FC2ブログ

東海大相模×慶応【神奈川大会】

他県では続々と代表校が決まる一方、神奈川大会は順延もあり今日から準々決勝。強豪ひしめく神奈川にしては珍しくベスト8が第1シード・第2シードの8校がそのまま上がってきました。よって準々決勝は全て第1シードVS第2シード。そんな戦いのなから最も注目度の高い東海大相模VS慶応をお送りします。

スタメン
東海大相模
3B 加藤 5
SS 小松 6
P 山田啓 1
RF 赤尾 19
C 今江 2
CF 加賀 9
1B 戸崎 3
2B 喜友名秋 4
LF 黒澤 7


慶応
3B 下山 5
2B 矢澤 4
RF 大串 9
LF 正木 7
1B 綿引 3
CF 水久保 8
SS 瀬戸西 6
C 西澤 2
P 森田 1


試合経過

1回表、東海大相模は先頭の加藤が四球で出塁→バントでチャンスを作ります。2死2塁となってから、この日4番に座った赤尾が三遊間を抜き、加藤が生還。東海大相模が1点を先制します。(東1-0慶)

1回裏、慶応は先頭の1年生下山が初球を叩き、レフト前ヒットで出塁。こちらも矢澤のバントで2塁に進みます。しかし東海大相模の先発山田啓はボールが高めに浮いていて、3番大串にはストレートの四球。4番正木には高めに甘く入ったストレートをレフトスタンド中段まで運ばれ、慶応が3ランで逆転に成功します。(東1-3慶)

3回裏、未だにやや制球の定まらない山田啓は2四死球で2死1・2塁のピンチを招きます。すると6番水久保に詰まりながらも1 ・2塁間を抜かれ、まずは1点。さらに7番瀬戸西が前進守備のセンターの頭を越す3ベースを放ち、山田啓をマウンドから引きづりおろします。(東1-6慶)

5回裏、東海大相模2番手の安里(2年)は先頭の大串に3打席連続となる四死球で出塁を許します。すると4番正木にまたもや甘く入ったストレートを痛打され、2ランホームラン。慶応がリードをコールド圏内の7点差に広げます。(東1-8慶)

6回表、グランド整備明けの初球を4番赤尾がとらえると、打球は横浜スタジアムのバックスクリーンに直撃するホームラン。ここで慶応ナインに動揺が広がったか、2四死球・エラー・ショートが滑ることによる内野安打とまともに打たれることなく満塁のピンチを迎えます。一気に点差を詰め たい東海大相模でしたが、9番黒澤の打球は、下山がサードベースを踏んで1塁に送球して併殺打となり、この回はホームランの1点のみとなります。(東2-8慶)

8回裏、1点を追加すればコールドなる慶応は先頭の瀬戸西がセンター前ヒットで出塁。バントと森田の内野安打で1氏1・3塁のチャンスを作ります。迎える1番下山に対しては、東海大相模3番手の北村が維持を見せて3球三振。しかしほっとしたのも束の間…続く2番矢澤の打球はレフトスタンドに吸い込まれ、サヨナラホームラン。

慶応が東海大相模を11-2(8回コールド)で破り、ベスト4進出です。敗れた東海大相模は慶応を上回るヒット数を放ちながらも残塁10とあと1本が出ず。神奈川史上初の夏3連覇ならず。前年度 王者も神奈川の壁に阻まれ、ベスト8止まりです。

20160727東海大相模 山田啓
二塁打2本とバットでは存在感を発揮した山田啓

20160727慶応 瀬戸西
2点タイムリー3ベースに好守も光った瀬戸西

20160727慶応 矢澤
サヨナラホームランを放つ矢澤


スコア
東海大相模
20160727東海大相模スコア

慶応
20160727慶応スコア


Topic
粘り強さで慶応の2年生エースに
慶応の背番号1は春に続き夏も2年生の森田がつけた。森田は春から比べるとストレートの威力が増した(140近くは出ているように見えた)ようで、序盤はそのストレート主体で東海大相模打線に挑む。しかし1巡目でヒット4本を浴びると、2巡目からは得意のスライダーの割合を増やして、東海大相模打線を抑えた。スライダーとともに素晴らしかったのが、インコースのストレートで打者が腰を引いて、「ストライク」とコールされる場面も何度も見られました。中盤以上はそのスライダーを赤尾にホームランされるなど、東海大相模打線にとらえられ始め毎回のようにピンチを招くも、粘りのピッチングで あと1本を許さずに無失点。7回のピンチでホームランを打たれた赤尾から三振をとったシーンなどは本当に見事であった。結局10安打を許しながらも、東海大相模打線を8回2失点に抑えたピッチングはエースの名にふさわしいものであった。

昨年も3年生の津留崎はケガで登板がなく、2年生の木澤が実質上のエースであった。今年は森田と背番号1を争った木澤であるが、これまでリリーフ1試合のみの登板。今日は序盤から投球練習をしていたので投げえれないわけではないのだろうが、状態は良くないと思われる。神奈川の頂点まであと2つも、2年生エースの森田のフル回転が必須であろう。

20160727慶応 森田
完投勝利をあげた森田

背番号19の4番
東海大相模の4番は当初は森下(1年)が務めていた。ただこの森下が 1年生4番のプレッシャーなのか、結果を出せずにいると、4回戦の日大藤沢戦から背番号19を背負った赤尾が4番を務めた。赤尾自身は昨年からベンチ入り経験もあり、現チームでは主力であったが、ケガでもしていたいのでしょうか?今大会は登録変更で背番号19としてベンチ入りを果たしていました。

この日の赤尾はまず初回、2死2塁から貴重な先制タイムリーを放った。そして6回の第3打席では森田のスライダーを捉えてバックスクリーン直撃弾。東海大相模打線は森田のスライダーに苦しんでいたし、この1発で慶応が明らかにペースを乱したので、これも貴重な1打であった。

このように赤尾はここぞという場面で4番としての仕事は果たしたが、のメンバーはここぞという場面で1本が出ず、結局東海大相が挙げた得点はこの赤尾の挙げた2点のみでした。ですが、孤軍奮闘した背番号19の4番には賛辞を送りたいと思います。

20160727東海大相模 赤尾

6回に追撃のホームランを放った赤尾


不完全燃焼の北村
昨年の甲子園優勝チームの中でも登板があり、今年のチームではエースとして期待されたMax147㌔右腕の北村。実際に秋・春と背番号1をつけていましたが、この夏は背番号11。北村とエースを争っていた山田啓が背番号1を奪ったというほどの活躍をしたわけではなさそうで、この背番号11は北村の不調によるものと思われます。

実際に先発した瀬谷戦では最終回につかまって山田啓のリリーフを仰いで、なんとか1点差で逃げ切ると いうヒヤヒヤゲームとしてしまうなど内容はよくありませんでした。そしてこの重要な1戦も先発は山田啓。山田啓がピンチで降板した後に、マウンドに上がったのは安里でした。つまりチームの序列では3番手だったかもしれないのです。

ただその安里も2ランを浴びると北村が登板。北村のストレートは健在で、5~7回を無失点・被安打1・4奪三振の好投を見せ、北村復調の兆しを見せました。そんな中迎えた8回に3ランを浴びてしまい、北村の復調は幻のまま夏は終わってしまいました。

この状態ではドラフトはやや厳しいと思うので、東海大で4年間鍛えて、首都大学リーグでの活躍に期待したいものです。

20160727東海大相模 北村

5~7回は4奪三振無失点の北村であったが…



Pickup Player
正木智也 慶応2年 外野手
期待の4番打者がついに覚醒か

慶応の2年生4番の正木。新チーム結成当初から4番を務めていましたが、その180㎝81㌔のがっしりとした体格が誇るパンチ力は魅力的で森林監督が4番で使いたいのもわかる一方、確実性はまだまだで新の4番として結果は出せてしませんでした。

この日初回の3ラン、5回の2ランと2ホーマーで5打点をあげて、王者東海大相模撃破の立役者となりました。初回東海大相模の先発の山田啓は球が浮いていて、高めのボールが多い状態。3番の大串はこの高めをしっかり見送って四球を選びます。当然次の正木も高めを見送るのかと思いきや、は2球目のボール球くさい高めをフルスイングしてファール。続く3球目も高いが、前よりやや甘く入ってきたボールをレフトスタンドの中段まで運びました。

5回も東海大相模2番手の安里から、同じくやや高めに入ったストレートをレフトスタンドにホームラン。これだけ見ればハマれば強いという上述の印象のままですが、ここで注目したのが正木の第2打席です。3回1死1塁で迎えた第2打席では、初球の低めの変化球をすくい上げると、観客は2打席連続かとどよめきますが、フェンスギリギリのセンターフライ。結果はアウトでしたが、ストレートだけでなく、変化球もうまくとらえられるようになっているところで、今日の2本は決してたまたまでなく、実力がついてきているのだと感じました。

期待の4番覚醒で、さらに勢いづく慶応が2008年以来の夏の甲子園を目指します。

20160727慶応 正木
6回に2本目のホームランを放つ正木



スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ