秀岳館×横浜 【全国高校野球選手権大会】

8/11 全国高校野球選手権1回戦
秀岳館×横浜 @甲子園球場

甲子園は午前6時半には満員御礼となるほどの熱狂ぶりの中、秀岳館・横浜という優勝候補にあげられる両チームがいきなり1回戦で激突した

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20170811秀岳館×横浜

秀岳館は初回、1番竹輪がライト線に3ベースを放ち、2番半情が犠牲フライとわずか3球で先制。さらにそこから木本のヒット、廣部のセンターフェンス直撃のタイムリー2ベース、田浦のセンター前タイムリーと3連打で2点を追加し、横浜先発の塩原に襲い掛かる。3回表にも廣部の3ベースから、田浦のセカンドゴロを齊藤が弾き、これを拾った塩原が1塁へ送球するもこれが暴投となり、4点目をあげる。

秀岳館の先発川端は1巡目をノーヒットに抑えるなど横浜打線を寄せ付けないピッチングをしていたが、5回裏にヒットで出塁した増田に3盗を決められてピンチを招くと、福永の犠牲フライで1点を返される。

塩原が4点を失った後、奥村→及川と何とか秀岳館打線を無得点に抑えていた横浜だが、7回に登板した4番手万波が2死から連打と敬遠で満塁のピンチを招くと、ここでエース板川を投入。秀岳館は川端に代打橋口を送ると、橋口がライト前に2点タイムリーを放ち貴重な追加点をあげた。

秀岳館は7回裏から2番手田浦をマウンドにあげるが、明らかに本調子でない田浦は福永に3ランを浴びてしまい2点差。しかし8回・9回はほぼ変化球のみで横浜打線をかわし、秀岳館が何とか逃げ切って初戦を突破した。

20170811横浜 及川
ランナーを出しながらも3回無失点に抑えた1年生及川

20170811秀岳館 田浦
6回2安打1失点の好投をみせた川端

20170811秀岳館 橋口
代打で登場し貴重な2点タイムリーを放った橋口


Topic
◆両足をつりながらもなんとかリリーフ
秀岳館は熊本大会では全試合川端→田浦というリレーで勝ち上がってきた。この日も川端は6回まで2安打1失点という素晴らしい内容であったが、7回表には代打を送り、7回裏からは田浦をマウンドに送った。

しかしこの田浦の投球がどこかおかしい。熊本大会では自己最速を更新する148㌔をマークしたというストレートは、130㌔前後しか出ずに、スライダーも右バッターの外角へ抜けてしまうものが多かった。そんな状態であったために7回裏には福永に3ランを浴びて2点差に迫られてしまった。それでも8回からはほぼ変化球のみというピッチングに切り替えて3者凡退。9回も自信をもっているというチェンジアップで山崎・齊藤を連続三振に取り、最後は大会No1打者との呼び声高い増田も泳がせてレフトフライに打ち取って勝利をもたらせた。

試合後に田浦は両足がつった状態であったことを明かした(両足つって投げれるのかよと個人的には思ったが…)。田浦のリリーフは熊本大会と同じであったが、1つ違うのは熊本大会と違って田浦はベンチでなくライトからリリーフにいったことであった。この横浜戦で打撃もいい田浦をベンチおいておく余裕はなかったのか5番ライトで先発出場した田浦は初回にタイムリーを放ち、その後層売りなどもアグレッシブにこなしていた。このライトでの活躍が登板直後に足をつるという結果につながってしまったことは間違いない。

次の試合で田浦はライトで出場するのか?また本来のピッチングを見せることができるのか?注目です。

20170811秀岳館 田歌
両足をつりながらもリードを守り抜いた田浦


◆横浜の投手起用の是非は?
横浜の先発はエースの2年生左腕板川でなく、背番号10の3年生右腕の塩原であった。結果としてこの塩原が3回までに4点を失って降板したことで、昨年の履正社戦での石川起用に続いて、平田采配を疑問視する声を一部ではあがっている。

とはいえ塩原先発は個人的には想定の範囲内である。春先から安定感のあるピッチングを見せている塩原は、板川との実力差もそれほどなく。また練習試合で秀岳館相手に好投したという情報もある。そして今日の塩原→奥村→及川→万波→板川という継投は神奈川大会準決勝の桐光学園戦と同じであり、重要な試合ですでに成功した継投なのである。よって結果的に塩原が打たれてしまったわけでだが、塩原の先発起用自体は問題でないと思う。

ただ個人的には7回の万波起用はどうなのかな?と思った。7回に4番手でマウンドにあがった万波は2死から満塁のピンチを招くと降板して、ここで横浜はエース板川を投入した。7回というのはもうエース板川を投入するにはすでに機が熟した終盤であり、またピンチを招いただけで降板させるほど万波を信用できていないなら、7回はじめから板川でよかったという話だ。結果的に板川が2点タイムリーを浴びてしまい、この2点がこの試合のスコアの差にそのままなってしまった。

この試合で投げた及川・万波・板川は来年も残る投手陣。是非この経験を糧に、新チームではより強力な投手陣を形成して欲しいものだ。

20170811横浜 塩原
この大一番で先発をまかされた塩原


◆見せた横浜主将の意地
横浜の4得点はいずれも6番に座った福永のバットから生まれたものであった。前チームから正捕手争いを繰り広げ、新チームでは主将に就任し、正捕手の座を確固たるものとしていた福永はU18日本代表の1次候補にも選ばれた。しかし特にケガという情報もなかったが、神奈川大会では準決勝までの4試合のスタメンマスクは辻村であった。ただ神奈川の決勝でスタメンマスクを奪還した福永はこの日もスタメン出場した。

福永は5回の第2打席でライトへの犠牲フライ。7回の第3打席では田浦のボールを取られて反撃となる3ランホームラン。試合は敗れはしたが、この夏色々あった横浜の主将が、見事に意地をみせた試合であった。

20170811横浜 福永
犠飛に3ランに4打点の活躍をみせた福永


Pickup Player
廣部就平 秀岳館3年 サード
センバツのリベンジにかける4番が活躍
秀岳館の主将で4番サードを務めるのが廣部である。
枚方ボーイズ出身の廣部は1年秋からその打力を武器に秀岳館で6番サードのレギュラーとなり、2年時は春・夏ともに甲子園でホームランを放つ活躍をみせた連続ベスト4に貢献。2年春のセンバツでは木更津総合戦で9回2死から同点タイムリーを放つ勝負強さをみせた一方、準決勝の高松商戦では自らのエラーが決勝点につながるというくやしさが残った。新チームで主将に就任した廣部は4番もつとめてチームをセンバツ出場に導いた。しかし3年春のセンバツでは準々決勝・準決勝と連続でノーヒット、特に準決勝では大阪桐蔭の徳山の前に2三振ノーヒットと完全に抑え込まれ、「4番が打たないと~」と自ら敗戦の原因であったと述べた。

そんなリベンジに燃えるこの夏の甲子園の初戦でも廣部は4番サードで出場。1点を先制して迎えた1回の第1打打席ではもう少しでホームランというセンターフェンス直撃のタイムリー2ベース。さらに先頭打者で迎えた3回にもレフトフェンス直撃の3ベースを放ち、秀岳館が試合を有利に進めるのに重要であった序盤の4点に大きく貢献した。

そういった意味で枚方ボーイズ時代からの恩師の鍛治舎監督のラストということもあり、廣部にとってはこの夏の甲子園は他のメンバー以上に特別な意味をもつことであろう。そんな舞台となった甲子園で、廣部が2回戦以降どういう打撃をしていくか注目していきたい。

20170811秀岳館 廣部
2本の長打で勝利に貢献した4番で主将の廣部



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。

甲子園、今日の青森山田をもって全チームが初戦を終えました。観れたゲームが以下の
1彦根東vs波佐見
2日本航空石川vs木更津総合(途中から)
3花咲徳栄vs開星(途中まで)
4大阪桐蔭vs米子松蔭
5仙台育英vs滝川西
6日本文理vs鳴門渦潮
7神戸国際大付vs北海
8天理vs大垣日大
8試合だけなんですが、ポジション別に見ますと(前評判等抜きにして)
【投手】
隅田(波佐見)
徳山(大阪桐蔭)
鈴木(滝川西)フォームが良いですし将来性を感じました。
長谷川(仙台育英)
阪口(北海)
修行(大垣日大)②年生
杉本(大垣日大)②年生

【捕手】
福井(大阪桐蔭)

【一塁手】
野村(花咲徳栄)②年生

【二塁手】
千丸(花咲徳栄)

【三塁手】
山田(大阪桐蔭)②年生

【遊撃手】
村川大(波佐見)
太田(天理)②年生 初戦ノーヒットでしたが攻守にダイナミックで、特に守備力に目を奪われました。

【左翼手】
内野(波佐見)②年生
西川(花咲徳栄)

【中堅手】
谷口(神戸国際大付)②年生 二打席連続HRには驚きました。

【右翼手】
川村(日本文理)
神野(天理)二打席連続HRには驚きました。

今大会やたら打球が飛ぶような気がしてるんですが気のせいですかね?笑

それと、来年の100回大会世代(現②年生)に数多くの逸材がいるな。といった印象も受けており、パッと思い浮かぶだけでも
松商学園の直江
聖心ウルスラの戸郷※チラッと観れたんですが、比叡山高校時代の村西を思い出しました。
明桜の山口
金足農の吉田
木更津総合の野尻
日本文理の鈴木
彦根東の増居
明徳義塾の市川に谷合
東海大相模の森下
健大高崎の山下
浦和学院の蛭間に佐野
米子松蔭の辰巳
開星の中村に加納
関東一の石橋
報徳学園の小園
福岡大大濠の樺嶋
下関国際の吉村
智弁和歌山の林に文元
早稲田実の野村に雪山
横浜の長南に万波
中京大中京の沢井
高岡商の山田
履正社…
大阪桐蔭…
東海大菅生の片山
東北の葛岡に杉沢に古川原
埼玉栄…
専大松戸の今里に岩渕
神村学園の俵森
聖光学院の矢吹
秀岳館の渡辺に山下
とまぁー多すぎますねざっと挙げただけでも。大会が終わった後にでも、管理人さんが選ぶベストナインを教えていただけたら嬉しいです♪

Re: タイトルなし

> 好投手さん

ご無沙汰しております。
わたしもこの夏は現地で15試合、テレビで9試合ほどは見させてもらってます。

ホームランが多くてボール飛ぶ疑惑はあるようですが、個人的にはまぁ昨年に比べたら明らかに投手のレベルは低いですし、過去と比べたらこんなこともあってもおかしくないのかなと思います。まぁその一方で高野連のボールは変わってないは信用もしてないですが…w

ベストナインは大会終わったら書かせてもらおうと思います。
最新記事
ランキング
おススメ
  
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホームラン 2017年 07月号 [雑誌]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/6/28時点)


月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる