FC2ブログ

2016年の社会人野球展望

明後日からスポニチ杯が始まり、社会人野球は一足早くシーズンが開幕です。
昨年は日本生命の夏・秋制覇で終わりましたが、今年はどうなるのでしょうか?
勝手に展望を述べさせてもらいます。

まずは3強
日本生命 大阪ガス トヨタ自動車


・日本生命
昨年の夏秋制覇を達成し、社会人野球ベストナイン6人を含む戦力をそのままキープし、
昨年遺憾なく発揮したの勝負強さも健在と思われます。

投手陣は清水(中京大)、佐川(同志社大)の先発に、
橋戸賞の藤井(同志社大)、大気の片鱗を見せつつある小林(東京情報大)がリリーフに控えます。

4番高橋(東海大)、5番廣本(法政大)の勝負強さは健在なだけに、
その前を打つ若手、伊藤(近畿大)・福富(慶応大)・原田(立正大)がいかに安定して成績を残せるかが鍵となります。
あとは上西(中部学院大)がこれら上位打線を脅かすような活躍でできれば、相手チームにとってさらに脅威となることでしょう。

こんな順風満帆の中の懸念材料は
・都市対抗で補強選手が使えない
・神里(中央大)以外の新人のネームバリューが足りない
ということでしょうか?

いずれにせよ、今年も社会人野球を引っ張っていくチームであることは間違いないと思います。


・大阪ガス
昨年の都市対抗準優勝チーム。
現段階でも実力はさることながら、若い選手が多く、伸びしろも十分です。

酒居(龍谷大)、小畑(青山学院大)は先発2枚は社会人でもNo1といえる。
おかげでリリーフの登板機会は少なかったが、緒形(鳴門一高)・土肥(尽誠学園高)に加えて、
飯塚(履正社高)・中谷(天理高)といった高卒投手陣が場数を踏んでいけば、さらに強化されることだろう。

都市対抗では補強選手の足立(パナソニック→楽天)がマスクを被ったので、
高卒2年目ではあるが、岸田(報徳学園高)の成長に期待したい。、

打線は2年目の伊藤(法政大)が、名実ともに法政大の先輩の土井(法政大)と4番争いをできるようになれば心強く、
これに関西学生野球連盟で春夏連続で首位打者を獲得した古川(立命館大)や花本(創価大)のルーキーが加われば面白い。


・トヨタ自動車
昨年の結果は都市対抗3回戦、日本選手権初戦敗退とイマイチであったが、
実力は日本生命・大阪ガスに匹敵するものがある。

エース佐竹(早稲田大)、リリーフエース上杉(中京大)のコンビは社会人No1で、
これに次ぐ先発2番手として、七原(名古屋大)や新人の石塚(亜細亜大)台頭が重要となってくる。

木下(中日ドラゴンズ)の抜けた捕手は、ソフトバンクから細山田を補強。
二葉(PL学園)と2人のベテラン捕手で、投手陣を盛り上げていくことだろう。

源田(愛知学院大)・河合(法政大)・樺澤(東京農業大)・瀧野(立命館大)ともともと数の揃っていた内野陣に、
河原(早稲田大)・北村(亜細亜大)・藤岡(亜細亜大)とドラフトで指名漏れした3人が加わった。
トヨタ側も「まさかこの3人が全員漏れることはないだとう」と内定を出しただとろう強者で、
この内野手のレギュラー争いの激しさは他のチームよりも一回りも二回りも上のレベルにある。


3強を追う4チーム
東京ガス 東芝 セガサミー 富士重工

・東京ガス
昨年は都市対抗初戦敗退、日本選手権は予選敗退とピンポイントでは勝てなかったが、
チームの実力自体はトップクラスである。

目玉は何といっても、山岡(瀬戸内高)。
昨年から先発に転向すると、都市対抗では2失点完投、
日本選手権の予選でもJX-ENEOSを完投した翌日にも5回をほぼパーフェクトと絶対的なエースとして君臨した。
この山岡の負担を軽減すべく、岩佐(成立学園高)・宮谷(筑波大)・新人の石田(関西大)らの活躍が期待される。

打撃陣も地引(早稲田大)・黒田(関西大)・中山(PL学園)らがそろっていて、
これに大学時代実績のある平原(立教大)・小野田(早稲田大)らが連なることができれば心強い。


・東芝
昨年は都市対抗は2回戦敗退、日本選手権は予選敗退と散々な結果であったが、
若い力が台頭してきていて、非常に期待の持てるチームである。

高卒3年目の谷岡(成立学園高)がエースに成長したのが、もう1つ安定感が欲しい。
昨年はそれを桜井(日体大)・福本(青山学院大)・佐藤翔(東洋大)で補ったが、
やはり谷岡が独り立ちして「真のエース」になれるかが鍵になる。

打線も1番の4年目松本(立教大)、3番の3年目小川(上武大)、4番の2年目金子(九州共立大)と若い力が
中心になっているので、これに戸田(東洋大)・石川(東海大)・佐藤旭(慶応大)といったあたりが続きたい。

ただこのように若手が台頭してきている流れの中で、今年の新人が3人というのは残念である。


・セガサミー
ご存知元ロッテの初芝監督率いるセガサミー。

投手陣は、昨年力をつけた本格派右腕の森脇(日大)・様々チェンジアップを操る左腕の横田(上武大)
・アンダーハンドの前原(日本文理大)とタイプの異なる3投手が中心となります。
2年目の石垣(中央大)や新人の井上(福井工大)がこれに加われれば面白いです。

打線は江藤(日本文理大)、本間(立正大)が中心となりそうです。
特に本間はオープン戦では4番を打つなど巧打者からパワーも兼ねそろえた打者に成長してきたようです。
ただ欲を言えば本来は澤良木(日本文理大)ら、根っからのパワーヒッターに4番を打ってほしいところですね。


・富士重工
一昨年の都市対抗準優勝チーム。

2年目の角田(専修大)や横浜高→明治大→ドジャース傘下→隈本ゴールデンラークスと経験西嶋らもいるが、
やはり投手陣は小野(桐蔭横浜大)が本来の力を取り戻し、エースとしてチームを引っ張っていく必要がある。

小川(日大)・日置(立正大)と好守の二遊間に
林(立正大)を中心に、大熊(立正大)・岩元(日本経済大))と強打の外野陣を揃え、
これに西村(青森山田高)・野平(樹徳高)ら実力のある高卒野手陣が開花が期待される。



まぁ社会人野球は近年、実力が拮抗しているので、
どこに転んでもおかしくはないのですが…

以上の7チームが今年の社会人野球の中心となっていく
というのがわたしの予想です。





スポンサーサイト



テーマ : 野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ