FC2ブログ

21世紀枠候補校紹介(関東編)

春のセンバツに向けて各県の21世紀枠候補校も出そろい、12/16にはその中から各地区の候補校が選ばれるという状況です。さすがに21世紀枠校となるとほとんどの把握はしていないのですが、この秋見た関東の3校と地元東京の計4チームに関しては少し紹介がてら書いてみようと思います。

①横浜創学館(神奈川)
秋は神奈川ベスト8だが、優勝した慶応相手に1-4と善戦。この秋慶応に敗れたチームの中では1番欲しいスコアであった。その立役者はエースの川井。川井はTHEサウスポーといった感じのピッチャーで、腕を長く使って角度のあるキレのいいストレートを中心に、大きく曲がるスライダーやチェンジアップが武器。強豪ひしめく神奈川の中で1位2位を争うほどのサウスポーである。打線は前チームからクリーンアップを務める佐藤未・佐藤裕のダブル佐藤の1発に警戒する必要がある。

OBには秋山(西武)・坂田(西武)・望月(阪神)らが名を連ねる強豪校。ただ激戦区の神奈川とあって、甲子園出場経験はない。今季も上記のように実力的には申し分ないが神奈川ベスト8止まりという結果と、グランド設備が整っていないなどといった21世紀枠っぽさはない点は高野連に気に入られにくいか…。ただここ最近神奈川からセンバツの出場がなく、今年も当落線の慶応が唯一当落線上といったところで、地域的には有利かもしれない。

20160918横浜創学館 川井
神奈川でもトップを争うほどの好左腕の川井


②中央学院(千葉)
東海大市原望洋・習志野・木更津総合・専大松戸といった強豪校と逆の山に入ったこともあり、秋は千葉準優勝。関東大会では市川を2-0で破って初戦を突破するも、2回戦で優勝した作新学院に敗れた。その立役者は二刀流大谷。1年夏からライトで出場していた大谷は、新チームではエース。千葉経大付戦では逆転3ランを放つなど打順は5番で投げないときはライトを守る右投左打とまさにタイプ的には本家そっくりだ。関東大会の初戦では9回2死までノーヒットノーランという快投を見せた。大谷の前を打つ、3番武田はミート力があり、4番塚越はまさにスラッガーという鋭いスイングが持ち味だ。

今回関東の21世紀枠の中で秋に1番いい成績を納めたが、こちらもいわゆる強豪校といわれるチームで21世紀枠っぽさがないのが懸念点。ただ二刀流大谷という代名詞は大きなプラスであり、春に大学野球選手権準優勝を飾った大学に続く全国進出となるか注目だ。ちなみにOBには古城(元巨人)や押本(元ヤクルト)、2年生ながら中央学院大のエースを務めるMax149㌔右腕の石井らがいる。

20161002中央学院 大谷
1年生ながら二刀流の活躍でチームを千葉準優勝に導いた大谷


③石橋
この秋、関東で1番大躍進を遂げたのが石橋。栃木県大会ではノーシードながら、文星芸大付・宇都宮短大付・白鴎大足利とシード校を3校も撃破して栃木準優勝。関東大会では初戦で敗れたが、準優勝したプロ注目のエース金久保率いる東海大市原望洋に対して4回に2-2に追いつくなど、福田監督が「120%の力は出せた」というほどの大健闘を見せた。ちなみに千葉大会で金久保から2点以上とったチームはいなかった。その立役者はエースの竹内は、Max135㌔のストレートに加えて、スライダーを丁寧に投げ込むスリークウォーター右腕で安定感が抜群だ。

学力も優秀、創部82年目にして関東大会初出場、部員は19人と上記の2校に比べて、高野連が好みそうな21世紀枠要素を兼ねそろえている。シード校3撃破に、関東大会でも善戦と結果も申し分はない。

20161022石橋 竹内
石橋の大躍進を支えたエースの竹内


④日野
秋は都立勢で唯一東京ベスト4まで残ったのが日野。初戦で強豪日大鶴ヶ丘を倒すと、準々決勝では夏に甲子園出場を果たした八王子をコールドで破った。躍進の立役者は身長158㎝のエース小林であり、準々決勝までの4試合を全て1人で投げぬいた。打線も夏の甲子園出場の立役者となった八王子の早乙女・米原という左右のエースを見事に攻略して12得点と破壊力は十分である。

OBには都立勢では初めてドラフト1位で指名された佐々木(4桜美林→ロッテ)やアンジャッシュの渡部と話題性も多く、都立高という要素も高野連には気に入られそう。ただ準決勝でコールド負けした天敵の日大三は決勝戦でサヨナラ負けと大健闘したために東京2枠目で選出される可能性もあり、そうなると東京で3校となってしまうことから地域性を考慮して地区の代表とされない可能性もある。

上記の各校の特性をまとめると以下の通りである。
高校名 都道府県 好要素 懸念要素
横浜創学館 神奈川 〇神奈川はここ最近センバツ出場なし ☓私立の強豪校
☓神奈川ベスト8止まり
中央学院 千葉 〇二刀流のエース大谷
〇関東大会ベスト8
☓私立の強豪校
石橋 栃木 〇部員19人
〇学力優秀
〇ノーシードながら栃木でシード3校撃破
〇創部82年目で初の関東大会出場
 
日野 東京 〇都立高
〇OBに佐々木や渡部と話題性豊富
☓東京3校目となる可能性あり

やはりこう見ると石橋がだいぶ有力な気はする。他県では川越工(埼玉)・韮崎工(山梨)・前橋西(群馬)らは県ベスト8以下であり、インパクトも少ない。対抗馬になるとしたら常総学院を倒し、県ベスト4になった常磐大高(茨城)であろう。

とういうわけで関東の21世紀枠は石橋になるというのが個人的な予想です。個人的にセンバツで1番見たいのは横浜創学館だが…。


スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ