FC2ブログ

センバツ2017 ベストナイン

というわけで大会が終わって少し時間が経ってしまいましたが、個人的に選んだセンバツのベストナインです。
※プロ注目とか本来の力とか関係なく、センバツでの活躍だけをもとに選んでいます

ピッチャー
徳山壮磨(大阪桐蔭3)
とにかくコントロールが抜群で内外のストレート、アウトコースのスライダーが素晴らしかった。5試合で39イニングを投げ、全ての試合で3失点以内と安定したピッチング。控えに140㌔台の投手が4人いるチームにおいても圧倒的な存在のエースでチームを優勝に導いた。

(次点)
川端(秀岳館3):大会最速タイの148㌔をマークした左腕。防御率0.86、奪三振数33は(ベスト8以上では)トップの成績。
三浦(福岡大大濠3):延長15回を投げ切ったあとの再試合で完投勝利。再試合の最終回にも140㌔をマークした。


キャッチャー
古賀悠斗(福岡大大濠3)
評判通りの強肩に、リードもさえていた。再試合となった滋賀学園戦では決勝の2ランを放ち、延長15回を投げ切った後に先発した相棒の三浦を助けるキャッチャーらしい見事な1発であった。また報徳学園では投手としてマウンドに上がり好投するなどマルチな活躍も見せた。

(時点)
篠原(報徳学園3):報徳学園の4番として打率.500、守っても強肩でチームを救った。最後の履正社戦での暴投さえなければ…


ファースト
山下航汰(健大高崎2)
センバツ史上2人目の1大会2本の満塁ホームランを放った。特に2本目は激闘の再試合に終止符をうつ価値のあるものだった。11打点は大会トップで打率.437と高く、2年生ながら見事に健大高崎の4番としての役割を果たした。

(次点)
濱内(履正社2):背番号17ながら打率.500をマークし、打順も5番まで昇格した。


セカンド
坂之下晴人(大阪桐蔭3)
決勝戦では2回にソロホームラン、9回には先頭でヒットを放ち勝ち越しのホームを踏むなど打率.368をマーク。守備でも二遊間に、一二塁間にそれぞれファイプレーを見せるなどして、攻守にわたって大阪桐蔭の優勝を支えた。

(次点)
溝辺(履正社3):日大三戦で決勝タイムリー、報徳学園戦では土壇場で同点スクイズ。攻守も光った。


サード
山田健斗(大阪桐蔭2)
初戦となった宇部鴻城戦で2ランを放つなど4安打の活躍を見せると、準決勝の秀岳館戦では2打点(チームは2-1で勝利)と大会を通して打撃好調で、打率.571本1点8をマーク。打率とともに安打数12は大会トップで、大会記録の13本にあと1本という活躍であった。

(次点)
池上(報徳学園3):報徳学園の6番打者として打率.471。リリーフとしても貴重な活躍をみせた。
安田(履正社3):序盤は苦しんだが、徐々に調子をあげ、準決勝でホームランを放つなど終わってみてバ打率.429。


ショート
小園海斗(報徳学園2)
走攻守でハイレベルなプレーをみせた報徳学園の1番バッター。初戦の多治見戦で3ベースとホームランを放つと、準決勝では履正社相手に4安打を放つなど打率.500をマークした。

(次点)
半情(秀岳館3):秀岳館の核弾頭として俊足・強打を見せつけ打率.444。準々決勝で負傷交代するも、準決勝では3安打の活躍。
野田(早稲田実業2):9番バッターながら得意の右打ちで初戦では4打点、2試合とも5打数3安打の活躍をみせた。


外野
山本ダンテ武蔵(大阪桐蔭3)
この大会から大阪桐蔭の4番という重責を背負うも、打率.333をマーク。打つだけでなく日米ハーフの身体能力を生かして盗塁,
守備範囲の広さなど打つ以外での貢献度も高かった。

小野寺大輝(健大高崎3)
左投手の牽制に2度も引っかかるもそのままセーフにしてしまうなど、50メートル5秒台の俊足で大会トップタイの4盗塁をマークした軌道破壊の申し子。特に福井工大福井戦で9回2死からセカンド牽制の間にホームをついて同点とた走塁は見事であった。

永山裕真(報徳学園3)
報徳学園の2番打者として、初戦の多治見戦では5安打を放つなど打率.444をマーク。盗塁も3個、セーフティバントを決めるなど俊足もいかんなく発揮した。最後は強烈な打球を放つも、併殺となり履正社にあと1歩及ばず。

(次点)
遠藤(東海大福岡3):今大会1番の台風の目となった東海大福岡の4番打者。早実戦では5打点の活躍を見せた。
樺島(福岡大大濠2):8番打者ながら初戦の創志学園戦では2打席連続ホームランを放った。



優勝した大阪桐蔭は4人なのに対して、準優勝の履正社は0人になってしまった。濱内・溝辺・安田と次点には3人ほどいるけど…。あと内野は激戦であったのに対し、外野はやや目立った選手が少なかったかなという印象。

以上です。
異論は認めます。


20170320報徳学園 永山
外野のベストナインに選んだ報徳学園の永山



ランキングに参加しています↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ぶるーたすさんこんばんは、いつもお返事ありがとうございます。

ぶるーたすさんの選ぶベストナインも興味深く拝見させていただきました。
今大会は決勝の
大阪桐蔭(山田・中川・藤原・根尾・宮崎・柿木・横川)
履正社(浜内・西山)
にも代表されるように、2年生の素材の良さが目立った気がします。

健大高崎なんかも
・キャッチャー大柿
・ファースト山下
・セカンド大越
・センター今井
・ライト高山(お父様が元プロで広島のスカウトみたいです)

そういえば4/7に報知高校野球が発売されましたが、地元千葉県の選手を含め、知らない選手が多数紹介されてて参考になりました☆

Re: タイトルなし

>好投手さん
やっぱり大阪桐蔭の2年生は本当に黄金世代ですよね…。
履正社も悪くはないのですが、これに対抗するのはかなり大変でしょうね。
100回大会が楽しみですが、大阪桐蔭と履正社は同じ北大阪で相変わらず夏はどちらかしか甲子園に出れないというのは残念な限りです。

報知はわたしも先日買いました。
確かに相変わらず報知らしく穴場をつくような選手が何人かいましたね。
最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ