FC2ブログ

明治大×慶応大【東京六大学野球リーグ】

5/14 東京六大学野球リーグ 第6週1試合目
明治大×慶応大 @神宮球場

5週目を終えて東大以外のチ5チームが勝ち点2で並ぶ大混戦の東京六大学野球リーグ。優勝に向けてこの週での勝ち点が重要となってくる中、明治大×慶応大の試合をレポートします。


試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20170514明治大×慶応大


明大は1回表に竹村・逢澤の連打で1死2・3塁のチャンス。ここで4番越智の打球は前進守備のショート正面に飛んでしまうが、ショート照屋がこをはじき(記録はエラー)明大が先制する。明大はさらに3回表にも逢澤・越智の連打でチャンスを作ると、5番平塚の打球は左中間へ。これをセンター柳町が大激走してスーパーキャッチを見せるも、犠飛となって明大が1点を追加する。

4回まで明大のエース斎藤に完璧に抑えられてきた慶大打線だが、5回に一気に斎藤に襲い掛かると。天野のタイムリーに、柳町のタイムリーで同点とすると、さらに岩見が勝ち越しの犠飛を放つ。だが明大は直後の6回主に宮崎のホームランで同点に追いついて試合は3-3のまま終盤を迎える。

慶大は7回裏に天野のヒット、バント野選で1死2・3塁のチャンスを作る。ここで4番岩見の強烈な打球はピッチャーの石毛を直撃するヒットとなるが、ランナーは動けず…。ここで明大は入江をマウンドに送ると、5番郡司は三振、6番清水翔も2球で追い込まれるも、3球目のストレートが高めに抜けてしまいワイルドピッチで慶応が再び勝ち越す。

慶大は8回裏にも瀬尾のタイムリーで1点を加えた。投げては高橋亮が7~9回を3人ずつパーフェクトに抑えてリーグ戦初勝利をかざった。

20170514慶応大 柳町
5回に同点のタイムリーを放つなど攻守に活躍した柳町

20170514明治大 宮崎
6回に同点のソロホームランを放った宮崎

20170514慶応大 勝利
重要な初戦をかざってハイタッチをする慶応ナイン


Topic
◆ついに1戦目の先発に
慶応の1戦目の先発はこれまで1年生右腕の関根が務めていたが、今日の先発はこれまで2戦目の先発で2勝をあげていた高橋佑であった。左打者が7人の明大打線にとってこれは予想外であったことだろう。高橋佑は序盤から最大の武器である大きく曲がる(縦の)スライダーを惜しげもなく使うも、制球がやや甘く明大打線にヒットを許すが、これらのピンチを最小失点最大で凌ぐと、4・5回はボールが低めに集まり徐々に調子をあげていった。チームが負けていたこともあり、5回裏の打席で代打を告げられてしまったが、5回2失点(自責点1)ということで先発としての役割を果たせたと思う。

このピッチングだと、次の早慶戦でも1戦目の先発というのは大いにあり得そうである。

20170514慶応大 高橋佑
1戦目の先発に抜擢され、5回2失点と好投した高橋佑


◆リードを守り切れなかったエース
明大のエース斎藤は左サイド気味のフォームからMax146㌔のストレートに、130㌔を超えるスライダーで序盤から慶応打線を圧倒。3回まで高橋佑のボテボテの内野安打1本に抑える完璧なピッチングで、このときは2点をいうのは明大にとって十分すぎるリードに思えた。しかし5回には3安打に四球も2個出してしまい、慶応打線に3点を奪われてしまい、一気に逆転。序盤から飛ばしすぎたせいか、やや球威が落ちてきたところで一気に捕まってしまった。

昨年まではリリーフであった斎藤。今季から先発に転向したが、やはりスタミナにはまだ不安があるようだ。先発2枚看板として期待されていた水野が離脱し、エースとして斎藤にかかる負担も大きい。かなり厳しい評価にはなってしまうが、斎藤がこれでは今の明大は厳しいであろう。

20170514明治大 齋藤
最初に2点の援護をもらった斎藤であったが、5回に逆転されてしまった


◆ピンチで入江登板も…
7回裏3-3の同点で1死満塁というピンチで善波監督がマウンドに送ったのは1年生の入江であった。入江といえば昨夏の甲子園では作新学院の4番ファーストとして、3試合連続ホームランを放つなどして優勝に貢献し、U18日本代表にも野手として選ばれた逸材。ただ同期の今井(西武)の活躍の影に隠れてしまったが、3年春までは作新のエースであり、明大でも投手としてやっていくとのことであった。

もともとMax146㌔を誇る186㎝右腕としてそのポテンシャルの高さは自明であった入江だが、明大の強力投手陣の中でこんなに早く神宮のマウンドに立つようになるとは思っていなかった。ましては上記のような重要な場面で、登板することになるとは…。

そんな入江は起用に応えるかのように、5番郡司に対しスライダーで見逃し三振という最高の結果を残す。続く6番清水翔に対しても2球で追い込むも、3球目のやや外したストレートは高めに抜けてしまい、145㌔を記録したこの球はキャッチャーのミットをはじくワイルドピッチとなり、1点を失う。そしてこの1点がこの試合の決勝点となってしまった。

次の回にも瀬尾にとどめのタイムリーを浴びて降板。ストレートはMax146㌔を記録するなど、その能力の高さは見せつけた1年生右腕であったが、結果はややほろ苦いものとなってしまった。

20170514明治大 入江
7回のピンチでリリーフ登板した入江であったが、暴投で決勝点を献上してしまった


Pickup Player
高橋亮吾 慶応大2年 ピッチャー
~パーフェクトリリーフでリーグ戦初勝利~
3-3の同点で迎えた7回からマウンドにあがったのが2年生右腕んお高橋亮。慶応湘南藤沢では1年夏よりベンチ入りを果たし、2年夏にはエース。2年秋からは外野兼任で4番を務めるなど打棒も高く評価されたいた選手だ。慶応大では投手に専念し、咋秋の東大戦で1年生ながらデビューを飾った。今季は立大1回戦では4回パーフェクトピッチングを見せるなど、この春リリーフとして活躍していて、早くも7試合目の登板であった。

そんな高橋亮はこの日Max143㌔のストレートとスライダーを低めに集めるピッチング。7回に打線が勝ち越した後も、そのピッチングを淡々と続けていき、終わってみれば7~9回の3イニングを打者9人でパーフェクトに抑えて、リーグ戦初勝利をマークした。

ここまで防御率1.56というリリーフエースとして好成績を納めている高橋亮。昨年大黒柱であった加藤拓(現:広島)が抜けて、経験が少ない慶応投手陣は、先発投手もそこまで長いイニングを投げずに繋いでいくのが今年の戦い方。その戦いには欠かせない存在がこの高橋亮である。慶応大の投手陣は慶応高出身者が多く、また加嶋(現:東芝)やこの日2番手で登板した菊地など慶応志木の選手もそこそこいるが、そこに慶応湘南藤沢もいるぞということもアピールできたのではないか?

20170514慶応大 高橋亮
7回からパーフェクトリリーフをみせ初勝利をあげた高橋亮


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ