FC2ブログ

北海×神戸国際大付 【全国高校野球選手権大会】

8/12 全国高校野球選手権2回戦
北海×神戸国際大付 @阪神甲子園球場

この試合から甲子園は2回戦突入(両チームにとっては初戦ですが…)。昨夏準Vの北海と、地元の神戸国際大付が対戦します。

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20170812北海×神戸国際大付

北海は2回表に4番佐藤がヒットで出塁し、ワイルドピッチとバントで3塁まで進むと6番井上が先制タイムリー。続く3回表にも、バントヒット・エラー・四球で満塁とすると5番渡辺がタイムリーを放ち2点目をあげる。対する神戸国際もその裏に岡野のヒットから2死2塁のチャンスを作ると、3番森田がライト前にタイムリーを放ち1点差に詰め寄る。

北海は阪口、神戸国際大付は岡野とともに速球派右腕が先発するも、中盤のピンチを迎えた場面でそれぞれ多間、黒田という左腕へリリーフ。そんあ多間から、6回裏には谷口が多間から左中間スタンドにホームタンを放って神戸国際は同点に追いついた。しかし直後の7回表に北海は1死1塁から連続でショート内野安打でチャンスを作ると、ショート田淵の送球が乱れる間に北海が勝ち越し。さらにショートゴロの間にもう1点も追加した。

その、神戸国際は森田・荒木の連打で1死1・3塁というチャンスを作ると、6番谷口が2打席連続となる逆転3ランをライトポール際に打ち込む。この1点を8回から登板した花村が守り抜いて、神戸国際大付が(意外なことに)甲子園で初勝利をあげた。

20170812北海 井上
先制タイムリーを放つ井上

20170812神戸国際大付 森田
3回のタイムリー、7回には逆転に繋がる2ベースを放った森田

20170812神戸国際大付 花村
8回・9回を見事無失点で切り抜けセーブをあげた花村


Topic
◆この大会最速の148㌔をマーク
この試合1番の驚きであったのが北海の先発、背番号10の阪口。140㌔を超える右腕という話であったが、186㎝の長身が繰り出されるストレートは糸を引くように伸びていき、いきなり140㌔中盤をマーク。そして3番森田の5球目にはなんと、今大会最速となる148㌔をマーク。ストレートの平均スピードも143.8㌔もあった。

しかし神戸国際大付打線はスピードに振りまけることなく、3回に森田にタイムリーを浴びて1点差。4回に1死満塁のピンチを招き、そこから1番後藤を三振に仕留めたところで多間に交代となった。南北海道大会でも見せた通りの継投パターンであった。

結局阪口は3回2/3を投げて1失点という内容であったが、ヒットを8本も浴びてしまった。スピードだけでは抑えることができなかった。それでも186㎝から繰り出す148㌔は非常に魅力的、本当に1回戦で姿を消してしまうのが惜しい、もっと見てみたい投手であった。

20170812北海 阪口
最速148㌔をマークして甲子園を沸かせた阪口


◆昨夏の主軸が力を発揮できず…
昨夏甲子園準Vの北海は、そのときの決勝に出場したメンバーが5人(鈴木大・布施・川村・佐藤・井上)スタメンに名を連ねた。その中でも前チームで4番・5番を務めた佐藤・川村は現チームでも打線の軸として活躍してた。

この日は3番川村、4番佐藤で出場したが、ともに1安打ずつで長打は無しという結果…。特に川村はタイムリー内野安打はあったものの、その他は2三振に併殺打と残念ながら打線の中でブレーキとなってしまった。ということで昨夏は甲子園で2ホーマーを放った川村、昨夏に続いて4番を打った佐藤は今年の甲子園では目立った足跡を残すことはできなかった。

それでも準Vによりチームのスタートは遅れ、また負傷者なども出て秋春と北海道で結果を残すことができなかったチームがそこから復調し、3年連続の夏の甲子園までやってきたのは見事であった。

20170812北海 川村
昨夏2ホーマーの川村もこの日は仕事ができなかった


◆黒田復活はまだだが…
神戸国際大付はエース岡野が兵庫大会では37回1失点というまさに大車輪の活躍で甲子園出場を決めた。センバツでは背番号10であった岡野の成長は頼もしい一方、ここまで岡野頼みになってしまったのはセンバツ時のエースであった左腕黒田の不調がある。神戸国際大付が上まで勝ち進むにはさすがに岡野1枚では厳しく、この黒田の復調がカギとなる。

この初戦も先発はもちろん黒田であったが、まだ2点しかとられていないにも関わらず6回にピンチを招いたところで降板し、黒田がマウンドにあがった。この重要な場面で早めに黒田にスイッチしたことで黒田は復調してきたのかと思った。黒田は6回のピンチは切り抜けるも、ストレートは130㌔前後と球威がなかった。そして7回には2点を失ってしまい降板となった。

その代わりに3番手で登板した同じ左腕の花村はストレートが135㌔前後にまで成長していて、8回・9回と北海打線を寄せ付けないピッチンングでチームに勝利をもたらせた。黒田の復調はまだのようだが、代わりに3番手であった花村が台頭してきたのは大きい。

20170812神戸国際大付 黒田
重要な場面でリリーフ登板した黒田だが、まだ本調子には遠いようであった


Pickup Player
谷口嘉紀 神戸国際大付2年 外野手
~ピッチャー交代が幸いし2連発~

谷口は秋の新チーム発足時から期待されていた選手だが、昨年の8月にかかとを骨折し、秋の兵庫大会はメンバー外。近畿大会では負傷したほかの選手の代わりにベンチ入りを果たすと、準決勝の大阪桐蔭戦で1点ビハインドの最終回に代打で登場し見事に代打ホームランを放ち大阪桐蔭撃破に大きく貢献して名をとどろかせる。春のセンバツでは6番センターでスタメン出場するも、ノーヒットに終わる。この夏も兵庫大会で6番センターとして打率.471をマークするもホームランは出ていなかった。

この試合でも6番センターとしてスタメン出場した谷口であったが、第1打席では3球三振、第2打席でもファーストゴロと北海先発の阪口の前に合っていなかった。しかしピッチャーが多間に代わったことが谷口にとっては幸いし、6回の先頭打者として迎えた第3打席では初球を捉えると左中間スタンドに同点ホームラン。再び2点ビハインドになって迎えた7回1・3塁の第4打席では2球で簡単に追い込まれてしまったが、3球目のアウトコースのボール気味の球をうまく押っ付けると打球はライトポール際に飛び込む逆転3ラン。左右にホームランを打ち分ける見事な活躍であった。また結局神戸国際はここで勝ち越した1点をそのまま守り切って勝利したので、まさに値千金の一打であった。

昨秋はベンチ入りが全員現3年生であった神戸国際だが、谷口ら2年生も少しではあるが、台頭してきた。今日は神戸国際大付の甲子園初勝利となったが、優勝を狙うためにはこのような2年生の活躍も必須であろう。

20170812神戸国際大付 谷口
7回にライトスタンドに逆転3ランを放つ谷口



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ