FC2ブログ

横浜×星槎国際湘南【秋季神奈川大会】

関東の中ではいち早く秋季大会が進んでいる神奈川。今日ははやくも準々決勝で、元桐蔭学園の土谷監督率いる星槎国際湘南と平田体制2年目を迎える横浜の試合をお送ります。

スタメン

横浜
1 2B 斎藤 4
2 SS 渡辺 6
3 CF 増田 8
4 RF 万波 9
5 C 福永 2
6 LF 長南 7
7 1B 市村 13
8 P 板川 1
9 3B 山崎 5


星槎国際湘南
1 CF 小倉 8
2 RF 有賀 9
3 1B 松下 3
4 C 田島 2
5 LF 大城 7
6 SS 神尾 6
7 3B 桜木 5
8 P 本田 1
9 2B 金子 4


試合経過

【1回表】横浜は先頭の斎藤がヒットで出塁、続く渡辺のバントを本田がハンブルして1・2塁、増田が送って2・3塁とすると、4番万波のセンター前タイムリーヒットで2点を先制します。(横2-0星)

【3回表】増田のセンター前ヒット、万波のレフト線への2ベースで1死2・3塁のチャンスを作ると、新主将の福永がセンターに犠牲フライを放って、1点追加。(横3-0星)

【5回表】先頭の山崎が3塁線を破る2ベース、斎藤のバントが内野安打となり、無死1・3塁。ここで渡辺がスクイズを決めて、まず1点。増田が四球を選んで1死1・2塁となると、4番万波はフルカウントからのストレートを右中間スタンドに運ぶ3ランホームラン。
(横7-0星)

【6回表】またもや先頭の山崎がレフト前ヒットで出塁して、盗塁。斎藤のヒットで3塁へ行き、1度は止まるも、相手の中継プレーの乱れを確認すると再スタートして、ホームイン。(横8-0星)

【7回裏】6回まで横浜先発の板川に2安打に抑えられてきた星槎国際湘南だが、この回に2点以上をとらいないとコールド負けになってしまう。しかしここで板川が急に乱れだし、連続四球。その直後の初球を代打の杉田(2年)が捉えると左中間フェンス直撃の2ベースとなり、星槎国際湘南が初得点。横浜はピッチャーを塩原(2年)に代えるも、神尾・桜木に連続タイムリーが飛び出すなどしてコールド回避。連続セカンドゴロで2死となるも、そこから小倉・有賀の連打で再び満塁のチャンスを作ると、主砲の松下がセンターへ2点タイムリー。星槎国際湘南がコールド負けどころか一気に2点差に詰め寄ります。(横8-6星)

【8回裏】勢いづいた星槎国際湘南は神尾と桜木のヒットで1死1・3塁と一気に同点のチャンスを作り出します。本田がショートフライに倒れると、続く辻の打席で重盗をしかけます。キャッチャー福永はサードを牽制したために、タイミング的にはセーフで2・3塁にすればいいところを、1塁ランナーが2塁直前で止まってわざと挟まれます。挟まれた間にホームを狙った神尾は、ショートからの送球でタッチアウトとなり、星槎国際湘南が痛いミスで同点のチャンスを逃します。(横8-6星)

7回途中からマウンドに戻った板川は9回も無得点に抑え、横浜が8-6で逃げ切り、星槎国際湘南を破りました。

20160917横浜 斎藤
この日1番に昇格した斎藤は3安打の活躍

20160917横浜 万波2
5回に3ランを放つ万波

20160917星槎国際湘南 松下
7回に満塁から2点タイムリーを放つ松下



スコア

横浜
20160917横浜スコア

星槎国際湘南
20160917星槎国際湘南スコア



Topic

コールド直前の落とし穴
法政二戦は延長、相洋戦は再試合とギリギリの勝利が続いた横浜。しかしKの試合は6回までで8-0、不安視されていた投手陣もエースの板川が被安打2の無失点と好投を見せ、まさに盤石といった状態であった。

しかし7回になると、6回まで四球は1つしか与えていなかった板川が急にストライクが入らなくなる。松下・田島の3・4番相手に1級しかストライクがとれずに連続四球。そして次の打者にストライクを取りにいった初球を、左中間フェンスまで運ばれるという最悪のピッチングであった。

しかし変わった塩原はもっとヒドく、打者7人にヒット5本を浴びる有様。わざわざ長南を下げてまで、板川を残しておいた平田監督の策が功を奏し、板川がマウンドに戻って何とかこの回を終わらせるという始末であった。板川は8・9回もヒットは浴びるものの、四球は出さないピッチングで、あの7回はいったい何が起きたのだろうという感じであった。

結局2点差という形になってしまい、横浜のギリギリ勝利は3試合連続となった。投手陣という弱点がまた顕著になってしまった。打線も2点差に迫られた後の8・9回にはチャンスを作りながらも得点できなかったところは厳しく評価したい。それでも神奈川のベスト4まで来たというのはスゴいところだが、こんな野球をしていては関東で勝つのは厳しいであろう。

20160917横浜 板川
横浜のエース板川はコールド目前の7回に突如乱れた


新4番万波 大爆発
横浜の新チームの4番は、夏の神奈川大会準決勝で4番を務めた増田でなく、期待の1年生の万波が務めている。その万波であるが、この日は3安打5打点と見事なまでにその役割を果たした。

第1打席はいきなり1死2・3塁という見せ場でやってくる。追い込まれた後のアウトコースのストレートを何とか当てたという感じのバッティングであったが、打球は凄まじいスピードでセンターに抜けていく2点タイムリー。続く第2打席も変化球にタイミングを外されて当てただけという形だが、またもや凄まじいスピードの打球がレフト線に飛び、チャンスを広げて3点目につなげた。そして第3打席、追い込まれてからアウトコースのストレートをしっかりひきつけてスイングすると、打球は右中間フェンスを越えるという右バッターには最も難しい位置に飛び込む3ラン。序盤の万波は本当に怪物であった。

ただその反面まだまだ粗いところもある。その後2打席はバットが下からできるような感じで内野フライと自分の打席ができなくなった。走塁面でもキャッチャーからの牽制でセカンドで刺されるなどミスもあった。まだまだ修正点もありそうだが、それでも万波がこんなに早くモノになるとは思ってもいなかったし、まず横浜の4番として合格点を与えたい。そしてこれらを改善して、真の横浜の4番としてさらなる飛躍にも期待したい。

20160917横浜 万波1
3安打5打点の活躍の新4番万波


チームの半分以上が1年生
この日の横浜のスタメンは5人と半分以上が1年生。ベンチ入りを見ても20人中11人が1年生とチームの半分以上が1年生で構成されているのがこの横浜の新チームである。ただ神奈川大会はベンチ入りが25人まで認められているので、そこを20人までとするのは謎が残るところだ。

そして数だけでなく、チームのヒット16本中12本が1年生などしっかりと結果も残して見せた。その分チームとして脆い面があるのも事実かもしれないが、それよりはまだまだ成長する可能性の大いにあるチームという視点で見ていきたいと思う。

20160917横浜 長南
万波とともに1年生の核として期待される長南


2点差も本来の野球はできなかった星槎国際湘南
この秋季大会で鎌倉学園・向上という強豪校を撃破した新興勢力の星槎国際湘南だが、横浜という神奈川の壁に弾き返されることとなった。2点差という結果だけ見れば、健闘したと称賛すべきものであるが、果たしてその内容はどうであろうか?

まず鎌倉学園・向上と連続完封して、ベスト8進出の最大の立役者であったエース本田。Max142㌔のストレートが評判であったが、この日のストレートは目視であるが130前半~中盤ほどで140㌔には遠く及んでいなかった。それでも淡々とポーカーフェイスで横浜打線に立ち向かい、7~9回は無失点に抑える投球を見せたが、結局8失点という結果は惨敗といえる。

打撃陣も7回の攻撃は素晴らしかったが、これは横浜投手陣の乱調によるものが大きく、本来の姿である板川からは全然打てていない。

そういう意味では星槎国際湘南にとっては本来の力を全然発揮できなかった試合であった。

20160917星槎国際湘南 本田
連続完封の本田であったが、この日は横浜打線につかまった


Pickup Player
山崎拳澄 横浜1年 サード
早くも遠藤の後継者を発見
横浜は前チームから多くの下級生がベンチ入りしていたために、各ポジションはこいつになるんだろうな~というのはたいていが予想でき、新チームのポジションも大概が予想通りであった。ただその中で唯一予想が難しかったのがサード。市村あたりかな~と思っていましたが、そのサードのレギュラーを掴んだのは1年生の山崎でした。

この日の山崎は前の試合から打順を下げて9番サードでスタメン出場。打っては3打数2安打1犠打という活躍。この2安打はともにランナー無しの場面でしたが、それぞれ得点につながり、特に5回の3塁線を破る2ベースは4得点の口火を切る形になりました。唯一アウトとなった第1打席でも、(結果は三振であったが)5球粘るなど打者としてのいやらしさを見せて、「本当にいい9番」といった活躍でした。

守っても相手4番田島の三遊間への強烈な打球をスライディングキャッチするというファインプレーを見せ、また3塁線のベース付近の打球も難なく処理して見せるなど非常に守備は固いと感じました。

山崎はそんなに体の大きな選手ではないですが、これらの活躍を見ると、前サードの遠藤(3年)を思い出します。強打者の揃う横浜打線において、ホームランなどはないものの繋ぎの面で重要な役割を果たした遠藤。今日の試合を見る限りではその後継者が早くも見つかったようです。

20160917横浜 山崎2
打撃に加えて攻守も光ったサード山崎


余談

まさに桐蔭学園?
昨年から元桐蔭学園の土屋監督を迎えて、徐々に力をつけてきている星槎国際湘南ですが、ユニフォームまでどこか桐蔭学園に似ていますね…wただ今大会では本家:桐蔭学園を上回るベスト8の成績。通信制の高校として、クラーク国際に次ぐ甲子園出場を狙っています。

20160917星槎国際湘南 田島
星槎国際湘南のユニフォームはどことなく桐蔭学園に似ている
(写真は4番の田島)
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ