FC2ブログ

高岡商×盛岡大付【センバツ】

センバツ甲子園大会1回戦(3/20)
高岡商×盛岡大付属 @阪神甲子園球場

試合スコア

※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
※学年は4月以降の新学年で表記しています

20170320高岡商×盛岡大付


高岡商は初回に4番筏の2ランで先制するも、その裏に盛岡大付は5番須藤のレフト線へのタイムリー2ベースですぐさま追いつく。さらに盛岡大付は2回に9番松田のソロで勝ち越すが、今度は高岡商が吉本のタイムリーで追いついた。4回に高岡商が島村の2点タイムリー3ベースと犠飛で三浦瑞をKOして3点を勝ち越すも、またもやその裏に盛岡大付が植田・林・大里の3連続タイムリーで追いつく。6回裏に盛岡大付が松田・植田の連続タイムリーで2点を勝ち越し、その直後に高岡商が久保のタイムリーと島村犠飛で追いつくというこの試合4度目の同点となる。

ここから高岡商の土合と盛岡大付の平松が踏ん張って試合は8-8のまま延長戦へ。高岡商は10回表に1番中村昂のタイムリーで勝ち越す。しかし高岡商は9回に熱中症で降板した土合に代わって登板した伏見が先頭に四球を与えると、続く植田の打球をサードがエラー。代走三浦奨の好走塁もあって無死2・3塁とすると、林が逆転サヨナラタイムリーを放って試合を制した。

20170320高岡商 筏
先制2ランを放つ筏

20170320盛岡大付 林
逆転サヨナラタイムリーを放つ林

20170320盛岡大付サヨナラ勝ち
サヨナラ勝ちで歓喜に沸く盛岡大付ナイン


Topic
◆まさかの逆パターン
盛岡大付の2枚看板は球威のある右腕の平松と、制球力が武器の三浦。この日の先発は三浦であった。高岡商打線に左バッターが多いということもあり、またゲームメイク能力にたける三浦を前にもっていき、球威のある平松を抑えにするということで、オーソドックスな起用であった。

昨夏も甲子園のマウンドは3試合経験した三浦であるが、この日は持ち前の制球がイマイチで四死球が多く、まさかの4回途中まで6失点で降板。その代わりに奪三振も5と三浦にしては多かった。ゲーム代わりにマウンドに上がった平松は、最初のうちは140㌔超えを連発していたが、途中からは変化球の割合を増やした安定したピッチング。点こそ取られたものの、6 2/3回で3失点とある程度はまとめることができた。

本来ならば三浦瑞がある程度試合をまとめて、残りの短いイニングを平松が押し切るというはずであっただろうが、結果は三浦が短いイニングを押しきるようなピッチングで、その後を平松がまとめあげる展開となってしまった。

20170320盛岡大付 平松
4回からリリーフ登板して安定した投球をみせた平松


◆力投も最後は熱中症で降板
高岡商の先発の土合は5回までに8点を失った。正直交代の機会はいくらでもあったが、それでも吉田監督は主将兼エースに全てを託すと、そこから調子をあげて6~8回は盛岡大付を無得点に抑えた。しかし9回の先頭打者に1球を投げたところで、土合は軽い熱中症から左手首をつるなどして無念の降板となってしまった。

代わりに登板した伏見は9回こそ後続を3人で抑えるものの、勝ち越した直後の10回には先頭打者に不用意に四球を与えてしまうと、味方のエラーも相成ってサヨナラ負けを喫した。伏見は190㎝右腕で投手としてのポテンシャルは高いものがあるが、投手経験が長くないこともあり、吉田監督にとっては本来はまだこの場面を任せらえる存在ではなかったのであろう。

投手としての土合もさることながら、主将としての土合がグランドにいればまた違った結果になっていたのかもしれない。

20170320高岡商 土合


◆直前の登録変更で勝利の立役者に
盛岡大付が1点を追う10回裏、先頭の松田が四球で出塁したところで代走に起用されたのが背番号16の三浦奨であった。しかし三浦奨の名は大会名簿にも載っておらず、直前の登録変更でセンバツのベンチ入りを勝ち取った選手であった。

三浦奨が代走で出た次の初球の植田の打球をサードが後方にはじき、。それを見た三浦奨は一気にセカンドベースを蹴り、サードへ向かった。サードがそれほど大きくはじいたわけではなかったので、見ている側からすれば「それで行くのか!?」と思えた走塁であったが、三浦奨は見事にサードをおとしいれ、無死2・3塁というチャンスを作って見せた。この段階で盛岡大付の逆転サヨナラは決まったと思った。

直前の登録変更が見事に功を奏した盛岡大付の采配であった。


Pickup Player
松田夏生 盛岡大付属3年 キャッチャー
~秋の4番がまさかの9番に~

咋秋東北大会で準優勝を果たした盛岡大付の4番打者はキャッチャーの松田であった。しかし打率.233と4番としての結果は残せずに、この春も4番から降格というのは大いにあり得ると思っていた。しかしそんな松田にこの日与えられた打順は4番とは正反対の打順である9番であった。この9番にはキャッチャーとしてのリードに集中して欲しい、チームで1番打つ植田を1番に置いているのでその前を手厚くしたいという思いもあったのだろうが、9番という打順に松田本人も「ショックであった」と言っていた。

そんな松田であるが2回裏に回ってきた第1打席では初球のストレートを振りぬくと、打球はレフトポール際にとびこむ勝ち越しのソロホームラン。やはり自分は9番ではないと言わんばかりの、素晴らしいバッティングであった。さらに5回に、今度はライト線に勝ち越しのタイムリー2ベースを放った。延長10回には先頭打者として四球を選んで、サヨナラに貢献。やはり9番という打順には似合わないパワフルで見事な活躍であった。

守っては序盤は三浦瑞を制御しきれずに降板となってしまったが、平松には後半は変化球を有効に使ってリードするなどして、試合に落ち着きをもたらせてチームを勝利に導いた。

次の試合も「恐怖の9番バッター松田なのか?」、あるいは「昇格して中軸を打つのか?」。次戦での松田の打順とその活躍ぶりに期待したいです。

20170320盛岡大付 松田
ホームランにタイムリー2ベースに活躍した強打の9番松田


にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ