FC2ブログ

横浜×浦和学院【秋季関東大会】

関東大会の栃木遠征の2日目。横浜(神奈川2位)×浦和学院(埼玉1位)という完投の超強豪どうしの対決を観戦しました。

試合スコア

20161023横浜×浦和学院

※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

横浜スコア
20161023横浜スコア

浦和学院スコア
20161023浦和学院スコア

20161023浦和学院 蛭間
4回にソロホームランを放った蛭間

20161023横浜 斉藤
4出塁3得点と見事なまでの1番らしい働きをした斉藤

20161023横浜バッテリー
勝利を納めた横浜バッテリー


Topic
痛かったエース佐野の不調
浦和学院の先発は、この関東大会から背番号1をつけるエース左腕の佐野であった。しかしこの日の佐野は制球がイマイチで、立ち上がりはストレート・スライダーともに高めに抜ける球が目立ち、5回7失点で降板。浦和学院のセンバツ出場は絶望的となってしまった。特にストレートの甘さが致命的で、打たれたヒット10本のうち7本がストレートであった。スライダーに関しては、だんだんと低めにコントロールできるようになり、奪った8奪三振のうち5個がスライダーによるものであった。その反面、ワンバンしてしまうスライダーも多く、暴投も3個となってしまった。

2番手の渡邊、3番手の清水はともに横浜を2回無失点に抑えた。それだけに佐野が本来の投球ができれいれば…あるいは佐野をもっとは早く代えていれば…という試合でもあった。それでも1年生エースの佐野にとっては貴重な経験になったはずだ。是非この経験をバネに、小島(早稲田大2年)・江口(立教大1年)らに匹敵する浦和学院のエース左腕として君臨して欲しいものだ。

20161023浦和学院 佐野
浦和学院としては佐野の出来が悪かったのが痛かった


3併殺で逃したチャンス
2-7とスコアでいえば完敗であった浦和学院。実際そこまで大きな実力差は感じなかったが、序盤流れに乗り損ねて、ついてしまった差を詰めることができなかったという感じだ。

その序盤の流れに乗り損ねたというのが併殺である。まず1回1死1・2塁で4番杉山がピッチャーゴロ併殺。2回にも先頭の家盛がヒットで出塁するも、続く山本がセカンドゴロ併殺。極め付けが3連打で作った4回の1死満塁のチャンスで秋山がサードゴロ併殺。4回まででの併殺3個が本当に痛かった。特に3個目は蛭間のホームランの後の3連打で「反撃が始まった」という状況なので痛かった。

そしてこの3併殺はいずれもいい打球と言えるようなバッティングであった。。「やはり野球は流れのスポーツ」そんなことを改めて感じさせられた。

板川劇場は閉幕のまま
横浜のエース板川は、いい時はいいのだが、突如崩れて大量失点という傾向があった。秋の神奈川県大会では、準々決勝の星槎国際湘南戦では6回まで無失点、チームも8-0でコールド目前の7回に一気に6失点。準決勝の桐光学園戦でも、 という内容であった。このいきなり始まる大量失点のことを「板川劇場」と呼ぼう。

この日の板川は3回まで無失点の好投も、4回1死から蛭間にソロホームランを浴び、さらに3連打でピンチを招いた。誰もがここで板川劇場開幕かと思われたが、上記の通り秋山を併殺に仕留める。続く5回にも1死満塁のピンチを招き、今度こそ劇場開幕かと思われたが、前の打席でホームランを打たれた3番蛭間をファールフライに打ち取ると、4番杉山もショートゴロに打ち取りピンチを凌いだ。この4・5回のあたり、ブルペンでは増田が投げていた。

ただその後は8回に1点を失うも、比較的安定したピッチングで、増田が投球練習を行うこともなくなった。結局、上記のように序盤の浦和学院の悪い流れに援護された部分はあるが、それでも1年生ながらこの大舞台で浦和学院相手に2失点完投。この日の板川のMaxとなる135㌔を終盤にマークするなどスタミナも十分であることを証明した。

横浜は今年も打線は強力なだけに、このまま板川劇場が閉幕状態ならばセンバツは有力といってもいいだろう。

20161023横浜 板川
粘り強く投げて9回2失点完投の板川


Pickup Player
市村拓己 横浜2年 ファースト
~遠回りしてつかんだレギュラー~
2015夏の神奈川県大会の初戦、名門横浜のショートを守っていたのは1年生であった。結局そのショートのレギュラーは最終的には当時3年生であった矢後らに奪われてしまったのだが、そのショートは新チームではレギュラーとして大いに期待されたいた。その選手こそがボーイズの全日本🉅表にも選ばれた期待の1年生市村であった。

しかし新チームのショートは渡辺で、市村はベンチ入りの当落線上。記憶にあるのは敗れた秋の関東大会の常総学院戦の最後の方に代打で出てきたことくらいである。2年夏もチームは神奈川を制して甲子園出場を果たすが、市村はずっとベンチ外であった。

最終学年となった市村であったが、背番号は13で、ファーストやサードの控え兼代打という立場であった。それでもそのバッティングで、神奈川県大会のと途中からファーストのレギュラーをつかんだ。そして関東大会では背番号3に昇格し、打順も7→6番と1つ挙げて初戦を迎えた。

市村の持ち味はパンチ力のあるバッティングであるが、この試合では3打席で2安打という活躍。特に2打席目のヒットはビックイニングの口火を切るヒットであり、第3打席の左中間を破るヒットも見事な打球であった。この日の横浜は渡辺以外はなかなかバントが決まらずにいたが、4打席目では1球で送りバントを決めるなどチャンスメイクとして大きく勝利に貢献した。

横浜という名門において遠回りして、レギュラーをつかんだ苦労人の活躍に今後も期待したい。

20161023横浜 市村
3打数2安打1四球1犠打とチームに貢献した市村
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ