FC2ブログ

創価大×東北福祉大【全日本大学野球選手権】

6/11 全日本大学野球選手権2回戦
創価大×東北福祉大 @東京ドーム

試合経過

20190611創価大×東北福祉大
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

全日本大学野球選手権は2日目の第4試合に、ついに前年度王者の東北福祉大が登場。対するはドラフト候補3本柱を擁し、前日の1回戦では大阪工業大を破って、この2回戦にコマを進めた創価大。試合はともに強力投手陣を擁する両チームの前評判ン通りのロースコアの展開となった。

東北福祉大の先発はこの春リーグ戦で5勝0敗、防御率0.00という圧倒的な成績を残した左腕山野。今年のドラフト候補筆頭であり、昨年のこの大会では最優秀投手賞を獲得した津森はリリーフエースとして控える陣容である。山野は130㌔台中盤のカットボールを中心に投球を組み立て、ここぞという場面では力をいれた140㌔を超えるストレートを投げ込むという持ち前のクレバーな投球を展開。3回表にはやや制球を乱して3四球で満塁のピンチを迎えるも、最後はこの春リーグ戦でMVPを獲得した創価大の5番保科を三振に斬ってピンチを脱する。5回まで打たれたヒットは萩原の内野安打(それもボテボテのサードゴロ)のみの無失点と素晴らしい投球をみせる。
20190611東北福祉大 山野2
5回まで内野安打1本に抑える好投をみせた東北福祉大の先発山野

創価大の先発は望月。前日の試合ではエース杉山が先発して、この望月がリリーフという起用だったので、この2戦目には3本柱のもう1人である小孫が来るかと思っていたが、前日の好投が評価されたかこの望月がマウンドにあがった。その望月は岸監督の起用に応え、山野にひけをとらない素晴らしいピッチング。187㎝長身を生かして真上から投げ込む角度のあるストレートはMax146㌔をマークし、特にこの日効いていたのは大きく曲がる110㌔台のカーブで、130㌔前後のチェンジアップとともに東北福祉打線のタイミングをずらすのに効果的であった。東北福祉打線は初回に2個の死球でチャンスを作るも、2~4回は3者凡退となり、無安打のまま4回を終える。
20190611創価大 望月2
4回までノーヒットピッチングをみせた創価大の望月

ただ5回裏、東北福祉大に出た待望の初ヒットは7番楠本の先制ホームラン。DeNA楠本泰史を兄に持ち、その兄と同じく花咲徳栄→東北福祉大という経歴を歩んでいる左の強打者は、カウント2B1Sからの高めのストレートを捉えると、打球は見事にライトスタンドに飛び込んだ。これまでボールを低めに集めていて、内野ゴロを量産していたも望月にとってはやや高めに浮いてしまった痛恨の1球となったが、それでも力のある球であり、それをライトスタンドに運んだ楠本を褒めたい場面であった。
20190611東北福祉大 楠本
先制のホームランを放った東北福祉大の楠本

東北福祉大は山野が6回まで1安打無失点と素晴らしいピッチングを見せていたが、7回からはリリーフエースの津森がマウンドに上がる。津森はいきなり代打藤原魁にヒットを浴びてピンチを招くも、高・下小牧と創価大打線の自慢の1・2番を打ちとりピンチを脱する。津森はサイドから、自己最速タイとなる149㌔をマークしたストレートを主体に、スライダー・シンカーといった変化球を交えた津森らしい投球を展開。8・9回も創価打線を寄せ付けずに、東北福祉大が1-0のまま逃げ切った。創価大は望月が8回2安打1失点完投と素晴らしいピッチングを見せるも、打線が援護できずに敗れてしまった。
20190611東北福祉大 津森
7回から3イニング無失点の好リリーフで試合を締めた東北福祉大の津森



東北福祉大の継投が見事にはまった試合であった。先発の山野は6回まで1安打9奪三振無失点と完璧な内容であったが、大塚監督は、7回のマウンドには津森を送った。現在の大学球界でもトップクラスの投手である津森であっても、1点のリードしかないこの場面での登板はプレッシャーがかかるところであるが、3回無失点と見事に仕事を果たした。打線は楠本の1発のみの2安打と沈黙してしまったが、この投手陣がいれば連覇にむけて視界は良好であった。この時はまさか次の試合で津森が3点差を逆転されて敗れるなんてことは想像もつかないゲームであった。

敗れた創価大の投球も絶賛に値するものであった。そのポテンシャルは誰もが認めるところながらも、これまではどこか杉山・小孫に次ぐ存在という印象であったが、この全国の舞台で一気にこの2人に匹敵する存在であることを証明した。この試合では自己最速タイの146㌔をマークしていたが、187㎝という体格を生かせばまだまだ球速も出そうであり、これからの伸びしろも含めれば、スカウトの評価は創価大のドラフト候補トリオの中でもトップかもしれない。

ただ創価大打線は全く持ってこの試合に機能しなかった。打線の核である4番山形は2ベースを放ち2四球とそれほど悪くなかったが、その次を打つ5番保科がリーグ戦MVPを獲得した打棒を発揮できずに2三振ノーヒット…創価大打線の売りである経験豊富な高・下小牧の1・2番もノーヒットに抑えられてしまい、中軸の前にあまりチャンスを作りだせなかったのも痛かった。
20190611創価大 保科
リーグ戦ではMVPを獲得した創価大の保科であったが、この試合では東北福祉大投手陣の前にノーヒットに抑え込まれた



Pickup Player
山野太一 東北福祉大3年 投手
~6回2安打9奪三振の完璧投球~
東北福祉大の先発の山野は、6回2安打9奪三振無失点と完璧な投球をみせた。

山野は高川学園では2年夏からエースとなり、山口ベスト8に進出。その後は肩痛などで離脱するも、3年夏には全6試合に先発いし、準決勝の長門戦では8回参考ながらノーヒットノーランを達成するなどして、高川学園を初の甲子園出場に導いた。甲子園では初戦で履正社と対戦し、寺島(ヤクルト)と投げ合うも0-5で敗れた。

東北福祉大では1年春から先発で起用され、ライバル仙台大戦との試合でも8回無失点12奪三振の好投をみせるなどして4勝0敗の成績を収め、新人賞を獲得。1年秋はまた肩痛で3イニングのみの登板に終わるも、復帰した2年春には再び4勝0敗の成績を収め、ベストナインを獲得。しかし優勝した全日本大学野球選手権では、2試合に先発も5回、2回で降板していて、やや無念さの残る優勝となった。この春は5勝0敗、36イニングを投げて防御率0.00という圧倒的な成績を残し、またこの全日本大学野球選手権の舞台に帰ってきた。

この大事な初戦で先発を任された山野は、130㌔中盤のカットボールを中心とした投球で、さらにスライダー・カーブ・チェンジアップなどの変化球で創価打線のタイミングを外していた。2回には3四球を与え満塁のピンチを招くなど、この試合では山野にしてはやや四球が多かったが、勝負ところでは力を入れてMax144㌔のストレートも交えながら三振を奪うことができていた。このように打者を見ながら冷静に投げることもできていて、余裕すら感じられる投球であったので、予定通りであったのだろうが6回で降板というのは非常に残念であった。それでも6回を2安打無失点9奪三振という素晴らしい投球内容で、津森にバトンを渡した。

仙台六大学野球連盟では無双状態にありつつある山野。どちらかというと小柄で実戦的な左腕であるために、来年のドラフトに向けては全国の舞台で成績を残すことは重要になってくる。今後はさらに結果を残して、津森のリリーフも要らないというような投手になって欲しいものだ。

20190611東北福祉大 山野1
見事6回2安打9奪三振無失点の好投をみせた東北福祉大の山野



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ