fc2ブログ

中央学院×八千代松陰【秋季千葉大会】

9/17 秋季千葉大会2回戦
中央学院×八千代松蔭 @千葉総合SC野球場

試合経過

秋季千葉大会はこの試合の前日に開幕。前日の1回戦で市立柏をコールド下した中央学院は連戦、対する八千代松蔭はこの試合が初戦となった。中央学院は前日に続いて背番号10サイドスロー臼井が、八千代松蔭はエース右腕の矢口が先発のマウンドに上がった。

中央学院は2回表、5番青木がヒットで出塁すると、果敢に2盗→3盗と決めてチャンスメイク。さらにそこから蔵並・臼井が四球を選んで満塁とすると、背番号19の1番岩崎がセンター前に弾き返し2点を先制する。

その裏の八千代松蔭は、4番鎌形・5番一宮の連打に送りバンドで2・3塁のチャンスを作ると、7番高橋結・8番下平の連続タイムリーで同点。中央学院の臼井はサイドからMAX137㌔の力強いストレートを投じていたものの、ここではやくもファーストを守っていた背番号1の蔵並がマウンドに上がることとなる。

5回表の中央学院は、エラーと死球で1・2塁のチャンスを作ったところで、八千代松蔭は矢口→1年生左腕の高橋優に投手を交代。中央学院は1死1・3塁で注目の3番颯佐を迎えると、颯佐の打球はサード強襲も、ショート三上がナイスカバーで1塁アウト。ただこの間に3塁ランナーは生還し、中央学院が勝ち越す。しかし八千代松蔭はその裏、2番根木がヒットで出塁し盗塁を決めると、3番堀川のタイムリーで生還し、速攻で同点に3ー3の同点に追いつく。
20230917中央学院 堀川
3安打目となる同点タイムリーを放った堀川

グランド整備明けの6回表、中央学院は途中出場の森田のヒットと四球で1・2塁のチャンスを作ると、1番岩崎は甘く入った変化球を捉え、打球はレフトの頭上を越える2点タイムリー2ベースとなり、3度目のリードを奪う。それでも八千代松蔭はその裏、下平・高橋優の連打から死球で満塁とすると、2番根木も2者連続となる押し出し死球。中央学院はここで蔵並→ショートを守っていた颯佐に投手を交代するも、バッテリーミスが出て3度八千代松蔭が勝ち越された裏の攻撃で同点。ただ同点には追いついても、勝ち越せないのがこの日の八千代松蔭でなおも1死2・3塁のチャンスでは、3番堀川が見逃しの三振、4番鎌形はセカンドゴロと颯佐に抑えられてしまう。
20230917中央学院 岩崎
背番号19のリードオフマン岩崎は4打点の活躍

7回表に中央学院は死球と青木の内野安打で1・2塁のチャンスを作るとは、森田がタイムリーヒット。ここまで来るともう書かなくてもお気づきだろうが、八千代松蔭はその裏に1死から三上がヒットを放ち盗塁を決めると、8番下平がこの試合4安打目となるタイムリーヒットを放ち同点。7回まで全てのイニングで先攻の中央学院が得点を入れようとも、八千代松蔭がイニングスコアを真似るという奇妙な展開となる。
20230917中央学院 下平
同点タイムリーを放った下平はこれで4打数4安打

8回表の中央学院は、1死から1番岩崎がこの試合3安打目となるヒットで出塁すると、連続四死球で満塁とすると、さらに押し出し死球で5度目の勝ち越し。八千代松蔭の高橋優はスピードはないものの、右バッターのインコースを積極的に攻める投球が持ち味だったが、この回はそれが裏目に出る結果となり、死球を与えてしまう。中央学院は青木の犠飛の後、この回3個目の死球で満塁とすると、途中出場ながら森田が猛打賞となる2点タイムリータイムリーを放ち、続く代打古口も2点タイムリー2ベースで高橋優をKO。八千代松蔭は宮島→及川を投入するも、ストライクが入らずに連続四死球を与えると、さらに代わった山口から中央学院は2番水嶋が走者一掃のタイムリー3ベースに、3番颯佐のタイムリー。
20230917中央学院 森田
途中出場ながら猛打賞の活躍となった森田

八千代松蔭は最後はこのイニング5人目の投手となる勇が3つ目のアウトを取るも、中央学院はこのイニング10得点。これまで4度もリードされては、すぐその裏に追いついていた八千代松蔭にもこの得点差は重すぎて、その裏は颯佐の前に3者凡退。中盤までの大接戦から、最後は中央学院が1イニング10得点で一気に突き放し、コールド勝ちを収めた。


20230917中央学院×八千代松蔭
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


7回まで4度もリードを許すも、すぐんいその裏の攻撃で同点に追いつく(ただし逆転はできてない)という驚異の粘りを見せていた八千代松陰だが、8回には投手陣が崩壊してコールド敗けと、(悪い意味で)秋季大会らしい試合となってしまった。八千代松陰のエース矢口は、まだ細身ではあるがフォームのバランスがよく、Max137㌔のストレートにスライダー・チェンジアップを操る好投手であり、5回途中降板も打たれたヒットは3本のみであった。2番手の左腕高橋優もある程度は計算のできる投手であったが、また新チームが発足したばかりとあって、それ以降の投手は整備ができていなかったか…高橋優を無理して引っ張ったものの、相手の勢いを止めることができずに、以降4投手を登板させたものの、中央学院の勢いは止まらなかった。結果論でいえば、矢口をもっと投げさせるなり、野手として残しておくなりすれば…という展開であったが、これが秋の戦いの難しいところである。
20230917中央学院 矢口
八千代松陰はエース矢口を残しておけば…という展開だった

勝利した中央学院の新チームはタレントが揃っていた。Max148㌔の二刀流の颯佐が有名であったが、他にもエースナンバーを背負う蔵並は186㎝86㎏という立派な体格を誇り投げては佐々木朗希似のフォームからMax142㌔の力のあるストレートを繰り出し、打ってもノーヒットではあったがそのスイングはスピードはチーム1であろう。先発した臼井も、サイドスローから130㌔後半のスピードボールを繰り出していた。野手でいえば、1年夏にサヨナラホームランを放ち中央学院を甲子園に導いた青木優吾を兄に持つ青木勝吾は打力に加えて、2盗→3盗と連続で決める走力があり、日本ハムの飯山裕志コーチを父にもつ飯山成夢は盗塁2個、牽制1個を刺す素晴らしいスローイングをみせ、この試合では打順は9番であったが夏は中軸も打っていた実力者だ。新世代では千葉の中でもトップクラスのタレント集団であり、また蔵並や颯佐などはまだ伸びしろもありそうで非常に楽しみなチームだ。
20230917中央学院 蔵並
タレント集団野の中でも186㎝86㎏の大型右腕の蔵並は1番楽しみな存在


Pickup Player
颯佐心汰 中央学院2年 投手兼ショート
~注目の二刀流が好リリーフ&2打点の活躍~
中央学院の注目の二刀流の颯佐が、投打に渡る活躍をみせチームを勝利に導いた。

颯佐は中央学院では1年秋からショートのレギュラーを獲得し、その打力に加えて50㍍6.0秒という俊足を生かして、主にリードオフマンとして活躍し、2年春には4試合連続でマルチ安打を放つなどして千葉大会準Vに貢献している。176㎝70㎏とそれほど大きな体格ではないものの、身体能力が高くてバネがあり、投手としても2年春には148㌔をマークした。新チームとして迎える2年秋の秋季大会の1次予選ではライトを守っており、この本大会でも背番号は9。だたポジションは本来のショートを守り、この試合では3番ショートとしてスタメンに名を連ねた。

まず打撃の方では1打席目はストレートの四球、2打席目は捉えるもショートのファインプレーに阻まれショートライナーとなった。1死1・3塁のチャンスで迎えた第3打席ではサード強襲の強い打球を放つも、ショートがうまくカバーして1塁はアウトになったが、その間に打点をマークした。8回の猛攻においては最初の打席では敬遠気味に歩かされ、もう1度回ってきた第6打席では初球をセンター前に弾き返すタイムリーを放った。4打数1安打2打点2四球という内容であったが、アウトになった打席でもいい当たりはあり、内容としては悪くなかった。

守備ではショートとしてはボールが飛んでこずに見せ場はなかったものの、練習を見ているとやはり肩がよくスローイングの強さは際立っていた。そして6回に蔵並が押し出しの死球を出すと3番手としてショートからマウンドに上がった。この満塁のピンチでバッテリーミスで同点を許してしまうも、続く逆転のピンチは3番堀川を最後はこの日最速タイとなる142㌔のストレートで見逃し三振、4番鎌形もセカンドゴロに仕留めた。7回には下平にタイムリーを浴びて、またもや同点を許してしまうも、大量リードを奪った最終回は3人で試合を締めた。颯佐の最大の魅力は体全体をしなやかに使った力感のあるフォームから繰り出すストレートでこの試合では自己最速には6㌔及ばない142㌔が最速であったが、それでも威力は十分で、変化球はスライダーに加えて、チェンジアップも投じていた。

投打において、その素質をみせつけた颯佐。まだ実力は及ばないものの、タイプ的には根尾(大阪桐蔭→中日)に近く、現段階ではいい意味で投手とも野手とも言えない。現在の野手として出場してのクローザーという使い方は非常にあっており、その前を投げる投手陣も困ったときには颯佐が控えているというのは心強いだろう。千葉に現れた二刀流の活躍から今後も目が離せない。
20230917中央学院 颯佐2

20230917中央学院 颯佐1



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ