FC2ブログ

日大三×早稲田実業【秋季東京大会】

日大三・早実という西東京の両雄の対決となった東京大会の決勝戦。神宮のイチョウ並木を1時間以上も並んで、観戦してきました。

試合スコア

Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日大三 1 0 0 0 3 0 0 0 2 6
早稲田実業 0 1 0 3 0 0 0 0 4X 8

日 ●桜井ー津原
早 中川・赤嶺・〇石井ー雪山


※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

日大三
20161103日大三

早稲田実業
20161103早実


20161103早実 橘内
4回に2点タイムリー2ベースを放つ橘内

20161103日大三 金成2
9回に勝ち越しとなる2点タイムリー2ベースを放った金成

20161103早実 野村2
サヨナラホームランを放ちホームインする野村

20161103早実 清宮2
優勝旗を受け取った清宮主将


Topic
これがスターというものなのかしら
注目の早実3番の清宮はこの日はなんと5打数5三振。日大三の左腕桜井のスライダーに全く合っておらず、5個の三振の最後は全てスライダー、ストライク15球中13球はスライダーという徹底したスライダー攻めの前に完敗でした。桜井の投球の素晴らしさや相性などもあったのでしょうが、清宮はここ4試合でヒット2本のみ、ホームラン無し。ちょっとスランプ気味かなと思う。まぁ打者ならスランプが来るのなんて、当たり前のことでこれまでそういうのがなかったことがむしろ凄いって話なのだが…。

清宮がここまで完璧にやられると早実としてはお手上げ状態と思いきや、チームメイトが奮起して、最後は清宮の後を打つ4番野村のサヨナラ2ランで劇的勝利し、センバツ当確。優勝後のインタビューでも「こんなに三振したのは初めて…」と言いながらも、センバツに行けてしまうあたり、やっぱりスターはもっているのだと感じた。

20161103早実 清宮
今日の清宮は桜井のスライダーに全く合っていなかった

服部不在をなんとか繋いだ1年生リレー
早実には清宮とともに1年夏からベンチ入りし、夏の甲子園で抑えとして活躍した服部がいて、背番号1を背負っている。ここまではこの服部が終盤にリリーフで登場するというのが早実のパターンであった。

この日も早実の先発は関東一・国士館を無得点に抑ええた1年生右腕の中川。中川はストレートこそ130㌔前後であるが、球速以上にノビがありそうなピッチャー(花咲徳栄の網脇タイプ?)である。しかしこの日は4回のピンチで、左バッターの井上を迎えたところで和泉監督が早めに動いて交代。4回途中1失点であるが、内容ときには何とも言い難いものであった。

このピンチを凌いだのが、夏にも登板経験のある1年生左腕の赤嶺。赤嶺はソフトバンクの和田のような左腕でストレートはこちらも130㌔前後であるが、バッターの体感速度はもっとありそう。コントロールもよく、ほぼこのストレートオンリーで日大三打線に挑んだ。金成に3ランは浴びたものの、それ以外はテンポよく日大三打線を抑え、この時点ではブルペンではほぼ誰も練習していない状態であった。

しかし和泉監督は8回裏のチャンスで、好投を続ける赤嶺に代打須藤を送るという賭けに出た。残念なことに須藤が凡退すると、9回のマウンドには、これまた夏からベンチ入りしている1年生左腕の石井が上った。石井にはこの場面は重たすぎたか、2四球でピンチを招くと金成に2点タイムリーを浴びてしまった。

一方服部は9回に石井が2四球目を出した時点でやっとブルペンで投球練習を始めた。ただ金成に打たれた後も石井が続投し、登板機会はなし。前の試合の内容からつかなないと判断したのか、あるいはどこかケガがあるのかは知らないが、こちらも清宮同様、本来柱となるべき2年生が仕事を果たせずに、1年生のおかげで優勝という事態になってしまった。

とはいえスリークウォーターから140㌔ほどのストレートが投げれる服部の球威はチームで随一。来年のセンバツでは、また服部が甲子園のマウンドで躍動するところを見たいものだ。

20161103早実 赤嶺
2番手で好投した赤嶺

清宮から5三振奪った男
日大三のキャプテンで3番、背番号8ながら実質上のエースの桜井。個人的に大会前から桜井は東京No1投手だと思っていたが、それに「清宮から5三振奪った男」という箔がつき、全国レベルの投手になったことだろう。

桜井は重心を低くして、決して開くことのなりフォーム。この日の桜井はそのフォームからからMax144㌔のストレートと切れ味の鋭いスライダーで毎回の14奪三振。球だけを見るとなぜ8点もとられたのか分からないという状態であった。しかし終盤はやはり疲れが出たか、ストレートも140㌔を越えることが珍しくなり、最後は164球目を野村にライトスタンドに運ばれてしまった…。

ただ桜井は中学自体には経験はあるものの、日大三でピッチャーを始めたのは今年の夏前から。変化球もスライダーのみと、投手としての完成度はまだまだ低く、それが球はいいけど8失点や、スタミナ切れに繋がったところはある。日大三のセンバツは、おそらく関東5枠目の慶応との比較になり、来年になってみないとわからない状態だが、一冬越えた桜井を是非センバツの舞台で見てみたい。

20161103日大三 桜井
敗れたものの14奪三振と桜井は見事なピッチングであった

デカプリオ覚醒
アメリカとのハーフで191㎝102㎏という体格から、「デカプリオ」と呼ばれている日大三のファースト金成。背筋力は300㌔越えで測定不能という規格外のパワーを持つスラッガーだが、東京大会の序盤は全くタイミング合わずに、2回戦の東大和南戦では2打席で代えられるなどのこともあった。

しかし準決勝の日野戦で特大3ランを放ち、存在感を発揮すると、この日の決勝ではなんと5打数4安打5打点の大爆発。第1打席では1・2塁間を抜くライト前ヒット、第2打席ではピッチャー直撃の強襲ヒットを放つと、第3打席では初球の甘く入ったストレートを振り抜き右中間スタンドに値千金の同点3ラン。第4打席はセカンドゴロに倒れますが、これは早実が金成シフトとばかりにセカンドを1・2塁間よりのかなり後ろに配置していて、セカンドゴロなのに球場からはどよめきが出たほどでした。しかし同点で迎えた9回の第5打席ではそのシフトをあざ笑うかのようにレフト線へ2点タイムリー2ベースを放った。

3ランも素晴らしかったが、個人的には最後の2ベースが1番よかった。これまでは当たれば飛ぶけど、タイミングが合わないと…という印象であったが、この打席では詰まりながらも(それでも打球はフツーの打者が捉えたくらいはあったが…)逆方向にもっていったというところで成長を大きく感じた。

金成は桜井とは逆で、この夏にピッチャーから野手に転向したばかりで、経験はまだ浅い。こちらも一冬越えれば、どんな打者に成長しているのか非常に楽しみである。

20161103日大三 金成1
4安打5打点の活躍をみせた金成


Pickup Player
野村大樹 早稲田実業1年 サード
~清宮の後を打つという意味~
入学当初から早実の4番を打つ野村は、「清宮の後には野村がいる」と言われるほどのバッターである。それはこれまでは「清宮を敬遠しても、その後にも強打者の野村がいるぞ」という意味であった。しかしこの日は清宮が5三振と大ブレーキ。敬遠されるどころか、野村にはランナーがいない状態で回ってくることが多かった。

それでも野村は1~3打席は全てランナー無しの場面であったが、四球・内野安打2個と出塁してチャンスメイクし、2度のホームを踏んだ。桜井のスライダーは鋭かったが、それに体制を崩されながらも、何とか食らいつき、しっかりとした打球を打つことができていた。

そして迎えた最終回。同点においた早実は無死2塁で清宮。やはり最後はスターが決めるのか!?という期待を他所に三振…。場内がやや静まり返った直後の初球、野村が桜井のスライダーを振りぬくと打球は逆方向のライトスタンドに飛び込むサヨナラ2ランとなった。まぁ「1塁が空いている状況で、なんで野村と勝負したんだ三高バッテリー…?」と言いたいところではあるが…。

結局この日の野村は4打数3安打2打点2得点。この日に限っていえば、「清宮の後には野村がいる」は「清宮が打てなくても、野村がいる」という意味であった。このサヨナラホームランで高校通算21本。清宮は1年秋までに22本であり、それを越える可能性が高い。

20161103早実 野村
サヨナラホームランを含む見事な活躍であった野村
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ