FC2ブログ

全日本大学野球選手権 個人的なベストナイン

立教大の59年ぶりの優勝で幕を閉じた全日本大学野球選手権。
今回は家でJ-Sports見れるようになったこともあり、結構見れたので個人的な大会のベストナインを決めてみました。

※なおこのベストナインは完全に大会の活躍だけで判断したもので、過去の成績とか本来の実力とかは関係ないです。

ピッチャー
中川颯 立教大1年
準々決勝から3試合連続でリリーフ登板し、計12イニング無失点の好投を見せた1年生サブマリン。特に天理大戦で10回裏のタイブレークを0点に抑えたのは見事。最優秀投手賞を獲得したが、1年生でのMVPに選ばれていてもおかしくなかった。
20170608立教大 中川


キャッチャー
新井章太 東海大北海道4年
太田・徳橋さ左腕をうまくリードして東洋大を撃破するなどして、チームをベスト4に導いた。桐蔭横浜大戦では逆転の狼煙となるソロホームランを放つなど打撃でも貢献。
20170610東海大北海道 新井


ファースト
岩城駿也 九州産業大3年
初戦の日本文理大戦では走者一掃のタイムリー2ベースに3ランと6打点の活躍。四国学院大学でも猛打賞とチームが「岩城に回せ」を合言葉にするほど当たっていて、リーグ戦MVPの実力を発揮した。
20170605九州産業大 岩城


セカンド
山脇竜二 上武大4年
準決勝の国際武道大戦では俊足でショートゴロを内野安打にする先制タイムリー。その俊足は盗塁でも見せつけ、小豆澤との二遊間コンビは大会でも屈指の守備力であった。
20170610上武大 山脇


サード
鳥巣誉議 上武大4年
初戦の福井工大戦ではタイブレークで決勝の2点タイムリーを放つなど3安打、続く和歌山大戦でも2安打を放って、大会屈指のヒットメーカーとしての実力を見せつけるとともに、主将として部員220人をまとめて2年連続ベスト4に導いたのも評価できる。
20170610上武大 鳥巣


ショート
井上幸司 国際武道大4年
準々決勝以降の3試合で2安打ずつを放ち、決勝戦では2得点をあげるなど、打率.400をマーク。2番打者として重要な得点源ともなって準優勝に貢献。安定したショートの守備も選出理由。
20170610国際武道大 井上


レフト
山根佑太 立教大4年
準々決勝では1点差に迫る特大の2ランホームラン、決勝戦でも初回に逆転タイムリーを放つなど、溝口監督が「神っている」と表現したほど、貴重な場面での1打を放ち、チームの優勝に大きく貢献した。
20170608立教大 山根



センター
服部創太 国際武道大4年
国際武道大の4番打者として全試合でヒットを放つ活躍。準決勝の上武大戦ではタイブレークの先頭打者に指名されると、決勝打となるタイムリーを放った。また主将としてもチームを初の決勝に導いた。
20170610国際武道大 服部


ライト
赤木陸哉 国際武道大2年
9番打者ながら打率.467をマークし、見事に首位打者に輝いた。準決勝の上武大戦では逆転2ランをライトスタンドに叩き込み、これも非常に重要な一打であった。
20170610国際武道大 赤木


DH
大東孝輔 立教大4年
富士大戦、決勝の国際武道大戦ではそれぞれ3ランを放ち、大会MVPに選ばれた。特に決勝の3ランは、立教大の優勝を大きく手繰り寄せるものであち値千金のホームランであった。
20170610立教大 大東


大東もいいところでは打ったけど、やっぱり個人的には中川をMVPにしたかったな…。

以上です。
異論は認めます。



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 大学野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ