FC2ブログ

花咲徳栄×春日部共栄【秋季埼玉大会】

東京の試合は雨で中止となったこともあり、昨日見れなかった花咲徳栄×春日部共栄の準決勝を見に再び大宮までやってきました。埼玉屈指の強豪同士の対決ですが、関東大会にコマを進められるのはそちらか1校のみという対戦です。


試合スコア
 
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
花咲徳栄 0 0 2 0 2 4 0     8
春日部共栄 0 0 0 0 0 0 0     0

花 〇網脇ー須永
春 ●鷹休・山本・内藤ー又吉

花咲徳栄スコア
20161009花咲徳栄2

※スコアが見づらいという方はお手数ですが、拡大してみてください

春日部共栄
20161009春日部共栄2


20161009春日部共栄 川畑
初回いきなり左中間に2ベースを放った川畑

20161009花咲徳栄 西川
先制のタイムリーを放つ西川 この日は3安打5打点の活躍

20161009花咲徳栄 野村
1年生4番の野村 西川に続いてタイムリーを放つ


Topic

前チームからのレギュラー2人は異次元の打撃
花咲徳栄の打線の要は、前チームからのレギュラーである千丸・西川の2人。今日はこの打線の要の2人が大暴れで8得点に大きく貢献した。

まず前チームに引き続き1番を打つ千丸。小型ながらミート力と思い切りの良さに優れたバッター。この日は全ての打席でヒットを打ち、4打数4安打2打点3得点。1番としての仕事を完璧に果たした。

前チームではセンバツで代役の4番、夏にはそのまま4番の座を奪った西川は、新チームではマークが激しくなることも警戒してか3番に…。この日は最初の打席こそサードゴロに倒れますが、2・3・4打席目といずれもタイムリーヒットを放ち、4打数3安打5打点という活躍であった。

チームのヒット10本のうちを7本をこの2人が量産。2人の共通点として低めのボール球になりそうな変化球をヒットにするなど、バットコントロールが良すぎました。最初の方は春日部共栄投手陣もケアできていのに、それを上回る実力でした(でも後の方は甘い球を打たれていたけど…)。正直今日みたバッターの中では、この2人の打撃のレベルは異次元でした。この千丸が出て、西川が返すというのが花咲徳栄のパターンでした。花咲徳栄と今後対戦するチームは、この2人をどう抑えていくかがキーになるでしょう。

20161009花咲徳栄 千丸
4打数4安打2打点3得点の活躍の千丸

春日部共栄の課題は投手力
敗れてしまった春日部共栄は、網脇に完封された打線もさることながら、投手陣の力不足が大きかった…。

この日の春日部共栄の先発はは鷹安・山本・内藤と3人の右腕を登板させたが、3人ともストレートは130行くかといったところ。丁寧なピッチングはしていたが、やはりもっと力のある球を投げられるピッチャーがいないと強豪校を抑えるのは容易でないと思ういます。

エースの山本はこの日は3回裏に代打で登場。そのままマウンドに上がった。独特なサイドスローのピッチャーで4回は花咲徳栄打線を3人で抑えるが、5回に千丸・西川につかまると、6回にもエラーも絡んで4失点で交代となったります。サイドスローだから当たり前ではあるが、左バッターに対してはアウトコースのストレートしか投げる球がないなど、左バッターは苦にしていた。花咲徳栄の中軸は左バッターが多いため、これも考慮されて先発は鷹休のだろう。もしこのまま春日部共栄のエースとして君臨したいなら、左バッターに通用するボールが必要だです。

そもそも春日部共栄の投手陣は、1年生ながら夏にベンチ位入りを果たした大木・渡部という2人の左腕がいて、新チームのエースとして期待されていた。しかしケガだろうか、この2人が秋はベンチ外…。春に向けてはこの2人の復活を待つというのも1つの手であるが、今日の投げた3人も、この日の経験を糧にして、冬場のトレーニングを積み、パワーアップした姿を見せてほしいです。

20161009春日部共栄 山本
3回に代打から登板を果たした背番号1の山本


埼玉2強時代が本格的に到来
ここのところ埼玉は浦和学院と花咲徳栄の2強と言われている。この2強に続く存在が春日部共栄であったが、この日は投打に圧倒されてコールド負け。当初はこんなに差がつくことは予想されていなかった試合だが、実際に見てみるとそれくらいの実力差がある試合であった。

花咲徳栄は甲子園までいって、そのメンバーも一部しか残っていなかったが、メンバーを大幅に一新したチームでも見事に力があり、浦和学院と同様に毎年のように強いチームを作れることを示した。今年も埼玉がこの2強を中心に回っていくことは確実となった。春日部共栄や聖望学園などはこの状態を打破すべく、春以降頑張ってほしい。


Pickup Player
綱脇 慧 花咲徳栄2年 ピッチャー
甲子園での苦い経験をバネに新チームのエースに
花咲徳栄の関東大会出場をかけたこの大一番の先発は背番号10の綱脇。前チームでは秋はベンチ外も、冬の間に急成長し、センバツでベンチ入りを果たすとリリーフで秀岳館を無得点に抑える。エース高橋昂が離脱した春は清水との2枚看板で埼玉準優勝、関東大会出場では東海大甲府を完封した。しかし夏の甲子園では、先発を任された作新学院戦で2回KO。花咲徳栄は作新学院に敗退し、「高橋昂を先発させていれば…」と言わしめる結果になってしまった。

この日の綱脇は相変わらずストレートは130㌔前後であるが、持ち前のノビがあり、それを丁寧にコースに投げることができていた。変化球はこれまでのスライダーやカーブに加えて、115~120㌔ぐらいの変化球(おそらくチェンジアップ)が有効に決まっていて、春日部共栄打線はこの球にことどとくタイミングが合っていなかった。結局初回に先頭の川畑にヒットを打たれた後は6回までノーヒットピッチング。最終回はやや制球を乱して1死満塁のピンチを背負うが、最後はサードファールフライと三振でこれを凌いで、7回2安打7奪三振の完封勝利。この大一番で見事に仕事を果たした。

網脇は上述のように昨年の冬の間に急成長をしたピッチャーである。フォームは非常に整っていて、180㎝という身長から見てもまだまだ球速も出そうである。130㌔でもノビがあるから通用しているストレートが、140㌔くらいまで球速アップしたら…高橋昂に続く大エースが花咲徳栄から誕生するかもしれない。

20161009花咲徳栄 綱脇
2安打完封勝利を納めた綱脇
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ