FC2ブログ

横浜×弥栄 【秋季神奈川大会4回戦】

9/10 秋季神奈川大会4回戦
横浜×弥栄 @サーティーフォー保土ヶ谷球場

試合スコア
※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください
20170910横浜×弥栄

弥栄の先発河野は齊藤・万波・長南と横浜の主軸から三振を奪うなど快調な滑り出しに見えたが、2回表に2四球のあとショートエラーで満塁のピンチを招くと遠藤にしぶとくセンター前に運ばれ、横浜が2点を先制。さらに山崎・内海連続四球で押し出しとなり、横浜が3点目を入れる。

横浜は3回表にも万波のヒットからチャンスを作ると、小泉の犠飛、ワイルドピッチ、及川のライト線へのタイムリー2ベースと加点し、とどめは満塁から山崎が2点タイムリーを放ち一挙5点。4回表にも1死1塁から長南が右中間を深々と破り1点を加えた。

そしてとどめは5回表、2本の内野安打と四球で満塁のチャンスを作ると4番万波がレフトスタンドに満塁ホームラン。これで13点目を奪った横浜は投げては及川が4回まで1安打無失点、5回裏にはエース板川が登板して完封リレー。横浜が5回コールド勝ちでベスト8進出を決めた。

20170910弥栄 河野
弥栄エースの河野にとって、やはり連投での横浜戦はきつかったようだ

20170910横浜 山崎
2安打2打点の活躍の横浜新1番の山崎

20170910横浜 万波2
満塁ホームランを放った横浜:万波


Topic
◆ノンステップ打法の万波
横浜の新4番は期待の万波。しかし万波は勝負強さ、規格外のパワーを誇る一方、夏の決勝の東海大相模戦では5三振するなど確実性にはまだ物足りなさがあった。

そんなことを本人も自覚しているのか、この秋の万波はノンステップ打法に変更していた。1打席目はタイミングが合わずに三振してしまうが、その後はレフト前ヒットを2本放ちチャンスメークに貢献すると、きわめつけが第4打席の満塁ホームラン。一時は弥栄のレフトが定位置後方で足を止めるなどレフトフライかと思われた打球であったが、風の後押しもあり余裕でレフトフェンスを越えていった。結果的には3安打4打点の活躍であったが、タイミングが合っていたといえるのは第2打席のレフト前ヒットのみであった。

それでもパワーで持って行けたのはさすがというところであるが、万波のノンステップ打法完成はまだまだといったところであろうか?ただ逆に完成していなくても、この状態なのでもっと確実性が出てくればそれは恐ろしい打者になることだろう。

20170910横浜 万波
横浜新4番の万波はこの秋はノンステップ打法で臨むようだ


◆エースへ着々と…
横浜の先発はエースの板川でなく、背番号10を背負う期待の1年生左腕の及川であった。この日の及川は綺麗なフォームから角度のあるストレートを低めに集めることができていた。ややコースの方は外れることが多く、4イニングで四球を4個与えてしまったが、ボールが低めに集まっていたので外野まで飛んでいく打球が2個と少なく、打たれたヒットも1本のみという投球であった。

春の大会では東海大相模に洗礼を浴びるも、夏の甲子園では秀岳館を3回無失点に抑えるなど着々と力をつけてきている左腕。5回にエースの板川が登板するも、4人の打者全員に打球を外野まで運ばれるなどイマイチな内容…。今日の出来から見れば、及川がこの秋の間に横浜のエースとなる可能性もなくはないと感じた。

20170910横浜 及川
4回1安打無失点の好投をみせた横浜先発の及川


◆躍進も代償は大きかった弥栄
星槎国際湘南と桐蔭学園という強豪2チームを破り、この4回戦に進出した弥栄。だがその代償は大きかったようだ。

先発のエース河野は前日に桐蔭学園相手に完投していた。この日も初回は3者凡退と最高の滑り出しを見せ、2回も万波・長南から三振を奪うなど素晴らしいピッチングであった。しかしエラーで満塁とされると、ここから糸が切れたかのようにタイムリー・押し出し。3回以降も横浜の勢いを止めることができなかった。5回途中までで134球という球数がそのすさまじさを物語っている。

敗れてしまったが早くもこの秋の神奈川でもNo1といえる躍進をみせた弥栄。エース河野を含めスタメン5人が1年生というチームで伸びしろはまだまだある。冬場に力をつけて、春・夏はベストの状態でまた横浜と戦って欲しいものだ。


Pickup Player
遠藤圭吾 横浜2年 ショート
~今年こそショートの固定に向けて~
この試合で貴重な先制打を放ち、チームを流れに乗せたのはショートを守る遠藤(2年前の横浜のサード遠藤駆の従兄)

遠藤はちょうど1年前の1年秋より控え内野手としてベンチ入りを果たすと、2年春から守備力と器用さのある打撃でショートのレギュラーを獲得した。しかし2年夏は同期の武川との併用となり、準々決勝で遠藤が自打球で負傷交代したこともあり、それ以降は武川がショートを務めた。甲子園の秀岳館戦ではフル出場を果たすもノーヒットに終わっていた。新チームでは背番号6は武川で、遠藤は16。前日のアレセイヤ湘南戦では武川がスタメンであった。

しかしこの日は遠藤が9番ショートでスタメン出場を果たすと、2死満塁で迎えた第1打席で追い込まれてから河野の変化球に何とか食らいつくと、打球はセンターの前に落ちる2点タイムリーとなり、横浜に先制点をもたらせる。それまでノーヒットに抑えられていた横浜打線はこれを機に本領を発揮して13得点に繋げたという意味ではチームを調子づかせる貴重な1打であった。第2打席でもセーフティバントを決めて、この日は2安打の活躍でショートとしてフル出場を果たした。

持ち前の守備力・走力に加えて、派手さはないものの器用なバッティングでショートのレギュラーへ大きくアピールした遠藤。今後も武川とのレギュラー争いは簡単には終結しないであろうが、遠藤としてはショートのポジションを確固たるものにしたいところだ。遠藤がショートを確固たるものにすることは、高濱弟(日本ハム)以来、秋~夏まで通してショートを固定できていない横浜にとっても必要なことかもしれない。

20170910横浜 遠藤
ショートのレギュラー固定を目指す横浜:遠藤



ランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ランキング
おススメ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

ぶるーたす

Author:ぶるーたす
高校野球~社会人野球までアマチュア野球なら何でも好きです

アクセスカウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目ブログ