FC2ブログ

坂井×明豊 【全国高校野球選手権大会】

8/13 全国高校野球選手権1回戦
坂井×明豊 @阪神甲子園球場

夏の甲子園6日目の第4試合は、エース吉川の投手力で福井大会を制して初の甲子園(坂井となってからは)出場を果たした坂井と、強打で大分大会を圧勝で勝ち上がってきた明豊の試合です。

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20170814坂井×明豊

明豊は3回裏に1番三上がセカンド強襲ヒットで出塁し、バントで送ると3番浜田がレフトオーバーのタイムリー2ベースを放ち先制。坂井は5回表に山内のヒットから2死2塁のチャンスを作るとセカンドエラーで同点に追いつき、ここから試合が壮絶なシーソーゲームとなる。明豊は直後の5回裏に1死1・2塁から浜田の2打席連続のタイムリー2ベースで勝ち越し。さらに本多、吉村にも連続タイムリーが飛び出して3点を勝ち越す。

明豊は6回から好投の佐藤楓に代えて、背番号1のサイドスロー橋詰をマウンドに送る。しかし橋詰は1死1・3塁のピンチを招くと石川・山内に連続タイムリーを浴びてしまい同点に追いつかれる。さらに坂井は8回表にも明豊を攻めたてて軽部・出店の連打とバントで2・3塁のチャンスを作ると、9番山内のサードゴロをサードが悪送球して2点を勝ち越す。

明豊はその裏、橋詰の代打松谷が四球を選ぶも、続く管の打球はベース付近のショートゴロで併殺と思いきや、ショートの悪送球で管が生き残る。すると続く1番三村が左中間にタイムリー2ベース。2死となった後、3番浜田がレフトスタンドに逆転2ランを放つ。1点リードで迎えた9回表は3番手溝上が3者凡退に抑えてゲームセット。明豊が土壇場の逆転で1回戦を突破しました。

20170814明豊 佐藤楓
先発した5回1失点の好投をみせた佐藤楓

20170814坂井 山内
6回に同点打となる2点タイムリーを放つ山内

20170814明豊 浜田1
8回に逆転2ランを放った浜田


Topic
◆エースへの継投がまさかの…
明豊のエースは大分大会の決勝戦で完封勝利をあげたトルネードサイド右腕の橋詰であるが、この日は坂井打線に左バッターが多かったということもあり、先発は背番号10の佐藤楓であった。佐藤楓は落ちる変化球を有効に使って勝負どころでは三振を奪い、5回まで1失点(自責点0)の好投を見せる。

しかし明豊は5回裏に3点を奪い、なおもチャンスというところで佐藤楓に代打を送り、6回からは橋詰をマウンドに送る。橋詰は初球にナックルを投げるも、その後坂井打線につかまってしまい、いきなり3点差を追いつかれてしまう。7回は持ち前の打たせてとるピッチングで3者凡退に抑えるも、8回にはエラーも絡んで2点を勝ち越されてしまい、その裏の攻撃で代打を送られてしまった。

中京大中京のケースなど継投の難しさが目立つ今大会。明豊もその難しさを味わうこととなってしまった。

20170814明豊 橋詰
6回から登板したエース橋詰であったが本来の力を発揮できなかった


◆甲子園でも見せつけた強力打線、あとは杉園だけ…
大分大会では準決勝まで全て2桁得点のコールド勝ち。決勝でも7-0と強力打線が目立った明豊。この甲子園でも坂井の好投手吉川から計15安打を放った。この試合では逆転2ランを含む3安打4打点の3番浜田が目立ったが、明豊打線はどこからでも打てるのが特徴で、この試合はマルチヒットが6人で、スタメンでノーヒットだったのは2人のみであった。

そのうち1人はピッチャーの佐藤楓なのでしょうがないが、もう1人が4番の杉園というのが少し気にかかるところだ。杉園は1年生だった2年前の甲子園にも5番ファーストで出場した選手で、最終学年となった現チームではずっと4番を務め、大分大会では4ホーマーを放つなど高校通算は50発を超えるスラッガーである。

しかしこの日は吉川にタイミングが合っておらず、三振→遊ゴ→投ゴ→遊直→遊ゴと5打数ノーヒット。4打席目のショートライナーはいい打球であったがこれもゲッツーになってしまう不運で、外野にボールを飛ばすことができなかった。杉園が復調すれば、明豊の強力打線が本格的に完成を迎えることだろう。

20170814明豊 杉園
この日はノーヒットであったが次戦での活躍が期待される4番杉園


◆最後まで投げ抜いたエース
坂井の甲子園初出場に導いた最大の立役者は、福井大会5試合をほぼ1人で投げぬいて、42回5失点という好投をみせたエース左腕の吉川であった。この日の吉川は4回までは持ち前の打たせて取るピッチングで何とか明豊打線を1点に抑えるも、その後はその福井大会の疲労がまだ残っていたのか球威がなかった。川村監督も「本来の出来からは遠かった」という内容で、最終的には120㌔台のストレートを(吉川のMaxは138㌔)を浜田にレフトスタンドに運ばれてしまった。

ただそれでも8回129球、この甲子園でもマウンドを譲ることなく最後まで投げぬいた。敗れはしてしまったが、坂井を初の甲子園に導いたこの夏の活躍は見事であった。一部報道では専修大への進学を希望しているとのことなので、来年の春には神宮で見れることを期待したい。

20170814坂井 吉川
本調子でないものの最後まで129球を投げ切った吉川


Pickup Player
浜田太貴 明豊2年 外野手
~背番号17の3番バッターが3安打4打点の大暴れ~

浜田は思い切りのいいスイングから強い打球を放つ右バッターで、1年秋は6番サード、2年春は7番レフトとレギュラーをつとめていた。春以降はさらにバッティングに力がつき、この夏は「もっと期待したいことがあるので~(by川崎監督)」ということで背番号17ではあるが、大分大会では全試合で3番を務め、打率.389・3本塁打・11打点と見事な活躍を見せていた。

この甲子園の初戦でも3番レフトで起用された浜田は、まず1死2塁で迎えた第2打席ではレフトフェンス直撃の先制のタイムリー2ベース。続く5回の第3打席では今後は右中間にタイムリー2ベースを放った。そして最大の見せ場は8回の第5打席…1点差に迫りなども2死2塁というチャンスで打席に立った浜田は、吉川のインコースのストレートをうまく振りぬくと打球はレフトフェンス超える逆転の2ランとなった。

明豊の初戦突破の最大の立役者となった浜田。まだ2年生ということもあり、来年の記念大会においてもぜひとも注目していきたい強打者である。

20170814明豊 浜田2
8回に逆転2ランを放つ浜田


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ