fc2ブログ

日本新薬×東海理化【JABA東京スポニチ大会】

3/10 JABA東京スポニチ大会予選リーグ
日本新薬×東海理化 @等々力球場

試合経過

JABA東京スポニチ大会のブロック予選2日目。前日の初戦では、日本製鉄鹿島に勝利して好発進の日本新薬と、セガサミーに破れてもう後のない東海理化の試合です。

東海理化の先発の金田は、ゆったりと足を上げて、タメを作ってから、しなやかに腕を降り、非常に綺麗なフォーム。ストレートはコーナーに決まるなどコントロールが良く、変化球もカットボール•スライダー•カーブ•フォーク•チェンジアップと多彩であった。初回のピンチを凌ぐと、その後は安定した投球で、3〜5回はパーフェクト投球をみせて、5回まで無失点。
20240310東海理化 金田
安定した投球で日本新薬打線に得点を許さない金田

日本新薬の先発の岩本は、出どころの見づらいフォームから繰り出すストレートにはスピード以上のものがあり、カットボール•2シーム•チェンジアップなどのボールと合ったものの、この試合ではストレートが多い印象であった。3〜4回にかけては4者連続三振を奪うなど、5回まで4安打8奪三振無失点。試合は両先発の好投により、0ー0で5回を終える。
20240311日本新薬 岩本
奪三振も多く好投をみせた岩本

この日の等々力は風が強く、また不規則に向きも変わっていた。6回表、日本新薬の先頭打者植田の打球はレフトファールフライかと思いきや、風に流されてレフトが対応できずにフェアゾーンに落ちるラッキーな2ベース。9番竹内が送って1死3塁のチャンスとしたところで、代打大石を送り勝負に出たが、大石はやや浅いライトフライに倒れてランナー動けず、続く武田は金田が見事三振に仕留めて、日本新薬は得点とはならなかった。

その裏の東海理化は、先頭のプロ注目の3番福本がこの試合3本目となるヒットを放ち出塁し、盗塁を決めてチャンスメイク。2死3塁となったところで、日本新薬は岩本→左腕の木下に継投。ただその木下が連続四死球で東海理化は満塁とするも、最後は池間がレフトフライに倒れ、こちらも得点とはならなかった。
20240311日本新薬 木下
リリーフ登板してピンチをしのいだ木下

それでも東海理化は8回裏、日本新薬の3番手山上から、福本がこの試合4安打目となるヒットを放ち出塁すると、続く門叶のセンターフライで2塁へタッチアップ。5番武藤はストレートを振り抜くと、打球はライト線へ飛ぶタイムリー2ペースとなり、東海理化がついに均衡を破って先制点をあげる。
20240310東海理化 武藤
均衡を破るタイムリーを放った武藤

日本新薬は最終回、2死から3番のルーキー根路銘がヒットを放つも、最後は金田が4番若林から、この試合8個目となる三振を奪ってゲームセット。東海理化が金田の完封で勝利し、予選リーグ突破に望みを繋いだ。


20240310日本新薬×東海理化
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください


東海理化は外野陣が強力で、ともに昨年は都市対抗で若獅子賞を獲得し、今年のドラフト候補である3番福本は4安打、4番門叶はノーヒットだったものの、フェンス際の特大のセンターフライを2本放った。決勝タイムリーを放った武藤も本職は外野であるが、外野手が豊富なチーム事情もあって今年はファーストで出場。まだ春先のJABA大会ということもあり、経験豊富な齋藤•井貝はベンチという状況だ。トータルの戦力では、まだトヨタ•ヤマハ•西濃運輸•Honda鈴鹿といった東海のトップチームには劣るものの、今年の外野陣だけでみれば、上記のチームを凌ぐかもしれない。
20240310東海理化 門叶
今年のドラフト候補にもあがる4番門叶

正式にはまだ入社もしてない3月に、ルーキーたちも出場しているJABA東京スポニチ大会。この試合でも注目のルーキー対決があった。日本新薬の3番DHで出場したルーキー根路銘と、東海理化の7番ショートで出場したルーキー近藤は、ともに九州共立大出身。4回表には、根路銘の放った難しい回転の二遊間抜けようというあたりを、近藤が好捕して1塁へ送球すると、本当に際どいタイミングであったが判定はアウト。昨年までは二遊間を組んでいた2人が、社会人野球の舞台で早くも凌ぎを削っていた。
20240311日本新薬 根路銘
3番DHで出場した日本新薬のルーキー根路銘


Pickup Player
福本綺羅 東海理化 外野手
~今年の度会はこの男~
高卒3年目で今年ドラフトイヤーを迎える東海理化の福本が、4打数4安打2盗塁の活躍で、その力を見せつけた。

福本はパンチ力のある打撃を武器に、明石商では1年秋に背番号17でベンチ入りを果たすと、兵庫大会の終盤からレギュラーに定着して、近畿大会では4番に抜擢。大阪桐蔭戦では藤江からタイムリー3ベースを含む2安打をマーク。チームは8強入りし、センバツにも選出されるも、コロナ渦で中止。夏の甲子園交流試合にも、4番ファーストとして出場した。ちなみにこの時に3番を打っていたのが、1個上の先輩でもある来田(オリックス)である。2年秋からは4番センター、さらには143㌔をマークする投手としても活躍。3年夏も阪上(近畿大)率いる神戸国際大付に敗れ、最高学年では甲子園出場は果たせなかったものの、福本はそのプレースタイルから「来田2世」としてドラフト候補にも上がった。

卒業後は東海理化に入社すると、2年目には都市対抗デビュー。1番ライトとして3試合で計14打数7安打の活躍をみせて、都市対抗の新人賞に該当する若獅子賞を獲得した。3年目の今年はドラフト指名も解禁となる中、まず最初の大会であるこのJABA東京スポニチ大会では3番センターとチームの主軸として出場している。

この試合ではまず第1打席にはストレートをセンター前に弾き返して出塁。そして素晴らしかったのが第2打席で、チームとしては岩本の前に3者連続三振という場面で回ってきて、追い込まれてからもファールで粘り、最後は9球目を捉えると強烈な打球」で1・2塁間を抜いた。さらに長打ケアでライトが後ろに守っていたことを逃さずに、1・2塁間をゴロで抜けた打球なのに、好走塁で2塁を陥れて2ベースとしてみせた。第3打席でもストレートをライト前に弾き返し、盗塁を決めてみせた。第4打席では初球を今度はレフト前に弾き返すバッティングをみせ、さらに続く門叶のセンターフライでは2塁へタッチアップする好走塁。これでこの試合唯一の得点となる生還を果たした。結局4打数4安打と、両チームともに打線に元気がない中で、1人レベチな打撃をみせた。この試合では3つの好走塁も含めてチャンスメーカーとしての活躍であったが、東海理化としては福本には全てランナーのいない場面で打席が回っており、チャンスで回すことができていれば、スコアも変わっていたことだろう。

上記の打撃と走塁に加えて、今季から守るセンターでも、風の強い中で後方のフライを落ち着いて処理するなど安心して見ていられた。肩力もあるので、打つだけでなく走攻守と3拍子揃った選手だ。この試合でスカウトの評価もさらに上がったことだろうし、タイプとしては、同じく高卒3年目で昨年はドラフト1位3球団競合となった度会に似ているところがある。福本は昨年若獅子賞こそ獲得したものの、橋戸賞を獲得した度会にはまだ実績は及ばない。ただ今年の都市対抗などで実績さえ残せれば、同じくドラフト1位で指名される可能性もある、個人的には今年の社会人野球の中で、現段階ではNo1ともいえる逸材だと思っている。

20240310東海理化 福本1

20240310東海理化 福本2


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
注目ブログ