FC2ブログ

Honda×YBC柏【都市対抗南関東予選】 ~Hondaが齋藤の好投などで快勝し、都市対抗へ望みをつなぐ~

6/3 都市対抗南関東予選
Honda × YBC柏 @ZOZOマリンスタジアム

都市対抗出場を目指す南関東予選の敗者復活戦。第2代表を目指してHondaと、元中日の矢沢健一氏が代表を務めるクラブチームのYBC柏の対決。敗れた方は、都市対抗予選敗退となります。


試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20170603Honda×YBC柏

Hondaは2回表に三浦の四球から2死3塁のチャンスを作ると。9番鈴木がセンター前に弾き返して先制。4回表にも三浦のヒットとバントフィルダースチョイスから作った1死2・3塁のチャンスで、またもや鈴木がライトオーバーの2点タイムリー3ベースを放ち、1番木浪も犠飛を放ち3点を追加する。

5回表には2死満塁から西銘のタイムリーで5点を奪って、YBC先発の岩田をKO。さらに代わった浅利のボークで1点を追加。7回表にも2死から辻野・西銘の連続2ベースで1点を追加する。

投げては先発の齋藤が見事なピッチングで6回までYBC打線相手にパーフェクトピッチング。7回にヒットと四球でピンチを招くも、そこを凌ぎ7回無失点の好投。8回から登板した左腕の永野も、6個のアウトを全て三振でとるピッチングで完封リレー。Hondaが7-0で勝利し、南関東第2代表へ望みをつないだ。

20170603Honda 鈴木2
4回に2点タイムリーを放った鈴木

20170603Honda 西銘2
2本のタイムリーを放った西銘

20170603YBC柏 古川
チーム初安打を含む2安打を放った古川


Topic
◆期待のルーキーが6回までパーフェクトピッチング
Hondaの先発はルーキーの齋藤。齋藤は186㎝のしっかりとした体格と柔らかい肩関節を生かしたフォームから、常時140㌔中盤以上、5回には最速151㌔をマークしたストレート持ち味。変化球は125-130㌔の縦のスライダーであったが、140㌔をマークしたSFFや100㌔台のスローカーブも交えるなど変化球の中でも球速差があって的を絞れなさそうであった。そんな齋藤は6回までYBC打線をパーフェクトに抑えるピッチング。7回に先頭の金子に四球を与え、続く古川にライト前に落とされてしまうが、この無死1・2塁でクリーンアップというピンチも凌いで7回無失点で降板した。

齋藤はルーキーながら今年のスポニチ杯決勝でも先発した選手。ただこの試合でも3回で降板したように、球自体はスゴいものを持っているが、コントロールや安定感はまだまだという選手であった。しかしこの日は四球は1個のみで、安定したピッチングであった。

都市対抗本戦に出場するには、このあと企業の強豪2チームを倒さなくてはいけない。よってこの日の試合はどちらかとちうエース級でない選手が先発することとなる。当初の予定だと今日が齋藤で、あと2試合は幸良・福島でいき、齋藤の先発はもうない手筈だったであろう。Hondaにとっては嬉しい誤算であり、今日の出来ならリリーフなどでも登板の可能性はあるかもしれない。

20170603Honda 齋藤
6回までパーフェクトの7回無失点の好投をみせた齋藤


◆役者は揃った?
Hondaの2番手としてマウンドに上がったのは153㌔左腕の永野。九州国際大から入社して2年目のこの左腕への期待は高いが、スポニチ杯の決勝では4失点を喫するなどしていたし、ここで登板するということはまだ首脳陣の信頼は得られていないのだろう。

ただこの日はストレートが走っていて、最速150㌔をマーク。8回はほぼ全球ストレートでYBC打線から三者三振を奪い、9回には2本のヒットを浴びるも、スライダーを使って3個の三振を奪った。この内容なら強豪チームの打線も簡単には打てないだろうというピッチングで、第2代表の決戦に向けて、貴重なリリーフのコマが増えたといえる。

20170603Honda 永野
2イニングで6奪三振を奪った永野


◆社会人で投手転向?
YBCの2番手でマウンドにあがったのは浅利。浅利は常総学院では1番セカンドとして、日大ではショートやサードとして活躍し、時にはクリーンアップを務めることもあった内野手。ただ高校・大学時代には投手をやったという情報はない。YBC柏でもグランドスラムでは内野手として掲載されている。

この日は5回2死満塁というピンチで登板した浅利。しかしまだ投手としての経験が浅いようなのか、初球を投げたときにいきなりボークをとられてHondaに1点を献上してしまう。しかしその直後にいきなり146㌔をマークするなど、ストレートは常時140オーバーでなかなか威力があった。

結局2回1/3を投げて1失点という内容で、結果だけ見れば決していいと言えるものではなかった。だが社会人になってから投手を始めたということで、まだまだ伸びしろが大いにありそうで、非常に楽しみな選手である。

20170603YBC柏 浅利
2番手として登板して146㌔をマークした浅利


Pickup Player
鈴木薫 Honda 外野手
~チームを流れに乗せた恐怖の9番打者~
鈴木は文星芸大付では1番セカンドとして活躍。当時のチームメイトには君島(現;富士重工)、渡辺(JR東日本)らがいる。国学院大では2年時よりベンチ入りを果たし、3年時には1番センターorDHとして活躍。4年時には2番を務め、春・秋それぞれ1試合2ホーマーを記録。特に4年秋には打率.372、3本塁打12打点を記録してDHのベストナインにも輝いた。50㍍5.9秒の俊足が武器で、パンチ力もある打撃は打ち出すと止まらない一方、好不調の波が大きいのがやや難点の外野手である。

この試合では9番センターでスタメン出場した鈴木。2回表に2死3塁で回ってきた第1打席では、2球目を綺麗にセンターにはじき返す先制のタイムリーヒット。4回表に1死2・3塁で回ってきた第2打席では、今度は変化球をうなくすくいあげてライトオーバーの2点タイムリー。俊足を飛ばして一気に3塁を落とし知れた。結局鈴木のバットからHondaの最初の3点が生まれて、これがHonda打線に勢いをつけたといえる。

この日は恐怖の9番バッターとして活躍した鈴木であるが、本来は1・2番を務めたいバッターである。上記通りやや好不調の波が激しいので、今日のような活躍を続けていけば、都市対抗で1番鈴木を見れるかもしれない。

20170603Honda 鈴木1
2本のタイムリーを放ち恐怖の9番打者として活躍した鈴木


ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ