fc2ブログ

東海大相模×横浜【秋季神奈川大会】

9/30 秋季神奈川大会準決勝
東海大相模×横浜 @サーティーフォー保土ヶ谷球場

試合経過

秋季神奈川大会は準決勝で、東海大相模×横浜という神奈川のゴールデンカードが実現。勝者はセンバツ選考対象となる関東大会への出場が決まる一方、敗ければセンバツ 出場は絶望。そんな重要な1戦で、東海大相模は福田、横浜は奥村頼と共に背番号10をつける1年生投手が先発のマウンドに上がった。

初回は両チーム無得点に終わったが、東海大相模は2回表に先頭の4番金本が四球で出塁。金本はバッテリーミスで2塁へ進むと、2死2塁から7番才田が変化球をうまくレフト前に運び東海大相模が先制点をあげる。

対する横浜はその裏、峯・上田の連打から2死1・3塁のチャンスを作ると、8番奥村頼が右中間を破る逆転タイムリー3ベース。さらに背番号は25ながら、今大会途中からショートのスタメンを勝ち取った奥村凌もタイムリー。横浜が奥村の連続タイムリーで3ー1と試合をひっくり返した。
20230930横浜 奥村頼1
逆転タイムリー3ベースを放つ奥村頼

東海大相模は3回表に1番和田がフルカウントからのストレートをライトスタンドに放り込み1発が飛び出し1点差に迫る。ただ横浜は3回裏に先頭の為永がライト線への2ベースで出塁すると、勝負強い4番椎木がタイムリーヒット。さらに峯がヒットで続いて1・3塁とすると、バッテリーミスで追加点をあげ、横浜が5ー2とリードを広げる。
20230930東海大相模 和田
ホームランを放つ和田

20230930横浜 椎木
相模を突き放すタイムリーを放つ椎木

序盤から点の入った試合となったが、中盤は福田と奥村頼の両投手の好投が光った。4〜6回においては、奥村頼が2四球は与えるもノーヒット無失点、対する福田はパーフェクト投球。福田は3回までに5失点してしまったので継投も大いに考えられたが、原監督の続投という判断に、見事に応えてみせた。
20230930東海大相模 福田
4回以降は立ち直り横浜打線をパーフェクトに抑えた福田

東海大相模は7回表、エラーと才田の右中間への2ベースで2死2・3塁のチャンスを作ると、ここで好投の福田に代えて、代打高野を起用。高野は2B0Sからのボールを果敢に打ちに行き、センター前に落ちる2点タイムリーを放ち、東海大相模が4ー5と1点差に迫る。
20230930東海大相模 高野
代打で登場し2点タイムリーを放った高野

東海大相模は8回表にも、2死から長尾・柴田の連打で1・3塁のチャンスを作るも、横浜はこのピンチで登板した安松が才田から三振を奪いリードを死守。ただ東海大相模は9回表にも先頭の岡山がヒットで出塁すると、1番和田が3塁線を破り、レフトに回っていた奥村頼がクッションボールの処理を誤ったこともあり、岡山が一気にホームイン。さらに1死3塁というチャンスであったが、安松が木村を3球三振に仕留めると、最後はマウンドに戻った奥村頼が4番金本を三振に仕留め同点止まり。その裏の攻撃は、東海大相模3番手の藤田が3人で抑え、試合は5ー5で延長戦タイブレークに突入する。

無死1・2塁スタートの10回表、東海大相模は長尾がバント失敗も、柴田が四球を選んで満塁とすると、8番岡山も四球を選んで押し出しで勝ち越し。さらに続く藤田は前進守備のレフトを越える走者一掃のタイムリー2ベースを放ち、奥村頼をKO。東海大相模がタイブレークとはいえ、4点と大きなリードを奪った。

横浜は10回裏、阿部が四球を選んで無死満塁とすると、途中からライトに入っていた林が右中間へ2点タイムリー2ベース(これが実はチームとしては3回以来のヒット)。その後峯のショートゴロの間にもう1点をあげて1点差に迫るも、2死となり後がない状況となる。ここで横浜は左腕の藤田に対して、右の代打松村を送ると、東海大相模も藤田→右腕の高橋にスイッチ。すると松村は2球目のストレートを捉え、打球はセカンドの頭上を越えて同点タイムリーとなる。さらに小森が敬遠気味に歩かされ満塁となると、この回から代走で出場していた松本に打席が回り、松本は追い込まれながらも変化球をしぶとくセンター前に運んでサヨナラタイムリー。横浜がタイブレークで大逆転勝利を収めて、関東大会出場決定。対する東海大相模はセンバツ出場が絶望となった…。
20230930横浜 サヨナラ
サヨナラ打を放った松本を迎える横浜ナイン


20230930東海大相模×横浜
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

両チームともに背番号10の1年生投手が先発し、さらに失点してもその先発を両監督が引っ張るという展開となった。福田と奥村頼に関しては本当に素晴らしい投手で、来年のドラフト候補と呼べる逸材であるが、この背景には本来エースとして期待されていた2年生投手陣の不調もあると思う。まず東海大相模では、ストレートに強さと制球の良さが光る右腕高橋と194㎝の長身左腕藤田の2枚看板になると予想されていたが、背番号1は夏に頭角を現した塚本。藤田は背番号18、高橋は背番号19となり、この試合では終盤に登板するも、10回にはタイブレークとはいえ2人で5失点でサヨナラ負けに繋がってしまった。横浜は背番号1を背負う青木が理由は分からないが、ここまで登板がなく、個人的には青木と2枚看板とに対していた豪腕の紺野も背番号18でここまで登板はない。2人ともベンチには入っているのでケガではないと思うが、この大一番でも登板ないのは状態が上がってはいないということだろう。両チームとも本来エースとなるべき投手が、本調子であれば、また違った試合展開となっていたことだろう。
20230930東海大相模 藤田
本来はエース格としての働きを期待したい東海大相模の194㎝左腕藤田

勝利した横浜の要因は2つあると思う。まず1つ目は序盤に福田を攻略できたことだ。MAX148㌔のストレートをもつ福田に対して、横浜打線はパワーのある打者も含めて、各打者がバットを短く持ち、コンパクトなスイングで3回までに8安打で5得点。強打者として鳴らしている横浜の打者の面々にとってはプライドを捨てた作戦かもしれないが、これが功を奏す形となった。4回以降は福田に抑えられてしまったが、この序盤のリードがあったために東海大相模は福田に代打を出してまで攻撃をせざるを得なくなった。
20230930横浜 小森
バットを短く持ち福田に対する小森

もう1つは野手陣の選手層の厚さだ。10回裏のタイブレークで得点をあげたシーンでは、途中からライトの守備についていた林が右中間へタイムリー2ベース、代打と登場した控え捕手の松村がアウトになればゲームセットという場面で同点タイムリー、代走で出場して打席が回ってきた松本がサヨナラタイムリーと途中出場の選手の活躍が際立った。松本などは当初はショートのスタメンとして出場していた選手であり、レギュラー争いも激しく、この選手層の厚さが横浜を大逆転勝利に導いたといえる。
20230930横浜 林
途中出場で右中間にタイムリー2ベースを放つ林


Pickup Player
奥村頼人 横浜1年 投手
~この秋のエースとして大奮闘~
横浜の先発の奥村は8回途中まで投げて、また9回には再登板。打っても逆転タイムリーを放つなど奮闘した。

阪神タイガースジュニアを経験し、滋賀野洲ボーイズでも左腕として名をはせていた逸材は、高校は横浜に進学。1年夏から背番号15でベンチ入りを果たすも登板はなし。この秋は背番号10を背負い、3回戦の向上戦で先発のマウンドに上がり公式戦デビュー。翌日の4回戦では平塚学園相手に7回無失点の好投をみせ、準々決勝の横浜商戦でもリリーフとして好投。事情は分からないが、背番号1を背負う青木朔はここまで登板がなく、この奥村頼がエースとしての働きをみせている。

この東海大相模との決戦でも先発のマウンドに上がった奥村頼。奥村頼はソフトバンクの和田のように出どころの見づらいフォームが特徴で、そこから力のあるストレートに加えて、スライダー・カーブ・チェンジアップといった変化球を繰り出す。とりわけこの試合ではストレート多めと強気に東海大相模打線に対していった。2回には才田に先制タイムリーを浴び、3回には和田にソロホームランを浴びたものの、6回までで打たれたヒットはこの2本のみと東海大相模を見事に抑えてたいた。しかし7回には先頭打者にエラーで出塁されると、最後は代打高野に2点タイムリー。8回も2死から連打でピンチを招き、7回2/3を4失点(自責点2)でマウンドを降りることとなった。

マウンドを降りてもレフトに回った奥村頼。奥村頼は2回にはフルカウントから福田のストレートを右中間に弾き返す逆転のタイムリー3ベースを放つなど打力が良いということもさることながら、他に頼りになる投手がいないので、いざとなったら奥村頼をマウンドに戻したいという目論見もあった。それが的中してしまい、同点に追いつかれた9回表でなおも2死1・3塁、バッターは4番金本という場面で奥村頼はマウンドに戻ることとなった。そしてこの場面で、全球ストレートで金本を三振に仕留めたシーンはまさに見ていて震えるものがあった。

しかしこの時点で球数が126球に達していた奥村はタイブレークでは、四球を与えて満塁としてしまい、さらに岡山に対してはカウント0B2Sと追い込みながらも、そこから4球連続ボールで押し出し四球。さらに藤田に走者一掃のタイムリーを浴びたところで、再びマウンドを降りることとなってしまった。

奥村頼個人としては悔しい終わり方になってしまったが、この試合はおろか、エースとして期待されていた青木朔が投げられない中で、横浜を関東大会進出にまで導いたのは、奥村頼による功績が大きい。まだ余計な四球が多いなど1年生らしい課題はあるものの、出どころがみづらくスピード以上に感じられるストレートは威力抜群で、このままいけば来年はドラフト候補といえる投手になることだろう。杉山が引退したと思ったら、その後を継ぐかのように現れた1年生左腕に今後も注目していきたい。
20230930横浜 奥村頼2


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

最新記事
ランキング
カレンダー
09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ