FC2ブログ

日本生命2017年度新人選手

日本生命の2017年度新人選手です。

選手名 ポジション 出身
木村 貴大 P 水戸商→東京情報大
高橋 拓巳 P 前橋育英→桐蔭横浜大
本田 洋平 P 愛知→愛知学院大
山根 大幸 P 花巻東→東海大北海道
皆川 仁 O 学法石川→立正大


一昨年の2大大会制覇のメンバーがそのまま残ったが、昨年は2大大会制覇を逃した日本生命。小林(オリックス5位)が抜けた投手陣は実戦経験の豊富な4人が入団した一方、面子の変わりの少ない野手は皆川のみの補強となった。

投手陣の目玉は桐蔭横浜大のエース左腕の高橋拓。ドラフト1・2位のみという縛りがなければ指名確実であった逸材で、出処の見づらい左のフォームからMax146㌔のストレートにスライダー・チェンジアップなどをコントロールよく投げ、神奈川大学リーグ通算21勝を誇る。山根は花巻東時代は大谷(日本ハム)の控えの4番手投手であったが、東海大北海道では同じサイドスローの水野(DeNA2位)
とともにサイド右腕ダブルエースとして活躍。Max147㌔のストレートを武器として、4年秋には最優秀防御率を獲得した。本田は愛知学院で先発投手を務めながらチームの低迷とともに実力を発揮できなかったが、Max147㌔のノビのあるストレートには期待大。木村はまだ粗削りな部分はあるが、185㎝87㎏の大型左腕。東京情報大の先発の小林の再来を期待される。

唯一の野手となった皆川は立正大の3番を務めた走攻守揃った外野手。4年春には東都2部で3冠王を獲得し、その後のケガがなKれば大学日本代表にも選ばれていただろう逸材で、外野のレギュラー争いがさらに激しいものになることは必須だ。

桐蔭横浜大 高橋拓
1・2位縛りさえなければプロ入り確実であった高橋拓

20161112東海大北海道 山根
花巻東の4番手から一躍ドラフト候補にまで大学で成長した山根


スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ