FC2ブログ

Honda鈴鹿×きらやか銀行【都市対抗】 ~Honda鈴鹿が若きバッテリーの活躍で逆転勝利~

7/15 都市対抗野球大会1回戦
Honda鈴鹿×きらやか銀行 @東京ドーム

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20170715Honda鈴鹿×きらやか銀行


きらやか銀行は1回裏、2死から3番小野寺がヒットで出塁して登録を決めると、4番日山がライトオーバーのタイムリー2ベースを放ち先制。きらやか銀行は3回裏にも1番藤田が内野安打で出塁して盗塁を決めると、3番小野寺がレフト前タイムリーを放って、リードを2点に広げる。

4回まできらやか銀行のエース小島の前に無得点に抑えられていたHonda鈴鹿は5回表、先頭の庄司が死球で出塁してバントで送ると、9番澤田がセンター前にはじき返し1点を返す。さらにグランド整備開けの6回表に途中出場の安慶名の2ベースから、3番松本のタイムリーで同点。さらにバントで松本を2塁に進めると、6番柘植がレフト戦に2ベースを放ち勝ち越した。

投げては3回からリリーフした平尾が8回までノーヒットピッチング。最終回はベテランのリリーフエース鹿沼が抑えて、Honda鈴鹿が初戦を突破した。

20170715きらやか銀行 小野寺
いずれも得点に絡む2安打を放った小野寺

20170715Honda鈴鹿 平尾
5イニング無安打リリーフをみせた平尾

T20170715Honda鈴鹿 柘植2
決勝打を放っち塁上でガッツポーズの柘植


Topic
◆補強選手を使わず若きバッテリーで
Honda鈴鹿はエース:平井(西武)と正捕手:飯田(オリックス)がプロ入りして迎えた今シーズン。都市対抗の予選では新人の瀧中・平尾の好投、キャッチャーに高卒2年目の柘植を添えて出場権を獲得。しかし補強選手はピッチャーの秋葉(JR東海)・立野(東海理化)、キャッチャーの山根(東海理化)と3人ともバッテリーでやはりバッテリーが弱点なのかなと思った。

この初戦は先発に新人の瀧中、キャッチャー柘植で臨んだ。瀧中は球に力はあったものの2点を失って3回降板。もうこれ以上点をやれないという場面で秋葉あたりが出てくるかと思ったが、2番手でマウンドに上がったのは同じく新人の平尾。この平尾が素晴らしいピッチングを見せると、柘植が決勝のタイムリー。最終回はリリーフエースの鹿沼が抑えた。

結局補強の3選手は使わずに、自前の若いバッテリーで勝利したHonda鈴鹿。これで勝てたということは単なる1勝という以上にチームに大きな価値をもたらせたことだろう。

20170715Honda鈴鹿 瀧中
先発した瀧中は3回で降板となってしまった


◆主将離脱の後輩代役が活躍
Honda鈴鹿の主将の大城戸は、ライトの守備でフェンス際の打球に対応した際に負傷。そのままプレーを続けたが、第2打席で内野安打を放ち、1塁へ全力で走った+ヘッドスライディングをしたところで交代となってしまった。

代わりに代走に入ったは安慶名。法政大では大城戸の1年後輩で、主将を務めた選手だ。代走からそのままライトに入った安慶名は6回表の先頭打者として迎えた初打席で見事に左中間を破る2ベース。続く松本のライト前ヒットで瞬足をいかして一気にホームを駆け抜けた。この回で逆転をしたHonda鈴鹿にとって、この安慶名の2ベースは非常に大きなものであった。

主将の離脱という大きな痛手を負ったHonda鈴鹿であるが、その代役の大学の後輩にも注目です。


◆昨年の再現はならず…
昨年の都市対抗で1番の番狂わせといったら初出場のきらやか銀行が、50回目の出場となるパナソニックを破ったことであった。そしてその勝利の立役者こそが9回には追い付かれたものの、8回までパナソニック打線を無得点に抑えた小島であった。小島はこの日ももちろんのこと先発のマウンドに上がると、抜群の制球力を武器にHonda鈴鹿打線を抑えていく。特に圧巻だったのは4回で無死1・2塁のピンチを迎えるも、得意のチェンジアップを武器にそこから石井・畔上・柘植を三者連続に斬って取った。

しかし5回・6回になると鈴鹿打線も小島の球にあってきたようで、6回に逆転打を浴びたところで降板となってしまった。残念ながら昨年の再現とはいかなかった小島だが、昨年よりも研究されてマークが厳しくなる中、その実力の高さは見せられたと思う。社会人3年目の右腕でプロ入りも十分に視野に入っていることだろう。

20170715きらやか銀行 小島
4回までは無失点であった小島だが5・6回に捕まった


Pickup Player
柘植世那 Honda鈴鹿 キャッチャー
~決勝打は高卒2年目の正捕手~
上記のように飯田が抜けたHonda鈴鹿の正捕手の座を獲得したのは、高卒2年目の柘植であった。

健大高崎では1年夏からベンチ入りを果たした柘植は、1年秋から正捕手となると、2年夏に甲子園出場を果たし、18打数8安打8打点の活躍でベスト4に貢献。2年秋からは主将にも就任し、3番キャッチャーとして3年春のセンバツはベスト16、3年夏の選手権大会はベスト8まで進むも持ち前の打撃は振るわなかった。高校通算32発、セカンド送球1.8秒の強肩強打の捕手としてプロからも注目されたが、ドラフトでは指名漏れでHonda鈴鹿に入社した。

1年目の昨年はほとんど出場機会はなかったが、大黒屋の飯田が抜けた今期は立教大卒の新人上野との争いを制して、高卒2年目ながら正捕手の座を獲得した。

この試合では補強のベテラン山根の起用もあり得たが、柘植が先発マスクをかぶる。1回・3回といい場面で盗塁を許してしまい(まぁこれは瀧中のモーションの問題も大きいが…)それがいずれも得点につなが手つぃまった。しかし4回からは平尾をうまくリードして、以降無失点の投手陣を支えた。

打撃面では1・2打席と三振を喫するが、同点の2死2塁で迎えた第3打席では追い込まれてから小島のストレートをレフト戦にライナーではじき返して値千金の決勝タイムリーを放った。高卒2年目ながら、7番庄司・8番中村といった東都の実力者を抑えて6番に座っているだけあるというバッティングであった。

正捕手としての真価が問われるのはまだまだであるが、とりあえず初戦では結果を出した。このまま結果を出し続ければ、来年には間違いなくドラフト候補として名前が挙がることであろう。

20170715Honda鈴鹿 柘植
高卒2年目ながら正捕手の座を獲得した柘植



ランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ