FC2ブログ

不来方の選出で思う、何でも公平性の高野連

21世紀枠の地区推薦校も決まりました。

東北では不来方(岩手)が地区推薦校に選ばれた。不来方は部員10人ながら、主将で4番でエースの小比類を中心に秋の岩手大会準優勝という快挙で21世紀枠としてはふさわしい活躍であったが、前にも書いた通り個人的には横手(秋田)が推薦されると思っていた→21世紀枠地区推薦校予想

なぜかというと…
不来方ではセンバツに選ばれる可能性が低いからだ

その理由は以下の3つ
①昨年21世紀枠では岩手県からは釜石が出場
昨年のセンバツに釜石(岩手)が出場したということで、同じ県から2年連続は選ばれにくいのでは?という話。過去に松江北→隠岐(島根)、女満別→遠軽(北海道)、海南→桐蔭(和歌山)と例はあるものの、選考基準があいまいな21世紀枠だけに2年連続で同一県から21世紀枠というのはレアケースだ。

②同じ岩手からは盛岡大付属が出場確実
東北大会で準優勝の盛岡大付属はセンバツが確定。つまり岩手県からはすでに1校の出場が確定しているのだ。21世紀枠と地域制は関係ないと言われてはいるが、昨年の長田選出により報徳学園落選などを見ていると実情は大きく関係がありそうだ。今年は逆に盛岡大付属を落とすことはできないので、代わりに不来方が落とされるという見方がある。

③部員10人ならば洛星の方が有力
不来方の近畿で推薦された洛星も部員10人ということで話題。京都でも超のつくほどの進学校であり、話題性だけでいえば不来方よりは上である。10人部員という理由で2チームが選出されるということは考えづらく、この部員10似んという不来方の1番の21世紀枠要素が弱まる形となってしまっている。


単純に東北の中で横手と不来方を比べて「どちらが21世紀枠にふさわしいか?」という話になったときには、不来方という結論は間違っていないと思う。ただその先の選考、つまりセンバツ出場校を決める際に、どちらが選ばれやすいのかというとそこは横手であり、あるいは弘前東なのかもしれない。不来方は21世紀枠にふさわしい活躍は見せたが、今年はあまりにも不利な要素が多すぎるのである。この一言で片づけてしまうのは酷かもしれないが、「今年は運がなかった」のである。

こんなことは東北の選考委員も分かっていることで、それでも不来方を選出するというのは疑問でしかない。ただここが高野連の体質であり、結局は「公平性」という一言に尽きるのだ。上記のような諸事情を考慮することは、当該校にとっては「公平でない」ことである、単純に横手と不来方を比較して不来方の方がふさわしいですとするわけだ。他の地区の選考とか、地域制とかは関係ないですと言われければいけないのだ。

話が変わるが、この秋の東京大会の決勝、清宮フィーバーで大行列が神宮球場にできていた。だが高野連は神宮球場のメインのチケット販売所は閉じたまま。これはチケット売り場を2カ所にしてしまうと、六大学の試合中から並んでいた人にとって不公平になるからであった。ただ結局チケット売り場を増やさなかったことで、行列の進みは悪く、試合開始に間に合わなかった人もいるという始末だ。

今回もこのように公平性に固執するばかりに、正しい決断ができなかったように思える。横手にせよ、不来方にせよ、推薦しても21世紀枠に選ばれなければ東北の高野連にとっては意味はない。一般企業ならこんな決断ばかりしていたら潰れるだろう。まぁ高野連が1度潰れるというのも、ある意味望むところではあるが…。

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鋭い分析ですね。
応援しておきました。ポチッ
最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ