FC2ブログ

星稜×高岡商【春季北信越大会】 ~星稜が投手層の厚さを見せつけるコールド完封勝ち~

6/4 春季北信越大会2回戦
星稜×高岡商 @HARD OFF ECOスタジアム新潟

昨年の春季北信越大会の覇者である星稜(石川2位)は、前日の1回戦で新潟明訓をコールド勝ち。センバツにも出場した高岡商(富山1位)と2回戦を戦います。

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20170604星稜×高岡商

星稜は3回表に2個のショートエラーとバントヒットから2死満塁のチャンスを作ると、4番木倉がセンター前に2点タイムリーを放ち先制。続く4回にも四球と内野安打から1死2・3塁のチャンスを作るも、またもショートエラーが飛び出し、さらに若宮が犠牲フライをなって2点。5回には木倉がヒット→盗塁でチャンスを作ると、川岸にタイムリーが飛び出し星稜が5-0とリードして前半を終える。

高岡商は6回表から2番手に速球派左腕の山田を投入するも、球が荒れていて3四死球で満塁とされると、2番前野の当たりはレフト前わずかに届かず2点タイムリーとなり7-0。5回まで無得点だった高岡商打線は6回に突如制球の乱れた小倉から1死満塁のチャンスを作るも、リリーフした河村に三振、ファーストゴロと抑えられてしまう。

7回も河村の前に3人に抑えられてしまい、7回終わって7-0でコールド負け。星稜が2試合連続のコールド勝ちで、ベスト4入りを果たした。

20170604高岡商 土合
土合は悪いピッチングではなかったがいかんせんバックに足を引っ張られてしまった

20170604星稜 小倉
6回途中まで無失点の好投をみせた小倉

20170604星稜 前野
2点タイムリー2ベースを含む2安打の前野


Topic
◆エースは投げる気配なくとも完封勝ち
この日の星稜の先発は背番号13の左腕小倉であった。小倉は動くストレートと得意の変化球を低めに集めるピッチングで5回まで散発の3安打無失点のピッチング。6回はやや疲れたか突如制球を乱して連続四球で満塁のピンチを招いたところで降板となってしまったが、5回1/3無失点というピッチング。これまで中継ぎでの登板が多かったものの。昨年の練習試合で完封した相性の良さを買われての先発起用に見事に応えた。

この小倉が招いたピンチで登板したのが、直前のメンバー変更で初となるベンチ入りを果たした2年生右腕の河村。河村は独特のスリークウォーターのフォームから勢いのあるストレートと、低めコントロールされた変化球を投げ込み、このピンチを三振→ファーストゴロで凌ぐと、7回も3者凡退で締めた。

この日エースの149㌔右腕清水はブルペンにすら入らずに、外野とのキャッチボールで出てきたのみ。星稜が投手層の厚さを見せつける完封リレーで、昨年の春季北信越大会決勝と同じカードの試合を制した。

20170604星稜 河村
6回の満塁のピンチから好リリーフをみせた河村


◆ゴジラ2世の現在地
星稜の注目といえば昨夏の甲子園で4番ピッチャーを務めた寺西。身長192㎝という体格もさることながら、星稜の大先輩である松井秀喜と出身中学が同じということで「ゴジラ2世」との呼び声も高い。寺西は咋秋同様に打順は6番。ポジションはファーストで最近はピッチャーをやっているという話は聞かない。上記の通り現在の星稜の投手陣は層が厚いということもあり、現在は野手に専念しているようだ。

打順は6番でもやはり警戒されているからか、第1打席・第2打席は歩かされてしまった寺西、しかし第3打席では土合の変化球の前に完全にタイミングがあっておらずに三振。第4打席では2ベースを放つも、これは打ち損じた打球が特殊な回転でレフト前に落ちたものであり、バッティングの調子としてはイマイチなのかなと感じた。

上記のような状態で寺西の現在地は6番打者というとこなのであろう。しかしまだまだ本来の力を発揮できておらず、星稜としては寺西が4番に復帰して、夏を迎えるのがチームにとってはベストであるとうことは明らかだ。

20170604星稜 寺西
やはり4番を打っているところがみたい192㎝の大型スラッガー寺西


◆センバツ後のコンバートの目的は?
この日の高岡商のスタメンの面子はセンバツと同じであった。
ただポジションは
島村 ファースト→ライト
谷内 ライト→レフト
扇谷 レフト→ファースト
と変わっていた。

新しい選手がスタメンに入ってくるならまだしも、この夏を直前に迎えた時期にこのようなコンバートは珍しい。だが、その狙いが分ったのは6回表であった。エースの土合は打っては5番を務めるなど打撃もいい。この打撃を生かすために降板してファーストの守備位置についた。これまではファーストはこちらも打力があり3番を務める島村だったので下げることができなかったが、島村を外野にすることで、島村を残したまま土合も残すということが可能になったのだ。

これが功を奏したか、6回には土合のヒットを皮切りに1死満塁というこの日最大のチャンスを作った。全体として無得点に終わってしまったことは課題であるが、夏に向けて打線が強化できたということであろう。

20170604高岡商 土合2
マウンドを降りた後にファーストを守る土合


Pickup Player
木倉朋輝  星稜3年 セカンド
~まさに4番な先制タイムリー~
上記のように寺西に代わって、秋の新チームから4番を務めているのが木倉。咋春はショートを務め準決勝の遊学館戦ではサヨナラ打を放つなど打率.538をマークし優勝に貢献(ただし北信越大会では代打出場のみ)、夏の甲子園では背番号9をつけ5番ファーストで出場し3打数1安打であった。新チームからは副主将もつとめ、秋は4番ショート、この春は4番セカンドを務めている。

この日の見せ場は3回に2死満塁で回ってきた第2打席。カウント2B1Sからの4球目をしぶとくセンター前にはじき返すと、先制の2点タイムリー。これを機に星稜打線は得点を重ねることとなり、持ち前の地勝負強さを発揮した「まさに4番のバッティング」であった。第3打席でもヒットで出塁すると盗塁を決めて、直後の川岸のヒットで生還。高校通算15ホーマーを放ち、決しパワーがないわけではないが、どちらかというとヒットを稼ぐタイプの選手であり、守備や走塁にも秀でている木倉。ちょうど北村兄弟や虎谷といった、亜細亜大で活躍する先輩たちに被るタイプの選手である。

よって本来は3番あたりに置きたい選手ではあるが、寺西の調子が今一つである以上は、4番木倉が「打の柱」としてチームを牽引していくしかないだろう。

20170604星稜 木倉
先制の2点タイムリーを放つ木倉



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ