FC2ブログ

履正社×早稲田実業【明治神宮大会】

明治神宮大会の高校の部決勝。早稲田実業VS履正社という東西の雄を見に神宮へ。平日にもかかわらず神宮の内野席はほぼ満員という盛況ぶりでした。


試合スコア

Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
履正社 0 1 3 7 0 0 0 0 0 11
早稲田実業 1 0 5 0 0 0 0 0 0 6

履 松井・田中・○竹田ー片山
早 中川・●赤嶺・池田・服部ー雪山

※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

早稲田実業
20161115早稲田実業

履正社
20161115履正社

20161115早実 清宮
先制ホームランを放った清宮

20161115履正社 片山
3回にとどめとなる3ランを放つ片山

20161115履正社優勝
優勝決定の瞬間の履正社

Topic
安田復調
この試合は早実清宮VS履正社安田という来年のドラフトの中心となるだろう東西のスラッガー対決としても注目を集めていた。東京大会の決勝で5三振を喫するなど不調であった清宮だが、この大会では復調。その一方安田は仙台育英戦・福井工大福井戦ではノーヒットと苦しみ、準決勝の札幌第一戦でやっと神宮初安打が出たという状況であった。

そんな安田であるがこの日は3回の第2打席で勝ち越しとなる高校通算44号の3ランを放つ。逆転された後の4回には、西山のタイムリー2ベースで同点とした後に、きっちりと犠牲フライを打ち、この試合の決勝点をたたき出した。最後の最後の試合で安田が完全復調を果たし、4打点の活躍で勝利した履正社。まだちょっと早いですが、秋春連覇に向けて役者はそろったようです。

20161115履正社 安田
決勝点となる犠飛を放つ安田


ヒット数では上回ったが…
スコアでは6-11と5点差で負けた早実だが、安打数では14-13と履正社を上回った。ただ4回以降、履正社のエース竹田から11人のランナーを出すも、併殺3つなどで無得点だったことが非常に痛かった。

特に6番小西は4回1死満塁のチャンスではサードゴロ併殺、9回無死1・2塁のチャンスではサードライナーを放ちランナー戻れずと、ここ1番というところで2つのダブルプレーを献上する形になってしまった。そのどちらの打球も強烈なもので、初戦では3打点とラッキーボーイ的な存在であった小西が逆に「ついていない男」となってしまった。

20161115早実 小西
この日はとことんついていなかった小西


やはり課題は投手陣
もともと投手力に課題があり、東京大会の制覇も容易ではないと言われていた早実。しかしこの大会から背番号1を背負うことになった中川が準々決勝・準決勝と無失点ピッチングを繰り広げるなど、清宮が不調に陥っても、投手陣を中心にカバーして明治神宮大会にコマを進めた。明治神宮大会でも初戦の静岡戦、準決勝の福岡大大濠戦と投手陣が粘ったことが大きな勝因であった。

しかしこの日は先発した中川は安田に3ランを浴びるなどして、3回4失点で降板。東京大会の決勝から1番頼りになっていたリリーフ赤嶺を4回のマウンドに送るもまさかの7失点と、この決勝では投壊してしまった。1年生が多い投手陣なので、勢いに乗れば強いというところもあったが、真の力はまだまだである。

3番手池田が3回無失点、4番手服部が2回無失点とこの2人が後半は履正社打線を見事に抑えたのは収穫であるが、センバツに向けてはやはり投手陣のレベルアップが必要であろう。

20161115早実 池田
5~7回を1安打無得点に抑えた池田は早実投手陣の期待の星


Pickup Player
竹田祐 履正社2年 ピッチャー
寺島や山口の陰に隠れてはしたが、もともと140㌔を越える本格派右腕であった竹田が履正社新チームのエースとなった。大阪大会~近畿大会~明治神宮大会の準決勝まで計13試合に登板、11先発7完投という見事なピッチングでチームを明治神宮大会化粧まで導いた。

竹田はこの日も2回戦・準決勝に続いてリリーフとして待機。本来は試合終盤に登板する予定であったが、先発の松井、2番手田中が3回に打ち込まれ、早くも3回にはマウンドに上がることになる。いきなり早実が押せ押せのムードの中、1・2塁のピンチであったが、早実の1番野田を切れ味の鋭いスライダー3球で三振にとって早実の流れを断ち切った。

その直後に打線が大逆転すると、4回以降はランナーを多く出すものの粘りのピッチングを展開し、スコアボードに0を並べていく。8回には2死からそれまで2四球と勝負できていなかった清宮を迎えると、ギア全開で自己最速を更新する144㌔でキャッチャーフライに打ち取った。この日は強打の早実打線とあって変化球が多めの竹田であったが、9回もストレート主体のピッチングで自己最速をさらに更新する145㌔をマークした。

結局3回からリリーフして 6 1/3回を無失点の好投。この大会合計で 20 1/3回1失点という見事なピッチングでチームを優勝に導いた。明治神宮大会のMVPという賞があれば、それを受賞していたのは間違いなく竹田であった。

20161115履正社 竹田
6 1/3回を無失点の好リリーフでチームを優勝に導いた竹田

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ