FC2ブログ

花咲徳栄 優勝おめでとう

夏の甲子園も昨日決勝が行われ、花咲徳栄が優勝を飾りました。
終わってみれば全試合で9得点以上とり、延長までもつれた準決勝の東海大菅生戦以外は6点差以上をつけての快勝で、圧倒的と言ってもいいほどの強さを見せつけた。

安定していた2枚看板
投低打高といわれた今大会において、全試合で網脇→清水というリレーで投手陣が最後まで崩れることがなかったというのは大きな要因といえる。先発の網脇はストレートは持ち味のノビはあったもののスピードは大会前の不調を引きずってか威力はなかった。それでもストレートが不調の間に磨いた変化球とコントロールは想像以上のレベルであり、しっかりと試合を作るという役目を果たし、特に盛岡大付戦でみせた8回1失点のピッチングは見事であった。

清水はこの大会で唯一の150㌔をマーク。ただ球速だけでなく、大きく曲がる縦の変化球を有効に使ったピッチングでこちらも安定感があった。これまで若干スピード任せな感があり、この大会でも短いイニングが多く力で勝負したところではあったが、冷静なピッチングであり、19回2/3で3失点という結果は大会でも1位2位を争うレベルであった。

20170723花咲徳栄 綱脇 20170723花咲徳栄 清水
主に先発を務めた綱脇(左)とリリーフを務めた清水(右)


6試合で61得点の強力打線
投手陣はある意味計算通りの働きをしてくれたが、もはや計算以上ともいえるのが、毎試合で9得点以上をあげた打線であった。ホームランが多く飛び出した今大会において、意外なことにホームランは4番野村の2本のみ。実際に大型スラッガーといえるのは西川・野村くらいで、その他は(ピッチャーを除けば)身長が175㎝未満とそれほど大型な打線ではなかった。それでも全体として選球眼がよく、好球必打のバッティングで、打ちだすと繋がりがあり、ビックイニングを作れる打線であった。また苦戦した東海大菅生戦以外は全ての試合で先制し、序盤に得点を重ねることでピッチャーが投げやすい環境を作ったことも評価できる。

個別でいえば、2番の主将千丸は小柄ながらバントさせるのはもったいない打棒であり、千丸がクリーンアップの前にチャンスをつり、これをクリーンアップが返して、その後もバッターも続いて大量得点というのが必勝パターンであった。野村は4番としてチーム唯一ホームランを放ち、打率は.520と返すだけでなく、その後のチャンスメークも果たした。打線の核となる西川は、準決勝までで打率が3割に満たないなど西川にしては物足りない活躍であったが、決勝では3安打4打点の活躍できっちりと帳尻を合わせてきた。この2人のあとに続く須永・高井もタイムリーが多く、特に高井は山場となった東海大菅生戦の決勝タイムリーは値千金であった。

20170723花咲徳栄 千丸  20170723花咲徳栄 西川
チャンスメークに優れた主将も務める千丸(左)と打線の核となり決勝では4打点をあげた西川(右)


レベルの高い埼玉だが初の栄冠
これまで意外なことに夏の甲子園の優勝がなかった激戦区の埼玉だが、これで初めて埼玉に夏の優勝旗が渡ることとなった。甲子園では東海大菅生戦では大接戦であったが、それ以外は快勝であった花咲徳栄。東海大菅生の次に苦戦したといえるのは、埼玉大会の決勝のライバル浦和学院戦であり、浦学投手陣の自滅もあった勝利をおさめたが、ヒット数は5本のみと、甲子園で爆発した強力打線も抑えられていた。

早くも連覇という話をすると、甲子園優勝でスタートが遅れる上にレギュラーで残るのは野村のみ、ライバルの浦和学院は強力な投手陣をはじめとして主力がごっそり残っているという状態で、早くも秋から大変な状態だ。来年の夏は記念大会であるために、浦和学院とは別になったが、他にも投手陣が残る春日部共栄、若生監督が連れてきた強力メンバーがラストイヤーを迎える埼玉栄などライバルは多く勝ち上がりも大変そうである。ただこうした埼玉の高いレベルがここまで花咲徳栄を強くした要因であるともいえ、これは埼玉として勝ち取った優勝旗でもあるといえる。

20170723花咲徳栄 野村
連覇へのカギを握るのはピッチャーとしても期待のかかるレギュラー唯一の2年生の野村



以上です。
花咲徳栄本当におめでとうございます!


ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ