FC2ブログ

花咲徳栄×浦和学院【秋季埼玉大会】

10/5 秋季埼玉大会準決勝
花咲徳栄×浦和学院@県営大宮球場

試合経過
20191005花咲徳栄×浦和学院
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

昨年の世代では1度も実現しなかった花咲徳栄×浦和学院という埼玉大会のゴールデンカードが秋季大会の準決勝で実現。勝てば関東大会出場決定、敗ければセンバツ絶望という大一番です。

花咲徳栄はエース高森が先発したのに対して、浦和学院は背番号10の美又が先発した試合は、緊迫した投手戦となり0-0のまま中盤まで進む。迎えた5回裏、浦和学院は先頭の8番樋口がレフト前ヒットで出塁するも、続く9番美又はバント失敗で、さらに1番吉田匠もファーストフライとランナーを進めることができずに、2死1塁で2番里を迎えてしまう。スタメンに1年生が多く経験者の少ない浦和学院にとって、前チームで1番を打っていた里はまさに主軸。去年から2番に中前を置くなど、チームNo1ともいえる打者を2番に置く森監督の起用に応えた里はライト線にヒットを放つ。花咲徳栄のライト井上は1塁をオーバーランしていた里をさすべく強肩で1塁へ送球、かなり怪しいタイミングであったが、何とかヘッドバックで戻った里の判定はセーフ。ただこれには花咲徳栄のファースト中井は納得いかなかったようでジャッジした2塁審にアピール。しかし隙をついて3塁ランナーの樋口はホームインし、浦和学院が先制する。
20191005浦和学院 里
20191005浦和学院 樋口
ライト線にヒットを放った里と隙を突く好走塁をみせた樋口

何としても追いつきたい花咲徳栄は終盤に自慢の強力打線が目を覚ます。7回には1死から4番井上のヒット、さらには続くファーストゴロが悪送球となり、1死1・2塁のチャンスを迎えるが、6番渡壁は粘った末にセカンドゴロ併殺。8回には2死からこの日美又に対して1番当たっていた9番小林がヒットで出塁し、1番南がレフトフェンス直撃の2ベースを放ち2死2・3塁のチャンスを作るも、2番浜岡はセカンドゴロとチャンスを作るもののあと1本ができない。

浦和学院の美又は、体を沈み込ませてからの独特なスリーウォーターから力のあるストレートを投げ込む右腕で、ストレートはこの日最速140㌔。ただこれは激辛の県営大宮球場の数字としては十分で、Max146㌔という本来の実力に匹敵するスピードであろう。そして課題であったコントロールがこの日はよく、この日はなんと8回まで無四球。変化球はスライダーやカットボールなどを操り、特に中盤以降はこのスライダーを多めにしたピッチングが効いていた。ピンチでの粘り強い投球をみせ、さすがは本来は背番号1を背負うべうき逸材というピッチングであった。

ただ花咲徳栄の高森も5回に1点を取られた後も、淡々と自分のペースで投げ続け、6回以降は浦和学院打線をノーヒットに抑える好投で、試合は浦和学院が1-0とリードしたまま最終回を迎える。

9回表、花咲徳栄は1死で迎える4番井上。チャンスを作ってもなかなか得点の入らない展開だけに、この世代屈指のスラッガーの1発に期待したいところであったが、井上は変化球にやや泳がされてしまう。それでも打球のスピードはあり、この三遊間の打球をショート樋口が何とか抑えるも、井上が気迫のヘッドスライディングでセーフとして内野安打で出塁。すると美又にもさすがに疲れが見えたのか、5番中井にはストレートの四球を与えてしまう。ここで浦和学院はレフトを守っていた背番号1の三奈木が1度はマウンドに行きかけるも、美又続投という選択をするも、6番渡壁に死球を与えてしまい満塁。ただここで美又は開き直ってストレート連発で7番栗島を追い込むも、高めのつり球をバットに当てられてしまうと、打球はセンターへの犠牲フライとなり、花咲徳栄が土壇場で1-1の同点。なおも花咲徳栄は逆転のチャンスという場面であり、続く高森の初球がボールとなったところで、今度こそ三奈木がレフトからマウンドに上がると、高森をライトフライに抑えて、逆転を許さない。
20191005花咲徳栄 栗島
同点打となる犠飛を放つ栗島

1-1のまま延長戦に入った試合は10回表、花咲徳栄は1死から1番南がこの試合2本目のレフトフェンス直撃の2ベースで出塁すると、浜岡もセンター前ヒットで続いて1死1・3塁のチャンス。ここで三奈木は3番田村を歩かせてしまい、1死満塁で井上という絶対絶命のピンチを迎える。すると井上はカウント1B1Sからの3球目を逆らわずにうまくライト線に運び、これが犠牲フライとなり花咲徳栄が勝ち越し。
20191005花咲徳栄 南
2本目のレフトフェンス直撃の2ベースでチャンスを作った南

ただ浦和学院は10回裏、先頭の8番樋口がチームとしては5回以来となるヒットで出塁。続いて途中からレフトに入っている松村が打席に迎かうと、バントの構えもあったものの、最終的に森監督は強行策に打って出る。しかし松村の打球はサード正面でサードゴロ併殺。続く代打茂原が三振に倒れてジーエンド。花咲徳栄のエース高森は10回1失点完投で、花咲徳栄が2-1で勝利して関東大会出場を決めた。
20191005花咲徳栄 高森2
完投勝利をあげてガッツポーズの高森


埼玉屈指の強豪対決であったが、ここまでの戦いぶりは対照的であった。夏の甲子園ではリリーフ登板も果たした高森がエースとなり、田村・井上・中井と甲子園でもスタメンだった3人がクリーンアップを打線と経験は十分で、ここまでは準々決勝で強豪の聖望学園から10-0のコールド勝ちを納めるなど圧倒的な戦いぶり。一方の浦和学院はスタメンに1年生が多く経験の少ないチームであり、初戦で川越工に3-1といきなり接戦で、準々決勝も埼玉栄に終盤での逆転勝利と接戦が続いていた。よってこの試合は花咲徳栄が有利と思われていた。

そんな中で意地を見せたのが、浦和学院の2年生であった。当初はスタメンに7人もの1年生が名を連ねることもあったが、この試合では5人と半分以上が2年生。特に先発を任された美又はまさに、その意地をみせた素晴らしいピッチング。1年夏から甲子園で登板を果たすなど、この世代ではエースになること間違いなしと思われていた右腕だが、この秋は1年生の三奈木に背番号1を譲り、美又は背番号10。ここまではリリーフ登板が多かったが、この大一番では先発に抜擢されると、8回まで徳栄打線を無失点に抑え、前評判を見事に覆してみせた。最後はスタミナが切れてしまったようだが、この美又の好投は森監督にとっては嬉しいことであっただろう。
20191005浦和学院 美又
2年生の意地をみせ8回まで徳栄打線を無得点に抑えた美又

花咲徳栄はなかなか得点こそ上げられなかったものの、終盤の底力はさすがであった。浦和学院と違ってスタメンが固定されて、しっかりとした戦いができているチームは関東大会でも上位進出が大いに期待される。中でもやはり注目は、1年春から花咲徳栄のスタメンを掴み、前の試合で高校通算41号を放った、この世代屈指のスラッガーである井上。この試合では1発こそなかったものの、7回そして同点に追いついた9回とヒットを放ちチャンスメイク。10回には決勝打となる犠牲フライを放った。やはりこの男がいると徳栄打線は今年も強力そのものである。
20191005花咲徳栄 井上
ホームランはなくても2安打に決勝打と徳栄打線を牽引した井上


Pickup Player
高森陽生 花咲徳栄2年 投手
~去年とはここが違う花咲徳栄の絶対的エース~
花咲徳栄の絶対的なエース高森が10回1失点完投でチームを関東大会出場に導いた。

秋田出身の左腕は、小柄ながらキレのあるボールとコントロールを武器に1年秋からベンチ入り。背番号18で臨んだ2年夏の埼玉大会では4試合に登板して全試合で無失点の好投。特に準決勝では秋春と埼玉を制していた春日部共栄相手に、1点勝ち越した直後の8回から登板し、2回パーフェクトピッチングを披露。これで岩井監督の信頼を得ると、甲子園では背番号10を背負い、明石商戦では7回からリリーフするも決勝打を浴びて敗戦投手となった。

新チームではエースとなった高森は準々決勝では聖望学園を完封するなど、ここまで全試合で2失点以内の投手陣を牽引。この大一番でも当然マウンドに立った高森はその持ち味を発揮。ストレートは県営大宮のスピード表示とはいえ120㌔中盤であるが、その決して開くことのないフォームはボールの出処が見づらく、またコントロールも抜群できっちりとコースにコントロールされていた。変化球はスライダー・カーブに加えて、得意のチェンジアップが効果的であり、ミスのない投球で浦学打線を淡々と抑えていく。ちょっとした不運もあって5回には1点を失うも、その後は浦学打線を無安打に抑えていった。延長戦に入ってもスタミナも十分で、左投手が苦手な浦学打線に抜群の効果を発揮して、結局10回1失点で完投勝利。

昨年は強力打線を擁しながらも、なかなかエースが定まらずに苦戦した花咲徳栄。しかし今度の新チームでは、高森という前チームでも実績のある投手がいる。もはや花咲徳栄の絶対的エースといえる存在であり、この安定したピッチングは波乱の多い秋季大会では力強く、関東大会でもその投球に期待したい。

20191005花咲徳栄 高森
10回1失点完投勝利をあげた花咲徳栄の絶対的エース高森


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ