピールに成功したといえるのは2番セカンドでフル出場した冨永であった。

小柄ながら桐蔭学園で1番打者として活躍していた冨永は、この日もその高いミート力を見せて、第2打席では満塁のチャンスでショートとレフトとセンターの間にうまく落とすタイムリーヒット。最終回にも先頭打者としてレフトに綺麗な流し打ちをみせて、逆転の大チャンスのきっかけを作った。第2打席・第3打席では四球を選び、特に2打席目の四球は散々ファールで粘ってからの四球で、出塁後は盗塁を決めるなど2死から1人でチャンスを作ってみせたのは非常に評価できるところであった。結局打席面では3打数2安打1打点4出塁という活躍。守備も機敏な動きでセカンドとしては十分なものであった。

この試合では小松田・伊藤といったセカンド2人もベンチ入りをしていたが、冨永がフル出場したというのはこの結果を評価されてのことであろうし、激戦区であった立教のセカンド争いにまた1人名乗りを上げた形となる。前チームでレギュラー争いの中心であった峯本・林田はこの日はベンチ入りしていなかったものの2人ともまだ3年生であり新チームも残る。また春夏ともにベンチ入りをしていた冨永の桐蔭学園の1個上の先輩でもある笠井もその座を狙っている。同じく1年生の伊藤は代打で登場してタイムリーヒット、小松田も9回の無死1・2塁で代打で登場し初球できっちりバントを決めるなど仕事を果たした。ますますレギュラー争いが激しくなる立教のセカンド争いから目が離せない。

20171202立教大 冨永
3打数2安打4出塁の活躍をみせてアピールに成功した立教大の冨永


Pickup Player
武田龍成 専修大2年 ピッチャー
~ナイスピッチングで先発の枠に向けて大きくアピール~
高橋礼・堀田らが卒業して先発投手の枠が空いた専修大。そこに名乗りをあげるがごとく、この日先発に起用された武田が見事なピッチングをみせた。

大曲工では2年秋に背番号7ながらエースとして秋田大会優勝、東北大会では花巻東戦で延長15回を投げ抜くなどして、東北大会準Vを達成。打っても4番打者として54打数20安打という活躍ぶりでチームをセンバツ出場に導いた。センバツでは初戦で英明から1失点完投勝利をあげるも、2回戦で浦和学院に敗退。進学した専修大では1年時から新人戦などでは先発をつとめ、この秋にはリリーフでリーグ戦デビューも果たしていた。

この日先発のマウンドに上がった武田は、1・2回と立教打線を3人ずつで抑えも、3回に無死満塁のピンチを迎えると押し出しとタイムリーで2点を失ったしまう。しかしなおも無死満塁というピンチでは立教のクリーンアップを迎えるも追加点を許さない粘りのピッチングを見せると、4回・5回も立教打線をノーヒットに抑えた。結局5回を投げて3安打2失点であるが、この2失点には守備のミスや不運なあたりも含まれていた。コントロールよく投げ分けれていたストレートに加えて、大きく曲がるカーブに、鋭いスライダー、チェンジアップも自信があるのか多く投げるピッチングで立教打線に的を絞らせずに、上記の5回2失点という結果以上に素晴らしいピッチングであった。

上述したようにこの日の専修大はほぼフルメンバー。投手陣も武田の後は同じ2年生であるが、すでにリーグ戦で多く登板している角谷→前田と繋ぎ本番さながらの継投であった。ということを考えると武田の先発というのも斎藤監督の中では既に組み込まれたものなのかもしれない。

20171202専修大 武田
5回まで3安打2失点の好投で勝ち投手となった専修大の先発武田



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村

テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

大阪桐蔭と履正社が同じ北大阪で何が公平なの?

来年の夏の甲子園は100回記念大会ということで、大阪からも2校が出場可能となり、南大阪大会と北大阪大会の区分けが発表された。注目の大阪2強である大阪桐蔭と履正社はともに北大阪に入り、この両校を夏の甲子園で見るということは不可能となった。ちょっと前の段階では大阪桐蔭のある大東市を南に変更し、大阪桐蔭と履正社が分れるという話があったために、この両校を見たいと思っているファン(自分も含まれる)にとっては非常に残念な結果になった。

大阪の高野連内でも簡単には決まらず、最終的には大阪高野連の浅田会長が「公平な代表の選び方を考えた~」といってこの区分けにしたらしい。

ただ言いたい。何が公平なんだ??

1つこの浅田会長があげていたのは、南北の高校の数が5校と少ないことらしいが、そんなものはもともと明確な区割りなどないのだから、その方法を変えればいくらでも少なくすることは可能であろう。

例えば北大阪に属した高校の立場になってみよう。甲子園に行くには大阪桐蔭・履正社を上回る成績を残す必要があり、それがとてつもないいばらの道であることは言うまでもない。その高校と同じくらいの実力の高校が南大阪にあったとすれば、その南大阪の高校の方が明らかに甲子園に出れる可能性は高い。もし大阪桐蔭と履正社が南北に分かれていれば、その可能性の差は同等といえるだろう。こちらの方がよっぽど公平ではないだろうか?

そもそもそんなに公平性が大事なら、大阪を分断などせずに、全チームでトーナメントをやって1位と2位を甲子園に出せばいい。もしくは1位は決定として、3位決定戦をやり、この3位と決勝で敗れた2位が再び対戦して勝った方が大阪2枠目として甲子園に出場するという社会人野球方式などいいと思われる。

結局大阪高野連の言う公平性など全然公平でないのであるし、そもそも完全な公平など存在しないので、それを追い求めてもムダの一言である。


そもそも高野連の言う公平性というのは、たいていの場合は、いわゆる野球強豪校には不利で、それ以外の高校には有利なものである。その1番の例が、来年の春から導入されるというタイブレークだ。選手の故障を防止するなら、まず取るべきは明らかに投球制限であるが、高野連はこれを「投手のたくさんいるチームが有利になってしまい公平性が損なわれる」として棄却している。冷静に考えれば、野球において投手がたくさんいるチームが有利というのは当たり前の話で、なぜこれが不公平になるのか分からない。この言葉こそがまさに高野連の公平性=強豪校以外に有利という発想を表している言葉だ。


そんな高野連の中でも、大阪は古い体質が残り、このような思想が顕著であるといえる。大阪は夏でも未だにシードがないし、ブラバンでの応援は禁止であり、この2点についても大阪大会高野連は公平性という言葉でその理由を語っている。結局はこの強豪校軽視の偏った公平性でしか物事を考えられないのだ。


と散々文句を言ったし、同じように文句を言いたい人もいるだとうが、これは決定事項であり、大阪桐蔭と履正社が夏の甲子園の決勝というのは夢物語となってしまった。まぁ南には今年は注目のエース左腕の大石率いる近大附属もいるし、不公平な分け方でも大阪ならそれなりの実力校が来ると信じて、夏の甲子園を楽しみにしたいところだ。

20170319履正社 濱内 20171111大阪桐蔭 中川
ともに夏の甲子園で見ることができないのが残念な履正社の濱内主将と、大阪桐蔭の中川主将



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ