FC2ブログ

東京は夏のシード校が決定

春季東京大会は月曜にベスト8が出そろい、それとともにベスト16までに与えられる夏のシード校も決まった。
その16校は東西で分けてみると以下の通り。

【東東京】
・共栄学園
・関東一
・実践学園
・帝京
・東京実業
・二松学舎大付
・朋優学園

【西東京】
・早稲田実業
駒大
・八王子
・日本学園
・国士館
・日野
・佼成学園
・東海大菅生
・日大三

(青はベスト8に残っているチーム)

内訳は東7校、西が9校ということでバランスがよくなった(昨年は東が極端に多かったので)。

まず東東京は3強(関東一・二松学舎大付・帝京)は安泰だが、その他のチームが甲子園経験のない、いわゆるシード常連の強豪校ではない。修徳・東海大高輪台・城東・堀越・東亜学園・成立学園といった強豪校がシード漏れしたことで、これらのチームがとこに入るかでほかのチームも大きく影響を受け、夏に死のブロックができる可能性がある。

逆に西東京は順調に強豪校がシード権を獲得した。日大鶴ケ丘・明大中野八王子・創価・国学院久我山らがシード漏れとなったが。もともと強豪の多い西東京ではしょうがないこと。昨年はシード漏れした強豪校が多くも、うまく散らばったが、今年はそもそもシードでちゃんと分かれているので、強豪校どうしは散らばりそうだ。


さて話は春季大会に戻したい。
今後の展開としてはやはりセンバツにも出場し、これまで圧倒的な力を見せている日大三が優勝候補筆頭となる。東海大菅生戦こそ4-3と1点差であったが、それ以外の試合は守ってはエース桜井を温存し、打っては神宮第二球場でホームランを量産というさまで、毎年春季大会には特に強いというのも推しポイントだ。これに次ぐのは東東京の3強。関東一は高橋・小川の2枚看板が交互に先発して安定した戦いを見せており、二松学舎大付は冬を越えて個々の選手の能力の高さが増している。帝京も1・2回戦はだいぶ苦戦したが、先日は秋4強の日のをコールドで破る徐々に調子を上げてきている。注目の早実は、清宮の打撃はイマイチだし、投手陣のできも悪く、橘内・中川・赤嶺などケガ人も多くチームの状態としてはかなり悪い。ただくじ運に恵まれた挙句、片倉や八王子など対戦するはずだった強豪が直線で敗れるなど。何か"もっている"ところがあり不気味な存在だ。

今週末以降も首都圏ではいち早く佳境に入るm、春季東京大会に注目です。


20170408関東一 小川
個人的にこの春に注目の関東一のエース小川


ランキングに参加しています↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ