FC2ブログ

飯能×埼玉栄【埼玉大会】

東北でダルビッシュ(レンジャーズ)を擁して、九州国際大付で三好(楽天)・高城(DeNA)を擁してそれぞれ甲子園準優勝の経験がある若生監督が帰還して2年目の埼玉栄。今年は若生効果か有名な1年生が集まったとあって注目でしたので、その初戦を浦和まで観に行ってきました。

スタメン

飯能
C 石田 4
CF 杉尾 8
P 吉川 1
2B 平沼 5
SS 内村 11
1B 山本 7
LF 飯村 9
3B 寺本 3
RF 百瀬 10


埼玉栄
SS 海崎 6
LF 石井 7
2B 西本 4
C 渡部 2
3B 茶屋 5
RF 渡邊 9
1B 茂森 3
P 米倉 11
CF 立山 8



試合経過

2回裏、埼玉栄は先頭の渡邊の打球はライトの判断ミスもありライト線への2ベース。続く茂森が1・2塁間を破り埼玉栄が先制します。(飯0-1埼)

4回裏、茂森がセンタの頭上を越える3ベースで出塁。続く米倉のショートゴロの間に生還し、2点目をあげます。(飯0-2埼)

5回表、飯能は先頭の内村のボテボテのショートゴロが内野安打となりチーム初安打。バントで送った後、さらに連続バントを仕掛けるとこれをキャッチャー渡部が1塁へ悪送球し、1死1・3塁のチャンスを迎えます。続く8番寺本に対して、2球連続でワンバウンドの変化球を投じたところで、若生監督は米倉に代え、サウスポーの冨屋(2年)をマウンドに送ります。その冨屋の初球に飯能はスクイズをしかけますが、ファール。さらに2B2Sから2度目のスクイズを仕掛けるも変化球を空振り。サードランナーが挟まれ、三振ゲッツーで最大のチャンスを逃します。(飯0-2埼)

5回裏、エラー→四球→ダブルスチールで埼玉栄は1死2・3塁で4番渡部というチャンスを迎えます。しかしここは3年生の意地か、吉川が渡部・茶屋を連続三振に斬って取ります。(飯0-2埼)

6回裏、またもや先頭の渡邊がレフトオーバーの2ベースで出塁。ここから連続ワイルドピッチ(まぁ実質悪いのはキャッチャーだが…)で失点。さらに茂森・立川のヒットと四球で満塁とすると、2番石井には痛恨の押し出し四球。西本のショートゴロの間にもう1点も失います。(飯0-5埼)

7回裏、渡邊がこの日3本目となる2ベースで出塁すると、茂森も2ベースで続いて6点差。ワイルドピッチで3進後、埼玉栄は好投の冨屋に代打の鈴木(1年)を送ります。鈴木の三遊間の打球をショート内村がダイビングキャッチ、フォームを見るも間に合いそうにないということでファーストに投げるがこの時点で無情にもコールド成立。埼玉栄が7-0(7回コールド)で飯能を下して初戦突破です。

20160710埼玉栄 渡邊
3本の2塁打を放ち、見事チャンスメークを果たした渡邊

20160710埼玉栄 茂森

タイムリー2本を含む4安打と大暴れの茂森

20160710埼玉栄 冨屋
5回のピンチで登板して好リリーフをみせた冨屋


スコア

Topic
どっちが上位打線で下位打線なのか
この日埼玉栄が放ったヒットは10本であったが、その全てが6~9番、つまりは下位打線が放ったものであった。特に2ベース3本の6番渡邊、タイムリー2本を含む4安打の7番茂森の活躍が際立った。この原因は飯能の吉川は強打者(つまりは上位打線)に対しての方が慎重に投げていた(その証拠に与えた四球は全て上位打線)あるが、やはり埼玉栄の上位打線が不甲斐なかったと言わざるを得ないだろう。これではどっちが上位打線か分からない状態で、次の試合では大幅な入れ替えもあるかもしれない。


1年生カルテッドの現在位置
埼玉栄のスタメンには期待の4人の1年生が名を連ねた。単に4人というわけでなく、打順でいえば1・4・5・8番、守備位置で言えばバッテリー・三遊間のまさにチームの主力を担う4人である。そんな1年生4人であったが、打ってはノーヒット、守っても渡部と海崎が悪送球1つずつと、残念な夏のデビュー戦となってしまった。スイングやノックの様子を見ても彼らに力があるのは分かったが、一方で固さも見られた。

結論から言うとスタメンで使うにしても、主力として使うにはまだ荷が重いのだ。1年生なら1年生らしく、プレッシャーのかからない場面でノビノビとプレーさせてあげたい。去年の清宮が「加藤(早稲田大1年)がいたから~」と散々口にしたように、いざとなったら宇後に頼れる先輩がいるというのは重要なことなのである。ところが今の埼玉栄だと、同じく1年からレギュラーであった主将の西本などは精神的な面では便頼りになるかもしれないが、プレー面でその頼りになる存在はいないのだ。まぁつまりは1年生に4番を打たせたりしなきゃいけないチーム状態にも問題があるってことです。上述の通り今日の試合で下位打線が打ちまくったので、是非とも打順を入れ替えて1年生には少し楽なところで打たせてあげたいものです。


強豪に1人で立ち向かった小さなエース
飯能のエースの吉川は164㎝と小柄であるが、そこから勢いのあるストレートや手元で曲がるスライダーをコントロールよく投げ込んでいた。タイプとしては小玉(国学院大1年)のような感じた。また試合前のシートノックでショートに入っていたときから感じたのだが、守備が非常にうまい。この日も見事にバント処理でゲッツーを完成させるなどしていた。

タイトルのように「1人で」と書いてしまうと、まるで回りの野手がやる気のないでも言いたいのか?と思われてしまうが、決してそういうわけではない。しかし今日の吉川がバックに足を引っ張られてしまったのは事実だ。飯能高校は部員が14人である(名簿上)が、この日のベンチ入りは11人。ベンチリしなかった3人の中には、背番号2、背番号6(主将)が含まれていた。詳しいことは知らないが、不祥事でも起こしたのであろうか?代役のキャッチャー(背番号4)の石田は何回もマウンドに行って声をかけるなどしていたが、変化球を後ろに反らすことが多かった(記録上はよ吉川の暴投5だが、これは全て捕手のせいといっていい)り、盗塁も刺せそうではなかった。他にも夏耐大なのに、2人の欠場で大幅なコンバートを強いられたせいか、背番号と守備位置が一致するのはピッチャーとセンターのみ。あとは急造感があり、エラー数こそ少ないものの、ゲッツーとれるところでとれなかったり、ライトへの打球はほとんどがヒットになったりというものが見られた。

そんな状況下でも決して集中を切らすことなく、5回まで埼玉栄を2点に抑えたのは本当に見事であり、賛辞を贈りたい。


Pickup Player
米倉貫太 埼玉栄1年 ピッチャー
埼玉栄の先発は注目の1年生右腕の米倉であった。米倉は183㎝77㎏という1年生とは思えない立派な体格から140㌔近い威力のあるストレートを投げ込む。変化球も多彩でそれぞれでカウントをとることもできていて、四球も少ないなど非常に完成度が高いという印象であった。この日も実際に飯能打線を5回途中まで内野安打1本に抑えて見せた。ただその一方、5回途中で代えられてしまうあたりは、若生監督の中ではまだまだ1年生なのかな…って感じです。

若生監督にちなんで「ダルビッシュの後継者」とか言われたりもしますが、腕をムチのようにしならせて振ることはまだできておらず、ダルビッシュぽさはあまり感じないですね。そういう意味では完成度が高いといいましたが、その腕の使い方などを改善することで球速などはまだ伸びてくると思います。

いずれにせよこのまま順調に育てば2年後にはドラフト上位候補と言われる逸材ではあると思います。

20160710埼玉栄 米倉
期待の埼玉栄1年生右腕の米倉


余談
栄園芸?
この日の試合中のグランド整備は両チームで行うという仕組みであった。しかし飯能は部員が少ないために、部員100人以上の埼玉栄が男気を見せて、全部やっていました。そんな埼玉栄のグランド整備が以下のような感じ…。

この姿勢の低さは…
まだまだ本家の隼人園芸には及びませんが、埼玉では栄園芸ですかね?
20160710栄園芸
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ