FC2ブログ

亜細亜大2017年度新入部員

亜細亜大も推薦合格者を発表しました。

選手名 ポジション 出身校
遠藤 稔 P ふじみ野
井上 仁裕 P 育英
石本 大虎 P 九州国際大付
諸隈 潤 P 佐賀商
高山 大河 P 神村学園
内間 拓馬 P 宜野座
天野 雅和 C 自由ヶ丘
野中 翔太 C/1B/O 佐賀商
神野 虎太郎 1B 神戸国際大付
平野 友都 2B/1B 佐賀商
斎藤 尊志 2B 上田西
菊地 陽介 3B 東京学館船橋
赤井 啓輔 SS 常葉学園菊川
虎谷 貴哉 SS 星稜
堀本 元太 SS/3B 神戸国際大付
矢野 雅哉 SS 育英
三上 幹太 SS 新田
丸山 大 O/P 鶴岡東
栗原 健 O 常葉学園菊川
広瀬 将 O 県岐阜商
土生 敦弘 O 大阪偕星学園
真田 康弘 O 新田


亜細亜大には今年も育英・佐賀商・星稜・神戸国際といったお得意様校からのメンバーが集まった。それに加えて、酒井が早期退部してから亜細亜大に進学するという話がほとんどなかった常葉菊川からもチームの主軸2名が入学となっている。ただ首都圏の高校からの入学者が少なく、例年の亜細亜大の入学者に比べるとややネームバリュー感は落ちるか?これら上記の常連校の成績も芳しくないこともあるが、亜細亜大の入学拒否した吉川(4中京学院→巨人D1)が大成功を収めたことなども影響しているかもしれない。

投手陣は甲子園のマウンドに立った選手はいない(高山は2年春のセンバツでベンチ入りはしていた)。育英の左腕3本柱を担った井上は、力強い球を低めに投げることのできる左のサイドスローで、大学ではリリーフとして活躍しそうだ。内間は身体に強さがあり、Max145㌔を誇る右腕。まだまだ荒削りなところがあり、宜野座では主にリリーフであったがポテンシャルは十分だ。

野中は佐賀商で1年夏から4番を務めるスラッガーで高校通算32発。本職はキャッチャーであるが、この春はファーストや外野にも挑戦していたために、打撃を生かすためにコンバートもある。チームメイトの平野も、2年時から1番を務めた主力であり、佐賀商コンビとして期待ができる。野手陣の目玉といえるのは栗原・丸山の甲子園コンビ。栗原は走攻守揃った常葉菊川の1番バッターであり、高校通算49発。プロ入りしていてもおかしくない逸材だ。180㎝90㎏という見事な体格の丸山もこの夏の山形大会の3ホーマーを含む高校通算38発のスラッガー。1個上の主将安食の影響を受けての2年連続で鶴岡東→亜細亜大の入学だ。その他には2年夏・3年夏ともに甲子園でも高打率を残した。その他には赤井・矢野・虎谷・堀本・三上と1・2番を打てそう守備力の高いショートが大きく入学する。

20160504育英 井上
育英:井上

20160504育英 矢野
育英:矢野


スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ