FC2ブログ

日野×帝京【春季東京大会】

4/8 春季東京大会4回戦
日野×帝京 @神宮第二球場

小雨がぱらつく神宮第二球場で、咋秋東京ベスト4の都立の星:日野と、私立の強豪の代表格といってもいい帝京の試合を見てきました。

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください

20170408日野×帝京

日野は1回表に小田・佐藤秀のヒットで1・3塁のチャンスを作ると、4番須山が三遊間を抜くタイムリーを放ちあっさり先制。しかし続く大石が併殺に
打ち取られて追加点がとれない。するとその裏に帝京も2死満塁のチャンスを作ると、6番金村がレフト線に走者一掃のタイムリー2ベースを放つ。さらに山名もヒットで続くと、8番川島が右中間に2点タイムリー3ベースを放ち一挙5点をいれて、帝京がいきなり逆転に成功する。

帝京は2回にも2四死球でチャンスを作ると。4番田中悠の内野安打、さらに1・3塁から1塁走者が盗塁し、キャッチャーのセカンド送球間に3塁走者の志田がホームを陥れ、この回は内野安打1本で2点を追加する。

日野は4回表に須山の3ベースとワイルドピッチで1点を返して反撃といきたかったところであるが、5回裏には田中悠、6回裏には志田と帝京の2発の前に点差を広げられてしまう。さらに5回以降は松澤の前にパーフェクトに抑えられてまう。8点差をつけた帝京が7回コールドで勝利した。

20170408日野 須山
いずれも得点に絡む2安打をはなった4番須山

20170408帝京 佐々木
1番打者として3出塁3得点の佐々木

20170408帝京 田中悠
5回にホームランを放った新4番の田中悠


Topic
◆背番号16でもやっぱりエース
帝京の先発は背番号16をつけている2年生右腕の松澤。ただここまで3試合全て先発は松澤であり、秋には背番号1をつけていたことからも松澤がこの春もエースといっていい状態であろう。

この日の松澤は初回こそ日野打線にうまく合わせられて1点を失うも、続くピンチをショートゴロ併殺に斬って取ると、徐々に調子をあげていった。この日は松澤としてはストレートは決してスピードが出ていたという状態ではなかったが、スライダーなども含めて球を丁寧に低めに集めることができていた。結局7回を投げて参院は2つしかないものの、5回以降はパーフェクトで、この5回からのアウト9個のうち8個が内野ゴロという打たせてとるピッチングであった。

個人的には松澤にはもっと球速を出して、帝京らしいエースになってほしいという思いもあるが、今日のピッチングは今日のピッチングでまた1つ成長しているところが見られた。夏にはまた背番号1をつけてマウンドに上がっていることだろう。

20170408帝京 松澤
背番号16ながら春もエース格として活躍する松澤


◆強豪に立ち向かった小さなエースであったが…
都立高ながら日野が咋秋東京ベスト4にまで昇りつめた最大の立役者はエースの小林である。小林は身長158㎝と小柄ながら、制球力と投げっぷりがいい右腕であった。今日の相手は私立の強豪帝京。今年の帝京はそれほど大柄な選手がいるわけではないが、ベンチ入りの選手はみんな170㎝以上と全員が小林より10㎝以上も大きい強者たちである。

しかし初回にいきなり帝京打点に捕まり5点を失ってしまう。さらに2回にも持ち前のコントロールが乱れて2四死球を与えると「、そのランナーを内野安打1本のみで2人とも返されてしまうというなんとも小林らしくないピッチング。この日は小雨がぱらつき、寒気もありコンディション的にはかなり難しいところもあったが。全体的に球の勢い・コントロールともにイマイチであった。

ぜひこの敗戦を糧に、夏には小さなエースが躍動することを期待したい。

20170408日野 小林
エース小林が帝京打線相手に10失点となってしまった


◆勢いとは裏腹の結果に…
咋秋は東京ベスト4で、21世紀枠候補にもなった日野。OBの佐々木千も先日プロ初勝利をあげるなど、実力・話題ともに波に乗っている。それに対して帝京は前田監督就任以来の甲子園最長不出場期間を更新中であり、この春の大会も1回戦・2回戦ともに格下相手になんとか1点差で勝利してこの試合に進んできた。さらに1年夏から4番をつとめる主将の岡崎は、咋秋に続いてこの秋もベンチ外と厳しい状態だ。また秋に帝京を破った八王子を、次の試合で日野がコテンパンにしたという嫌な経緯もある。

この試合も日野がブラバン・チアに大勢の控え部員と応援団を形成しているのに対して、帝京はそれほど多くはない控え部員のみの応援。1回表にいきなり日野が先制パンチを与えるなど、この段階では日野が強豪帝京を喰うという展開は大いにあり得ると思った。

しかしその1回の攻防が試合に大きく影響し、終わってみれば帝京の7回コールド勝ちという結果。正直帝京が勝つにしてもコールドまでいくとは思ってもいなかった。やはり高校野球とは何があるかわからないものである…。


Pickup Player
志田太陽 帝京2年 外野手
咋秋も二松学舎大付戦で決勝スクイズを決めるなど、背番号16ながらセンターのレギュラーとなりラッキーボーイ的存在となっていた志田。その一方、守備などどこから危なさが残る選手でもあったが、この春は背番号8をもらい、打順も2番となって名実的にも帝京のレギュラーとなった。

この日の志田は無死2塁で迎えた第1打席ではバントを2球失敗するも、その後ヒッティングに切り替えると三遊間を抜いてチャンスメイクに貢献。第2打席では死球で出塁すると、1・3塁(志田は3塁ランナー)で1塁ランナーが盗塁し、キャッチャーが2塁に送球した間に、俊足を飛ばして見事フォームを陥れてみせた。そして第4打席にはレフトスタンドに、点差をコールド圏内まで広げるダメおしての2ランを放った。

やや破天荒気味であった守備については、松澤好投によりあまり打球が飛んでいったはいなかったが、背番号8をもらったということはある程度は向上してきたのだろう。初戦の日大二戦では逆転サヨナラ打を放つなどこの春に力を発揮している志田に今後も注目です。

20170408帝京 志田
6回裏に2ランを放つ志田


ランキングに参加しています↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ