fc2ブログ

国士舘大×NTT東日本【オープン戦】

2024/2/17 オープン戦
国士舘大×NTT東日本 @NTT東日本船橋グランド

試合経過

今年初のオープン戦観戦は、国士舘大×NTT東日本の対戦。国士舘大には昨年から、NTT東日本の初代監督でもある長井監督が就任しており、関係性も深い両チームの対戦です。

NTT東日本は1回裏、国士舘大の先発小野寺に対し、1番道原がセンター前に弾き返すと、すかさず盗塁を決めてチャンスメイク。すると2番のルーキー石井巧がライト前にタイムリーヒットを放ち先制。さらに中村のヒットと四球で無死満塁とすると、5番火之浦の犠飛で2点目。しかしここで小野寺がやっと温まったのか、続くピンチは6番大柿・7番下川と連続三振に仕留める。
20240217国士舘大 小野寺
国士館大先発の小野寺

NTT東日本の先発の吉松は、1・2回と国士舘大を無得点に抑えていたものの、3回には突如制球を乱し、連続四球で無死1・2塁のピンチを迎える。国士舘大は2番上本勇が送ってチャンスを広げるも、頼みの3番山下はインコースに詰まってショートフライでランナー動けず。国士舘大としては嫌な流れとなったが、ここでNTT東日本は意表をつく2塁牽制を試みるも、これが暴投となり、3塁ランナーが生還する。

それでもNTT東日本はその裏、2四球とこの試合4番に座った山下のピッチャー強襲ヒットで満塁のチャンスを作ると、下川のセカンドゴロ併殺崩れの間に追加点。前半はNTT東日本が3ー1とリードして、折り返すこととなった。

国士舘大の2番手のサイド右腕中西に、4・5回と抑えられていたNTT東日本だが、6回裏には高卒ルーキー池本がライト前ヒットで口火を切ると、1番道原がこの試合3本目のヒットで続いて無死1・3塁のチャンス。石井巧の犠牲フライで1点を加えた後に、伊東・山下が連続四球で満塁とする。ここで中西も踏ん張り、火之浦をサードファールフライに打ち取り、代打佐久本もショートゴロに打ち取ったと思いきや、ショートからの送球がショーバンとなり、これをファーストが捕れず、この間に2者が生還して、この回3点を追加。
20240217NTT東日本 道原
リードオフマンとして3安打の活躍をみせた道原

NTT東日本は7回には、国士舘大の3番手浜野から押し出し四球で1点を追加する。8回にも4番手鎌田州から、内山がライトフェンス直撃の3ベース→朝田がタイムリーと途中出場組の活躍で追加点をあげた。

NTT東日本投手陣は先発の吉松が3回まで投げた後、2番手の宮下が3回をパーフェクト投球、その後を受けた寺嶋も2回を3奪三振無失点と、2月にも関わらず期待の両右腕が力強いボールを披露して見せた。最後はクローザーの多田が締めて、国士舘大打線に4回以降得点を許さずに、NTT東日本が8ー1と、オープン戦初陣を勝利で飾った。
20240217NTT東日本 宮下
3回パーフェクトリリーフをみせた宮下


20240217国士舘大×NTT東日本
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


スカウトも見守ったこの初戦で、NTT東日本は今年ドラフト解禁となる、いわゆるドラフト候補たちが素晴らしいスタートを切った。まずは1番センターで出場した大卒2年目の道原は、簡単にヒットを打つようなその打撃で3安打をマークし、盗塁も2個決めるなど俊足巧打のリードオフマンとしてお手本のような活躍を見せた。タイプ的には、NTT東日本のOBでもある福田(オリックス)を彷彿とさせる。7回から3番手として登板したのは高卒3年目の寺嶋。力のあるストレートに加えて、とにかくスライダーが大きく鋭く曲がっており、ほぼ同じ年の国士舘大の選手たちを圧倒し、2イニングを投げて3奪三振無失点の好投であった。高卒3年目と若く、プロからの人気も出そうな投手で、あとは競争の激しい投手陣の中で、二大大会などでどれだけ出番を得られるかが、今後ドラフト指名へのポイントとなりそうだ。他にもこの試合では出番はなかったものの、大卒2年目の大型捕手野口、高卒4年目の右腕片山らもおり、ドラフト候補が目白押しのNTT東日本。昨年はまさかの二大大会出場を逃しており、そのリベンジのためにも若いドラフト候補たちの活躍は必須だ。
20240217NTT東日本 寺嶋
2回無失点の好投をみせた今年ドラフト解禁の寺嶋

一昨年は3部との入替戦も経験したものの、昨年は春秋共に上位進出を果たした国士舘大。しかしその立役者であるエース左腕の中村は卒業し、いわゆるチームの柱となる選手が不在となっている。チームの中心として期待したいのが、付属高の国士舘出身の選手たちだ。新4年生世代の国士舘は、秋の東京大会を制して、センバツ出場を決めていた(ただ甲子園は夏も含めて、コロナの影響で中止)。昨年からリリーフとして登板している当時のエース中西は、腕の位置を下げて完全にサイドスローとなっており、今年はリリーフエースとして期待される。当時ショートを守っていた鎌田も大学では投手となっており、この試合では8回に登板。ストレートの威力・角度ともに、この試合で登板した国士舘大の投手の中では頭1つ抜けており、クローザー適正もありそうだ。当時正捕手だった吉田は、捕手には昨秋にベストナインに輝いた川副がいることもあり、この試合では打力を生かして4番ファーストで出場している。チームの中心としては川副や山下もいるものの、最高学年を迎える国士舘生え抜きの選手たちにも注目だ。
20240217国士舘大 中西
リリーフの柱として期待したい中西


Pickup Player
池本真人 NTT東日本 ショート
~侍ジャパン監督のイチオシ選手が社会人野球デビュー~
NTT東日本にしては異色の高卒ルーキー(というか正確にはまだ高校)の池本が、ショートとしてフル出場し、上々の社会人野球デビューを飾った。

池本は広陵時代は控えであり、3年春のセンバツでも背番号11で、初戦の立正大淞南戦で途中からショートの守備に就いて、ショートゴロを1個捌いただけであった。しかしこの姿を見た当時NTT東日本の井端コーチ(現侍ジャパン監督)は、池本のことを源田みたいと評して、自らのYouTubeで紹介した。ただ3年春は広島商戦でサヨナラ打を放つなどの活躍はあったものの、広陵のショートにはU18日本代表で主将も務めた小林がおり、3年夏も同様に控えであり、甲子園でも代打で出場してセカンドの守備についたのみであった。

NTT東日本ほどの名門に高卒で入るには、本来であればドラフト候補レベルの実力が必須。池本は180㎝と大型の内野手で、井端が評価したように守備力は高い選手だが、結果的には広陵とはいえ控え選手であり、本来は上記に該当しない。それがNTT東日本への入社となったことに関しては、やはり井端の推薦があったからであろう。

そんな池本だが、このオープン戦初戦ではいきなり9番ショートでスタメン出場。ただそのショートの守備は、社会人野球にいても遜色ないレベルで、最初は広陵の池本だと分からなかった私は、池本なんて大卒の好ショートいたっけ?と検索していたほどだ。実際に守備に派手さはないものの、この試合の守備機会も全てそつなくこなし、まさに井端の言うような源田のようなショート像をみせた。

打撃では社会人初打席では死球を食らってしまったものの、3打席目には追い込まれてから中西のストレートを巧く捉えると、打球はライナーでセカンドの横を抜けてライト前ヒットとなり、この回の3得点の起点となった。打撃も派手はさないものの、力を抜いた構えからコンパクトに振り抜き、ミート力も高そうな感じだ。結局この試合では5回打席に立ち、3打数1安打2四死球で、3出塁と打撃面でも結果を出した。出塁すると社会人野球のお兄さん達を含めてチームが大いに盛り上がるところも、まだ高校生のルーキーならではであった。

オープン戦では出場機会を得ているものの、社会人野球の名門でレギュラーとなるとまだまだであろう。ただこのまま順調にいけば、2年後には玄人好みのショートとして、ドラフト候補に上がってくる選手になるかもしれない。侍ジャパンの監督の目に叶った高校生の今後の活躍に期待だ。
20240217NTT東日本 池本


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ