FC2ブログ

2017夏の甲子園 組み合わせと優勝予想

いよいよ夏の甲子園も明日開幕ということで優勝予想します。

組み合わせは以下の通り↓
2017夏甲子園組み合わせ
(バーチャル高校野球のサイトより)

やはり本命は大阪桐蔭
前の記事でも書かせてもらった通りこの夏は横浜・秀岳館・大阪桐蔭の3強とみている。しかしこのうちの横浜×秀岳館が初戦で当たってしまうというなんとも悪戯な抽選結果(ちなみに個人的には秀岳館が勝つと予想)。この2チームは初戦を突破しても、その次が広陵と中京大中京という名門同士の勝者ということでかなり厳しい。こうなってくると初戦が米子松蔭で、2回戦の相手として有力は智弁和歌山も春の近畿大会で破っている大阪桐蔭の方が勝ち上がりやすいと思われる。戦力的にも量・質ともにトップクラスであり、センバツ優勝・春の近畿大会優勝という経験も含めて本命はゆるぎないと思う。

組み合わせから見る対抗馬は?
組み合わせから見れるのはベスト8に残る可能性である。そうなると以下の2つのブロックはかなり厳しい。
①前橋育英・山梨学院・明徳義塾・木更津総合・花咲徳栄
②広陵・中京大中京・横浜・秀岳館
この①②それぞれからベスト8に残れるチームは1チームずつというのだから、まさにこの2つは死のブロックである。

去年はともに2回戦からスタートした作新学院・北海が決勝まで進んだように、負ける可能性のある試合が少なく、また投手の消耗も抑えられるとあって2回戦から登場できるブロックははやり有利だ。なかでも1番組み合わせに恵まれたといえるのは二松学舎大付で、エース市川がほぼ1人で投げ抜いて東東京を勝ち上がったチームにとっては大きい。神戸国際大付もまわりは名門校ばかりだが、各チームともに例年に比べて戦力が充実しているとはいえない3チームであるために、兵庫大会優勝の立役者のエース岡野に加え、センバツ時のエース左腕の黒田が本調子に戻れば、随一の2枚看板で一気に上まで上がる可能性もある。東海大菅生も組み合わせ的には恵まれていて、140㌔が4人いる層の厚い投手陣で、日大三・早実を抑えたエース格の松本は超強豪相手にも万全の状態で挑めれば十分に勝機はある。

今年は1回戦からの登場となった作新学院だが、春から右腕の篠原が成長し、エース左腕の大関と2枚看板を形成したために連戦も問題ない。初戦の盛岡大付さえ撃破してしまえば、その後は比較的楽な組み合わせであり、連覇の可能性もあるといえる。


とまぁこれらのことをまとめると優勝予想は
◎大阪桐蔭
〇作新学院 東海大菅生
△神戸国際大付 秀岳館

って感じでいかがでしょうか?

あと一応ベスト8の予想も載せておきますと、
・作新学院
・花咲徳栄
・秀岳館
・大阪桐蔭
・神戸国際大付
・二松学舎大付
・東海大菅生
てな感じです。

明日からの熱戦が楽しみです。


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ