FC2ブログ

東洋大2017年度新入部員

東洋大が2017年度の新入部員を発表した。

選手名 ポジション 出身校
村上 頌樹 P/O 智弁学園
山下 宏史郎 P 関西
内池 翔 P 桐生第一
神田 大雅 P 大商大堺
小林 玲雄 P 佐久長聖
鈴木 拓人 P 聖光学院
山崎 基輝 C 愛工大名電
笹倉 大輔 C 東洋大姫路
梶山 直暉 C 浦和学院
大川 直也 3B/P 成田
諏訪 賢吉 SS/3B 浦和学院
大堀 智哉 1B 千葉黎明
酒巻 翔 3B/1B 成田
杉本 勇 2B 中京大中京
小林 直輝 SS/2B/3B 八戸学院光星
納 大地 O/2B 智弁学園
井奥 泰誠 O 東洋大姫路
安田 怜央 O 愛工大名電


今年は1部に復帰して、春・秋ともにリーグ戦2位という好成績を収めた。その恩恵か、新人選手獲得の面でも復権したという印象がある。その象徴的なのが智弁学園と浦和学院だ。センバツ優勝の智弁学園はそれまでは東洋大というルートはあまりなかったが、夏の甲子園あたりからエース村上、U18代表にも選ばれた核弾頭の納の入学が報道されていた。浦和学院は森監督が東洋大出身ということで、もともとはお得意様であったが、近年は立教・明治・早稲田などの六大学勢に主力選手が入学しがちであった。しかし今年はオリックスに入団(育成)したエース榊原を除けば、1番の主力といえる諏訪・梶原の2人が入学と「主力は東洋」という傾向が戻ってきた。

目玉はなんといってもセンバツ優勝投手の村上。Max145㌔のストレートは回転がよく空振りをとれる球であり、スライダー・カーブ・チェンジアップなどの制球力も抜群。センバツでは57回3失点という圧倒的なピッチングに加えて、決勝戦でサヨナラ打を放つなど打力もある。来年の大学入学予定の選手の中でも完成度は1位2位を争う存在であり、1年目からの活躍が期待される。同じタイプの投手である主将飯田(4常総学院)からも色々学んでほしい。神田は大商大堺→東洋大という初めて(?)という進路。2年秋には大阪桐蔭相手に8回1失点の好投を見せて、大阪優勝に貢献。Maxはまだ140㌔であるが、188㎝85㎏という体格から見れば、まだまだ球速は上がりそうだ。甲子園に出場した鈴木拓・内池の両左腕も注目だ。鈴木拓は軟式出身ながら球速を140㌔まで伸ばし、2年春には完全試合を達成するなど成長した左腕。3年春に肩を痛めて、夏の甲子園では絶不調であったが、復活すれば心強い存在だ。内池は右バッターの内角へのストレートが武器の左腕。2年秋の関東大会では、圧倒的に有利といわれたスーパーシードの浦和学院相手に1失点完投勝利をあげて、センバツへの切符を手にした。因縁の相手の浦和学院勢とチームメイトになることになる。

野手ではまず浦和学院コンビに注目。諏訪は走攻守の3拍子揃った内野手であり、2年春のセンバツでは1番サードとしてベスト4に貢献。当時2年生ながら唯一U18日本代表の1次候補にも選ばれた。3年春からはショートに転向するも、すぐにモノにして見せるなどセンスの高さもうかがえる。梶山は重心を低くして左右に打ち分けるバッティングが武器で、秋には浦和学院の4番を務めた強打の捕手。体格といい森友哉(西武)を彷彿とされる選手である。山崎は1年秋から愛工大名電の正捕手の座を獲得した、同じく左打ちの強打の捕手で高校通算30本塁打。倉野監督からキャッチャーとしてのセンスも高く評価されている。納は村上とともにセンバツ優勝に貢献し、智弁学園の1番打者。センバツ準々決勝の龍谷大平安戦でのサヨナラタイムリー、U18アジア選手権決勝戦での決勝タイムリー(これによりMVPを獲得)などここ1番での勝負強さにも定評がある。成田からの入学も珍しいが、4番のスラッガー酒巻と、投手としての能力も高い大川の2人が入学。東洋大姫路の井奥は右のスラッガーとしての能力もさることながら、キャプテンとしての評価も高かった。

20160604智弁学園 村上
智弁学園:村上

20160501浦和学院 諏訪
浦和学院:諏訪
スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ