FC2ブログ

神奈川工科大×横浜商大【神奈川大学野球リーグ】

4/16 神奈川大学野球リーグ第3節(2試合目)
神奈川工科大×横浜商大 @関東学院大学ギオンパーク

前日の試合では神奈川工科大が11-2と大勝して迎えた2日目。前節で桐蔭横浜大相手に勝ち点を落とした横浜商大にとっては絶対に負けられない試合です。

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20170416神奈川工科大×横浜商大

初回制球の定まらない商大の先発川村は3四死球で満塁のピンチを迎えるも、最後は下東をファーストゴロに打ち取りピンチを凌ぐ。しかし川村はそれでも安定せず。2・3回には1・3塁の、4回には再び満塁のピンチを招くが何とか無失点で凌ぐ。対する工科大の先発真下も毎回のようにヒットを浴びてピンチを招くも、こちらはこれが自分のスタイルと言わんばかりにピンチを凌ぐ。こうして両リーム合わせてランナーを出さなかった攻撃は1度だけという試合であったが、なぜか8回表まで0-0という試合となる。

迎えた8回裏に商大は藤澤の内野安打と2四死球で満塁のチャンスを作ると、ここで迎えた8番嘉門が前進守備のセンターを抜く2ベースを放ってついに均衡を破る。9回表に工科大も先頭の高村がこの日3本目のヒットを放って反撃に出るも、代走の松本が盗塁死しジーエンド。川村は5回以降は無四球の好投で1年生ながら見事完封勝利をあげた。

20170416神奈川工科大 高村
神奈川工科大打線で3安打と気を吐いた高村

20170416横浜商大 嘉門1
8回裏に2点タイムリー2ベースを放つ嘉門

20170416横浜商大バッテリー
完封勝利をあげた横浜商大バッテリー


Topic
◆なんとも奇妙な0行進
この試合は8回表まで0-0であったのだが、その間の両チーム計15回の攻撃のうちランナーが1人も出なかったのは7回表の神奈川工科大の攻撃のみ。それ以外の攻撃では全てランナーが出ていた。神奈川工科大は1回と4回に満塁の、2回と3回には1・3塁のチャンスを作るも、あと1本が出ずまた走塁ミスなどもありに無得点。横浜商大も毎回ランナーを出し、うち4回は先頭バッターが出塁しているという状態であったが無得点と、お互いわざと点をとらないようにしているのではないか(そんなわけはないが)というような試合展開での投手戦であった。

ただ最終的にはランナーを出した後のピンチでの川村・真下の両先発は非常に粘り強く、決して両投手とも会心の出来とは言えないがナイスピッチングであった。

20170416神奈川工科大 真下
敗れはしたものの8回2失点のナイスピッチングをみせた真下


◆痛かった工科大の2つの走塁ミス
上記のように両チームともチャンスがありながら点がとれないというズブズブな展開の試合であったが、序盤ペースを握っていたのは工科大ように思える。工科大のほうが出したランナーが多く、チャンスが決定的であったのと、商大の川村がペースを乱して1人相撲なピッチングであったのに対し、工科大の真下はある意味ランナーを出すけど抑えるというのが自分のスタイルであったからである。

そんな工科大の流れがとまったのが4回表。1死満塁で3番石川を迎えるという大チャンスで、石川の放った打球はレフト定位置付近のフライ。3塁ランナーはタッチアップからスタートを切るも、塁間の中間付近までいったところで急遽ストップし帰塁した。3塁ランナーは無事に帰塁したが、これを見て同時にスタートを切っていた2塁ランナーが戻れずに2・3塁間で挟まれてアウトになりチェンジ。クロスプレーでのアウトならまだしも、このような中途半端な形で、それ以降はランナーが2人以上でるチャンスがなくなるなど完全に流れを逸してしまった。

そして2点を先行されて迎えた9回だが、ここで先頭の高村がヒットを放ち反撃ムードを迎えるも、代走の松本が盗塁死。2点差でランナーが1人ということで、150%セーフになるのでなければ走ってはいけない場面であった。結果論かもしれないが、続く長嶋がヒットを放ったので、松本が走っていなければ無死1・2塁という同点の絶好のチャンスであった。

工科大にとってはこの2つさえなければ…という走塁ミスであった。


◆一緒に怒られ続けた女房役の決勝打
この日商大のスタメンマスクを被ったのは2年生捕手の嘉門。2年前のセンバツで平沼(日本ハム)とバッテリーを組んでセンバツ優勝を果たしたキャッチャーである。

しかしこの日は初回から先発の川村が制球を乱して、何度も佐々木監督に川村とともに怒られるという始末。それでも川村をリードし続けると、中盤から川村は復活。そんな力投の川村を助けるがごとく、8回に回ってきた1死満塁のチャンスでは、2球目のストレートをセンター方向にはじき返すと、この打球が前進守備のセンターを超えて値千金の2点タイムリー2ベースとなった。

前日は2番手の捕手として起用されるも、投壊を止めることができずに、交代となってしまった嘉門。この日はフル出場を果たし。リード面だけでなく、打撃面でもこの日デビューの1年生投手の完封を後押しした見事な活躍であった。この活躍を続ければ、本格的に正捕手として1人立ちする日も近いかもしれない。

20170416横浜商大 嘉門2
決勝打に加えて1年生の川村を見事にリードした嘉門


Pickup Player
川村駿平 横浜商大1年 ピッチャー
~怒られながらも、ランナー出しながらも、気づいたら完封~
前日にプロ注目のエース渡辺佑ら投手陣が崩壊し、神奈川工科大から計11失点を喫した商大投手陣。この日の先発はリーグ戦初登板となる1年生の川村であった。川村は140㌔を超える勢いのあるストレートが武器の向上のエースとして、昨年神奈川無敗の横浜強力打線相手に敗れはしたものの8回2失点の好投したことで有名。ちなみに2年夏にもエースを務めていたものの、初戦で横浜商大高に敗れたという縁の持ち主でもある。

そんな川村は序盤から、コンパクトなテイクバックから勢いよく腕を振り抜きで勢いのあるストレートを主体に押していくピッチング。しかし制球にばバラツキがあり、いきなり四球・四球・三振・三振というまさに1人相撲なピッチング。佐々木監督の怒鳴り声が何度も川村に向かって飛び交った。そんな感じで4回まで10人のランナーを出すピッチングであったが、ピンチでは何とか相手打者を打ち取って無失点。

5回以降になるといい感じに力が抜けてきたか、制球が安定した四球は0。スライダーなども変化球も使ってタイミングをはずすこともできていた。ただそれでも7回以外は全てランナーを出していたので、9回になったとききには「あれ、もしかして完封?」という感じであった。結局9イニングで15人のランナーを出しながらも要所を抑えて、初登板初先発初完封で初勝利。散々怒りながらも、初先発のルーキーを代えることなく託した佐々木監督の期待に応えた。

開幕から3連敗であった横浜商大はこれで初勝利。課題であったエース渡辺佑に次ぐ投手という点でも、チームにとって大きな意味をもつ川村のデビュー戦であった。

20170416横浜商大 川村
デビュー戦で初完封初勝利をあげた川村


にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ