FC2ブログ

東京ガス×JR西日本【スポニチ大会】

スポニチ大会の2日目は神宮球場へ。
その中から第1試合の東京ガス×JR西日本をレポートします。

試合スコア
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R
東京ガス 0 0 1 0 0 0 0 1 0 5 7
JR西日本 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 4
※10回からタイブレークで1死満塁から

東 石田・○臼井ー山内
J ●西川・加賀美ー原田廣

前日にパナソニックに快勝して波に乗る東京ガスと、負ければ決勝リーグ進出への望みが絶たれるJR西日本の対戦。
JR西日本は2回裏に蔵枡(法政大)のレフト線へのタイムリー2ベースで先制するも、その直後に東京ガスは地引(早稲田大)のタイムリーですかさず同点。石田・西川のともに2年目の期待の投手による投手戦が続くが、6回裏にJR西日本が松野(日本文理大)のタイムリーで勝ち越す。だが東京ガスは8回裏の先頭に代打小野田(早稲田大)が値千金の同点ホームラン。試合は2-2のまま9回で決着がつかずにタイブレイクに入る。

新人の4番笹川(東洋大)からの打順を選択した東京ガスは笹川がその期待に応えて三遊間を破り勝ち越し。さらに代打我如古(立教大)が押し出しを選んだところで、JR西日本はエースの加賀美を投入。しかし勢いづいた打線を止めることができず、小野田が走者一掃の2ベースを放つ。JR西日本もその裏に4番田村(大体大)のタイムリーで2点を返すも、5点はあまりにも大差すぎた。

※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

東京ガス
20170312東京ガス

JR西日本
20170312JR西日本


20170312東京ガス 石田
8回2失点の好投をみせた東京ガス先発の石田

20170312JR西日本 松野
2点目のタイムリーを含む2安打の活躍の松野

20170312東京ガス 笹川
タイブレークの10回にタイムリーを放つ笹川


Topic
◆託された新人たち
タイブレークは好きな打順から始められる。つまりはチームで1番頼りになるところから始められるのだ。そこで東京ガスは新人の4番笹川からの打順を選択した。1点目のタイムリーを放った地引(1番)、本来の4番の黒田(この日は代打で出場し2番)、中山(3番)あたりから始めることも大いに考えられる中で笹川であった。

その笹川であるが3球目を見事に三遊間にはじき返すレフト前タイムリーを放って、打順選択に応えた。その後東京ガスは大量5点をとるわけであるが、この笹川のヒットがなければ、このような展開には絶対にならなかったであろう。

一方投げるほうも2-2の同点の9回裏、点を取られればサヨナラという場面で東京ガスは新人の臼井をマウンドに送った。臼井は勢いのあるストレートと得意のフォークで、2つの三振を奪い3人で斬って取る完璧なピッチング。5点の援護をもらった10回裏はタイムリーを浴びるも、臼井が最後まで投げ切って勝ち投手となった。

いきなり肝心な場面を託された新人たちがその期待に応えて、勝利に大きく貢献した。

20170312東京ガス 臼井
9回からマウンドに上がった臼井


◆リリーフがいなかったJR西日本
JR西日本の先発の西川は2点はとられるも、9回まで打者30人で片づけるという見事なピッチングであった。しかし延長10回には笹川にタイムリーを浴びると、これまで四球は1個であったが我如古に押し出し四球と完全に力尽きてしまった。いいピッチングではあったが、西川は2年目でそこまで実績があるわけではないので、代えてやれなかったのかな…といったところだ。

背景にあるのは前日のリリーフ陣の投球。0-1で負けている7回から継投に入ったのだが、前元・佃という2人で計5失点で試合を決められてしまった。そういう意味でも、あの場面を託せるリリーフピッチャーがいなかったのだ。ブルペンでは前日に先発して7イニングを投げたエース加賀美が軽く投げていただけであった。

西川が押し出し四球を出すと、この加賀美を投入したが時すでに遅し…。加賀美も前日ほどの勢いはなく小野田に試合を決定づける走者一掃のタイムムリー2ベースを浴びてしまった。

これで決勝トーナメントへの道が閉ざされてしまったJR西日本。明日は是非ともいろんな投手を起用して、新戦力の台頭を願いたいところだ。

20170312JR西日本 西川
最後は力尽きるも9回まで2失点の好投をみせた西川


◆伊與田の1番抜擢は大成功
上記のように敗れて、決勝トーナメント進出の道がなくなったJR西日本にとっての明るい材料は新人の伊與田であった。

前日は途中で守備からの出場だけであった伊與田だが、その試合でセカンドの石嵜が結果を出せなかったこともあり、この日は1番セカンドでスタメン出場した。最初の打席こそファールフライを打ちあげてしまったが、第2打席ではランナー1塁の場面で強くたたくと打球はワンバンしてファーストの頭を超えるライト前ヒット(公式戦初ヒット)で1・3塁という理想的な場面を作り出した。3打席目・4打席目は回の先頭バッターとして回ってきたが、いずれもヒットで出塁した。

結局4打数3安打の猛打賞という活躍。JR西日本に新たな1番打者が誕生したかもしれない。

20170312JR西日本 伊與田
初スタメンで3安打と結果をだした伊與田


Pickup Player
小野田俊介 東京ガス 外野手
~新人に触発されて期待のスラッガーが活躍~
この大会で東京ガスの1番の注目はやはり4番の新人笹川であった。ちょうど3年前に同じく、右のスラッガーとして期待の新人が入社していきなりスタメンに定着した。それが小野田であった。

早実でMax145㌔投手であった小野田であるが、高3から野手に専念すると、早稲田大では2年春からライトのレギュラーに定着。六大学通算14発、84安打、ベストナイン3度という輝かしい成績を残し、プロ入りも噂されたが志望届を出さずに東京ガスに入社していた。1年目こそレギュラーとして打率.345を残したが、その後はレギュラーを確固たるものとすることができず、ベンチを行ったり来たりしていた。

しかしこの春ライトのポジションは笹川のものになり、小野田はスポニチ大会で2試合連続でベンチスタートとなった。しかし打線は西川の前に振るわず、1点ビハインドで迎えた8回表の先頭打者に代打として小野田が登場した。小野田はカウント2B1Sからのストレートを振りぬくと打球はレフトスタンドに吸い込まれた。慣れた神宮の地で貴重な同点ホームランを放ったのだ。さらに延長10回の2打席目にも、代わった加賀美の初球のストレートを捉えて走者一掃のレフトオーバーの2ベース。同点弾に、ダメ押し弾の計4打点をあげた。

やはり同じタイプの笹川の加入、レギュラー奪取に燃えたところもあるのだろうか?かつて同じ境遇であった3年目のスラッガーが、ルーキーに触発されてついに実力を発揮し、4番争いに参戦してくれば、山岡の抜けた穴をその分打線で埋めることもできるかもしれない。

20170312東京ガス 小野田
8回に同点ホームランを放つ小野田


にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ