fc2ブログ

聖光学院×仙台育英【全国高校野球選手権大会】

8/12 全国高校野球選手権大会2回戦
聖光学院×仙台育英 @阪神甲子園球場

試合経過

夏の甲子園は2回戦で、聖光学院と仙台育英という、昨年の大会では4強で激突した、東北の強豪同士の対戦が実現。聖光学院は小室、仙台育英は田中と共に背番号11をつけた左腕が先発のマウンドに上がった。

仙台育英は1回裏、先頭の橋本がサードへの内野安打で出塁し、ボークと山田の進塁打で3塁まで進む。4番齋藤陽はファーストゴロでホーム送球も、橋本の俊足が生きてセーフとなり仙台育英が先制。しかし聖光学院も直後の2回表に、先頭の4番三好がヒットで出塁すると、牽制悪送球と進塁打で3塁まで進み、松尾の犠牲フライで同点に追いつく。

仙台育英は2回裏、田中・住石と8・9番の連打に、橋本が送ってチャンスメイク。2死2・3塁となってから、3番湯浅の高く上がった打球に対して、セカンドとセンターが追うも最後はお見合い気味に間にポトリと落ちて、これが2点タイムリーとなり、仙台育英が3ー1と勝ち越す。

それでも昨年のリベンジを目指す聖光学院も食い下がり、4回表には3番杉山がライトスタンドにソロホームランを放ち1点差。さらに4番三好の右中間への2ベースから2死3塁と同点のチャンスを作ったところで、仙台育英は田中から湯田にスイッチした。湯田はこのピンチで、松尾をセカンドゴロに討ち取ると、以降も強力仙台育英投手陣でも重要な試合では先発をになっているだけあり、聖光学院のスコアボードに0を並べていく。
20230812聖光学院 杉山
1点差に迫るソロホームランを放った杉山

一方聖光学院の小室も、2回までに3点を失うも、3回からは落ち着いた投球。小柄ながらステップ幅が広く、全身を使ったフォームから繰り出すボールは、MAX134㌔という数字以上に威力が感じられ、スライダーとのコンビネーションで、こちらも仙台育英のスコアボードに0を並べていった。
20230812聖光学院 小室
3回以降は見事に仙台育英打線を抑えていった小室

試合が動いたのは7回裏、1番橋本からの好打順の仙台育英は、橋本がサード強襲ヒットで出塁し、エンドランで2塁に進めると、3番湯浅がレフト線へタイムリー2ベースヒット。さらに4番齋藤陽もヒットで続くと、途中からレフトに入っていた6番濱田がこちらもレフト線へ2点タイムリー2ベースを放ち、この回3点を追加。仙台育英があまりにもサード、レフト方向に強い打球を連発するので、聖光学院はサードを安部に、レフトを赤堀に交代したほどであった。
20230812仙台育英 濵田
レフト線へ2点タイムリー2ベースを放つ濵田

聖光学院は8回裏からエースナンバーをつけた安齋をマウンドに送るも、仙台育英は四球と住石のヒットに、橋本の送りバントで2・3塁のチャンスを作ると、3番湯浅が1・2塁間を破る2点タイムリーを放ちダメ押し。湯浅はこれでこの試合タイムリー3本の5打点という活躍となった。
20230812仙台育英 湯浅
3本のタイムリーで5打点をあげた湯浅

仙台育英は9回表のマウンドには、こちらもエースナンバーをつけた高橋が上がり、3球三振2個を含む、わずか7球で聖光学院の攻撃を片付けて勝利。仙台育英が8ー2で東北対決を制して、ベスト16入りを果たした。
20230812仙台育英 高橋
最終回をわずか7球で片づけた背番号1を背負う高橋


20230812聖光学院×仙台育英
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


序盤は互角ともいえる試合であったが、仙台育英の投手陣の豊富さが、仙台育英を有利に導いた試合であった。

仙台育英の先発の左腕田中は、これまでは高橋・湯田・仁田という3本柱の影に隠れることが多かったが、新チームになってから登板機会を増やすと、センバツ以降にさらに成長をとげ、この聖光学院との大一番で、先発の座を勝ち取った。結果だけみると、4回途中2失点だが、ヒットを打たれたのは中軸のみであり、決して悪い投球ではなかった。ただその田中より力のある投手がいるのが、仙台育英の強みで、流れを変える意味でも湯田を投入すると、その湯田が見事に期待な応える投球をみせた。
20230812仙台育英 田中
春以降力をつけ、この試合の先発をまかされた田中

一方の聖光学院は、背番号こそ11であるが、実質上は小室がエースである。序盤で3点を取られても、齋藤監督は小室の復調を待ち、小室はそれに応える形で3回以降は素晴らしい投球をみせた。そして小室よりいい投手はいないので、小室で行けるところまでいく戦略であったが、7回にはついに捕まってしまった。

中盤までスコア上は互角でも、小室さえ打ち崩せばという仙台育英と、湯田が出てきて、打てないところに、さらに高橋まで控えているという聖光学院とでは心理的な差があり、これが終盤のスコアに繋がったと思われる。やはり仙台育英投手陣の層の厚さは、相手チームにとって脅威となるのだ。


Pickup Player
湯田統真 仙台育英3年 投手
~流れを掴んだエースといえる好リリーフ~
仙台育英は4回途中からリリーフ登板した湯田が、8回まで無失点の好リリーフをみせて、チームに勝利をもたらせた。

湯田は中学では学校の軟式野球部に所属していたが、仙台育英で甲子園にも出場した父が、須江監督の先輩という縁もあって、須江監督にその才能と見出されて仙台育英に進学。2年夏には146㌔右腕にまで成長し、背番号18でベンチ入りし、甲子園優勝を経験。ただ湯田は甲子園では3試合に登板したものの、5回2/3で計4失点という内容であった。

2年秋からは背番号10を背負い、東北大会では鶴岡東から無四球完封勝利をあげるなどして優勝に大きく貢献。3年春のセンバツでも龍谷大平安戦で7回無失点の好投をみせるなど、3試合に登板して、計11イニングで無失点と飛躍を遂げた。3年春の東北大会では自己最速を更新する153㌔をマーク。3年夏の宮城大会でも東北から完封勝利をあげるなど15回1失点という好成績を残し、3季連続で甲子園にやってきた。

甲子園の初戦の浦和学院戦では先発したものの4回4失点と本来の投球はできなかったものの、この2回戦では4回に同点のピンチとなったところで、須江監督は湯田をマウンドに送った。いきなり2死3塁というピンチであったが、湯田は得意のスライダーで松尾をセカンドゴロに打ち取ると、5回も聖光打線を3人で抑えた。スイスイと聖光打線を抑えていた湯田であるが、6回に西本・杉山に連打を浴びて、プロ注目の4番三好を迎えると一気にギアをあげて、最後は137㌔のスライダーを外角に決めて空振り三振。続く樽川も148㌔のストレートに、スライダー、さらにはチェンジアップでサードゴロに抑えた。この試合の湯田は、ストレートがMax150㌔、得意のスライダーは123~137㌔と球速幅、さらには縦に曲げたりと曲がる方向とバリエーションが豊かであった。ほとんどこの2つの球種であったが、さきほどのピンチの場面でのみ、130㌔近いチェンジアップも投げている。結局湯田は聖光を8回まで、計4回1/3を4安打4奪三振無失点に抑えたが、基本は力を抑えながらの投球であり、ピンチのときにはギアをあげるという投球だったので、まだまだ余裕はありそうだった。

仙台育英の厚い投手陣の中でも、これまでの使い方をみても先発投手としては湯田が1番手といえる。昨夏の優勝の立役者であり、背番号1を背負う高橋は抑えとして使われているので、どちらがというのは難しいが、スピードでいえば湯田の方が上であるし、湯田がエースといっても過言ではない。夏の甲子園では一通り全高校が登場したが、2試合続けて150㌔をマークした湯田のスピードは頭抜けており(次に速いのはMax147㌔の投手)、スカウトの評価も大きく上がり、大会No1右腕という称号も近いことだろう。

20230812仙台育英 湯田



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ