FC2ブログ

史上初の連続引き分け再試合だけど、休養日消すのはどうなの?

3月26日のセンバツ8日目のベスト8をかけた戦いでは、第2試合・第3試合と2試合連続で延長15回で決着がつかずに引き分け再試合という珍事になった。

~第2試合~
福岡大大濠1-1滋賀学園
1回裏に滋賀学園が4番武井のタイムリーで先制するも、8回表に大濠も4番東のタイムリーで追いつくと、あとは両チームの投手陣による見事な投手戦で1-1。福岡大大濠のエース三浦は196球を投げ切って15回完投、最後のイニングまでストレートは140㌔台をマークするなど強靭さを見せつけた。一方滋賀学園はエース神村が投げられず、この日は宮城が公式戦初という先発の大役を務め、8回途中まで1失点と好投。前の試合では14回を完投した棚原が後を引き継いで15回まで大濠打線を無得点に抑えた。


~第3試合~
福井工大福井7-7健大高崎
こちらは両チーム点を取り合ってのシーソーゲームであり、9回表に福井工大福井が4番山岸のタイムリー2ベースで勝ち越すも、その裏に、健大高崎が2・3塁で2塁走者が牽制を誘い出して、その間に3塁走者の俊足小野寺がホームインというまさに軌道破壊といえる攻撃で追いついて延長戦へ…。それまで7点をずつをとりあった両チームであったが、延長戦に入ってからはチャンスを作るもののあと1本がでずに得点が奪えないまま15回を終えて引き分けとなった。


これにより日程は以下のように変更になった。

当初の予定
27日:2回戦3試合
28日:準々決勝
29日:休養日
30日:準決勝
31日:決勝

今日の結果によるの変更後
27日:2回戦3試合
28日:2回戦の再試合2試合
29日:準々決勝
30日:準決勝
31日:決勝

第2試合が終わった段階では再試合は27日の第4試合として組まれる予定であったが、まさかの第3試合も再試合となったことで1日に5試合はできないので、28日に再試合をやることになったのだ。一見すると再試合の間に1日休みができて、よかったように見えるが、この再試合で勝利したチームは決勝までいくとなると4日連続で試合をすることになる。再試合に関係ないチームでも、ベスト8となると後は決勝まで3日連続で試合となった。

なぜ休養日は消えたのだろうか?

もし29日がもともと予備日であったのなら、休みでなくなるのはわかる。しかしこれは休養のための休みであり、連戦を防ぐために設けられたはずなのに、これでは全く役目をはたしていない。

大会運営という面では、予定通りに決勝を終えたい、遅れると期末跨ぎで4月になってしまうなど色々大変という大人の事情やあるいは学校側の事情もあるだろう。でも一昨年までは4月跨いでいたのだし、無理な話ではないはずだ。

こんな過酷な日程だと、決勝に進出するチームのピッチャーは連投に連投を重ねている可能性が高い。そしてまた酷使と言われて、波紋を呼ぶことになるのだろう。


延長15回という熱戦で甲子園を盛り上げてくれたのだ。
それに対しては1日くらい猶予という名のご褒美をあげてもいいのではないか?


20161113福岡大大濠 三浦
196球を投げ15回を1失点の好投をみせた三浦(福岡大大濠)

20161030滋賀学園 棚原2
8回途中から15回まで無失点リリーフをみせた棚原

20161023健大高崎 伊藤
先発して1度はライトに回るも、再登板した10回~15回は無失点ピッチングの伊藤(健大高崎)

20161113福井工大福井 摺石
11回まで見事に投げぬいた摺石(福井工大福井)
※写真は全て秋のもの
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ