FC2ブログ

千葉日大一×習志野【千葉秋季大会予選】

甲子園が終わったばかりですが、高校野球の季節はもうすでに秋。

千葉日大一×習志野という千葉の秋予選随一の好カードを見に、習志野は秋津球場までやってきました。台風の影響も心配されましたが、無事にプレイボールです。

スタメン

千葉日大一
LF 海野 7
3B 石岡 5
1B 関口 3
C 北田 2
P 吉崎 1
RF 中村 9
SS 向島 6
CF 峯川 8
2B 船津 4


習志野
LF 藤田 7
2B 小安 4
SS 石田 6
CF 吉野 8
RF 菅谷 9
3B 池田 5
1B 17
C 川島 2
P 石川水 1


試合経過

1回裏、習志野は藤田のヒット、四球で無死1・2塁とすると、3番石田の3塁線への絶妙なバントもセーフとなり、いきなり無死満塁で注目の4番吉野を迎えます。吉野は初球を捉え、強烈な打球が三遊間を破り、習志野が2点先制。続く菅谷もレフト前にタイムリーを放ち3点目。しかしここから吉崎が本領を発揮し、6・7番を連続三振、8番をファーストファールフライに打ち取ります。(千0-3習)

2回表、何とか食らいつきたい千葉日大一はセカンドエラー→四球で無死1・2塁のチャンス。しかし続く中村がバントで見逃すと、飛び出したセカンドランナーがタッチアウト。中村三振→向島レフトフライで絶好のチャンスを逸します。(千0-3習)

2回裏、2死から2番小安がセンターオーバーの3ベースで出塁。石田が四球を選んでチャンスを広げると、4番吉野がまたもや
初球を捉えて、レフトオーバーのタイムリー2ベースで習志野が2点を追加します。(千0-5習)

3回裏、先頭の岡がヒットで出塁したあと、2つの四死球で2死満塁。ここで2番小安にも粘られて四球を与えてしまい、押し出しで習志野が1点を追加します。(千0-6習)

4回以降は習志野:石川水、立ち直った千葉日大一:吉崎の好投で7回まで両チームとも0更新。試合は6点差のまま終盤を迎えます。

8回裏、千葉日大一は4回以降習志野打線をノーヒットに抑えていた吉崎から左腕の笠原にスイッチ。しかし笠原は制球が定まらずに先頭打者を歩かせると、続く小安にも1・2塁間を破られ無死1・3塁のピンチ。続く石田にセンターにきっちりと犠牲フライを打たれると、7点差がついてコールドゲーム。習志野が千葉日大一を7-0(8回コールド)で破り、見事に初戦突破です。

20160823習志野 吉野1
先制の2点タイムリーを放つ吉野

20160823習志野 小安
3打数2安打4出塁の活躍の小安

20160823千葉日大一 北田
前チームの3番→4番に昇格して期待された北田だったが、この日は快音は聞かれず


スコア

千葉日大一
20160823千葉日大一スコア

習志野
20160823習志野スコア


Topic

石川水が見事な完封でエース争いを1歩リード
この日の習志野の先発は背番号1の石川水(苗字が石川水でなく、石川 水都という名前で石川が2人いるから石川水と表記されているようです)。夏のエースで背番号1の関口(2年)もいる中、夏は背番号11の石川水が秋は背番号1を獲得したようです。ちなみに関口は背番号10。

そんな石川水ですが、エースとして先発した予選の重要な1戦で圧巻のピッチングを魅せました。結果からいえば、打たれたヒットは1番海野の2本の2ベースのみで、8回無失点12奪三振。外野に飛ばされたのはヒット2本の他に、レフトフライ1個のみなので、8回で外野に打球が3回しか飛ばなかったということになります。

ストレートは目測で130㌔中盤くらいですが、角度もありそれ以上の威力も感じました。コントロールもそこそこいいほうで、アウトコースに決まるストレートが素晴らしく、これは手が出ないだろうという球がそこそこありましたね。その他には縦に大きく曲がるカーブと、スライダーは確認。12奪三振の内訳はストレートと変化球で6個ずつとどの球でも空振りを捕れていたのもよかったです。

まだ関口がどんな状態かはわからないですが、夏の関口(学館浦安戦)と今日の石川水を比べると石川水の方が上かな?と思いました。他にも昨秋のエース格の蒲地(2年)やU-15の代表経験のある佐藤(1年)などもいるので、昨年やや投手陣に苦しんだ習志野ですが、今年は石川水・関口の2枚看板を中心に充実していそうです。

20160823習志野 石川水
8回2安打12奪三振完封勝利の石川水


新主将は石田弟
習志野の新チームの主将は、前チームでもショートのレギュラーを務めた石田瑛平。この日も3番ショートして出場しました。

無死1・2塁の1打席目では3塁線の絶妙な位置にバントを決めて内野安打、2打席目も四球を選ぶなどして、絶対的4番の吉野の前で見事なチャンスメイクを果たして、2回とも生還しました。3打席目は満塁のチャンスで三振に倒れるも、4打席目は強烈なセカンドライナー、5打席目はコールドを決めるサヨナラ犠飛と、派手さはないものの打撃でしっかりチームに貢献しました。守備も捕ってか投げるまでの投げれが非常にスムーズで、見ていて安心できます。さすがは習志野で1年時からベンチ入りしている選手です。

是非この習志野高校を率いて、昨夏準優勝の兄:石田晃太郎(東農大1年)の成績を越えて、甲子園出場を果たしたいところです。

20160823習志野 石田


実力見せつけた吉崎
千葉日大一はそこまで強豪校というほどではないが、この試合が注目されている大きな理由は、この夏に成田をあと1点差まで追い詰めた吉崎ー北田の2年生バッテリーが残っているからです。

吉崎は評判通り、鋭い腕の振りで威力のあるストレートを投げます。ワインドアップ時は足をゆっくり上げるフォームからのこのストレートなので、タイミングも合わせるのが難しいと思います。ただ序盤はそのストレート一辺倒+コントロールが甘いために習志野の上位打線につかまり6失点。ただそのあとは、スライダー・シュート・チェンジアップなどの変化球も有効使えるようになり、4~7回は習志野打線をノーヒットに抑える見事なピッチングでした。

球数が多かった(7回までに131球)こともあり、7回で吉崎が降板するとコールド負けとなってしまいましたが、吉崎が本来のピッチングをすれば強豪校にも十分に通用することは証明できたいと思います。あと千葉日大一としてはこの日2安打に終わってしまった打線を含めて吉崎に依存しないチーム作りをしていくことが必要でしょう。

20160823千葉日大一 吉崎


Pickup Player
吉野海都 習志野2年 外野
習志野の注目は何といっても1年夏から4番を打つ吉野。そんな吉野もこの秋から最高学年となります。

この日は1打席目・2打席目ともいにチャンスで回ってくると吉崎の初球を捉えて2点タイムリー、計4打点と勝負強さを発揮して、見事4番としての仕事を果たしました。3打席目は三振を喫するも、4打席目はレフトライナーとバッティングの調子は上向きのようで、打球の速さなど見ていてもまわりから頭1つ抜けているという印象でした。

吉野はもともと打撃には定評がありましたが、安定感がなく、代走や守備固めで代えられることも多かったです。この夏も背番号が17だったあたりは、小林監督としても「もっとやれる」というメッセージだったのではないでしょうか?しかし新チームでは背番号8となり、ポジションも外野の要であるセンターにコンバート。1個頭を越された打球は「ちょっとどうかな…」と思うことはありましたが、それでも新チームではセンターを任せられる実力が備わったとうことでしょう。走塁面でも初回に相手バッテリーの隙をついて3盗を決めるなど進歩が見られました。

最高学年として打つだけでなくチームを引っ張る存在としての自覚が出てきたのでしょう。打つだけでなく、守備・走塁も進化した吉野に今後も注目です。

20160823習志野 吉野2
見事に3盗を決める吉野


余談

高校野球の季節はもう秋
スタンドにはちょっと伸びかけた坊主が単語帳を持ちながら観戦(といってもほとんど見ていない)していました。おそらく千葉日大一の3年生なんだろうけど、なんとも秋らしいな~という感じでした。

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ