FC2ブログ

立教大×早稲田大【東京六大学野球リーグ】

5/14 東京六大学野球リーグ 第6週1試合目
立教大×早稲田大 @神宮球場

前日に雨で順延となり、この日が1日目となった東京六大学野球リーグの6週目。1位の立教大と2位の早稲田大の試合をレポートします。

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20170514立教大×早稲田大


早大:小島、立大:田中誠の両左腕の投手戦で3回まで両チームとも無得点。迎えた4回裏に早大は先頭の4番加藤がライト線を破る2ベースで出塁し、送って1死3塁と先制のチャンスを迎える。ここで6番織原でスクイズを試みるが、立大のキャッチャー藤野に読まれて3塁ランナータッチアウトで2死ランナー無し。しかしここから織原が2ベース、檜村もヒットで続いて1・3塁とすると、主将の8番佐藤晋がタイムリーを放ち早大が先制する。

5回以降は両投手の凄みがさらに増していき、両チームともに5~7回は3人ずつで抑えられる。立大は9回に寺山がチーム2本目のヒットを放ちランナーを出すも、まだまだ余裕のあった小島が後続を連続三振に斬って取りゲームセット。小島の立大打線に2塁を踏ませない2安打完封で早大が投手戦をものにして、首位に浮上した。

20170514立教大 藤野
スクイズを見破るなど好リードで田中誠を支えた藤野

20170514早稲田大 小島
立大打線に2塁を踏ませないピッチングで見事完封勝利をあげた小島


Topic
◆田中誠も素晴らしいピッチング
敗れはしてしまったが、立大の先発田中誠も見事なピッチングであった。ストレートは130㌔中盤ながら、大きく曲がるカーブに加えて、この日1番有効だったのがスライダー。早大打線がこのスライダーに全然タイミングが合わずに、序盤からスライダーで三振をする場面が目立った。4回には4安打を浴びて1点を失ってしまうが、その後もピッチングを立て直して5回以降はノーヒットピッチング。

田村(西武)・澤田(オリックス)と2枚看板が抜けて経験者の少ない立大の投手陣において、この春ながら先発1番手を務める田中誠。法政大を打者27人で完封したが、今日のピッチングはそれに次ぐ素晴らしいものであった。まだ2年生であるが、もう十分に「立教のエース」と呼べる存在だ。

20170514立教大 田中誠
破れはしたものの8回1失点の見事なピッチングをみせた田中誠


◆スクイズ失敗からの再チャンス
4回裏に加藤の2ベースから1死3塁という絶好のチャンスを迎えた早大。しかし6番織原のところでスクイズを試みるも、立大バッテリーに完全に読まれてしまい、3塁ランナーの加藤は憤死。2死ランナーなしという状況に追い込まれた。

しかしここから織原がレフトオーバーの2ベースを放つと、そのあとに檜村・佐藤晋の連打で1点をもぎ取った。早実で5番サード主将として甲子園に出場した織原であるが、4年目になってやっとつかんだレギュラー。ここまで.250とアベレージはそこまで高くないが、放った5本のヒットのうち4本が長打である。この日の2ベースも本当に価値のある長打となった。

20170514早稲田大 織原
先制の起点となる2ベースを放った織原


◆8番降格でみせた主将の意地
今年の早大の主将に就任した佐藤晋。開幕戦では3番で出場し、ホームランを放つ活躍をみせていたが、その後の3試合はノーヒット。先々週の東大戦ではやや復調の兆しを見せるも、この立大戦では打順はついに8番まで下がってしまった。

しかしこの日は1打席目にチーム初安打を放つと、上記の通り2死から1・3塁のチャンスを作って迎えた第2打席ではやや詰まりながらもショートの横をライナーで抜いて、値千金の先制タイムリーを放った。この日両チームで唯一のマルチヒットで、8番降格に見事に奮起してみせた。

一方、佐藤晋の代わりに3番に入った岸本は4打数ノーヒットで、田中誠の変化球にタイミングが合わずに3三振という結果。次の試合からは佐藤晋の3番返り咲きもあるかもしれない。

20170514早稲田大 佐藤晋
この試合唯一の得点となるタイムリーを放った早稲田の主将:佐藤晋


Pickup Player
小島和哉 早稲田大3年 ピッチャー
~捻挫からの復帰で最高のピッチング~
浦和学院では1年夏から甲子園のマウンドを経験し、1年秋の新チームからエースとなると、2年春のセンバツでは3完投1完封の活躍でセンバツVを達成。2年夏も埼玉大会で春日部戦でノーヒットノーラン(8回参考)、埼玉平成戦で完全試合を達成するなどして甲子園に出場。しかし初戦の仙台育英戦では序盤に大量失点、その後持ち直すも9回に足が痙攣して降板すると、その直後にサヨナラ打を浴びた。3年時は甲子園出場を逃すも、U18日本代表にも選出された。

早大でも1年春から主にリリーフとして登板。最終戦となる早慶戦2回戦で先発デビューを果たすと、そのまま大学野球選手権でも大竹と交互に先発を務めるなど、以降早大の先発投手の座を射止める。昨秋は防御率1.60で最優秀防御率にも輝き、大竹が不調の今春のリーグ戦では開幕投手をつとめ、名実ともに早稲田のエースとなった。

小島はこの日も決して開くことないゆったりとしてフォームから、コントロールよく左右にボールを投げ分けるピッチング。この日はストレートはMax140㌔止まりであったが、スライダー・チェンジアップといった変化球が有効で、立大打線に的を絞らせなかった。

小島は終始安定したピッチングで8回まで立大打線の内野安打1本のみに抑える。この内野安打はショート檜村の守備もどうかなという感じでエラーかヒットかきわどいものであった。当時は2回であったので、あまり気にしなかったが、これがエラーであればノーヒットノーランも見えたという内容であった。9回に寺山に初めて外野へのヒットを浴びるも、9回通して四球も1個しか与えずに、立大打線に2塁を踏ませない完璧なピッチングで見事完封勝利。立大打線には上記のセンバツVをともに経験した山根・高田といった先輩や、夏の甲子園で小島から3安打を放ち、小島降板直後にサヨナラ打を放った熊谷といった小島になじみの深い打者もいたが、これらも完璧に抑えていった。

明大戦では負傷の影響で3回降板、翌週の東大戦では登板を回避していただけに状態が心配な早大のエースであったが、そんな心配は全く持って不要であったとイワンばかりの見事なピッチングで、エースとしてチームを首位に浮上させた。

20170514早稲田大 小島2
負傷の影響を感じさない見事なピッチングでチームを首位に浮上させた小島



ランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします↓
<にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ