FC2ブログ

木更津総合×東海大望洋市原【千葉大会】

今年の千葉2強と言われてる木更津総合と東海大望洋市原。春の対戦時には東海大望洋市原が5-1で勝っていて、これにより木更津総合はAシード落ちし、準々決勝で対戦することになりました。そんな千葉で1番注目の試合を見に、QVCマリンフィールドまで行ってきました。

スタメン

木更津総合
SS 峯村 6
CF 木戸 8
2B 小池 4
RF 鳥海 9
1B 山下 3
LF 細田 17
3B 井上 5
P 早川 1
C 大澤 2


東海大望洋市原
CF 倉石 9
2B 鯨井 4
LF 荒川 7
C 峯尾 2
RF 塚本 14
SS 藤本 6
3B 具志堅 5
P 金久保 10
1B 樋口 20



試合経過

3回表、木更津総合は9番大澤が初球の変化球を捉え、左中間への3ベース。続く1番峯村が初球をレフトに運び、犠牲フライで木更津総合が1点を先制します。(木1-0東)

4回表、2死から山下の打球をサード具志堅はファーストに暴投。細田の四球で2死1・2塁となります。ここで7番井上の打球はセンターに抜けるかということろでしたが、セカンド鯨井がダイビングキャッチでセカンドライナー。東海大望洋市原が追加点を許しません。(木1-0東)

5回裏、ここまで早川の前にノーヒットの東海大望洋市原ですが、4番峯尾の放った打球がファーストベースに当たるというラッキーなヒットで出塁。塚本が送った後、6番藤本の打球はセカンドベース寄りのショートゴロ。セカンドランナーの峯尾はサードへスタートを切りますが、ショート峯村の好判断によりタッチアウトとなり、チャンスをつぶします。(木1-0東)

6回裏、先頭の金久保がヒットで出塁→バントで1死2塁とします。しかしここで倉石・鯨井ともに早川の変化球に合わせるのが精一杯というサードゴロで無得点。(木1-0東)

7回表、前の回に残塁となった金久保は疲れからか先頭の山下に死球を与えます。バントでセカンドに送られたところで、相川監督は島(3年)を投入。島は井上。早川を見事に打ち取ります。(木1-0東)

9回裏、後がない東海大望洋市原ですが、この回は1番から。その1番倉石がセンター前ヒットで出塁。しかし2番鯨井のバントはサードフライ。代打川津(3年)も初球を捉えますがセンターフライ。峯尾はライト前でつなぎますが、最後は塚本が空振り三振。木更津総合が投手戦で1-0制してベスト4進出です。(木1-0東)

20160717木更津総合 峯村
決勝点となる犠飛をはなつ峯村

20160717木更津総合 大澤2
犠牲フライで生還する大澤

20160717東海大望洋市原 峯尾
2安打を放った峯尾だが、1年時以来の甲子園出場は果たせなかった


スコア
木更津総合
20160717木更津総合スコア

東海大望洋市原
20160717東海大望洋市原スコア


Topic
連投の疲れもなんのその
前日の専大松戸戦でも完投している早川。しかしこの日はそんな疲れも見せずに淡々と東海大望洋市原打線を打ち取っていった。ピンチになっても動じることなく、冷静なピッチングであった。

この日の早川のストレートはMax141㌔だが、出どころの見づらいフォームで体感速度はそれ以上であろうし、またコーナーにきっちりと投げ分けらえてた。特にこの日はスライダーがキレていて、奪った三振9のうち8個が変化球(おそらく全部スライダー)であった。

幸い明日は調整日となったので、じっくり休んでほしい。春夏連続出場まであと2つ。そのためには早川があと18イニングを投げぬくしかないであろう。

20160723木更津総合 早川
見事完封勝利をあげた早川



実力で奪い取った先発の座
この日の東海大望洋市原の先発は153㌔右腕の島だと思われていたが、背番号10の2年生右腕の金久保であった。金久保が先発だと①春に木更津総合を抑えていて相性がいい、②スピードのある島を抑えにもっていけるといったメリットがあるが、この金久保先発が予定通りであるとすると、前日の流通経済大柏戦で先発していることに謎が残る。

その理由は実際に金久保の投球を見れば分かった。この日の金久保はMax146㌔と、春に比べるとだいぶ球威が増していた。しかもストレートのほとんどが140㌔中盤とアベレージもなかなか高い。島はこの夏はまだ150㌔を出していないことを考えると、球速はほとんど差がない。球速が同じくらいであれば、調子などを考慮すると金久保>島という判断を相川監督がしたとしてもおかしくない。

結果的に金久保は負け投手となってしまったが、ボールを低めに集めて、7回途中まで被安打2失点1。決して責めることのできない素晴らしいピッチングであった。現段階では来年の千葉No1投手であるために、今後も注目していきたい。

20160723東海大望洋市原 金久保
7回途中まで被安打2の好投をみせた金久保


スピードだけでない投球
島はこの日は7回途中からリリーフ。7・8回はMaxは147㌔であったが、100㌔台のスローカーブを混ぜるなどして、打者をうまく打ち取っていた。春の島は150㌔を越えて、周囲の環境も変わる中で、その期待に応えようとか力任せのピッチングい陥りがちであった。しかし今日のピッチングは、球速にこだわることない丁寧なピッチングで、秋のいいときの島に戻った感じだ。

それでもさ9回2死になるとギアを入れ替え、5番山下を相手に全球ストレートで、中にはこの日最速となる150㌔もマーク。柔と剛を使い分けれるとこを魅せた。

結局島は2回2/3を無安打無失点という見事なリリーフ。先発していれば…という話は出てきそうだが、上述のように金久保のピッチングも素晴らしかったので、金久保→島という起用自体は成功だったといえるだろう。

20160723東海大望洋市原 島
最速150㌔で無失点リリーフを見せた島


Pickup Player
大澤翔  木更津総合 キャッチャー
最後の夏で打撃も覚醒?の好キャッチャー

昨年から木更津総合の正捕手を務める大澤はリード面やピッチャーの扱いなどに定評があり、センバツ後にはU-18日本代表候補にも選ばれた。この日の早川の完封もキャッチャー大澤によるところも大きいであろう。

一方打撃では状況に応じたバッティングなどができるいい打者ではあったが、打順も下位であり、恐い打者ではなかった。この日も9番でスタメン出場した大澤は3回の第1打席で、金久保の甘く入った初球の変化球を捉えるとさ中堅への3ベース。この試合唯一となるホームを踏んだのであった。

前日の専大松戸戦のホームランに続き、この日も打で勝利に大きく貢献した大澤。「恐怖の9番打者」となる日も近いかもしれません。そしてさらには打撃がよくなれば、U-18日本代表の本メンバーも見えてくるかもしれません。

20160723木更津総合 大澤
3回に3ベースを放つ大澤


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ