FC2ブログ

SUBARU×日本通運【オープン戦】

7/28 オープン戦
SUBARU×日本通運 @NITTSUボールパーク

試合経過

2回裏、日通はこの試合で5番に起用された正捕手の木南が、カウント2B2Sからのストレートを捉えると、ライナー性の打球はそのまま左中間のフェンスを越える先制ホームラン。日通打線はこれで火が付いたのか、そこから大谷・森松の連打で無死1・3塁のチャンスを作ると、8番内海がうまくライト線に運ぶタイムリーで2点目。さらに9番高橋、1番稲垣もタイムリーで続くなど、木南のホームランから計6連打でこの回一挙5点をあげる。
20200728日本通運 木南
先制弾を放った日通の5番木南

勢いの止まらない日通打線は3回にも、この回先頭の森松がセンターのフェンスを越えるホームラン。ここから2死となるものの、1番稲垣がセンター前ヒットで出塁し盗塁を決めると、2番諸見里のセンターオーバーのタイムリー2ベースでこの回2点目をあげて7-0とリードを広げる。SUBARU先発の上原はMax146㌔のストレートをはじめ、カットボールやSFFなどストレート系のいいボールを投げていたものの、スライダーなどの割合は少なく、緩急をつけることができなかったために、日通打線は完全にタイミングがあってしまっていた。それでも4回まで上原を投げさせたのは、首脳陣の期待の現れであると思うので、今回の内容を糧にして欲しいところだ。
20200728日本通運 諸見里
センターオーバーのタイムリー2ベースを放つ日通の諸見里

日通は先発の庄司がテンポのいい投球で3回まで被安打1の無失点。4回には渡辺が登板し、そのテンポを引き次ぐかのように、わずか11球で2三振の3者凡退という投球をみせ、5回にも石田・君島と打ち取り簡単に2死をとる。しかしここからSUBARU打線は、寺越・樋口の連打で2死1・2塁のチャンスを作ると、2番遠藤がカウント2Bからの甘く入った球をレフト前に弾き返して、SUBARAUが初得点。さらに続く3番森下がセンターオーバーの2点タイムリー2ベースを放ち、SUBARUが5回に3点を返して3-7とする。
20200728SUBARU 森下
2点タイムリー2ベースを放つSUBARUの3番森下

SUBARUは6回裏に3番手としてルーキーの山本が登板。山本はいきなり浦部に死球を与えてしまい、バッテリーミスを挟んで北川にもライト前ヒットを浴びてしまい無死1・3塁というピンチを招く。ただ山本は小雨がぱらつく中でもエンジン全開であり、ストレートは150オーバーが多く、Maxは152㌔をマーク。SFFでも140㌔を超え、スライダーも130㌔中盤をマークしており、そのインパクトは絶大であった。上記のピンチから木南を三振に仕留めると、大谷はピッチャーゴロ、代打のデシャーンはレフトフライに仕留めて6回を無失点で終えると、7回は日通打線を3人で片づけて、2回を無失点の好リリーフで流れをSUBARUに手繰り寄せる。
20200728SUBARU 山本
Max152㌔の剛速球が光ったSUARUのルーキー山本

日通は7回からこの試合の左腕トリオの締めとして相馬が登板。相馬いえば、横浜高時代は柳(中日)の控えの技巧派左腕というイメージがあったが、国際武道大を経て、昨年は武田久コーチ(元日本ハム、現東海REX投手コーチ)の指導もあり、投球に力強さが出てきており、この試合ではMax146㌔をマーク。130㌔前後のスライダーとのコンビネーションで、SUBARU打線を7回3イニング無失点に抑えて、日通が7-3でSUBARUを破った
20200728日本通運 相馬 
終盤3イニングを無失点に抑えた日通の相馬

20200728SUBARU×日本通運
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


日本通運で面白いと思ったのは投手起用だ。この試合では庄司→渡辺→相馬と主に中継ぎとして期待されるであろう左腕が3イニングずつ、わざわざ似たタイプの投手3人を起用したのだ。おそらく公式戦であれば、このような起用はなく、オープン戦らしい起用であった。ただこうすることで、同じ相手に同じ条件で投げているわけで、公式戦での起用にむけてこの3人の序列を明らかにするために分かりやすい。ちょうど今年の開幕前の練習試合で、楽天の三木監督が外国人中継ぎ投手を同じ試合で登板させて、(外国人枠の影響で)誰を2軍にするか決めようとしていたことと同じにも見える。今日の内容でいえば、庄司・相馬の2人が3イニング無失点の好投をみせたので、1歩リードというところであろうか?ちなみにこの2人は同じ年で、高校は庄司が東海大相模、相馬が横浜と高校時代から凌ぎを削っていた。今はチームメイトとなりつつも、左腕としての地位を争っている。
20200728日本通運 庄司
日通の先発として3回1安打無失点好投をみせた庄司

そんな日通投手陣んい5回の3点以外は、見事に抑えられてしまったSUBARU打線であるが、若くて非常に楽しみなスラッガーが多い。昨年まで国学院大の4番を務めていた左のスラッガーのルーキー鎌仲は5番レフトで起用されたが、4打数ノーヒット3三振。同じく6番DHで起用された2年目龍も、3打数ノーヒット。2人とも社会人レベルの左対左の対戦に圧倒されてしまった形だが、それでも代打を送らずにフル出場させたあたり冨村監督からの期待の高さがうかがえる。さらにこの日は出場はなかったものの、昨年の春には東都1部で5ホーマーを放った東洋大の山田も今年から入社している。右打者でみても最終回には原島と三浦が代打で登場。原島は(狭い球場の恩恵も受けたが…)ライトフェンス直撃の2ベースを放つなど存在感を見せており、こちらの右のスラッガーも楽しみな存在。5人ともまだ若く、早く林の抜けた打線の核に成長すべく頑張って欲しい。
20200728SUBARU 鎌仲
SUBARUの5番に起用されたルーキー鎌仲


Pickup Player
森松裕次郎 日本通運 ファースト
~ポスト関本に向けて好調な打撃でアピール~
この試合DHで起用された森松は、2回のビックイニングを作るヒットに、ホームランにとアピールに成功した。

森松は延岡学園の出身で、2年夏に甲子園に出場すると、背番号14ながら2回戦の仙台育英戦では5番サードでスタメン出場。3年夏には2番セカンドとして出場するも、宮崎大会決勝では日南学園に敗れてしまい2年連続での甲子園出場はならず…。九州産業大では1年秋からリーグ戦に出場し、3年春からショートのレギュラーに定着。その高い守備力はプロからも注目された一方、打撃に関しては目立った成績は残せずにベストナインなどの受賞はなかった。

日本通運に入社すると、入社直後のスポニチ大会のジェイプロジェクト戦でホームランを放つデビューを飾るものの、どちらかというと守備の選手という立ち位置。さらに日本通運に関して言えば、セカンド浦部、ショート諸見里は強固であり、主にサードのレギュラーを狙っていたが、昨年から稲垣が入社してサードの絶対的レギュラーに定着してしまっていた。ただもともとパンチ力はあった打撃が昨年から向上してきており、昨年の日本選手権ではDHとしてスタメン出場を果たし、守備の人→打てる選手に変貌を遂げつつあった。さらに昨年限りでこれまで、その打力でファーストとしてチームを牽引してきた関本が勇退しており、打てるファーストが必要となっていて、森松もファーストでの起用も増えてきている。

この試合ではDHとしてスタメン出場を果した森松は、1点取った後の無死1塁で回ってきた第1打席では追い込まれてから変化球を2球ファールにした後のストレートをうまくライト方向に押っ付けて1・3塁とチャンスを拡大するヒット。バントも考えられる場面であったが、強硬策で最高といってもいい結果を出し、この後の3連続タイムリーにつなげるという意味でも大きな仕事だった。そして3回裏の先頭打者として迎えた第2打席では、カウント2Bからの甘く入ったストレートをたたき、センターのフェンスを越えるソロホームラン。この試合の森松はDHということもあり3打席でお役御免となったものの、貴重な2安打を放ち、レギュラー獲得に向けてアピールに成功した。

ここのところの起用を見ていると、現状は森松がファーストorDHのレギュラー筆頭であろう。ただこの試合のように4番の北川はファーストを守ることもあり、そうなると同じくこの試合で結果を残した高橋や内海といった外野手もレギュラー争いになってくる。好不調など打撃成績がそのままレギュラーに直結するポジションだけに、まだまだ予断を許さないところはあるものの、守備の人→打撃の人に生まれ変わりつつある森松の活躍に期待したい。
20200728日本通運 森松
打撃で結果を残しつつある日通の森松


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

夏の独自大会の展望【群馬編】

夏の甲子園は中止になりましたが、各都道府県で独自大会は進められています。
なのでその大会の優勝予想+展望について、書いていきたいと思います。

3回目は、群馬です。

有力校紹介

昨秋は群馬大会では3位、関東大会の初戦でも9回2死まで敗けていたものの、そこから小澤のホームランなどで常総学院から逆転勝利をあげ、そのまま関東大会を制すると、明治神宮準Vまで昇りつめたのが健大高崎。その原動力となったのは、エース左腕の下でありMax143㌔のストレートにスライダー・SFFなどを駆使した投球は完成度が高く、一躍プロからも注目される存在になった。2番手として目される橋本は、190㎝の大型右腕であり、関東大会決勝では山梨学院から完封勝利をあげている、健大高崎らしく他にも長谷川、朝井ら投手陣は豊富であるが、今年は下というエースの存在が大きく、またリードする主将の戸丸は、セカンド送球1.79秒をマークした強肩の捕手であり、下とは中学時代からバッテリーを組んでいる。リードオフマンの古滝をはじめとして、橋本や戸澤らも「軌道破壊」といえる走力を擁する一方、最近の健大高崎は有力中学生の入学が多くパンチ力のある選手が多い。神宮大会では控えからスタメンに抜擢された木川がホームランを放つなど、攻撃陣の層も厚く総合力が高い。実際のこの夏の初戦ではいきなり好投手清水を擁する安中総合学園と対戦するも、危なげなく初戦を突破している。
↑健大高崎の秋の飛躍の立役者であるエース下
20191115健大高崎 下


ライバルの前橋育英は、秋は準決勝では健大高崎に完封勝ち(観戦記)をおさめるなど、今年も守備力が高い。エースの2年生左腕の菊池は非常にコントロールがよく、左腕らしく右バッターの懐にもボールを投げ込むことができる。2番手の武藤は、同じ左腕でも力いっぱいボールを投げるタイプであり、このタイプの異なる2人の左腕が中心となる。この2人をリードする須永はプロも注目の捕手であり、セカンド送球1.8秒の強肩で、秋は健大高崎の機動力を封じた。打撃でも2年夏から4番を打つ実力者であり、まさにチームの中心である。
↑4番で主将と前橋育英の扇の要の須永
20190928前橋育英 須永


いつも通りの2強に割って入るのが、秋の群馬大会の覇者であり、センバツ出場を決めていた桐生第一。エース宮下はコントロールのいい技巧派左腕であり、これに加えて期待の144㌔右腕である蓼原が、課題の制球力がよくなり、使える見通しが立ってきたことが大きい。打線は4番で主将の強打者廣瀬、関東大会では好左腕の安達(桐光学園)から満塁ホームランを放った中島ら中軸はしっかりしており、曽我・大畠・加藤らその前を打つ打者は打力と走力を兼ねそろえている。
20190928桐生第一 廣瀬
↑桐生第一打線を牽引する4番で主将の廣瀬

展望
秋は桐生第一が制したが、やはり投打に力のある、健大高崎と前橋育英の一騎打ちに今年もなると予想される。今年は準決勝で実現するこの群馬のゴールデンカードは、夏の大会においていえば現在前橋育英が4連勝中で、5年連続で夏の甲子園に出場中と相性はいい。ただ夏の大会が3年生縛りとなりエース菊池の登板がないと前橋育英としては戦力ダウンが大きく、逆に小澤以外の主力が全て3年生の健大高崎は戦力ダウンが少ない。また健大高崎は、近年有望な中学生がたくさん入学しており、戦力層が厚いので、選手を多く使う傾向のあるこの夏の戦いにも向いている。以上のことから、今年は健大高崎が群馬を制して、甲子園の交流試合にも弾みをつけるのではないかと予想する。

↓組み合わせ
2020夏の組み合わせ 群馬




ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ