FC2ブログ

日立製作所×NTT東日本【オープン戦】

8/15 オープン戦
日立製作所×NTT東日本 @NTT東日本船橋グランド

試合経過

NTT東日本は稲毛田、日立製作所は原田とともに期待の本格派右腕ルーキーの先発で始まった試合。稲毛田は4シームに、2チームを織り交ぜるというストレート系中心の投球で日立打線を力で抑えていく。初回を3者凡退と素晴らしいスタートを切ると、5回まで浴びたヒットはシングルヒット3本のみ、5奪三振無失点とという投球をみせる。
20200815NTT東日本 稲毛田
5回まで日立打線を無得点に抑えたNTT東日本の先発稲毛田

日立製作所の原田は、初回にいきなり先頭の火ノ浦に四球を与えてしまうと、上川畑にもヒットを浴びて無死1・3塁のピンチ。ただここから3番向山を三振に仕留めると、2死満塁となってから下川をファーストゴロに打ち取り初回のピンチを切り抜ける。すると2回以降は立ち直り、ストレートを中心に、フォークボールや2シームなどをまじえて投球で。2・3回とNTT打線を3人ずつで片づける。
20200815日立製作所 原田
日立製作所の先発のルーキー原田

試合が動いたのは4回裏、原田が先頭の喜納に四球を与えてしまうと、NTTは桝澤が送って1死2塁。ここで6番下川は二遊間を抜くセンター前ヒットを放ち、喜納が2塁からホームインしてNTTが先制。さらに2死3塁となってから、朝田の緩めのセカンドゴロに対して、日立のセカンド國谷は前進してそのままジャンピングスローするものの、これが暴投となりNTTに2点目が入る。ただ原田が得点を許してのはこの回のみで、5回もNTT打線を3者凡退に抑え、5回2失点と合格点の与えられる内容でマウンドを降りた。
20200815NTT東日本 下川
NTT東日本の先制タイムリーを放った下川

5回まで日立打線を圧倒していた稲毛田だが、猛暑の中の投球ということもあってか、6回になると日立打線が捉え始める。1番野中・2番豊田はともにアウトになったものの連続センターライナー。日立の3番濱元は2球で追いこまれるものの、そこからうまくレフト前に運ぶと、4番森下はレフト線に2ベースを放ち、俊足の濱元が1塁から生還して日立製作所が1-2と1点差に迫る。さらに同点のチャンスで5番田中(左打者)というところで、NTTはサイド左腕の飯嶋を投入。飯嶋は田中をセンターフライに打ち取って、このピンチを凌いだ。
20200815日立製作所 森下
タイムリー2ベースを放った日立製作所の4番森下

その後は日立製作所が6回を阿部、7回を杉尾とこちらも期待の右腕が登板して、それぞれ3人でNTTの攻撃を片づける。NTTも7回には熊谷が登板して1イニングを2奪三振パーフェクトに抑えると、8回からはベテラン大竹を投入して盤石のリレーを見せて、試合は終盤を迎える。

日立製作所は8回裏に、昨年の都市対抗で若獅子賞を獲得した左腕の岡を投入する。しかしNTTは岡に対して、2番上川畑がこの試合3本目のヒットを放つと、3番向山も四球を選んで1死1・2塁のチャンスを作る。ここで迎えた途中出場の4番阿部はフルカウントから、レフトの頭上を越える2ベースを放ち、NTTが2点を追加。最終回も大竹が抑えて、NTT東日本が4-1で勝利した。
20200815NTT東日本 大竹
8:9回と無失点で試合を締めたNTT東日本の大竹


20200815日立製作所×NTT東日本
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


勝利したNTT東日本はまさに帝京勢の活躍が目立った。ややスタミナが切れたか6回には日立打線に捕まりかけたものの稲毛田は5回2/3を1失点という好投で勝利投手。またどうなるか分からないが大竹を今日のように後ろで使い、JFEの須田やトヨタの佐竹のような存在にするのであれば、先発投手の枠は空く。来月から始める都市対抗予選に向けて、先発投手としてアピールができたことであろう。阿部も途中出場ながら、8回裏には試合を決める貴重な2点タイムリー2ベース。NTT東日本の内野はファースト喜納と、上川畑・下川は確定で残りの1枠は接戦となっている。この日スタメンであった朝田や、同じく途中出場した丸山との争いとなるが、今日の1打は非常にいいアピールになったと思われる。近年は甲子園から遠ざかっている帝京だが、今年は(甲子園には行けないものの)久しぶりに東東京大会を制覇。そんな後輩たちに刺激を受けてか、稲毛田と阿部の2人が帝京魂を見せつけ、チームの勝利に大きく貢献した。
20200815NTT東日本 阿部
レフトオーバーのタイムリー2ベースを放つNTT東日本の阿部

敗れた日立製作所にも光明は見えた。昨年は都市対抗で8強入りを果たしたものの、投手陣はSUBARUからの補強であった川上・高橋の2人が中心であった日立製作所。そんな状況からか今年は、西山・原田・杉尾という大学野球の全国大会で結果を残した3人の右腕が加入。先発した原田は5回2失点と見事に試合を作り、7回に3番手として登板した杉尾も1イニングを2奪三振3人で終わらせる投球をみせた。6回には高卒4年目の阿部も1イニングをパーフェクトに抑えるなど、期待の右腕たちが結果を残したのは、チームの課題克服に向けて光明が差しているといえるだろう。
20200815日立製作所 杉尾
7回を3人で片づけた日立製作所のルーキー杉尾

また日立製作所で注目であったのが2番豊田という起用だ。東海大相模では4番打者として3年夏に甲子園優勝、国際武道大でも1年春から4番を務め、2年春・3年春には全日本大学野球選手権を制するなど、これまで4番として成績を残してた新人を、この試合では2番打者として起用。残念なことにランナーのいる場面で回ってこなかったので2番としての役割は見えなかったが、これが最近はやっているバントをしない強打の2番としての起用であれば非常に楽しみである。
20200815日立製作所 豊田
2番打者として起用された日立製作所のルーキー豊田


Pickup Player
上川畑大悟 NTT東日本 ショート
~ドラフトに向けて3安打と順調な仕上がり~
NTT東日本ではドラフト候補の上川畑が、3安打を放ち順調な仕上がりをみせた。

好守巧打の内野手である上川畑は倉敷商では1年秋よりショートのレギュラーを獲得し、2番打者として中国大会8強入り。2年秋からは3番ショートとしてチームを牽引し、中国大会では打率.500の活躍をみせ、センバツまであと1歩と迫る中国大会4強入り。3年夏は1番打者として活躍するも、準決勝で小寺(JR東海)がエースの岡山理大付に敗れた。日大に進学すると、1年秋よりセカンドのレギュラーに定着し、京田(中日)との二遊間として活躍。2年秋にはリーグ4位の打率.386をマークしてベストナインにも輝き、優勝を果たしたチームは神宮大会でも4強入り。京田の卒業後はショートに回り、4年夏には日米大学野球とハーレムベースボールウィークの大学日本代表にも名を連ねた。

NTT東日本では1年目よりショートのレギュラーとなり、二大大会にはともに9番ショートとしてスタメン出場。日本選手権では2試合で2本の二塁打を含む4安打をマークしていた。2年目を迎えドラフト解禁となる今年は、スカウトからの注目も集める選手となっていた。

この試合に2番ショートでスタメン出場した上川畑。初回に1番火ノ浦が出塁して迎えた第2打席では、バントではなくレフト前にヒットを放ち1・3塁とチャンスを拡大。3回の第2打席でもセンター前のヒットを放った。8回の第4打席でもセンター前にうまく運ぶと、左投手の岡であるにも関わらず、続く打者の初球にスチール成功。阿部のタイムリー2ベースで貴重な追加点となるホームを踏んだ。結局この試合では4打数3安打1盗塁の活躍であった。

もともと守備範囲が広く一級品と言わている守備もこの試合ではソツなくこなし評価は変わらない。ドラフトに向けて、あとはどれだけ打てるかというところだが、この試合では3安打の結果を残した。昨年は9番打者であり、自粛明けも下位打線を打つこともあったが、都市対抗予選が近づくにつれて、しっかりと期待されている2番の椅子に座りそうである。昨年は好守巧打の内野手として小深田が楽天から1位指名を受けたが、今年でいえばその枠の筆頭は上川畑であろう。今日のような打撃を継続できれば、球団によっては上位指名も見えてくるだろう。

20200815NTT東日本 上川畑
3安打の活躍をみせたNTT東日本のドラフト候補の上川畑


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ