fc2ブログ

白鴎大×上武大【関甲信学生野球連盟】

試合経過

関甲信学生野球連盟は最終節を迎え、白鴎大×上武大のゴールデンカード。ここまで全勝で、勝てば全勝優勝が決まる上武大に対し、白鴎大は山梨学院大に敗れており1敗で、この試合にも敗れると神宮大会に繋がる横浜市長杯進出すら叶わなくなってしまうという状況である。

上武大は2回裏、7番高岡がレフトフェンス直撃の2ベースを放つと、2死2塁から9番の1年生松本が1・2塁間を破る先制タイムリーを放つ。対する白鴎大も2回までは上武大の先発笹森にパーフェクトに抑えられていたものの、8番中島がチーム初ヒットを放ち、今シーズン高打率をマークしている島田が連打で続くと、2番のドラフト候補福島も持ち前の俊足で内野安打を勝ち取り満塁のチャンス。ここで3番の主将千葉は押し出しの四球を選び、白鴎大がすかさず同点に追いつく。
20231007白鷗大 福島
白鷗大のプロ注目の福島

しかし上武大は直後の3回裏、村田が四球で出塁して、島村が送ってチャンスを作ると、5番荒巻がフルカウントからライト前に弾き返して勝ち越し。さらに4回裏にも、川端・村田が連続四球で1・2塁とすると島村がライト前へタイムリー。さらにプロ注目の4番進藤は3打席連続の四死球で満塁とすると、6番粟田がライト前に2点タイムリーを放ち、この回3点を追加する。
20231007上武大 粟田
貴重な追加点となる2点タイムリーを放った粟田

上武大は5回裏にも1番川端がヒットで出塁し、盗塁にバッテリーミスが重なって3塁まで進むと、2番村田がタイムリーヒット。白鴎大のエース松永は、この試合では持ち前の制球が定まらず、球数を重ねて、なんと5回までで131球を投じ、6失点でマウンドを降りることとなった。

対する上武大の先発笹森は、力のあるストレートをコントロールよく投げ込み、ストレートとの見分けが難しいSFFを武器に快投。5〜7回は白鴎大打線をパーフェクトに抑えるなど、7回まで7奪三振4安打1失点という素晴らしい投球をみせた。
20231007上武大 笹森
7回まで1失点と素晴らしい投球をみせた上武大のエース笹森

しかし8回表、疲れが見えてきたのか白鴎大打線が笹森に襲い掛かる。先頭の杉谷がエラーで出塁すると、福島・千葉の連打であっという間に無死満塁とすると、4番高橋樹がセンターへ抜けるタイムリーヒット。さらに代打で登場した佐々木(花巻東の佐々木麟太郎のいとこ)が押し出しの四球を選び、3ー6と迫り、なおも無死満塁。この場面で上武大の谷口監督は笹森から、1年生右腕の木口にスイッチ。1年生ながらこの秋抜群の投球を見せている右腕は、いきなり高橋諒から全てストレートで3球三振を奪うと、続く浅野からも全てストレートで三振。最後は中島からスライダーで3球三振を奪い、無死満塁のピンチでわずか10球で3者三振と圧巻すぎる投球をみせた。
20231007白鷗大 佐々木
代打で登場して押し出し四球を選んだ佐々木鱗太郎のいとここと佐々木駿介

これで窮地を脱して勢いに乗った上武大は、6・7回とノーヒットに抑えられていた白鴎大の2番手松本に対して、先頭の島村が右中間へ2ベースヒット。4番進藤が送った後に、5番荒巻がセンターオーバーのタイムリー2ベース。さらに7番高岡のショートフライかと思われた当たりは、風の影響もありレフト前にポテンと落ちるタイムリー2ベースとなり、上武大が2点を追加してリードを8ー3と広げて勝負アリ。9回も木口が無失点に抑えて勝利し、上武大が全勝でリーグ制覇を決めた。
20231007上武大 優勝


20231007白鷗大×上武大
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


春季リーグでは上武大戦で勝利投手となり、白鴎大を優勝に導いたエース松永。リーグ戦では42イニング連続無失点をマークするなど安定感抜群で、大学日本代表候補合宿にも参加したほどの左腕だが、この試合では本来のピッチングとは程遠い内容であった。持ち前のコントロールが悪く、5回までに何と8四死球。正直代えろと思ったが、白鴎大は松永と共に春の全日本大学野手選手権ベスト4の立役者となり、ドラフト候補にも挙げられる山田と池田の2人の4年生がこの試合ではベンチ外。藤田監督としても苦しいところだが、松永に託さざるを得なかった。それでも5回で球数が130球に達すると、さすがに続投とは行かずに降板となった。松永としては悔しい経験になったが、まだ2年生であり、この悔しさを糧に来年からも白鴎大のエースとして君臨することを期待したい。
20231007白鷗大 松永
本調子でなく、また酷な状況で奮闘した白鷗大のエース松永

上武大の注目は、昨年から大学ジャパンの正捕手を務め、大学No.1捕手として、今年のドラフト候補にあがる進藤だ。この試合では4番捕手として出場したが、相手バッテリーにも警戒されて際どいところを攻められ、四球→四球→死球と3四死球。4打席目はショートゴロに倒れるが、5打席目はバントを決めた。結局1打数ノーヒットだが、このうち3打席では得点に関わっており、打撃での貢献度は高い。また守っては、先発の笹森は慎重に、またリリーフで筑陽学園の後輩となる木口は大胆にリードし勝利に貢献。おそらくドラフト指名後に開催入れる横浜市長杯出場も決め、大学No.1捕手の大学野球はまだ続く。
20231007上武大 進藤
上武大の大学No1捕手進藤


Pickup Player
木口永翔 上武大1年
~木口の10球~
8回無死満塁というピンチで登板した、上武大の1年生右腕木口が素晴らしすぎる投球をみせた。

筑陽学園では1年秋からベンチ入りし、2年秋からはエースを務め、スリークォーターから投じる140㌔を越えるストレートでプロからも注目を集めた。3年夏の福岡大会では、沖学園や折尾愛真から完封勝利をあげるも、決勝では九州国際大付に0-1で敗れて準優勝に終わり、甲子園出場はなし。上武大に進学すると、春先のオープン戦からAチームに帯同し、1年春は関東学園大戦で初先発初勝利をあげるなど4試合に登板。1年秋も関東学園大戦で完封勝利をあげるなど、ここまで先発にリリーフに5試合に登板をし、チームの中心投手として活躍していた。

この優勝をかけた白鷗大戦では、エース笹森が好投を続けていたが、8回には味方のエラーもあり白鷗大打線に捕まり2失点で、なおも無死満塁という窮地を、谷口監督はこの1年生右腕に託した。木口は、筑陽学園の先輩である進藤のリードのもと、柔らかい肩関節を生かしたスリークォーターから自慢のストレートを投げ込み、いきなり高橋諒をストレート3球で空振り三振。続く浅野も4球全てストレートで三振に仕留めると、中島もストレート2球で追い込んだあとに、最後はスライダーで空振り三振。なんと無死満塁のピンチをわずか10球で3者三振で切り抜けるという離れ業をやってみせた。引き続き9回もマウンドにあがった木口は、先頭の島田にヒットを浴びたものの、そこから杉谷・福島・千葉という白鷗大の上位打線からも3者三振を奪うという圧巻の投球をみせて、試合を締めて、チームの胴上げ投手となった。

これで秋季リーグは25回を投げてわずか失点2という成績で、この試合の活躍によるインパクトもあってか、最高殊勲選手賞を受賞。1年生にして、早くもリーグで最高のタイトルを手に入れた。

ストレートは上尾球場の表示ではMax145㌔だが、ここの球場は辛めなので実際は150近くは出ていると思われる。独特なスリークォーターのフォームで、角度もあり、なかなかお目にかかれないボールだ。変化球もこの試合では少なかったものの、スライダーやフォークを操り、どちらかというとリリーフ向きの投手である。リリーフという観点でいえば、3年後のドラフトを待たずに、今すぐにでもプロは指名したいレベルの投手である。これから3年でさらに成長を遂げれば、2026年のドラフト会議の目玉となることだろう。そしてその時には、この「木口の10球」が伝説としてメディアにも取り上げられることだろう。
20231007上武大 木口
無死満塁のピンチをわずか10球3者三振で凌いだ木口


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ