fc2ブログ

立教大×早稲田大【東京六大学野球連盟】

4/13 東京六大学野球連盟 春季リーグ戦
立教大×早稲田大 @神宮球場

試合経過

2024年の東京六大学野球連盟の春季リーグ戦開幕日。第2試合は、立教大×早稲田大の試合です。

早大の伊藤樹、立大の小畠と両3年生右腕の先発で始まった試合が動いたのは3回裏。早大はレフトのレギュラーを獲得して、これがリーグ戦初打席となる石郷岡の打球は風にも乗ってレフトの頭上を越える2ベース。続く伊藤樹はバンド失敗で追い込まれるも、最後はバスターに切り替えると打球は前めにいたファースト頭上を越えるヒットとなり、石郷岡が俊足を生かして一気にホームインして早大が先制点をあげる。
20240413早稲田大 石郷岡
先制点の起点となった石郷岡

タイムリーを放った伊藤樹は、3年ながら早大のエースナンバーである11を背負い、マウンドでも躍動。ストレートはMAX144㌔に抑えながらも、得意のスライダーを中心に、カーブ・チェンジアップ・フォークなど多彩な変化球も操り、5回まで立大打線に2塁を踏ませず、3安打無失点に抑えた。
20240413早稲田大 伊藤樹
今季から早大のエースナンバーを背負う伊藤樹

立大の反撃は6回表、2死から3番柴田がライトフェンス直撃の2ベースヒット。ここで迎えるはこの春から立大の4番に座る2年生の丸山。大阪桐蔭の4番打者として、松尾や前田と共にチームをセンバツ制覇に導いた強打者は、このチャンスで強烈な打球で1・2塁間を破るヒット。ライト吉納からの送球でホームはタイミング的にはアウトだったが、ボールはキャッチャー印出のミットから溢れて柴田がホームインで、立大が1ー1の同点に追いつく。
2024043立教大 丸山
同点タイムリーを放った立大の新4番丸山

それでも両投手ともに1失点と素晴らしい投球で、どこまで引っ張るのかは難しい状況で、7回には対照的な采配となる。立大は菅谷のヒットからチャンスを作り、2死2塁と勝ち越しのチャンスを迎えたが、小畠をそのまま打席に送り、続投とした。一方の早大は1死ランナー無しの場面であったが、伊藤樹に代打を送った。そして8回表のマウンドには、なんと1年生の安田を送った。

安田は先頭打者に四球を与えてしまいピンチを招くも、立大の3・4番を見事に抑えて、この回を無失点で切り抜ける。すると早大は8回裏に、この回先頭の2番山縣がセンターオーバーの3ベースヒットで出塁。吉納の四球を挟んで、4番印出のセカンドゴロは、ホームフィルダースチョイスとなり、早大が勝ち越し。立大はここで投手を左腕の小林誠にスイッチするも、早大は前田の送りバンドがヒットとなり無死満塁とすると、代打寺尾の犠飛で追加点をあげる。
20240413早稲田大 山縣
3ベースを放って勝ち越しのホームを踏んだ山縣

2点のリードを奪った早大の最終回のマウンドには左腕の香西が登板。香西は打者2人を打ち取り、2死としたところで、今度は1年生右腕の高橋煌にスイッチ。高橋煌は初登板の緊張からか、代打山形に四球を与え、さらに続く代打岡本豪にも捉えられるも打球はサード正面のライナーでゲームセット。早大が3ー1で開幕ゲームを勝利した。


20240413立教大×早稲田大
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

両投手が素晴らしい投球を見せた中で、上述の通り終盤の投手継投は対照的であった。まず早大はエース伊藤樹は3年生ながら早大のエースナンバーである11を背負うなど、絶対的存在なので、まだいくかと思われたが、小宮山監督はあっさりと代打を送り、8回からは1年生右腕の安田を起用。さらに9回にも2死から同じく1年生の高橋煌も起用した。どちらもゲームとしては緊迫した場面であり、ここでの起用となると、2人は既に戦力として計算されているということだろう。U18日本代表、さらに高橋煌は甲子園優勝も経験するなど、実績は十分であるが、1年生ということを踏まえるとやはり大胆な起用であっただろう。
20240413早稲田大 高橋煌
最終回にリーグ戦デビューを飾った高橋煌

エース池田の卒業した立大は、そもそも誰が開幕投手を務めるかも予想しづらかった。実績でいえば沖であり、その他だと昨年先発も経験した塩野目も候補になるところだが、木村新監督がマウンドに送ったのは、リーグ戦ではまだ未勝利の小畠であった。ただ智弁学園では3年夏に甲子園準優勝を果たした右腕は、ストレートはMAX145㌔とやや抑え気味ながら、スライダー・フォークなども使い冷静な投球を見せた。7回のチャンスの場面でも、木村監督はそのまま打席に送り、8回も続投したものの、勝ち越しを許してしまった。試合には敗れてしまった立大であるが、小畠がエースとして計算できそうであったことは大きな収穫であろう。
2024043立教大 小畠
新エースとして見事な投球をみせた小畠


Pickup Player
安田虎太郎 早稲田大1年 投手
~魔球を武器に1年生で開幕戦勝利投手~
同点の8回という何とも緊迫した場面で、リーグ戦初のマウンドに上がった安田が、1回無失点の好投をみせ、チームがその裏に勝ち越したことで、初白星も手にした。

安田は日大三では1年秋からベンチ入りし、2年夏の甲子園の聖光学院戦にはリリーフとして登板した。当時は回転のいいストレートをコントロールよく投げ込む投手であった。2年秋からはエースとなるも、東京大会準決勝では日當(楽天)との投げ合いで東海大菅生に2-3と敗北。転機となったのが、その後の冬で、元日大三のエースで甲子園も制したOBの吉永(日大三→早大→JR東日本)に、得意としていたシンカーの握りを教わり、チェンジアップを改良した。これによりストレートとの見分けはつきにくいのに、100㌔台と球速差が大きく、また大きく沈むチェンジアップが完成した。

このチェンジアップを武器に、2年夏は西東京大会で6試合中4試合に先発して、チームを甲子園に導く快投。甲子園では初戦で社から2安打完封勝利をあげると、2回戦の鳥栖工戦でも無失点のロングリリーフをみせた。3回戦ではおかやま山陽に敗れたものの、大会後にはU18日本代表にも選出され、世界一にも貢献した。この春から早稲田大に進むが、早いうちからオープン戦でもAチームに帯同し、先日の東京六大学-社会人対抗戦でもJR東日本相手に1回2奪三振無失点の投球をみせたいた。

そしてこのリーグ開幕戦でベンチ入りを果たすと、何と初登板は1-1の同点で迎えた8回という、初登板の1年生にはハードルの高い場面であった。実際に安田も緊張したのか、先頭打者には制球が定まらずに四球を与えてしまう。続くバッターの、U18日本代表ではチームメイトであった小林にはバントを決められてしまい、いきなり1死2塁と勝ち越しのピンチを迎える。ただここから魔球チェンジアップを連投し、3番柴田は3球連続チェンジアップで3球三振、4番丸山にも3球連続でチェンジアップを投じてセカンドゴロに打ち取り、1回を無失点に抑えた。この裏の攻撃でチームが勝ち越したために、安田は勝ち投手。1年生がリーグの開幕戦で勝ち投手になったのは、早稲田大の大先輩である斎藤佑樹以来になるらしい。

大学野球で順調なスタートを切った安田。今後は必殺のチェンジアップも研究されることだろうし、それらをどう切り抜けていくかも鍵になる。ただ逆にそれを切り抜けて、大学4年間で実績を残せば、小柄な投手ではあるが、ドラフトも十分に見えてくることだろう。
20240413早稲田大 安田



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

2024年のセンバツのベストナインを勝手に選んでみました

健大高崎の優勝で幕を閉じた今年のセンバツ。
そんな大会のベストナインを個人的に選んでみました。


ピッチャー
今朝丸裕喜 報徳学園3年

MAX149㌔の角度のあるストレートはコントロール抜群で、変化球も良く、まさに今大会No.1投手と呼べる存在であった。初戦では愛工大名電の伊東とのハイレベルな投手戦を繰り広げ7回1失点、準々決勝では大阪桐蔭に秋のリベンジを果たし1失点完投、決勝でも惜しくも敗れたものの3失点で完投して見せた。
20240322報徳学園 今朝丸

キャッチャー
箱山遥人 健大高崎3年

今世代No.1捕手との評判な違わない活躍で、主将としても健大高崎を初の全国制覇に導いた。4番打者としては山梨学院戦でフェンス直撃のタイムリー3ベースを含む3安打3打点、準決勝の星稜線でも3安打を放ち、打率.444にチームトップの6打点。守備面でも佐藤・石垣の2年生投手2人を巧くリードし、5試合で失点はわずか7であった。
20230923健大高崎 箱山

ファースト
齋藤佑征 報徳学園3年

報徳学園の4番打者は、持ち前の長打力は発揮できずに、放ったヒットは全て単打であったものの、準決勝までは4試合連続でマルチ安打&打点をマークし打率.450。愛工大名電戦ではサヨナラ打、以降3試合は全て先制タイムリーと要所で一打の出せる勝負強さも光った。
20240322報徳学園 齋藤

セカンド
高山裕次郎 健大高崎3年

園戦では勝負強さを発揮して決勝打をマーク。この準決勝・決勝のスコアは共に1点差であったので、この2本はまさに値千金のタイムリーであった。外野からセカンドにコンバートされた守備でも軽快なプレーを見せており、U18日本代表候補合宿のメンバーにも選出された。
20231024健大高崎 高山

サード
西村大和 報徳学園3年

昨年のセンバツでも活躍した報徳学園屈指の好打者は、常総学院戦では4打数4安打の活躍。それ以外は持ち前の打棒は発揮できなかったものの、大阪桐蔭戦では初回に貴重なバンドを決めるなど、サード守備も含めて非常に貢献度の高いプレーをみせて、準優勝に貢献した。
20240322報徳学園 西村

ショート
橋本友樹 報徳学園2年

新2年生ながらその高い守備力でショートとして、堅守の報徳学園を牽引。打ってもリードオフマンとして、常総学院戦での3安打をはじめとして、準決勝まで全試合でヒットを放ち、打率.316をマークした。
20240322報徳学園 橋本

外野
安井康起 報徳学園3年
初戦の愛工大名電戦ではその強肩で、ライトから素晴らしい送球をみせて3塁タッチアウト。打っても5番打者として、大阪桐蔭戦では貴重な追加点となるタイムリーを含む2打点、決勝の健大高崎戦でも初回のタイムリーを含む2ベース2本を放つ活躍をみせ、打率.316の活躍であった。
20240322報徳学園 安井

青木勝吾 中央学院3年
中央学院のリードオフマンはその思い切りのいい打撃で、初戦の耐久戦では2安打3打点、準々決勝の青森山田戦では決勝打を含む3安打4打点の活躍。大会打率は.500、ヒット7本中5本が2ベースと長打も多く、四球4個に盗塁2個と1番らしさも発揮、OPSは脅威の1.6をマークした。
20231024中央学院 青木

中島幹大 星稜3年
まさに今大会のラッキボーイと呼べる存在であった。背番号は13で、初戦の田辺戦では代打で出場し、2打数2安打。続く八戸学院光星戦ではスタメンに起用されると、決勝タイムリーを放ち、以降は阿南光戦・健大高崎戦でもタイムリーを放つ活躍をみせ、今大会の打率は.600をマークした。


惜しくもベストナインには選ばれなかったものの、各ポジションで候補としてノミネートされていた選手は以下の通りでした。
投手:佐藤(健大高崎)、平嶋(大阪桐蔭)、吉岡(阿南光)
捕手:能美(星稜)
一塁:
二塁:山岡(報徳学園)
三塁:加藤(健大高崎)
遊撃:田中(健大高崎)、颯佐(中央学院)、吉川(青森山田)
外野:境(大阪桐蔭)


以上です。異論は認めます。


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

最新記事
ランキング
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ